ssギャグまとまる君

笑えるギャグssを中心としたニッチ系まとめ。

艦これ

ショタ提督「純真そうな振りをして艦娘とやる」安価あり

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 02:22:23.19 ID:o72U+hNXO

提督「体は子供、頭脳は大人の俺が艦娘を落とすぜ!」

提督「手始めに>>2にアプローチをかけよう」

 

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 02:22:53.07 ID:kR1IhHmUO
大鳳で

 

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 02:27:25.85 ID:o72U+hNXO

大鳳「提督、報告書です」

提督「わあ!ありがとう大鳳!いつもお疲れ様!」ニコッ

大鳳「いえ、これくらい大丈夫ですよ」ナデナデ

提督「えへへ、大鳳の手はあったかいね!なんだがぽわーってするよ!」

大鳳「うふふ、ありがとうございます」

大鳳「提督もまだ小さいのに……お仕事大変でしょう?」

提督「ううん!僕には大鳳がいてくれるから大丈夫!大好きだよ大鳳!」

大鳳「あっ……ありがとうございます」///

 

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 02:31:39.50 ID:o72U+hNXO

提督「ねえねえ?大鳳こっちきてよ」

大鳳「どうしました?」

提督「この椅子座って?」

大鳳「はい……?」

提督「それで僕が大鳳の膝に座って……っと」

大鳳「うふふ、甘えん坊ですね?」

提督「うん……だってお父さんもお母さんもいなくなっちゃったし……」

大鳳「……」

提督「でも大鳳がいてくれるから平気なんだ!大好き!」ニコッ

大鳳「はうっ……///」

提督「ねえ、ぎゅーってしていい?」

大鳳「どっ!どうぞ!」

提督「へへ……」

 

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 02:36:37.01 ID:o72U+hNXO

大鳳(やっぱりさみしいのかな……この子も……)

大鳳(そうよね、まだ小さいし……)

提督「胸がねえなこいつ……がっかりだ」

大鳳「ん?なにかいいました?」

提督「ううん!なんでもない!」スリスリ

大鳳(うふふ……可愛い……)

大鳳(……?何かお腹に当たってる……)

提督「た……大鳳……僕何か変なんだ」

提督「なんか……おっきくなってきちゃって……怖いよ」

大鳳(ええっ!ど!どうしよう!)

大鳳(こっ……興奮してるのかな……私に……)

 

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 02:45:24.83 ID:o72U+hNXO

提督「どうしたらいいの大鳳……」ビンビン

大鳳「はう……あの……えと……」

提督「僕変なんだ……ここが苦しくて……」

大鳳「……」///

提督(さて……落ちるかな?)

コンマ51から上が成功
コンマ50から下が失敗

>>9
続きは明日やります、すいません

 

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 20:04:04.09 ID:qaljkIJSO

大鳳「だっ!だめです!」

大鳳「こういうのは……あの……その……」

大鳳「まだ提督には早いんですよ!」

提督「でも……」

大鳳「うっ……///」

大鳳「もう少し……大人になったら……ね?」

大鳳「わたしもはじめてだし」ボソッ

大鳳「とっ!とにかく!これで失礼します!」バタン

提督「……」

 

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 20:06:38.05 ID:qaljkIJSO

提督「ちっ、だめか……」

提督「いけそうな雰囲気だったんだがな……」

提督「それにしてもあいつはじめてだったのか……惜しいことしたぜ」

提督「とりあえず収まりつかないから別の艦娘を攻めるか……」

攻める艦娘>>18

 

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 20:11:49.90 ID:r2m8Yd3R0
千代田で

 

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 20:43:45.87 ID:qaljkIJSO

提督「千代田ー!」バァン

千代田「わっ、提督?」

提督「千代田ー!」モフモフ

提督「千代田のおっぱい柔らかいねー」

千代田「ちょっと……ダメでしょそんなことしたら」

千代田「まだ子供だからいいものの……」

提督「なんでやったらいけないの?柔らかくて気持ちいいのに」

千代田「……まあいっか」

 

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 20:46:49.80 ID:qaljkIJSO

提督「もふもふ……柔らかい……」

千代田「んっ……私これからお姉のとこいかなくちゃいけないんだけど……」

提督「えっ……いっちゃうの?」シュン

千代田「うっ……」

千代田「ま、まあちょっとだけなら一緒にいてもいいけど……」

提督「わーい!じゃあもっとモフモフする!」

千代田「はぁ……」

 

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 20:50:40.30 ID:qaljkIJSO

提督「触ってもいい?」

千代田「え……それはだめよ提督、そういうのはね……」

提督「えいっ」モミッ

千代田「んっ……ダメっていってるでしょ?提督……」

提督「どうしていけないの?教えて?」サワサワ

千代田「あっ……えと、それはね……」

提督「すごいなぁ……形が変わるよー」

千代田「ひゃ……いい加減に……」

 

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 20:56:07.89 ID:qaljkIJSO

提督「ん?なんかここ出っ張ってるよ?何かな?」コリコリ

千代田「んやぁ!!」

千代田「ちょっと!いい加減にしなさいってば!」

提督「んー、楽しいなこれー」コリコリ

千代田「ひゃふっ……あん……」

千代田「まだ提督には早いって……んっ……」

提督(さて……このままいけるか?)

コンマ51から上が成功
コンマ50から下が失敗

>>+3

 

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:05:22.46 ID:fAwl1M/J0

千代田「んっ……だ!駄目っ!」パシン

提督「痛っ……」

千代田「あっ……ごめんなさい提督……」

提督「千代田は、僕のこと嫌い?」

千代田「あう……えと……」

千代田「こういうことは大人になってからなのよ?」

千代田「提督はまだ小さいんだから……こういうことはしちゃ駄目なの!」

提督「どうして?」

千代田「どうしてもなの、わかった?」ナデナデ

提督「ちっ……」ボソッ

提督「うん……ごめんね千代田……」

千代田「うん、わかればいいの」

千代田(ちょっと気持ちよくなっちゃった……早くお姉のとこいかなきゃ……)

千代田「じゃあね、提督」

提督「うん、ばいばい」

 

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:10:55.94 ID:qaljkIJSO

提督「以外とみんなガードが高いな……」

提督「くそ……子供の体が恨めしい……」

提督「これが大人だったらうまくいくのかな……」

提督「いや……この体も武器のはず……艦娘とスキンシップもとりやすいし」

提督「次はどうするか……」

攻める艦娘>>+3

コンマのドキドキ感たまらないです

 

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:12:38.61 ID:MtlIVYzIo
扶桑

 

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:19:12.44 ID:qaljkIJSO

扶桑「はぁ……空はこんなに青いのに……」

提督「ふーそう♪」ギュッ

扶桑「あら、提督」

提督「どうしたの?悩み事?」

扶桑「いえ……ただ空が青いなぁ……と」

提督「あはは!何それ!」

扶桑「ふふ、それより提督?何かごようですか?」

提督「ううん、大好きな扶桑がいたから声かけてみただけだよ?」

扶桑「あっ……あら」///

 

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:23:19.27 ID:qaljkIJSO

提督「扶桑はいい匂いがするねー」クンクン

扶桑「そうですか?嬉しいです」

提督「うん、首からいい香りがする……落ち着くような……」クンクン

扶桑「ふふ……ちょっとくすぐったいですよ」

提督「お線香みたいなにおいかな……」

提督「昔おばあちゃんの家にいたころ嗅いでたにおいだ……」

扶桑「……」

提督「どうしたの?」

扶桑「いえ……なんだか微妙な感じが……」

提督「?」

 

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:28:27.16 ID:qaljkIJSO

提督「んー……」ペロッ

扶桑「ひあっ!ちょっと提督?」

提督「甘い……扶桑の首甘いよ?」ペロペロ

扶桑「んやっ……あん……」

提督「はむはむ……」

扶桑「ひぃあっ!み……耳なんかなめちゃ駄目ですよ!」

提督「どうしたの扶桑?変な反応して?」ハムハム

扶桑「提督っ……!それ以上やったら怒りますよ!」

提督「聞こえなーい」ペロペロ

扶桑「んあぅ……あっ……」

提督(このまま一気に……!)

コンマ51上成功
コンマ50下失敗

>>+3

 

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:37:28.71 ID:qaljkIJSO

扶桑「ひあっ……くう……」ガクガク

提督「どうしたの?震えてるよ?」

扶桑「やっ、やめっ……」

提督「はむっ」

扶桑「んやぁぁぁ……」

提督「扶桑面白いなぁー」

 

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:42:51.55 ID:qaljkIJSO

扶桑「はぁ……はぁ……」

提督「ねえ扶桑?」

扶桑「んっ、提督?」

提督「なんだか僕ムズムズしてきちゃった」スリスリ

扶桑「いやっ……ちょっと……提督」

提督「なんかスリスリしたら気持ちいいよ?」

扶桑「だめっ!だめです提督!」

 

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:51:33.41 ID:qaljkIJSO

提督「直接スリスリしたら気持ちよさそう!」

提督「扶桑?いい?」

扶桑「そっ、そこまでは……」

提督「よいしょ……」ボロン

扶桑「ひっ!」

扶桑(なっ、何あの大きさ……)

扶桑(こんな子供なのに……すごくおっきい……)

提督「お風呂とか行くとみんなにいわれるんだよねー、おっきいってさー」

扶桑「はう……」///

 

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:54:33.47 ID:qaljkIJSO

提督「ねえねえ扶桑?おっぱいにスリスリしてみてもいい?」

扶桑「あっ、えと……」

提督「いいよね?じゃあ上脱がすよ?」

扶桑(何か手慣れてないかしら……)

提督「わあ!扶桑のおっぱいすごいね!」

扶桑「……///」

提督「おーすごい!挟めるよ!」

扶桑(熱い……)

提督「柔らかくて気持ちいいなー」

扶桑「はぁはぁ……」

 

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 21:59:35.92 ID:qaljkIJSO

提督「ん、何かでそう!」

扶桑「えっ!ちょっとまって!」

提督「うあっ!でちゃう!」

扶桑「ひゃっ、ビクビク震えてっ……」

扶桑「こんなに……たくさん……」

提督「気持ちよかったー、でもまだおっきいままだよ?」

扶桑「はっ……はっ……」

扶桑(こんなにいっぱい出したのに、まだこんな……)

提督「どうしよう扶桑……僕病気なのかな……」

扶桑「いえ、提督、大丈夫です」

扶桑「私に任せて?しずめてあげます」

 

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 22:06:18.36 ID:qaljkIJSO

扶桑「ここ……ここに入れるんですよ?」

提督「ここ?」クチュ

扶桑「んあっ……もっと下です……」

提督「ここかな?ズブッ」

扶桑「〜〜〜!!」

提督「うっ……熱くて、狭くて……」

扶桑「かはっ……んああああ!!」

扶桑「はぁ……はぁ……」

提督「大丈夫?扶桑?」

扶桑「はぁはぁ……」

扶桑(入れただけでっ……)

提督「扶桑の中あったかくて気持ちいいよ、動くね?」ズッズッ

扶桑「いひゃ!あっ!いやっ!」

扶桑「激しすぎっ……提督っ……」

提督「はっはっ……」

 

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 22:12:21.79 ID:qaljkIJSO

提督「僕また何かでちゃいそうだよ!」

扶桑「んあ!いひゅう!ふぁぁぁっ!」

提督「中で出してもいい!?」

扶桑「やっ!中は!駄目っ!んひゃあああ!」

提督「駄目だよ!扶桑は僕のなんだから!」

提督「だすよっ!!」

扶桑「ひやあああああ!!!」

扶桑「中でビクビク動いてる……」

提督「うっ……はぁ……出た……」ズポッ

扶桑「んっ……」

扶桑「中でこんなに……」

提督「ご……ごめんね?」

扶桑「全く提督は……」

扶桑「……他の娘にはこんなことしちゃ駄目ですよ?」

提督「うん!」

扶桑「ふふ……可愛い……」ナデナデ

 

