ssギャグまとまる君

笑えるギャグssを中心としたニッチ系まとめ。

コナン

阿笠「できたぞ新一!元太君が光彦君に恋するスイッチじゃ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:13:07.41 ID:hOaQUG3w0

コナン「サンキュー博士!でも随分時間がかかったな!」

阿笠「ホッホッホ!実はFBIやCIAとの戦いに時間をとられてしまってのう」

コナン「さすが黒の組織のボスだぜ!」

阿笠「じゃが、スイッチの出来は上々じゃぞ!さっそく悪用してみるといいぞい」

コナン「わかったぜ博士!じゃあ行ってくるな!」タタッ

阿笠「くれぐれも悪用するんじゃないぞー!」

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:13:51.07 ID:hOaQUG3w0

コナン「ようやく手に入ったスイッチ……はやく試してぇ」ウズウズ

コナン「ん?あそこにいるのは元太と……光彦!」

コナン「おあつらえ向きってやつだな!さっそく押してやるぜ!」ポチッ

元太「あ~うな重食べてぇな~」

光彦「ほんとに元太君はうな重の話しかしませんね……」

元太「仕方ねえだろ!好きなもんは好きなんだから……って、うわ!」コテッ

光彦「うわ!危ない!」ドサッ

コナン「元太のやつ、コケて光彦に覆いかぶさりやがった!」グッ

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:14:43.82 ID:hOaQUG3w0

元太「いてて……なんだよチクショウ」

光彦「元太君……重いです……」ギュウ

元太「!?わ、わりぃ光彦!(光彦の顔がすぐそばに!)」バッ

光彦「もう、気を付けてくださいよ!」

元太「オ、オウ……」

コナン(さすが博士!効果は上々だぜ!)

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:15:48.21 ID:hOaQUG3w0

光彦「あれ?あそこにいるのはコナン君じゃないですか?」

元太「……えっ?あぁ、ほんとだ。おい、コナーン!」

コナン(ばれちまったが、まぁいいか)

コナン「おう、どうしたオメーら」

光彦「これから歩美ちゃんと灰原さんとサッカーをするので、コナン君を誘いに行こうとしてたところなんですよ」

コナン「なるほどな。ん?元太顔赤いぞ?大丈夫か?

元太「なっ、なんでもねーよ」バッ

コナン(クッソ、照れ顔もなかなか可愛いじゃねーか)ムラムラ

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:19:24.82 ID:hOaQUG3w0

光彦「そうそうコナン君聞いて下さいよ!元太くんったら何もないところで転んじゃったんですよ」

コナン「バーロー、またうな重のことでも考えてたんだろ」

元太「ち、ちげーよ!」

光彦「ほら~元太君ばれてるじゃないですか!」

ハハハハハ

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:22:16.02 ID:hOaQUG3w0

光彦「公園に着きました!」

コナン「歩美と灰原は先に来てるんだったよな」

元太「お、あれじゃねーか?」

歩美「あ、コナン君たちだ!コナンくーん!元太くーん」

光彦「遅くなりましたー!」

歩美「……」

コナン「おう、歩美!灰原!」

灰原「何よ、随分ご機嫌な様子じゃない」

コナン「ん?あぁ、ちょっといいことがあってな」

灰原「あら、例の彼女と何かあったのかしら?」

コナン「バーロー!あんな角年増に興味ねーよ」

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:24:53.85 ID:hOaQUG3w0

元太「じゃあサッカーしようぜ!」

歩美「コナン君は私と哀ちゃんのチームね!」

光彦「え~またですか?」

灰原「あら、バランス的に仕方ないと思うけど?」

光彦「は、灰原さんが言うなら~」

歩美(哀ちゃんにデレデレしてるんじゃねーよ腐れソバカスが)

光彦「仕方ありませんね、元太君がんばりましょう」

元太「お、おう」ドキッ

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:32:19.46 ID:hOaQUG3w0

元太(クッソ、いつも通り遊んでるだけなのに今日はやけに光彦が気になる)

元太(俺、どうしちまったんだよ)

歩美「哀ちゃん、こっちにパス!」

光彦「元太君!そっちにボールいきましたよ!」

元太「!?お、おう!任せろ!」

歩美「コナン君、パス!」

コナン「おーし任せろ!」

コナン「[ピーーー]えええええええ光彦ォォォォォ!!!!!」

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:32:50.70 ID:hOaQUG3w0

元太(!!光彦があぶねぇ!)