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 22:14:15.25 ID:qaljkIJSO

提督「扶桑は中々の名器だった……」

提督「しかしそれだけでは満足しないのが俺流」

提督「まだまだ艦娘を落として行くぜ!」

 

61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/08(土) 22:17:24.97 ID:g2syUQAC0

既出の艦むすに再登場ありますか
千代田リベンジしたい

 

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 22:19:40.65 ID:qaljkIJSO

>>61
木曽「ありだな!」

だそうです、頑張ります

 

63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/08(土) 22:25:28.74 ID:KjIRaAkO0
このゲスさがたまらんwwwwww

 

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:02:41.97 ID:Oa5caPHzO

提督「さて……扶桑も落としたし……」

提督「でも満足できないのが俺流!」

提督「別の艦娘にもアプローチしよう」

>>+2

 

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:11:56.18 ID:Oa5caPHzO

提督「電おねえちゃーん!」タッタッ

電「司令官さん?どうしたのです?」

提督「あのね!痛っ!」

電「司令官さん!大丈夫ですか!?」

提督「痛い……転んじゃった……」グスッ

電「よしよし……泣かないで?電がついているのです」ナデナデ

提督「ぐすっ……えへへ……」

 

78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:16:30.81 ID:Oa5caPHzO

提督「電おねえちゃんはあったかいね」ギュッ

電「ひゃっ!ちょっと司令官さん?」

提督「えへへー♪」

電「もう……甘えん坊さんなのですね」ナデナデ

提督「それにいいにおい……ミルクみたいな……」クンクン

電「あははっ!くすぐったいのです!」

提督「それにほわほわして柔らかいなー」

電「ひゃ……お腹はあんまり触らないでなのです……」

 

79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:23:57.98 ID:Oa5caPHzO

提督「おねえちゃんのお腹プニプニだー」

電「んひゃっ……ちょっとっ……」

提督「脇腹も触っちゃうぞー」

電「あははははっ!やめっ……あはははは!!」

提督「次はいろんなとこくすぐるぞー!」

電「あはははっ!ひゃっ!んやっ!」

電「ちょっと司令官さんっ……そんないろんなとこ触らないでっ……!」

提督「ここもくすぐったいでしょ?」

電「あんっ……ち……ちょっとそこは!んうっ!」

提督「でもおねえちゃんはおっぱいちっちゃいね?つまんないなー」

電「んやっ……!も……もうやめっ……!」

提督(このまま落とすっ……!)

コンマ51から上が成功
コンマ50から下が失敗

>>+3

 

85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:28:51.13 ID:Oa5caPHzO

電「んあっ……ひう……」ビクビク

提督「どうしたの?おねえちゃん?」サワサワ

電「な……なにか変なのです……頭がポーッとして……」

電「それより司令官さん!もうおっぱい触らないでっ……んひゃっ……」

提督「あはは!面白い!ビクビクしてるねー」

電(なんかお腹の奥がうずうずするのです……)

 

86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:34:33.15 ID:Oa5caPHzO

提督「んー……おねえちゃんのおっぱい柔らかいなー」

電「ぃや……んあっ……」

提督「吸ったらおっぱいでるのかな?ちゅーっ」

電「……!!!」ビクビク

提督「あはは!おねえちゃんどうしたの!?」

電(お腹のうずうずが変なのです……)

提督「ん?おっぱいが硬くなってきたよ?ちょっと噛んでみるね?」

電「いひゃあああああ!!!」ビクビク

提督「うわっ!びっくりしたぁ!」

電「あっ……あう……」ピシャァ

提督「おしっこもらしてるー!」

 

87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:39:35.48 ID:Oa5caPHzO

電(い……いまの感覚はなんなのです……?)

提督「おしっこもらすなんて子供だなー、僕がお着替えさせてあげるね?」

電「いやっ!駄目待って司令官さん!」

提督「スルスルーっとね」

提督「うわぁ……恥ずかしいねおねえちゃん?」

電「ううっ……ううーっ///」

提督「ふむふむ……」クンクン

電「嗅がないで……司令官さん……」

提督「なんだか甘い匂いもするなぁ……」ペロッ

電「っ!!!」

提督「んー……」ペロペロ

電「っ……ひあっ……やめっ……」

電「くあっ……あう……」

 

88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:46:21.80 ID:Oa5caPHzO

提督「なんだか僕のここがムズムズしてきちゃったよ」

提督「おねえちゃんのここにすりつけてもいい?」

電「はぁ……はぁ……え……?」

提督「んー……」カチャカチャ

提督「じゃーん!僕の主砲だよ?」

電「ひっ……な……なに……?」

提督「スリスリー」

提督「やっぱり気持ちいいなー、なんだかヌルヌルしてるし」

電「きゃふっ、くあっ、あん……」

電「な……なんかこういうのはやったらいけない気がするのです……」

電「司令官さん……もうやめましょう?んっ……」

提督「どうして?気持ちいいことはいい事でしょ?」

電「んくっ……でも……あっ……」

提督「ふんふーん♪」クチュクチュ

 

89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:51:49.60 ID:Oa5caPHzO

提督「なんだかおねえちゃんのここからヌルヌルが溢れてきてない?」

電「んあっ……?」

提督「奥のほうまで入れたら気持ちいいかも!いれちゃうね!」ブチブチ

電「いあっ……!い……痛いっ……」

提督「まだまだ入るよー!」ズブズブ

電「かふっ……くあっ……」

提督「奥まで入りましたー!」

提督「キツキツで気持ちいいよ!おねえちゃん!」

電「痛いよ……」ポロポロ

提督「ご……ごめん……」

電「ちょっと動かないで欲しいのです……苦しくて……」

提督「う……うん……」

 

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:55:33.99 ID:Oa5caPHzO

提督「大丈夫?おねえちゃん?」

電「んう……だいぶ楽になったのです……」

提督「動いてもいい?」

電「ん……」

提督「ゆっくり動くね?」カクカク

提督「あったかくて気持ちいい……」

電「はっ……はっ……電もっ、ちょっと気持ちいいのです……」

提督「よかった!もっと気持ちよくしてあげる!」ズッズッ

電「ひやっ……あんぅ……」

提督「どうかな?おねえちゃん?」

電「……///」

 

91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 22:58:18.68 ID:Oa5caPHzO

提督「なんかぼくでちゃいそう!よくわからないのが!!」

電「電もっ……さっきのうずうずがまたっ……」

提督「このままだすよ!おねえちゃん」

電「えっ!ちょっと待って!」

提督「くうううう!!」

電「んああああっ!!何か出てっ……!」

提督「はぁ……はぁ……ふぅ……」

電「お腹が熱いのです……」

 

92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 23:01:22.71 ID:Oa5caPHzO

提督「ごめんねおねえちゃん……」

電「もうっ……司令官さんは……」

提督「でも気持ちよかったね!」

電「……///」

提督「また今度おんなじことしようよ!おねえちゃん!」

電「あう……///」

提督「えへへ!大好きだよ!」

電「///」プシュー

提督(ちょろっ……)

 

93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 23:03:53.89 ID:Oa5caPHzO

提督「電のはすごかったな……」

提督「扶桑とは違ってちぎれそうなくらいきつかった……」

提督「いや扶桑は扶桑でいいんだけどね?」

提督「たとえるならショートケーキとチョコレートケーキみたいな違いかな?」

提督「次は誰とやろうかなー」

次の艦娘>>+3

 

96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 23:05:07.07 ID:Y+A5OQL50
大和

 

99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 23:11:29.70 ID:Oa5caPHzO

大和「提督?お呼びですか?」

提督「あっ!大和!」

提督「えへへ、なんだか急に大和に会いたくなっちゃって!」

大和「あら、そうなんですか?うふふ」

大和「提督は可愛いですねー」ナデナデ

提督「ありがとう大和!」ギュッ

提督「なにこれ硬い!」

大和「えっ……」

提督「大和のおっぱい硬いよ!なんで!?」

大和「いや……あの……」

提督「あ!わかった!大和は男なんだ!」

大和「……」イラッ

 

100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 23:14:21.96 ID:Oa5caPHzO

提督「なんで大和のおっぱいは硬いの!?なんで硬いの!?それはね!?」

提督「妖怪のーせいなのねそうなのね!」

提督「yes!」

大和「……」プルプル

提督「じゃあいまから大和が男だってみんなに広めてくるね!」

提督「じゃっ!」

大和「待ちなさい」

提督「ぐえっ」

 

101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 23:18:34.87 ID:Oa5caPHzO

大和「わ、私は女です!」

提督「えー……だっておっぱい硬いじゃん」

大和「これは!そういう装備なんですっ!」

提督「えー嘘だー……男なんだー男なんだー」

大和「……くっ」

大和「そんなに言うんだったら!見せてあげます!」バァン

提督「うわっ!おっぱいの下にまたおっぱいが!」

大和「ど……どうですか///」

大和「これで私が女だってわかってもらえましたか……」///

提督「んー……触ってみないとどうもなぁ……」

大和「……ちょっとだけですよ」

提督「わーい!」

 

102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/09(日) 23:22:35.91 ID:Oa5caPHzO

提督「あ、柔らかいね」

大和「ふふん、これでわかりましたか?」

提督「もうちょっとー」

大和「……むう」

提督「おっぱいおっきいね大和、吸ったらミルクでる?」

大和「出るわけないでしょう」

提督「ふーん、そっかあ」

提督「んん……でもほわほわで気持ちいいなぁ……」

大和「あの……そろそろいいですか?」

提督「だめー」

大和「そんな……んっ……」

大和「ん……ぁ……」

コンマ51から上が成功
コンマ50から下が失敗

 

117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 00:02:39.52 ID:DKP8isghO

提督「ねえねえ?なんでおっぱいに硬いのつけてたの?」

大和「それは……んっ……」

提督「あれ?硬いのつけてないのに大和のここは硬くなってきたよ?」

大和「ふぁっ……」

提督「コリコリしてきたー、面白い!」

提督「ほら?つまめるよ?うりうりー」

大和「んっ……ふっ……」

提督「うりうりうりー」

大和「ちょ……いい加減にっ……」

 

118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 00:07:06.06 ID:DKP8isghO

大和「ふう……ふう……」

大和「あ……あんまりおイタしたらい……いけませんよ?」

提督「でも面白いよ?コリコリしてて!」

大和「ふっ……くう……」

大和「っ!もうだめです!離して!」

提督「やだー!」グイッ

大和「きゃっ!」

 

119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 00:13:33.57 ID:DKP8isghO

大和「痛たたたっ……転んじゃった……」

提督「大丈夫?大和?」

大和「提督……もうやめましょう?」

大和「私の上から降りてください……」

提督「んー……この体制だと大和にぴったりくっつけるね」ギュッ

大和「……もう」

提督「えへへ♪大和ー」

大和「はぁ……全くこの子は……」ナデナデ

 

120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 00:18:25.93 ID:DKP8isghO

提督「んっ……」スリスリ

大和「提督……っ!?」

大和「あ……あの……提督?もしかして……」

提督「ん?なに?」スリスリ

大和「あの……勃起……してます?」

提督「勃起ってなに?」スリスリ

大和「えと……おちんちんが大きくなる……ことです……///」

提督「うん!大和にすりつけてたらおっきくなっちゃったみたい!」

大和「んっ……駄目ですよ提督っ……ん」

大和「そういうことはしたらいけないん……ですっ……」

提督「んー……」スリスリ

 

121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 00:19:08.83 ID:DKP8isghO

提督「あれ?大和のお股濡れてるよ?おもらし?」スリスリ

大和「ひゃっ……ちが……」

提督「なんだかここにスリスリしたら気持ちいいなー」クチュクチュ

大和「んっ……ふ……やめ……」

提督「うわー、凄い染みできてるよ!どうしたの大和?」

大和「くふっ……んあ……う……」

提督「パンツの中みちゃうぞー」スルッ

大和「て……提督っ!!」

 

122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 00:19:58.32 ID:DKP8isghO

提督「びちょびちょだね?大和」

大和「っ……」

提督「指いれてみるね?」

提督「うわぁ……ヌルヌルでキツイね……」

大和「っ……っ……」

提督「手がベトベトになっちゃった……」

大和「提督っ!!」ガバッ

提督「うわ!ちょっとなに!?」

大和「はぁはぁ……提督が悪いんですよ……!こんな可愛い顔して……!」

提督「ひっ……大和……?」

大和「今度は私がいじめてあげます……ふふふ……」

提督(うげ……こいつ変態かよ)

 

123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 00:21:01.04 ID:DKP8isghO

大和「もう我慢できません!いれちゃいますよ提督!」

大和「んっ……はぁ……ううっ……」

提督「大和っ……」

大和「ふふ……切なそうな顔……可愛い……」チュ

提督「んむっ!」

大和「れろ……ちゅ……んっ……」

大和「んっ……はむ……ちゅ……」

提督(やばいやばい息ができん!)

大和「ぷあっ!はぁはぁ……」

大和「苦しいですか?苦しいですよね?」

大和「ああ……可愛いなぁ……」

 

124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 00:21:52.39 ID:DKP8isghO

大和「ほらほらもっと腰を動かして!」

提督「くっ……うあ……」

大和「ああ……食べちゃいたいくらい可愛いですよ提督……」ちゅ

大和「ぷはぁ……最高……」ズブズブ

提督「はっはっ……」パンパン

大和「夢中になっちゃって……」

大和「ほら、がんばって提督!」ズブズブ

提督「くあああ……うう……」

 

125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 00:22:50.56 ID:DKP8isghO

大和「先が膨らんできましたね、でちゃいますか?」

提督「うく……」コクリ

大和「ふふ、じゃあラストです、思いっきりいきますよ!」

提督「うああああ!大和!大和!」

大和「んはっ……出しちゃいなさい!全部全部!」

大和「大和の中に!全部!」

提督「くう……あああああ!!」

大和「ひゃあっ!来たぁ……」

大和「お腹の中ではねてる……♪」

提督「はぁ……はぁ……」

大和「んっ……」ドロッ

大和「いっぱいでましたね……」

 

126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 00:24:39.63 ID:DKP8isghO

提督「まさか大和に主導権をにぎられるなんて……」

提督「でも新鮮でよかった……かも」

提督「とりあえず体力の限界だ」

提督「今日は休もう」

 

139: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 22:07:42.94 ID:y39G/3qO0

提督「よし、精力ばっちり」

提督「今のとこ落とした艦娘は三人か……」

提督「ふふふ……この調子でみんなを……」

 

140: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 22:12:21.70 ID:y39G/3qO0

提督「そろそろ行動に移るか」

提督「さーて、次は誰にしようかな」

次の艦娘>>+3

落とした艦娘はなしでお願いします
大和 扶桑 電以外

 

143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/10(月) 22:14:25.07 ID:Zy6NIl5n0
千代田

 

144: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 22:28:09.47 ID:y39G/3qO0

千代田「提督……用事ってなんですか?」

提督「あのね千代田?この間のことなんだけど……」

千代田「……もういいですよ」

提督「えっ……」

千代田「私も言いすぎました、ごめんなさい」

提督「う……うん……」

千代田「提督に悪気はなかったんですものね……まだこんなに小さいんだから」

 

145: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 22:30:29.89 ID:y39G/3qO0

提督「それでね千代田、僕考えたの」

千代田「?」

提督「この間千代田が怒ったのはおっぱいを触ったからだってさ」

千代田「ん?ん?」

提督「だから今度はお尻触ってもいい?僕ぽわぽわがすきなんだー」

千代田「え?え?」

 

146: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 22:32:12.59 ID:y39G/3qO0

千代田「あの……提督、私がなんで怒ってたのかわかってます?」

提督「おっぱい触ったからでしょ?お尻ならいいよね?」モミモミ

千代田「ぁ……そ、そういうことではなくてですね!」

千代田「あんまり軽々しく女性の体にさわってはいけないと……」

提督「秘技!スカート捲り!」

千代田「っ!ちょっと!」

提督「スカート潜り!」

千代田「提督!悪ふざけもいい加減にっ!」

提督「あれ?千代田可愛いパンツだねー!」ツンツン

千代田「こっ!こら!やめなさい!」

コンマ61から上が成功
コンマ60から下が失敗

警戒心補正でコンマが高めです

>>+3

 

151: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 22:41:07.25 ID:y39G/3qO0

千代田「提督!いい加減にしてください!」

提督「うっ……ごめん……」

千代田「いくら小さい子でもやっていいことと悪いことがあるんですよ!」

提督「ごめんなさい……」

千代田「……ちょっとお姉のところに行ってきます」

千代田「反省してくださいね、提督」

提督「うん……」

 

152: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 22:44:29.21 ID:y39G/3qO0

提督「くっそ……千代田のガード高すぎるだろ……」

提督「今度はなんかアイテムでももってかないと攻略できないレベルだぞ……」

提督「うむむむむ……」

提督「まあいいや……別の奴のところに行こう……」

次の艦娘>>+3

 

155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 22:45:43.48 ID:iunB8ak0O
明石

 

157: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 22:48:46.96 ID:y39G/3qO0

工廠

明石「ふぅー……疲れるなぁ……」

提督「明石っ!元気?」ヒョコッ

明石「あら提督?どうしたんですか?」

提督「たまには明石のお仕事してるところ見たいと思ってさー」

提督「大変そうだね?」

明石「いえ!これぐらい朝飯前です!」

提督「あはは!確かに今の時間帯は朝飯前だけどね」

明石「あ……えへへ……そうですね」

 

158: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 22:51:29.89 ID:y39G/3qO0

提督「それでそれで?なに作ってたの?」

明石「あっ……あの……近いです……」

明石「今ちょっと汗臭いから……あんまり近くには……」

提督「汗臭くなんかないよ!いいにおいだよ!」クンクン

明石「ううっ、あんまり嗅がないで///」

提督「ん、でもちょっと……あれかな……」

明石「わー!わー!離れてくださいっ!」

提督「うわっ」

 

159: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 22:55:00.63 ID:y39G/3qO0

明石「あ、ごめんなさい提督……」

提督「大丈夫だよ?明石」

提督「それで……なに作ってたの?」

明石「えと……提督にはちょっと……」

明石「あの……まだ早いかなーって……」

提督「んー?気になるなぁ……何々!?」

明石「あっ!こらちょっと!みちゃだめですって!」

コンマ51から上が成功
コンマ50から下が失敗

>>+3

 

163: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:02:17.25 ID:y39G/3qO0

明石「だ!だめー!!!!!」ドンッ

提督「うわ!痛てててて……」

明石「こればっかりは見せるわけにはいかないんです!絶対ダメなんです!」

提督「えー……気になるなぁ……」

明石「提督になんて早すぎます!これは大人が使うものなんですよ!」

提督「大人が使うもの?なにそれ?」

明石「あっ……やば……」

明石「こほん……なんでもないですから……提督はお部屋に戻ってください」ナデナデ

提督「でもきになるなぁ……」

明石「お・へ・や・に・戻ってください」

提督「う……わかった……」

明石「よろしい」ナデナデ

 

164: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:04:58.31 ID:y39G/3qO0

提督「明石……なに作ってたんだろう……」

提督「大人が使うもの……?」

提督「あとでネットで調べてみよっと……」

提督「とりあえず本日最後の安価を……」

次の艦娘>>+3

 

167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 23:05:34.32 ID:ti1BV/NMO

 

169: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:09:06.37 ID:y39G/3qO0

提督「……」トボトボ

霞「ちょっと」

提督「……」トボトボ

霞「ちょっと!無視するんじゃないわよ!」ドカッ

提督「痛い……」

霞「……どうしたの?何か元気ないじゃない」

提督「ううん……なんでもない……」

 

170: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:12:37.77 ID:y39G/3qO0

提督「いいの?膝枕なんてしてもらっちゃって」

霞「……たまにはね」

霞「それで?なにか悩み事?」

提督「……」

霞「怒らないから言ってみなさい」

提督「でも……」

霞「あーもうじれったいわね!」

霞「このあたしが聞いてあげるっていってるんだから!早く話しなさいよ!」ムギュ

提督「いふぁいよかふみ……」

霞「あんたの取り柄は元気なことくらいなんだから、もっとしゃきっとしなさい!」

霞「ほら話してみて?」

 

171: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:14:50.73 ID:y39G/3qO0

提督「うん……霞のお腹触ったら元気が出るかもしれない……」

霞「なにいってんの?あんた馬鹿なの?」

提督「お願い霞……」ウルウル

霞「うっ!うう……」

霞「ち、ちょっとだけだからね?それ以外のところ触ったらどうなるか……」

提督「うん!」

霞「はぁ……」

 

172: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:18:55.92 ID:y39G/3qO0

提督「すべすべでもちもちだ……」

霞「……もういい?」

提督「もうちょっとー」

提督「お腹の下のほうちょっとぽこっとしてるね?食べ過ぎ?」

霞「うっさい!もういいでしょ!?」

提督「んー……」

霞「あふっ……」ピクッ

霞「ちょっと……どこ触って……」

提督「お腹だよ?」

霞「いや……そこは……」

提督「もっと下の方ー」

霞「ちょっとっ……!」

提督「なんだかふっくらしてるなーこれ」

霞「っ~~~!!!」

コンマ51から上が成功
コンマ50から下が失敗

>>+3

 

178: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:25:48.83 ID:y39G/3qO0

霞「っ!このっ!変なところ触らないでっ……ん」

提督「ここはお腹でしょ?変なところってどこ?」

霞「ふぁっ……、あんた……わかってやってない?」

提督「ギクッ……そんなことないよ?」

霞「あふっん……とっ!とにかく離して!さわらないでよこの変態!」

提督「変態って……僕よくわからないのに……」

提督「ん?なんか穴みたいのがあるよ霞?」ズプッ

霞「ひぃあっ!」

 

180: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:30:16.62 ID:y39G/3qO0

霞「っ!」プルプル

提督「ちょっと、頭つかまないでよ、痛いって」

霞「っあんた……っいい加減にしないと……」

提督「霞にお腹の中あったかいなぁ……」

提督「あ、穴の奥まで届いたみたい」

霞「……!!!くぁっ」

提督「指を抜いてー出してー」ズブズブ

提督「あはっ、なにこれ楽しいや!」

霞「くひっ……ひぃあっ……」

霞「や……やめて……」

 

181: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:33:33.52 ID:y39G/3qO0

提督「スピードアップだ!」ズブズブ

霞「くはっ……ああっ!うやぁ!」

霞「や……やめて!変なの!お腹が変なの!」

提督「やだよん、だって楽しいし」

霞「くぁぁ……ああああっ!!!」プシャァ

提督「うわっ!なんだ?」

霞「ふぁ……はぅ……」ガクッ

提督「霞?おーい霞ー?」

 

182: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:38:26.55 ID:y39G/3qO0

提督(気絶したか……)

提督(霞が起きるまでに下準備を……)

提督「霞?おーい」クチュクチュ

提督「はやくおきないと霞のここをいっぱいさわっちゃうよー」

霞「……ふぁ……」

提督「ふふふ……」クチュクチュ

 

183: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:42:35.79 ID:y39G/3qO0

霞「あれ……あたし……っ!!」

提督「おはよう霞?」クチュクチュ

霞「ふぁぁぁ!!ちょ!んっ……あんたっ……」

提督「霞のここすごいねー、いっぱい何かあふれてくるよ?」

霞「いひゃぁぁ!!うぁっ!はうっ!」

霞「な……なんでこんな……んぁっ……変な感覚が……」

提督「霞が起きるまでずっとここいじってたんだー、どう?」

霞「いあっ!やめっ!やめて!もういじらないでっ!くあああああっ!!!」ビクビク

提督「あははっ、またビクビクしてるー」

霞「はぁっ……はぁ……」

 