元太(くっ、間に合え!)

ドゴォォォォ

全員「!?」

元太「ぐはっ……」

歩美「元太君!元太くーーん!!」

……

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:38:50.02 ID:hOaQUG3w0

元太(ん……俺、どうなったんだ?)

元太(確か、コナンの殺意がこもったボールから光彦を守って……)

元太(夕陽……そうか、俺、気絶しちまったのか)

光彦「あ!元太君気が付きましたね!」

元太「!?」ガバッ

元太「み、光彦?」

光彦「もー、心配しましたよ」

光彦「コンクリートをも砕くコナン君のシュートを体で受け止めるなんて自殺行為ですよ」

光彦「元太君みたいな体型じゃなかったら死んでますよ」

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 03:40:21.64 ID:hOaQUG3w0

元太「おい光彦!どういう意味だよ!」

光彦「あ、いえ。深い意味はないですよ?」

元太「他のみんなは?」

光彦「コナン君は蘭さんたちと食事、灰原さんは見たいドラマの再放送があるとかで先に帰りました」

光彦「歩美ちゃんは僕の質問が聞こえなかったみたいで分かりませんが」

光彦「仕方なく用事のないぼくが気絶した元太君を看病してたんですよ」

元太「そ、そうなのか」

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:01:35.16 ID:wosAeFgpo
元太×光彦はホモ入門編