184: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:47:49.52 ID:y39G/3qO0

提督「ねえ霞?この間本で読んだんだけどね?」

霞「はぁ……はぁ……?」

提督「僕のこれを霞のそこにいれるともっと気持ちいいんだって」

霞「~~~!!それはっ」

提督「だからいれてもいいよね?」

霞「だめよっ!それは好きな人同士でしかやっちゃいけないの!」

提督「ん?じゃあ大丈夫だね」

霞「えっ……?」

提督「だって僕霞のこと好きだもん!」

霞「なっ!」///

提督「霞はどう?僕のこと好き?」

霞「え……その……えっと……」

提督「どうなの?」

霞「~~~!!!好きじゃなきゃ膝枕なんてしないわよ!この馬鹿!」

提督「えへへ!やったぁ!」

霞「っくぅぅ」///

 

185: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:51:34.90 ID:y39G/3qO0

提督「じゃあいれてもいい?」

霞「……優しくしなさいよね」

提督「うん、がんばってみる」ズズズ

霞「かふっ……お、おっきっ……」

提督「大丈夫……?」

霞「へ、平気よ……そのままきて……」

提督「うん、いくよ?」ズズズ

霞「っが……ふぅぅぅぅ……!」

提督「もうちょっとっ……!!!」

霞「ぎぁっ……くふぅあっ……」

提督「はい……ったぁ……」

霞「へ……へっちゃらだったわ……はぁ……はぁ……」

提督「霞」チュ

霞「……///」チュ

 

186: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/10(月) 23:58:06.31 ID:y39G/3qO0

提督「霞!霞っ!」

霞「痛っ……もっと優しくっ……!」

提督「ごめん霞!気持ちよくて!」

霞「っあ……もう……」

提督「霞の中、あったかくて、とろとろで……僕何か出ちゃいそうだよっ!」

霞「っつぅ……くぁ……」

提督「痛い……?」

霞「っ……へっちゃらっ……よ!このあたしをあまくみないでよねっ……!」

提督「霞!」ギュッ

霞「ふぇっ///」

提督「霞!大好きだよ!このままだしちゃってもいい!?」

霞「ふぇ///うう///」

提督「っくあっ!」ピュルッ

 

187: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 00:02:05.19 ID:DXKnKcRy0

霞「ちょっと……中で出したら赤ちゃん出来ちゃうのよ!」

提督「はい……ごめんなさい……」

霞「まったく……あんたは……」

提督「お股から白いの垂れてるよ」

霞「ふぁっ!?」

霞「こっ!この変態!」

提督「ごめんなさい……」

霞「……まあいいわ」

霞「それより……もしできたら……責任、とってよね」

提督「う!うん!もちろんだよ!」

霞「っ……!そ、そう……ならいいんだけど///」

霞「あと浮気は禁止よ!私以外の艦娘と仲良くしないでよね!」

提督「いや……でも仕事仲間だから……」

霞「あ?何か言った?」

提督「ううん……なんでもない」

霞「ふふっ、ならいいのよ」ギュッ

 

189: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 00:04:06.04 ID:DXKnKcRy0

提督「霞に浮気禁止令出されたけどそんなのはなかった」

提督「でも霞かわいかったなぁ……」

提督「これからはもうきつい言葉とか言わないって言ってたしね!」

提督「ふう……でも今日はつかれたな……休憩休憩っと」

 

200: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 22:35:35.00 ID:DXKnKcRy0

提督「ふう、休憩おわり」

提督「次は誰がいいかなー」

>>+3
大和扶桑電霞以外

 

205: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/11(火) 22:37:24.14 ID:pcGoTty9o
磯風

 

208: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 22:39:51.79 ID:DXKnKcRy0
>>204
了解です、では磯風でいきます
ちょっとだけお待ちを

 

209: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 22:54:38.81 ID:DXKnKcRy0

磯風「……」

提督「磯風?なにしてるの?」

磯風「……むむ」

提督「磯風?」

磯風「ん、司令か……何か用か?」

提督「なにしてるのかなって思ってさ」

磯風「見ての通り、料理だ。今回は一人で挑戦してみた」

提督「げ……浜風は?」

磯風「そこに倒れているぞ?」

浜風「」ピクピク

 

210: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 22:58:09.80 ID:DXKnKcRy0

提督「……」コソッ

磯風「司令、どこへ行こうとしている?」

提督「ふぇ!?ちょ……ちょっとね……」

磯風「もうすぐこの磯風の料理が出来上がるというのに……」

磯風「せめて一口でも食べて行ってくれ」

提督「んぇ……で……でもね……」

磯風「なに、心配するな、ちゃんと浜風にやり方は聞いたんだ」

提督「聞いた……だけだよね?」

磯風「そうだが?」

提督「……」

 

211: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:02:08.15 ID:DXKnKcRy0

磯風「ほら、できたぞ司令」コトッ

提督「わ……わーい……」

提督「ところでこれって……何の料理?」

磯風「みればわかるだろう?オムライスだ」

提督「へ、へー……」

提督(じゃあ上にのってるこの紫色の物体は……卵……なの?)

磯風「ん?どうした?たべないのか」

提督「ひぇ!?い……ちょっとまって……」

磯風「遠慮するな司令、ほら、あーん……だ」

提督「あ、あーん……」

磯風「どうだ?」

コンマ51から上が性行
コンマ50から下が逃走

>>+3

 

215: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:05:31.16 ID:DXKnKcRy0

提督「……」ブルブル

磯風「……?どうした?」

提督「ふやぁぁぁぁぁ!!!」ダダダッ

磯風「司令!どうしたんだ司令!」

提督「お腹がぁぁぁぁぁぁ!!!!」

 

216: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:07:21.28 ID:DXKnKcRy0

提督「う……トイレトイレ……」

提督「……」

提督「ふぁぁ……なんとか大丈夫だった……」

提督「……暫くオムライスたべれないや……」

 

217: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:09:35.47 ID:DXKnKcRy0

提督「よ……よし……気分を切り替えて……」

提督「次は誰にしようかな……」

次の艦娘
>>+3

さっき磯風のボイス初めて聞いたんですけどめっちゃ可愛いですね……

 

220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:11:48.60 ID:qDicAFi+0
日向

 

223: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:14:51.20 ID:DXKnKcRy0

日向「提督、先ほどの悲鳴は君か?」

提督「あ、日向」

日向「……何か顔色が悪くないか?」

提督「う、うん……ちょっとね……」

日向「この鎮守府で一番しっかりしなければいけないはずの君がそんなでは、みなに示しがつかないぞ?」

提督「う……ごめんなさい」

日向「はぁ……」

 

224: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:17:42.89 ID:DXKnKcRy0

日向「……」ポンポン

提督「え?」

日向「ほら、私の膝に頭をのせて」

提督「いいの?」

日向「今日は特別だ、提督の具合がわるそうだからな」

提督「あ、ありがとう」

日向「どうかな?私の膝は」

提督「うん……ふわふわしてて……やわらかくて……いい気持ちだよ」

日向「まあ……そうなるな」ドヤァ

 

225: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:21:35.18 ID:DXKnKcRy0

提督「……」

日向「ふふ……」ポンポン

提督「ふわぁ……」

日向「眠いか?」

提督「ううん、平気だよ」

日向「そうか……」

日向「しかし君はよく見ると可愛い顔をしているな……」ジッ

提督「日向だって綺麗な顔してるよ?」

日向「む……」

日向「あまり大人をからかわないように」ピシッ

提督「痛っ……」

コンマ51以上で……
コンマ50下で寝る

>>+3

 

229: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:25:50.98 ID:DXKnKcRy0

日向「ねんねんころりよ……おころりよ……」

提督「ふ……んん……」

日向「ふふ……」ナデナデ

提督「ふぁ……日向……」

日向「寝てもいいんだよ、提督。たまには休息も必要だ」

提督「うん……」

日向「よしよし……」

 

230: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:29:49.12 ID:DXKnKcRy0

提督「ふわ……あれ?」

提督「布団だ……日向が敷いてくれたのかな」

提督「ちょっと体調良くなったかも……ありがと日向」

提督「最後に他の艦娘に会いに行こうかな」

>>+3

 

233: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/11(火) 23:31:23.03 ID:XkvzAwq8O
卯月

 

237: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:34:08.74 ID:DXKnKcRy0

提督「じゃあ他の艦娘のところへ……」

卯月「しれいかーん!卯月だぴょん!」

提督「ちょっと、声が大きいって」

卯月「声が大きいとだめなの?」

提督「いや……今ちょっと頭が痛くて……」

卯月「ふーん……」

卯月「あ!そうだ司令官!」

提督「うるさっ……」

 

238: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:36:40.64 ID:DXKnKcRy0

提督「卯月ちょっとうるさい……」

卯月「かっちーん!その態度は許せないぴょん!」

提督「……なに」

卯月「ふっふっふ……このうーちゃんを敵に回すとどうなるか……」

提督「なに……ちょっとこっちこないでくれない?」

卯月「かくごだぴょん!」ガバッ

提督「うわっ!重い!」

 

239: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:40:32.21 ID:DXKnKcRy0

卯月「うーちゃんは重くないもん!」

卯月「そんなこと言う司令官には……」ワキワキ

提督「うぇ!?ちょっとまっ……」

卯月「くすぐり攻撃だぴょん!」コチョコチョ

提督「うへへへへ!!!ひひははは!!!」

卯月「笑い方が気持ち悪い……」

卯月「でもやめないっぴょん!ほれほれー!」

提督「あひっひひっ!ふへへへあはは!!!」ビクビク

卯月「うーちゃんスペシャル!くらうぴょん!」

提督「ひひひひひ!!!もうやめてぇぇぇ!!!」

コンマ51以上で勃起
コンマ50以下で気絶

>>3

 

253: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:52:32.32 ID:DXKnKcRy0

卯月「ほれほれほれー!こちょこちょ!」

卯月「ん?何かお尻にあたってるぴょん……?」

提督「え?あれっ!?」

提督(なんで?なんでいきなり勃起して……)

卯月「司令官?何か隠してるぴょん?」

提督(ま……まさか磯風のオムライスに何か入って……)

卯月「うーちゃんにもみせるぴょん!バサッ

提督「う……うわっ!」

 

254: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:56:04.07 ID:DXKnKcRy0

卯月「……?なにこれ……」

提督(うわわわわ……予定外だ……)

卯月「おっきくて……かたいぴょん」スコスコ

卯月「うーちゃんがさわるとピクピクうごく……ぴょん」スコスコ

提督(……このままでもいいか)

卯月「うわぁ……すっごいびくびくしてる」

卯月「あと熱くなってきたぴょん」スコスコ

 

255: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/11(火) 23:59:48.58 ID:DXKnKcRy0

卯月「うーん……これなんだろう……」

卯月「司令官?これなに?」

提督「それは提督にしか持つことが許されない主砲なんだよ」

提督「一人でも深海棲艦とたたかえるようにね」

卯月「すごいぴょん!司令官も艦娘だったぴょんね!」シコシコ

提督「いや……艦男……かな」

卯月「それで、どうやったらこの主砲はうてるの?」シコシコ

提督「この主砲を打つには卯月の協力が必要なんだ」

卯月「うーちゃんの……協力?」

提督「うん、協力してくれる?」

卯月「まかせて!うーちゃんなんでもするぴょん!」

 

256: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 00:02:41.76 ID:DqDjJlDX0

提督「そうそう……そのままっ……」

卯月「まだうてないぴょん?」シコシコ

提督「うん、もうすこし……」

提督「卯月、もっと下のみぞのところも……」

卯月「ここ?」

提督「うぁっ……そうそう……もっと力こめてもいいよ」

卯月「わかったぴょん」

提督「くふぅ……いいよ卯月……」

 

257: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 00:06:51.61 ID:DqDjJlDX0

卯月「うーちゃんつかれちゃった……まだでないの?」

提督「うん、これをうつにはもうすこし卯月の協力が必要なんだ」

卯月「また?こんどはどうするぴょん?」

提督「これを、卯月の口でくわえてほしいんだ」

卯月「げっ……これを……?」

卯月「さきっぽから何か出てきてるし……」

提督「たのむよ!この主砲はこうやって整備しないと使えなくなっちゃうんだ!」

提督「卯月じゃなきゃできないんだよ!お願い!」ガシッ

卯月「えう……///わかったぴょん……」

卯月「……ううっ」チュ

提督「うっ……」

卯月「はむ……れろ……」

 

258: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 00:12:45.09 ID:DqDjJlDX0

卯月「はむ……」ズズズッ

卯月「おっひふひへおふひにふぁいらない……(おっきすぎてお口に入らない……)」

提督「もう……ちょっと奥まで……」ガシッ

卯月「ぐむ……ひれいかん!?」

提督「がんばって卯月!」

卯月「ぐ……くるひいぴょん!はなひて!」

提督「だめだよっ……主砲の整備は大切なんだっ……」グググッ

卯月「うぇ……げほっげほっ……」

提督「いいよ卯月……そのまま……」

卯月「ううっ……うぇっ……ごほっ……」

提督「ほどよい圧迫感……気持ちよくてもうでちゃいそう……」

卯月「んむー!んむー!(息ができないぴょん!はなして!)

提督「このままお口に出すよ!卯月!」ピュルッ

卯月「んむ~~~!!!!」

 

259: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 00:16:27.34 ID:DqDjJlDX0

卯月「うっ……げほっ!ごほっ!」

卯月「うぇ……苦いぴょん……」ドロッ

卯月「でも嫌いな味じゃ……ないぴょん?」

提督「ふう……あれ?」

提督(いつもなら一回だしたあとはもうできないのに……)

卯月「司令官?それまだおっきいままだね?」

卯月「でも司令官の主砲じゃ敵を倒せないと思うぴょんよ?」

提督「卯月っ!」ガバッ

卯月「えっ……ひゃあっ!」

 

260: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 00:21:34.61 ID:DqDjJlDX0

提督「卯月?なんでパンツが濡れてるの?」クチュクチュ

卯月「ひゃぁっ!う、うーちゃんにもわからないぴょん」

卯月「司令官の主砲をみてたらお腹が熱くなって……」

提督「ふぅん……そうなんだ……」クチュクチュ

卯月「ふぁっ!お股をいじるのはやめてほしいぴょん!」

卯月「うーちゃんふわふわして……変なんだぴょん!」

提督「大丈夫だよ卯月、心配しないでそのふわふわに意識を任せてみて?」

卯月「ふぇ……でも……あっ……ん」

提督「どう?気持ちいいでしょ?」

卯月「う……うん……」

卯月「ふやぁっ!なんか変だぴょん!変なのがくるっ……」

提督「大乗だよ卯月」

卯月「司令官……ふやっ!ふああああっ!!!」

卯月「はぁはぁ……今のは……」

 

261: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 00:26:13.42 ID:DqDjJlDX0

提督「卯月のをみてたら僕も興奮してきちゃった」

卯月「ふぇ……?」

提督「卯月のここにいれてもいい?」

卯月「い……いれる?」

提督「うん」

卯月「どうかんがえても入るわけないぴょん」

卯月「そんなのいれられたらうーちゃん裂けちゃうよ」

提督「大丈夫だって、女の子は裂けないようにできてるんだよ」グググ

卯月「痛たたたた!!!無理だぴょん!やめてってば!」

提督「まだちょっとしかはいってないよ?苦しいのはまだ先」

卯月「痛っ!やめてやめてやめて!お股から血がでてるから!」

提督「平気平気っ……」

卯月「かふっ……待って司令官……!」

提督「よい……しょっ!ズン

卯月「くぁぁぁあああっ!!!」

 

262: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 00:30:33.18 ID:DqDjJlDX0

卯月「……ひどいよ司令官……うーちゃん痛いっていったのに……」

提督「ごめんね卯月、でも君のためなんだ」

卯月「うーちゃんの……ため?」

提督「うん、今更だけど僕は卯月が好き」

卯月「えっ……」

提督「ごめんね?好きすぎて気持ちが抑えられなくなっちゃったみたい」

卯月「うーちゃんが……好き?」

提督「うん……ごめんね?」

卯月「そ……そうなんだ……うーちゃんが好き……///」

提督「ごめん……我慢できないから動くよ……」

卯月「っくあ……ちょっとまって……」

提督「無理みたいっ……」ズブズブ

卯月「痛っ……痛い……」

卯月「で……でも我慢だぴょん……司令官のために……」

 

263: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 00:35:48.54 ID:DqDjJlDX0

提督「くっ……」ズンズン

卯月「きゃふっ……うあっ……」

提督「ごめん卯月っ!もうちょっとで終わるからっ……!」

卯月「あぐっ……う……うーちゃんは大丈夫だぴょん……」

提督「くぁ……中がきつく……」

卯月「ぎっ……ああっ……」

提督「きついっ!で……でちゃいそう!」

卯月「ぐっ……はぁはぁ……司令官……?」

提督「ごめん!中で!」ドクッ

卯月「っっっ!!!」

提督「うぁっ……」ドクドク

卯月「っあ……!あふっ!」

提督「はぁ……いつもよりいっぱい出た……」

卯月「はぁっはぁっ……」

提督「卯月、ごめんね?」

卯月「だ、大丈夫……!だぴょん」

卯月「それより司令官、うーちゃん以外とはこんなことしちゃだめだぴょんよ……」

提督「うん、わかった」

卯月「なら……いいぴょん……はぁはぁ……」

 

264: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 00:37:00.64 ID:DqDjJlDX0

提督「これで駆逐艦三人目……」

提督「あとは戦艦が二隻……」

提督「なぜかかたよってるなぁ……」

提督「まあいいや、おやすみ」

 

275: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:03:05.51 ID:DqDjJlDX0

提督「ふうっ、体調もばっちりだ!」

提督「この調子で次の艦娘ともやってやる!」

提督「手始めに誰のとこ行こうか……」

下3

もう安価ミスはしない(キリッ)

 

278: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/12(水) 21:05:52.00 ID:RjSj50cAo
蒼龍

 

280: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:12:13.41 ID:DqDjJlDX0

提督「蒼龍?おはよう」ガチャ

蒼龍「……すぴー、すぴー」

提督「あれ?まだ寝てるんだ」

蒼龍「ふ……ん……んふふ……」

提督「……いつみてもすごいおっぱいだよねこれ……」

 

281: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:15:05.12 ID:DqDjJlDX0

提督「ゴクリ」

提督「失礼します……」フニッ

提督「わあ……やっぱりすごいや……」

蒼龍「ふにゃ……んぅ……」

提督「着物がちょっとはだけてるのもいいよね……」

蒼龍「……zzz……飛龍ぅ……」

 

282: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:19:51.75 ID:DqDjJlDX0

提督「顔を挟んでみたり……」

提督「……」ホウッ

提督「すっごいおちつく……なぁ……」

蒼龍「ふ……んぇ……?あれ……?」

提督「ぽけーっ……」

蒼龍「提督……?」

提督「あ、蒼龍おはよう」

コンマ61から上でラブラブ
コンマ60から下でまだ明るいから……

嫁艦補正

下3

 

291: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:26:56.13 ID:DqDjJlDX0

提督「もふもふ……」

蒼龍「もう……また甘えにきたの?」

提督「うん、えへへ……」

蒼龍「全く……提督ったら……」ナデナデ

提督「えへへ……すりすり」

提督「ねえ蒼龍?したいんだけど……いいかな?」

蒼龍「だーめっ、まだ明るいし……飛龍に怒られちゃうよ?」

提督「う……でも……」

蒼龍「めっ、だよ提督、ちゃんとお仕事してきなさい」

提督「うう……わかったよ……」

蒼龍「また今度、ゆっくりね……?」ギュッ

提督「うん!」

 

292: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:29:27.74 ID:DqDjJlDX0

提督「はぁ……蒼龍に断られちゃった……」

提督「はぁ……」

提督「はー……」

次の艦娘
下3

嫁艦はあと2隻います、これ以上重婚はしないつもりです、というか絶対にしません

 

295: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/12(水) 21:30:29.15 ID:52H5ISvAO
千歳

 

298: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:37:24.94 ID:DqDjJlDX0

千歳「うう……頭痛い……」

千歳「たしか昨日隼鷹さんに飲まされた後からの記憶が……」

千歳「えっと……たしか最後は飛鷹さんが隼鷹さんをひっぱたいて……」

提督「千歳?ふらふらしてるけど大丈夫?」

千歳「あ、あら提督、おはようございます……」

提督「顔色悪いね千歳」

千歳「ええ……昨日ちょっと……」

提督「ふぅん……」

 

299: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:40:08.62 ID:DqDjJlDX0

提督「具合が悪いんだったら僕の部屋で休む?」

千歳「い……いえ、お仕事もあるし……」

提督「提督の僕が言ってるんだから大丈夫だよ!」

提督「さっ?僕の部屋いこう?」

千歳「で、でも……」

提督「はやくはやくっ!」

千歳(こんな状態で男の人の部屋に入るのは……でも提督はまだ子供だし……)

千歳「ではお言葉に甘えてちょっとだけ……いいですか?」

提督「うんっ!」

 

300: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:44:38.12 ID:DqDjJlDX0

千歳「お布団まで、ありがとうございます……」

提督「いいのいいの、気にしないで?」

提督「それより寝心地はどう?」

千歳「いい気持ちです……ふかふかで……」

提督「へへ、そうでしょそうでしょ」

千歳「はい、なんだか眠くなって……」

提督「……」モゾモゾ

コンマ51以上手を出す
コンマ50以下千歳にばれる

下3

 

306: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:52:09.57 ID:DqDjJlDX0

千歳(ん……何かもぞもぞしてる……?)

千歳(んっ……何……?触られた?)

千歳「……!提督!?」

提督「千歳のお尻柔らかいねー」

千歳「んっ……何してるんですか!」

提督「えっ……」

千歳「あ、怒鳴っちゃってごめんなさい」

千歳「でもね提督?女性の体に気安く触ったらいけないんです」

千歳「わかりましたか?」

提督「う、うん……」

千歳「よし……いい子いい子」

千歳「じゃあ私はもういきますね?」

提督「休んでいかないの?」

千歳「……大丈夫です」バタン

 

307: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 21:54:45.68 ID:DqDjJlDX0

提督「なんか今までで一番傷つく断られ方だった……」

提督「千歳と千代田は難攻不落……」

提督「……もしかしたら戦艦と駆逐艦以外とはやれない仕組みになっている……?」

次の艦娘
下3

 

310: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/12(水) 21:56:51.01 ID:WosxG0fqo
瑞鳳

 

314: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:02:10.05 ID:DqDjJlDX0

瑞鳳「~♪」

瑞鳳「艦爆の整備楽しいなぁ……ふふ……」

バァン

提督「瑞鳳たん!」

瑞鳳「……提督?」

提督「瑞鳳たん!なにしてるの!?」

瑞鳳「整備だけど……」

提督「そうなんだ!隣で見ててもいい!?」

瑞鳳「いいけど静かにしててね」

提督「うん!」

 

315: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/12(水) 22:04:47.03 ID:KOD5UBHDo
その気色悪い呼び方はどの提督でも共通なのか

 

316: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:05:15.46 ID:DqDjJlDX0

提督「……」ジーッ

瑞鳳「……」カチャカチャ

瑞鳳「……」チラッ

提督「……」ニコニコ

瑞鳳「ねえ、あんまりじっと見られるとやりにくい」

提督「えへへー、瑞鳳たん可愛いなぁ……」

瑞鳳「……」///

 