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:36:43.00 ID:hOaQUG3w0

光彦「でも……」

元太「?」

光彦「元太君が身体を張ってくれたおかげで、僕も怪我せずに済みました」

光彦「ありがとうございます、元太君」

元太「な、何言ってんだよ」

元太(や、やべぇ。夕陽に照らされた光彦の顔、すっげ~かわいい)ドキドキ

コナン(よし、めっちゃいい雰囲気じゃねーか!)シコシコ

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:37:19.59 ID:hOaQUG3w0

コナン「博士!」

阿笠「おぉ、どうしたんじゃバーーーローー

コナン「あのスイッチ最高だぜ!」

阿笠「そうじゃろう!なんせ黒の組織が培った粋を結集した装置じゃからの!」

コナン「まったく、組織様様だな!」

阿笠「うむ!黒幕として暗躍した甲斐があるわい!」

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:38:36.69 ID:hOaQUG3w0

コナン「ところで博士」

阿笠「なんじゃバーーーローー

コナン「早急に作ってもらいたいもんがあるんだけどよ……」

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:39:33.05 ID:hOaQUG3w0

阿笠「新 一!頼まれていたものができたぞい!」

コナン「サンキュー博士!仕事が早いな!」

阿笠「ジンとウォッカにも手伝ってもらったからのう!」

コナン「そうか、二人にも礼を言っておいてくれよ!」

阿笠「うむ、伝えておこう」

コナン「それじゃ学校に行ってくるぜ!」

阿笠「くれ悪ぞい!」

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:41:27.49 ID:hOaQUG3w0

コナン「おっすオメーら」

歩美「あっコナン君おはよう!」

光彦「おはようございます!」

灰原「おはよ……」

コナン「おう。あれ、元太は?」

歩美「まだ来てないよ?」

灰原「小嶋くんのことだからまだ朝ごはんを食べてるんじゃない?」

コナン「オメーの元太に対するイメージって……」

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:42:46.75 ID:hOaQUG3w0

小林「はーいみんな席についてー。出席を取りますよ」

「はーい」

元太「なぁコナン、あとでちょっと話があるんだけどいいか?」コソコソ

コナン「どうしたんだよ元太。悩み事か?」

元太「それが自分でもわかんねーんだよ」

コナン「まぁ分かった。じゃあ次の休み時間に校舎裏でいいか?」

元太「おう、わかったぜ」

小林「ほら小嶋君、席について」

元太「お、おう!」

コナン「……」ニヤリ

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:45:16.09 ID:hOaQUG3w0

コナン「で、話ってなんだよ」

元太「そ、それがさ……」

元太「……」

コナン「なんだよ、黙ってたら休み時間終わっちまうぞ」

元太「わ、わりぃ……」

コナン「遠慮すんなよ。友達だろ?」

元太「あぁ、そうだな」

元太「友達、か」

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:46:00.27 ID:hOaQUG3w0

元太「なぁコナン。例えばよ、今まで友達だと思ってた相手に対して特別な感情を持っちまうのってどう思う?」

コナン「特別な感情っていうと、恋ってことか?」

元太「!!」

元太「……そうか、これは恋なのか……」

コナン「元太?」

元太「コナン、実は俺……光彦に恋をしちまってるみてーだ」

コナン「なっ、なんだと!?」

コナン(キターーーーーーーーーーー!!!!!!)グッ

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:49:21.91 ID:hOaQUG3w0

元太「だけどよ、幼馴染で、しかも男のことを好きになるなんてやっぱおかしいよな」

コナン「バーロー!恋の形なんて人それぞれだろ!」

コナン「例えば俺はがここでそれを否定して、それでお前の光彦に対する気持ちは消えちまうのか?」

元太「!!」

コナン「恋に形なんてねーんだ!お前はお前の気持ちに正直でいろ!」

元太「コナン……」

コナン「お前の気持ちが本物なら、きっと光彦も応えてくれるさ……」

元太「……ありがとよ、コナン」

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:50:14.78 ID:hOaQUG3w0

コナン「ほらよ元太。俺からの餞別だ」スッ

元太「なんだこれ?」

コナン「特製うな重さ。腹が減っては戦はできぬっていうだろ……?」

元太「コナン……オメー……!」

コナン「俺は応援してるぞ、元太!」

元太「ありがとよコナン!俺頑張るぜ!」ダッ

コナン「あぁ!」

コナン(計画通り)ニヤリ

 

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:50:58.69 ID:hOaQUG3w0

元太(コナンのお陰で自分の気持ちに気が付いた)

元太(あとは俺自身が光彦に思いを伝えるんだ……)

元太(今日の放課後、光彦に告白する!)

元太(っと、その前にコナンに貰ったうな重食うか)

元太(なんだこれ、すっげーうめぇ……)モグモグ

元太(しかもなんか、身体が熱くなってくる)ムラムラ

コナン(元太のヤロー、しっかりうな重型超強力精力剤食ってやがるな)

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:51:42.71 ID:hOaQUG3w0

光彦「授業が終わりました!」

歩美「哀ちゃん!一緒に帰ろう!」

灰原「えぇ、いいわよ」

光彦「じゃあ僕も」

歩美「嫌」

光彦「」

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:52:54.28 ID:hOaQUG3w0

元太「お、おう光彦。ちょっといいか?」

光彦「……?どうしたんですか元太君」

元太「ちょっと話があってよ……」

光彦「珍しいですね、元太君から話があるなんて」

元太「この後ちょっと残ってくれるか?」

光彦「えぇ、いいですけど……」

 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:54:53.23 ID:hOaQUG3w0

光彦「……で、話って何ですか元太君」

元太「お、おう。あのよ……」

元太(やべぇ、身体がすっげぇ熱い……)

元太(光彦のこと見てると、なんか股の辺りがムズムズする)

元太(しかも心臓がバクバクして、今にも破裂しちまいそーだ!)

光彦「どうしたんですか元太君?」

元太「光彦……お、俺……お前のこと……!」

 

28: saga 2016/04/14(木) 04:55:56.34 ID:hOaQUG3w0

コナン(よし、狙い通りの展開だ!)

コナン(元太の興奮は最高潮!)

コナン(ここでさっきの精力剤と一緒に博士に作ってもらった『元太の性欲を解放するスイッチ』を押せば……)

コナン(クッソ!考えるだけで射精しちまいそうだ!!)

コナン(よし……イッけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!)ポチッ

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:56:44.91 ID:hOaQUG3w0

元太(……!?)ドクン

元太(なんだこれ……チンコが……熱い!!)

元太(や、やべぇ……!)ググッ

光彦「げ、元太君?」

元太「ぐっ……クソ……」

コナン(元太のやつ、まさか耐えてやがるのか?)

コナン(まさか、耐えられるはずがねぇ!)

コナン(性欲、シチュエーション、全ての準備は万端なはずだ!)

コナン(……まさか、元太の光彦を思う気持ちが理性となって欲望を抑えてるっていうのか!?)

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:57:29.60 ID:hOaQUG3w0

元太「クッ……ソォ……」

元太(だめだ……俺は光彦に……自分の気持ちを伝えるんだ……!)

光彦「元太君!どうしたんですか!?」

コナン(クッソ、このままじゃ小奇麗なBLで終わっちまう!)

コナン(俺が見てぇのは、そんなんじゃねえ!)