317: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:08:46.75 ID:DqDjJlDX0

>>315
瑞鳳にはたん付けが基本なんです

瑞鳳「終わったぁ……」

提督「お疲れ様!」ギュッ

瑞鳳「ふぇっ……!?提督!?」

提督「あはは!瑞鳳可愛いなぁ!」

瑞鳳「ちょ……離して」ジタバタ

提督「やだよー」ギュッ

瑞鳳「むうううっ……」

コンマ51以上情事
コンマ50以下瑞鳳による罵倒

下3

 

324: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:15:13.22 ID:DqDjJlDX0

瑞鳳「ちょっ……キモイ!」ガツン

提督「痛い……」

瑞鳳「なんなの提督!気持ち悪い呼び方したり抱き付いて来たり!」

瑞鳳「子供だからってやりすぎだよっ!?」

提督「ごめんなさい……」

瑞鳳「……もしかして他の娘にもこんなことしてるの……?」

提督「ふぇっ!?」

瑞鳳「……」

瑞鳳「さいってー」

提督「ううっ」

瑞鳳「はぁ……何考えてるの?」

瑞鳳「子供だからって何でも許されると思ってるの?」

提督「ごめん……」

瑞鳳「はぁ……」

 

327: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:18:20.67 ID:DqDjJlDX0

提督「瑞鳳たんの罵倒気持ちよかった」

提督「俺はこの年齢でⅯ属性持ちなのか……」

提督「将来有望だな……」

提督「というか戦艦と駆逐艦以外落とせないぞ……なんでだ……」

提督「瑞鳳たん……」

次の艦娘
下3

ドキドキ

 

330: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/12(水) 22:19:11.01 ID:UihXufH00
鳳翔

 

338: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:26:34.48 ID:DqDjJlDX0

鳳翔「提督、お部屋のお掃除に来ましたよ?」

提督「わーい!ありがとう鳳翔さん!」

鳳翔「ふふ、提督はいつも元気ですね?」

提督「うん、元気なのが僕の取り柄だからね!」

鳳翔「ふふ……」ナデナデ

提督「鳳翔のナデナデは落ち着くなぁ……ぽわーっとして……ふわふわで」

鳳翔「あらあら、お世辞がうまいんですから♪」

提督「本当だよっ!」

鳳翔 ナデナテ

 

340: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:29:33.99 ID:DqDjJlDX0

鳳翔「ふんふーん♪」パタパタ

提督「うー、掃除している間暇だなー」

鳳翔「終わったら遊んであげますから、もうちょっと待っててくださいね?」

提督「えー……ううー……」

提督「あ!そうだ!整備員さんにもらったあの本でも読もうかな!」

鳳翔「……?」

提督「えっと……たしかここに……」ゴソゴソ

鳳翔「……」チラッ

鳳翔「~~~!?!?!?」

 

341: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:33:54.67 ID:DqDjJlDX0

鳳翔「て……ててて……提督!?それはっ!?」

提督「ん?整備員さんがくれたの」

提督「男なら一つくらい持っておけって言われててさ」

提督「この本読んでるとおちんちんがムズムズするんだよ?」

鳳翔「だ!だめです!提督にはまだ早いです!」

提督「どうして?」

鳳翔「どうしてもです!さあ!そんなものは私が処分しますから!」グイグイ

提督「ええー?ってうわっ!引っ張らないでよ!」

コンマ51以上で優しくてほどきされる
コンマ50以下で軽く説教

下3

来るか……?

 

352: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:41:20.07 ID:DqDjJlDX0

提督「あっ!」

鳳翔「ふぅ……」

鳳翔「提督、あなたにはまだこういうのは早いんですよ?」

提督「……」

鳳翔「確かに大人の男の人なら、い……一冊は持っているかもしれません///」

鳳翔「でもね?あなたはまだ子供なの、こんなものにうつつを抜かしていてはダメ」

提督「……」

鳳翔「もっとたくさん勉強して、もっといろんなことを経験して……あなたは大人になるんですよ」

鳳翔「だからこれはお預けです」

提督「うん……」

鳳翔「よろしい」ナデナデ

鳳翔「じゃあこれは私が処分しておきます、いいですね?」

提督「うん……」

鳳翔「おちこまないで?どうしても駄目だったその時は私が……」

鳳翔「って……何を言ってるのかしら私は///」

鳳翔「こほん……では失礼します……提督」

 

353: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:44:58.57 ID:DqDjJlDX0

提督「鳳翔さんまじお母さん」

提督「しかし空母4連敗とは……」

提督「なにか見えない力が働いているに違いない……」

提督「ううーっ!次で最後だっ!」

次の艦娘
下3

 

356: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/12(水) 22:45:41.66 ID:uraM6u8VO
瑞鶴

 

365: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:55:54.15 ID:DqDjJlDX0

瑞鶴「ううっ……大破しちゃった……」

瑞鶴「加賀さんにもすごい怒られるし……最悪……」

瑞鶴「大体なによ!七面鳥七面鳥って!そっちなんか焼き鳥製造機じゃないの!」

瑞鶴「あーもう腹立つなぁ!むかむかするー!」

瑞鶴「少しは赤城さんをみならえばいいのに……」

瑞鶴「……お風呂入って気分転換しよ……」

 

366: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 22:59:08.97 ID:DqDjJlDX0

瑞鶴「ふあー……さっぱりぃ……」ザブッ

瑞鶴「……」ホヘー

ガラガラ

提督「ふう、汗かいちゃったな……」

瑞鶴「ん?あれ……提督さんじゃん」

提督「あ!瑞鶴!瑞鶴もお風呂?」

瑞鶴「そうだよー、また大破しちゃってさ」

瑞鶴「加賀さんがまたブツブツ私に怒るんだよ……」

提督「あはは、そうなんだ」

提督「僕も一緒に入っていいかな?」

瑞鶴「すとーっぷ!!!」

提督「ほへ?

 

367: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:01:24.77 ID:DqDjJlDX0

瑞鶴「体洗わないでお風呂に入るのはマナー違反だよ?」

提督「あ、そっか……うっかりしてた」

瑞鶴「ふふ……うっかりさんだね」

瑞鶴「よし!じゃあお姉さんが洗ってあげる!」

提督「ほんと!?」

瑞鶴「今だけだからねー?大人になったらだめだよ?」

提督「うん!ありがとう瑞鶴お姉ちゃん!」ニコニコ

瑞鶴「まっかせなさい!」

 

368: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:06:04.24 ID:DqDjJlDX0

瑞鶴「ごーしごーし」

提督「気持ちいい……」

瑞鶴「ふふん、よく翔鶴姉の背中流したりしてたからねー」

瑞鶴「ここもあらっちゃうぞー」

提督「うわ!あはははは!腰はくすぐったいってば!」

瑞鶴「ほれほれー!くすぐったいかぁー!」

提督「あはははは!うひひひひ!」

瑞鶴「まだまだ……いく……」

瑞鶴「……」

瑞鶴「あ……あの……提督さん……それ……」

コンマ51以上お風呂場プレイ
コンマ50以下瑞鶴逃走

下3

 

380: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:11:07.66 ID:DqDjJlDX0

瑞鶴「あのっ……さ……」

提督「あ……ごめんなさい……お姉ちゃん見てたらこんなになっちゃって……」

瑞鶴「ふぇっ!?私!?」

瑞鶴「あはは……困ったね……」

瑞鶴「その……苦しいの?それ」

提督「う……うん……すごく……」

瑞鶴「そっか……」

瑞鶴「うううっっっ///」

 

381: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:15:00.92 ID:DqDjJlDX0

瑞鶴「っ……!」ギュッ

提督「うっ……お姉ちゃん?」

瑞鶴「ふわっ!こっち向かないで!」

提督「でも……」

瑞鶴「いいから……そのまま……」コスコス

瑞鶴「ど……どう?」

提督「うんっ……いいよっ……」

提督「でもなんで後ろからなの……?」

瑞鶴「だ……だって……見るの恥ずかしいし……」

瑞鶴(ううっ……見えないけど熱くて脈打ってるのが手から伝わってくるよ……)

 

382: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:18:12.14 ID:DqDjJlDX0

瑞鶴「はぁ……はぁ……」

提督「あの……背中におねえちゃんのが当たって……」

瑞鶴「い!いいから!出すのだけに集中して!」

提督「うん……」

瑞鶴「まだでないの……?」

提督「もうちょっと……かな……」

瑞鶴「ううっ……」

瑞鶴「早く出してよねっ!」

瑞鶴「……」

瑞鶴(なんだか私まで変な感じに……)トロ

 

383: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:20:56.41 ID:DqDjJlDX0

提督「う……でそうかも……」

瑞鶴「///」

瑞鶴「早くしてよね……もう……」///

提督「うあっ!」

瑞鶴「ひゃぁっ!?」

提督「うくっ……くぁ……」

瑞鶴「ちょっと!出しすぎっ……!?」

提督「はぁはぁ……ごめん……」

瑞鶴「ううっ……髪にかかった……」

 

384: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:24:38.67 ID:DqDjJlDX0

提督「あの……ごめんねお姉ちゃん……」

瑞鶴「もういいから///言わないでって……」

提督「うん……あのさ……」

瑞鶴「あー!あー!それにしてもいいお湯ね!提督さんもそう思うでしょ!?」

提督「う……うん……あのさ」

瑞鶴「わ!私!もう上がるから!」ザバッ

提督「まってお姉ちゃん!その……」

瑞鶴「ちょ!離して……え……」

提督「またおっきくなっちゃった……」

瑞鶴「~~~!!!!」

 

385: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:28:27.80 ID:DqDjJlDX0

提督「お姉ちゃん!お姉ちゃんに……入れたい……」

瑞鶴「い!いやっ!だめだってば!落ち着いて!」

提督「でもお姉ちゃんだってここがヌルヌルになってるよ!」クチュクチュ

瑞鶴「ちょっと!どこ触ってっ!?んあっ!」

提督「いいでしょ!?お姉ちゃん!?」

瑞鶴「だめ……だめだって!」

瑞鶴「おちついて提督さん!こんなのいけないよ!」

提督「いやだっ!」ズブッ

瑞鶴「っ!!!!」

 

386: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:34:22.47 ID:DqDjJlDX0

瑞鶴「くふぅぅぅっ!!」

提督「いれ……ちゃった……」

瑞鶴「は……初めては翔鶴姉のためにとっておいたのに……」

提督「ごめんおねえちゃんっ!責任取るから」ズズズ

瑞鶴「いあっ!?抜いてっ!お願いっ!」

提督「嫌だよっ!お姉ちゃんと一緒になるんだから!」

瑞鶴「痛っ……!抜いてぇぇぇ……!」

提督「もうすこしで奥までっ……」

提督「はいった……ぁ」

瑞鶴「……」ブルブル

 

387: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:36:35.54 ID:DqDjJlDX0

提督「お姉ちゃん……?」

瑞鶴「……」プイッ

提督「あの……怒ってる?」

瑞鶴「……当たり前でしょ、こんなことして……」

提督「ごめんなさいお姉ちゃん……」

提督「でも僕、どうしてもおさえられなくて……」

瑞鶴「……」

提督「ごめんなさい……」

瑞鶴「……」

 

388: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:39:34.74 ID:DqDjJlDX0

瑞鶴「……もういいよ」

提督「えっ……」

瑞鶴「いいよっていったの!ちゃんと聞いててよ!」

提督「う!うん!」

瑞鶴「あーあ……翔鶴姉のためにとっておいたのになぁ……」

提督「ごめん……」

瑞鶴「はぁ……いいよ、動いても」

提督「いいの?」

瑞鶴「何ども言わせないでよ!」

瑞鶴「ちょっと慣れてきたから……大丈夫」

提督「じゃあ動くよ?」

瑞鶴「ん……」コクリ

 

389: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/12(水) 23:40:07.27 ID:MdLmWa9lo

>瑞鶴「は……初めては翔鶴姉のためにとっておいたのに……」

どういうことなの・・・

 

390: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/12(水) 23:40:39.39 ID:62qkG7nzo
翔鶴♂

 