コナン(仕方ねぇ……)

 

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:58:16.61 ID:hOaQUG3w0

コナン「元太ァ!」ガラッ

元太「!?」

光彦「コ、コナン君!?」

光彦「大変なんです、元太君の様子が!」

コナン「テメーは黙ってろド外道が!!」

光彦「」

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:59:10.16 ID:hOaQUG3w0

コナン「元太!オメーの気持ちはそんなもんかよ!」ポチッ

コナン「そんなもんじゃねーはずだ!正直になれよ!!」ポチポチッ

コナン「見せてみろよ!お前の気持ちがどれほどのものか!!」ポチポチポチポチ

コナン「決めろ!!!!!ホモセックスを!!!!!するか!!!!!しねーのかを!!!!!」

ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 04:59:50.56 ID:hOaQUG3w0

光彦「コ、コナン君何を言ってるんですか!?」

元太「ウ…………」

光彦「元太君もしっかりしてください!」ユサユサ

コナン「バカヤロー!今の元太に刺激を与えるなんて!」

コナン「爆弾を思いっきりj地面に叩きつけるようなもんだぜ!」

元太「ウ……ウナァァァァァァァァァァッ!!!!!!!!」ガバッ

光彦「元太君!?何するんですか、やめ……うわぁー!!」

 

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 05:00:29.37 ID:hOaQUG3w0

元太「ウナァァァッ!!!ウナッ!!ウナァァァァァァァァァァ!!!!!!」パンパンパンパン

光彦「うわあああああ、痛いです!痛いっ、元太君やめてください!!」

元太「ウナァァァッァァァァァァァッッ!!!!!!!!!」パンパンパンパン

光彦「うわあああああ!!!コ、コナン君!!!助けてください!!!!」

コナン「バカヤロー光彦!!元太は自分の気持ちをお前に伝えようとしてんだ!!!」

コナン「しっかり受け入れろ!!!」

光彦「そ、そんなこと言ったって……いっ痛いです!!あああああああ!!!!」

コナン「俺はシコる」シコシコ

 

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 05:01:36.76 ID:hOaQUG3w0

元太「ウナアアアアアアアアアアア!!!!!」パンパンパンパン

光彦「あああああああああああ!!!!!!」

コナン「いいぞ元太!!!がんばれ!!!!!」シコシコ

元太「ウナアアアアア!!!!ウナッ……!!!!ウナッ……!!!」

光彦「ああああああああまた動きが速くなりましたあああああああああ!!!!!」

コナン「元太のやつイキそうなのか!!!」

コナン「よーし、あとはこの服部型ディルドの照準を元太のアナルに合わせて……!」チャキッ

コナン「イッけええええええええええええ!!!!!!!」バシュッ

 

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 05:02:06.24 ID:hOaQUG3w0

元太「ウナアアアアアアアアアアア!!!!!!」ドピュドピュドピュ

光彦「うわああああああああ破裂するううううううあああああああ!!!!!」

コナン「うおおおおおおおおおおおおお」ドピュドピュドピュ

…………

……

 

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 05:03:16.18 ID:hOaQUG3w0

あの事件の後、俺の人生は大きく変わった。

元太はその場でテクノブレイクし、光彦は腸が破裂して死んだ。

賢者モードになった俺は博士を倒し、アポトキシン4869の解毒薬を手に入れた。

俺は工藤新一としての人生を取り戻し、目暮警部と付き合い始めた。

灰原は歩美との人生を選び、もとに戻ることをやめたそうだ。

俺はいくつもの大切なものを失った。だからこそ、強く生きて行こうと決心した。

 

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 05:04:44.66 ID:hOaQUG3w0

新一「ありがとな、元太……」

新一「お前のお陰で俺は自分を取り戻せたんだ……」

新一「お前のこと、絶対に忘れないぜ……!」グスッ

目暮「新一!」

新一「ん?どうしたんだ十三?」

目暮「その……できちゃったみたい///」

新一「なに?ほんとか!?」

新たに得た、大切なものたちを守るために―――。

End

 

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 05:15:35.54 ID:wosAeFgpo
なんか安心した

 

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 05:29:14.36 ID:Dcmqwx7cO
最近こういうのじゃないコナンss読むと不安になる
だが黒の組織のボスは光彦だからね乙

 

 

元スレ

阿笠「できたぞ新一!元太君が光彦君に恋するスイッチじゃ!」

http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1460/14605/1460571177.html

-コナン