392: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:42:28.63 ID:DqDjJlDX0

提督「はっはっ……痛くない?」

瑞鶴「んく……大丈夫……」

瑞鶴「ちょっとだけ痛いけど、平気」

提督「そ……っか……はぁ……はぁ」ズブズブ

瑞鶴「ん……くふ……ひぁ……」

瑞鶴「ひゃん!ふぁっ……ひぅ……」

提督「お姉ちゃんも気持ちいいの?」

瑞鶴「う!うっさい!こっちみないでよ提督さん!」

瑞鶴「気持ち……いいわよ……」ボソッ

提督「え?」

瑞鶴「こっちみんなぁ!」

 

393: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:46:34.07 ID:DqDjJlDX0

提督「ふぐ……!あったかくてきつくて!もうでちゃいそう!」

瑞鶴「ひゃうっ!だ!出すなら外にしてね!?」

提督「うん……!わかってる……!」ズブズブ

瑞鶴「くひぃっ!さ!先っぽが膨らんで!」

瑞鶴「提督さん!外でだしてよ!?わかってる!?」

提督「はぁはぁ……!く……」

瑞鶴「ひゃぁっ!ちょっと!提督さんやばいって!離して!」

提督「くううぁぁぁぁ!!!!」ドクドク

瑞鶴「駄目ぇぇぇぇぇ!!!!」

 

394: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/12(水) 23:49:06.36 ID:DqDjJlDX0

瑞鶴「んっ……はぁ……」ドロッ

瑞鶴「こんなに出して……」

提督「ごめんなさい……」

瑞鶴「赤ちゃん出来たらどうするのよ……」

提督「その時は僕が責任取るから!」

瑞鶴「えっ……///」

提督「責任取るから大丈夫だよおねえちゃん!」

瑞鶴「あ……そ……そう……」///

瑞鶴「///」

瑞鶴「あ、いっとくけど浮気したら殺すからね」

提督「!?」ビクッ

 

419: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 20:58:46.58 ID:8+wasP210
こんばんはでち
00は100でいきますでち

 

420: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:04:49.07 ID:8+wasP210

提督「ふう……結構落としてきたな……」

提督「もう落とした艦娘で艦隊行動できるくらいじゃないか?」

提督「さて……次は誰に……」

落とした艦娘はなしでお願いします
扶桑電大和霞瑞鶴卯月以外

下3

 

423: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 21:07:25.33 ID:b1YitieaO
阿武隈

 

431: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:19:08.26 ID:8+wasP210

阿武隈「♪~」

阿武隈「ううん……前髪が決まらないよぉ……」

提督「なにしてるの阿武隈?」

阿武隈「あ、提督ですか?ちょっと髪が決まらなくて……」

提督「ふうん、どれどれ?」サワサワ

阿武隈「どうですか?」

提督「んとね……」

 

434: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:21:02.35 ID:8+wasP210

提督「んー♪」

阿武隈「楽しそうだね提督」

提督「阿武隈の髪ふわふわだしねー、気持ちいいからさ」

阿武隈「そう?これでも結構気を使ってるんだから!」

阿武隈「で……どうかな?」

提督「うん、これでどう?」

阿武隈「ん……いいかも……ありがとね提督」

提督「えへへ……」

 

435: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:23:22.54 ID:8+wasP210

提督「ふわふわぁ……」モフッ

阿武隈「提督?」

提督「いい匂い……」モフモフ

阿武隈「提督ったら……もう……」

提督「……ペロッ」

阿武隈「……いひゃぁっ!?」

コンマ51から上提督攻め
コンマ50から下阿武隈逃走

下3

>>432
木曽「ありだな!」
だそうです

 

443: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:30:43.95 ID:8+wasP210

阿武隈「提督……?」

提督「いい匂い……」

阿武隈「あの……今なにして……ひんっ!?」

提督「ペロペロ……」

阿武隈「て……提督!悪ふざけしちゃだめだよ!?」

提督「なんで?おいしいよ?阿武隈の首」

阿武隈「美味しっ!?はぁ!?」

提督「えへへ」ペロペロ

阿武隈「んぁっ……」

 

444: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:33:25.48 ID:8+wasP210

提督「耳が真っ赤だよ?阿武隈、どうしたの?」

阿武隈「どうした……って……」

提督「んー……風邪かな?冷ましてあげるね?」

阿武隈「は?冷ますってなに……?」

提督「はむはむ……」

阿武隈「~~~!?ちょ!なにしてんの!?」

提督「冷ましてあげてるんだよ?僕のお口でね」

阿武隈「あ……あふ……」ガクガク

 

445: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:36:59.26 ID:8+wasP210

提督「あははっ、震えてるよ阿武隈?」

阿武隈「あひっ……ふぅ……」ガクガク

提督「耳の奥まで舌いれちゃうよー」ヌルヌル

阿武隈「んひぃ!?」

提督「んひぃ!?だって、あはは」

阿武隈「耳の中でヌルヌルしてっ……ひぃぃっ!」

阿武隈「やめっ……あんっ……」

 

446: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:40:59.67 ID:8+wasP210

提督「ありゃ?倒れちゃった」

阿武隈「はぁ……はぁ……」

阿武隈「て……提督っ……悪ふざけはもうやめよう?」

提督「悪ふざけって……耳をなめただけだよ?」

阿武隈「それがいけないのっ!」

提督「ん……あれ阿武隈?パンツ濡れてない?」

阿武隈「え……?」バッ

阿武隈「な!なんでもないの!これは!」

提督「あー!わかった!阿武隈おもらししちゃったんだね!?」

提督「子供みたいだねー、ぷふふ……」

 

447: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:44:25.50 ID:8+wasP210

阿武隈「ちがっ!これはちがうの!」

提督「だって濡れてるじゃん、ごまかしたってだめなんだからね」

阿武隈「いやっ……だから……」

提督「じゃあおもらしじゃなかったらなんなの?」

阿武隈「ふぇっ!?それは……えと……」

提督「じゃあ僕が確かめてあげる!足開いて!」

阿武隈「あ……!だめ!まってまって!」

提督「力こもってないよ?阿武隈」カパッ

提督「うわー!びしょ濡れだー!」

阿武隈「///」

 

448: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:48:32.55 ID:8+wasP210

提督「くんくん……ん?」

阿武隈「っ!!!」

提督「あれ?おしっこのにおいじゃないよ?これ」

阿武隈「提督!もうだめ!」

提督「ん……すごくヌルヌルしてるなぁ……」クチュクチュ

阿武隈「だっ……触らないっ!でっ!」

提督「阿武隈のここさわってたら……僕のおちんちんがムズムズしてきた……」

提督「服に擦れて痛いからだしちゃおっと」

阿武隈「~~~なっ!?」

提督「えへへ、おっきいでしょ?」

 

449: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:51:43.01 ID:8+wasP210

阿武隈「待って待って提督!自分が何してるか分かってる!?」

提督「ん?いけないこと?」

阿武隈「当たり前でしょ!いいからそれしまって!」

提督「でも本で読んだときはこれを女の人の中に入れるって書いてあったよ?」

阿武隈「それは特別なの!提督はそれやったらだめなの!」

提督「えーやだ」ズブッ

阿武隈「くひぃんっ!」

阿武隈「も、もしかして……入れちゃった?」

提督「うん!ヌルヌルで気持ちいいよ!」

 

450: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:55:17.74 ID:8+wasP210

阿武隈「だめだめだめ!抜いてっ!んぁっ!」

提督「とろとろでぬるぬるでふわふわー」ズブズブ

阿武隈「おっきっ!?」

阿武隈「じゃなくて!だめだってば!赤ちゃん出来ちゃうの!」

提督「え!?赤ちゃん出来るの?僕と阿武隈の?」

阿武隈「そう……んっ……だから!もうやめよう?」

提督「赤ちゃん出来るのかぁ……じゃあもっとしないとね!」

阿武隈「いや!くぅぅ!は……んっ……だめだって!」

提督「まだまだいくぞー!」

 

451: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 21:58:58.54 ID:8+wasP210

提督「このまましてたら赤ちゃん出来るの?」

阿武隈「くふんっ……ふぁ……ひゃあっ……」

提督「ねえ阿武隈?聞いてる?」

阿武隈「ひぃっ……んああ!つ、突くのやめてっ……」

阿武隈「で……きちゃうの……だからもう……くぁぁっ!」

提督「ん……なんだかおしっこ漏れるような感覚がする……」

阿武隈「!?だめだめだめ!離して!出しちゃダメ!」

提督「ん……うううううっ!!!」ドクドク

阿武隈「いやああああああ!!!!」

 

453: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:02:05.84 ID:8+wasP210

阿武隈「ひっく……ひっく……」

提督「あの……ごめんね?」

阿武隈「最低……だよ提督」

提督「本当にごめんなさい……阿武隈は僕のこと嫌い?」

阿武隈「きらい……じゃないけど……でも……」

阿武隈「もし出来たら責任取ってくれるの……?」

提督「うん!阿武隈のためならなんでもするよ!」

阿武隈「そう……」

阿武隈「ま……いいか……ふふ……」

阿武隈「じゃあ……これからもよろしくね?提督」

提督「うんっ!」

 

454: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:03:44.38 ID:8+wasP210

提督「ふう……まずは一発目……」

提督「初軽巡だね」

提督「この調子でどんどん他の艦娘も……」


下3

 

457: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:04:28.45 ID:v07rv8bgo
榛名

 

462: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:07:50.65 ID:8+wasP210

榛名「提督?お呼びでしょうか」

提督「う……うん……あのね?相談があるの……」

榛名「ふふ、なんですか?この榛名に何でも言ってください!」

提督「えと……あのね……その……」

榛名「言いにくいことなんですか?」

提督「ううぅ……」

 

463: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:09:34.82 ID:8+wasP210

提督「あ……のね?そのね?」

榛名「おちついて?ゆっくり話してください」

榛名「榛名はずっとここにいますから……」ギュッ

提督「ふぇっ……」

榛名「ふふっ、落ち着きますか?提督」

提督「うん……」

榛名「よしよし……だいじょうぶですよ……」ナデナデ

 

465: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:12:43.57 ID:8+wasP210

提督「あのね……今朝起きたらね……」

榛名「はい、なんですか?」

提督「パンツに白いのがついててね……」

榛名「え、ええ///」

提督「それでね……パンツは取り替えたんだけどね……その……」

提督「これが、ずっと大きいままで……」ボロンッ

榛名「ひえっ///」

提督「どうしたらいいの……たすけて榛名……」

榛名「ええっ……それは……その……」///

コンマ51以上榛名による性教育
コンマ50以下榛名は大丈夫じゃないです

下3

 

474: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:19:49.27 ID:8+wasP210

榛名「はっ……榛名は……その……」

榛名「榛名は……榛名は……」

榛名「大丈夫じゃないですー!」ピュー

提督「ちっ」

 

475: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:22:16.17 ID:8+wasP210

提督「艦娘って結構身持ちが固いなぁ……」

提督「むうう……」

提督「よし……次行こう……」

次の艦娘
下3

 

478: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:22:36.10 ID:0mOaLKelO
清霜

 

485: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/13(木) 22:27:53.92 ID:zFSvmA4U0
これは戦艦になるための改装(意味深)不可避

 

486: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:33:40.11 ID:8+wasP210

清霜「司令官!暇!」

提督「清霜?」

清霜「あれ?司令官なにしてんの?ねえなにしてんの?なになになに?」

提督「うわっ、なんにもしてないってば」

清霜「なーんだ、がっかり!あたしが戦艦になるための書類でも書いてるのかと思ったよ!」

提督「無茶言わないでよ」

 

487: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:35:43.52 ID:8+wasP210

提督「そういえば、清霜はなんで戦艦になりたいの?」

清霜「ん?なんでって……」

提督「いつもいつもいってるよね?戦艦になりたいって」

清霜「うん!だってかっこいいじゃん!武蔵さんとかさ!」

提督「まあたしかにかっこいいよね」

清霜「だからあたしも戦艦になってかっこよくなりたいんだよ!」

提督「へぇ……」

 

488: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:38:59.53 ID:8+wasP210

清霜「ほら!大和姉さまも素敵だよね!」

提督「えっ!?大和!?」

清霜「うん、大和姉さま」

提督「えーっと……どうかなぁ……あはは……」

清霜「どうしたのさ、司令官」

提督「うぇ!?いや……なんでも……」

提督「それより清霜、戦艦になりたいならいい方法があるよ?」

清霜「え!なに!なになになに!?」

提督「これみて?」ボロンッ

清霜「なんで脱いでんの?」

提督「これを触るとね?錬度が上がって戦艦になれるかもよ」

コンマ51以上清霜ちゃん騙される
コンマ50以下清霜ちゃん騙されない

下3

 

498: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:42:42.53 ID:8+wasP210

清霜「いや、そんなわけないじゃん」

提督「え……」

清霜「ありえないでしょ、そんな話聞いたことないもん」

清霜「というかそういうのっていけないことなんだよ?武蔵姉さまに言いつけちゃうからね」

提督「うぇ!?待って待って!」

清霜「さって……どうしようかな……じゃあね」

提督「……」

 

500: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:44:53.88 ID:8+wasP210

提督「清霜ちゃん結構勘がするどかった……」

提督「武蔵に言うっていってたけど……だいじょうぶだよね……」

提督「ま、まあ他の艦娘ならいけそうかも」

下3

コンマ神はロリコンじゃなかった

 

503: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:45:41.80 ID:xvQx86bGO
まるゆ

 

510: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:49:51.17 ID:8+wasP210

まるゆ「はぁ……どうして私はうまくもぐれないんだろう……」

まるゆ「こんなんじゃ他の潜水艦の方々に迷惑がかかっちゃう……」

提督「まるゆ?元気ないね」

まるゆ「ふぇっ!?隊長!」

提督「なにか悩み事?」

まるゆ「えっと……はい……」

まるゆ「聞いてくれますか?」

提督「もちろんだよ、話してみて?」

 

511: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:52:28.34 ID:8+wasP210

提督「なるほどね……」

まるゆ「みんないい人なんです、陸軍からきた私に優しくしてくれるし……」

まるゆ「だからこそあんまり迷惑かけたくないんです……役に立ちたいんです……」

提督「そっかそっか……」ナデナデ

まるゆ「隊長……まるゆはどうしたらいいですか……」

提督「うーん……」

提督「よし!僕に任せて!」

まるゆ「ほんとうですか!?」

提督「うん、じゃあお風呂場行こうか」

まるゆ「はい!」

 

512: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 22:56:41.51 ID:8+wasP210

提督「よいしょ……」チャプ

まるゆ「隊長?まるゆはどうすれば」

提督「うん、まるゆは潜れないのが問題なんだよね」

まるゆ「はい」

提督「だからお風呂場で潜る練習するんだよ」

まるゆ「それはわかってますけど……なんで隊長もはいるんですか?」

提督「うん、訓練だからね、てつだってあげる」

提督「いまから僕の股の間にもぐって、固い棒があると思うから、それをくわえてみて?」

コンマ51以上純真なまるゆはだまされる
コンマ50以下まるゆは騙されない

下3

まるゆ……

 

520: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 23:01:02.12 ID:8+wasP210

まるゆ「隊長……それはちょっと……」

まるゆ「いくらまるゆでも……だまされないですよ?」

まるゆ「しつれいします、まるゆは海で練習してきます……」

提督「……」

 

521: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:02:00.40 ID:uPiXa+iZo
ストレートにきついww

 

522: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 23:02:43.65 ID:8+wasP210

提督「うーん……俺はあんまり艦娘から信頼されてないのかな……」

提督「ちょっと傷つくなぁ……心はこんなにきれいなのに……」

提督「次が最後かな……誰にしよっか……」

次の艦娘
下3

コンマがあらぶっておられますね
ドキドキして楽しいです

 

525: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:03:03.64 ID:iz72HOsTO
文月

 

531: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 23:15:56.83 ID:8+wasP210

文月「♪~」

文月「どんぐりころころどんぐりこ~♪」

文月「お池にはまってさあ大変♪」

提督「なに歌ってるの?」

文月「あ~、しれいかんだぁ」

文月「えっとねえっとね?お歌をおしえてもらったの~」

提督「へえー、聞かせて聞かせて?」

文月「んふふ~、いいよぉ」

 

532: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 23:16:52.77 ID:8+wasP210

文月「ちゃんちゃんっ」

提督「おー!すごいね文月!」

文月「えっへへ~♪すごいでしょぉ?」

提督「うん!すっごい可愛かったよ!」

文月「でも汗かいちゃったぁ……ふぅ……」

提督「あ!なら僕のお部屋の檜のお風呂使う?」

文月「いいの?ありがとう♪」

 

533: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 23:17:47.80 ID:8+wasP210

文月「あれぇ?司令官も一緒に入るの?」

提督「うん、だめかな?」

文月「いいよー、一人じゃ寂しいもんねぇ~」

提督「じゃあ僕がお背中流してあげる!」

文月「わーい♪」

提督「ふっふっふ……」

 

535: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 23:19:36.35 ID:8+wasP210

提督「ごしごし」

文月「あははっ、くすぐったいよぉ」

提督「そう?脇腹も洗うね?」

文月「あははっ!うふあはは!くすぐったいってばぁ!」

提督「……」

文月「んっ……司令官?そこちがうよ?」

文月「司令官……お顔が怖いよ……?」

コンマ51以上いける
コンマ50以下文月に金ケリされて気絶

下3

 

546: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/13(木) 23:24:22.03 ID:8+wasP210

文月(どっ……どうしよう……司令官が怖いよう……)

提督「はぁはぁ……

文月(えと……えと……こういう時はどうしたら……)

文月(あ、そうだ……如月がいってたっけ、玉をけれって……)

文月(玉ってどこだろう……あ、もしかしてお股の間からぶら下がってるあれかな?)

提督「文月……きもちいい?」

文月「えいっ!」ゴチュッ

提督「え……あ……ががが……」ドサッ

文月「やったぁ♪成功したぁ」

文月「あれ?司令官ねちゃったの?」

文月「まあいいやぁ……じゃあねぇー」

提督「」

 

564: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:08:59.15 ID:RIq3NVdd0

提督「」

提督「はっ!?」

提督「俺は一体……五日間くらい寝てた気がする」

提督「……なわけないか」

 

566: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:14:28.70 ID:RIq3NVdd0

提督「じゃあさっそく……」

提督「誰に会いに行こうかな……」

下2

秋月野分朝雲プリケツ以外でお願いします
あと扶桑、瑞鶴、大和、霞、電、卯月、阿武隈は攻略済みです

 

568: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 22:15:01.98 ID:oZ+gHx9yO
58

 

574: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:19:20.16 ID:RIq3NVdd0

伊58「……」グデー

提督「ごーや?大丈夫?」

伊58「大丈夫じゃないでち」

伊58「褌作戦で資材使い過ぎでち!なんでちか!?燃料6000って!」

提督「うっ……」

伊58「調子のって武蔵なんか使うからこんなことになるんでち!ゴーヤもうオリョクルしたくないでち!」

提督「ううっ……それはほんとにごめん」

伊58「ふんっ……」

 

575: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:21:54.43 ID:RIq3NVdd0

伊58「なんにせよゴーヤは疲れてるんでち」

伊58「さっさと帰るか、マッサージでもしてもらおうかな……?」

伊58「オリョクルは絶対いかないでちよ!」

提督「マッサージ?マッサージしてほしいの?」

伊58「そうでち!ゴーヤをもっといたわるでち!」

提督「ふぅん……いいよ」

伊58「え?いいの?」

提督「うん」

伊58「わーい!言ってみるもんでちね!」

 

576: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:26:29.19 ID:RIq3NVdd0

提督「んっ……んっ……」

伊58「……」ポワー

提督「どうっ……?僕のマッサージは」

伊58「中々でちぃ……」

提督「潜水艦は足を使うから……足を重点的にやるね?」

伊58「でちぃ……」

提督「ところでゴーヤって足長いよね」

提督「それに……すごいすべすべだし……」

伊58「でちぃ……」ポワー

提督「ちょっと上のほう行くよー」

提督「足の付け根のところもしっかりね」

伊58「……はっ!よだれがでてたでち」

提督「んしょ……んしょ……」

コンマ51以上で性感マッサージへ
コンマ50以下で普通のマッサージ

下3

 

582: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:31:17.96 ID:RIq3NVdd0

提督「ふっ……ふっ……」

伊58「……」ポケー

提督「んっ……くっ……」

伊58「……」ホヘー

提督「結構凝ってるね……!」

伊58「……」

伊58「……zzz」

提督「あれ?ゴーヤ?」

伊58「でちぃ……でちぃ……」

提督「なんだこの寝言」

提督「まあでも、ゴーヤには無理させちゃったし……今回は休ませてあげよう」

提督「俺もそんなに鬼じゃないからね」

 

583: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:34:08.78 ID:RIq3NVdd0

ごめんなさいゴーヤは嫁じゃないんです

提督「ふぅ……手が疲れちゃった」

提督「でもゴーヤの肌、すべすべだったなぁ」

提督「ちょっと興奮してきちゃった」

提督「まあいいや、次いこ次」

次の艦娘

下3

 

586: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 22:34:38.87 ID:iI9bphHso
熊野

 

591: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:38:27.08 ID:RIq3NVdd0

熊野「くぁ……ふぁあ……はふ……んぅ……」

熊野「今日は出撃もないし……暇ですわね……」

熊野「なにしろ燃料がないんですから、前代未聞ですわ……こんなこと……」

提督「くーまのっ♪」

熊野「あら提督、何か御用?」

提督「うん、今資材不足で暇してるでしょ?」

熊野「ええ……まあ……」

熊野「これも提督のせいですけどね……?」

提督「う……ごめんね?」

熊野「まあいいですわ、たまには休憩も必要ですし」ナデナデ

 

592: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:40:44.97 ID:RIq3NVdd0

提督「それでねそれでね?今日はこれをもってきたの!」

熊野「あら?それは?」

提督「じゃーん!明石特製のアロマキャンドルー!」

熊野「けっこう御洒落ですわね……」

提督「でしょでしょ?僕がデザインしたの」

提督「早速使ってみない?」

熊野「いいんですの?」

提督「うん!明石さんがつくったから安全だよ!」

提督(ほんとは媚薬効果のあるアロマなんですけどね!)

 

593: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:45:24.05 ID:RIq3NVdd0

提督「なんだか気持ちいいねー」

熊野「ええ……ですけれどこれは……」

提督「ん?どうしたの?」

熊野「い……いえ……」

熊野(なにかムズムズしますわ……いったいこれは……)

提督「ふへぇ……」

熊野(提督は平気なんですの……?私だけがおかしいのかしら……)

提督「熊野……なんか僕……変な感じがする……」

熊野「えっ?」

提督「おちんちんがむずむずするの……どうして?」

熊野「あ、あなたもですの?」

提督「あなたもってなに?」

熊野「あ……いえ……」

コンマ51以上情事開始
コンマ50以下こんな部屋にいられるか!俺は出てく!

下3

 

601: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:52:07.18 ID:RIq3NVdd0

提督「熊野ぉ……」スリスリ

熊野「提督っ……その……あんまりくっつかれるのは……」

提督「切ないよ……なんだかとっても切なくて……」

熊野「うっ」ドキッ

提督「ううっ……おっきくなってきちゃった……服に擦れて痛いよ……」

熊野「ひゃぁっ///」

提督「熊野……助けて……?」

熊野「う……わ、わかりましたわ……」

 

602: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 22:55:36.74 ID:RIq3NVdd0

熊野「これが……提督の……」

熊野「お……大きいん……ですのね?」シュッシュッ

提督「うああ……気持ちいいよ熊野ぉ……」

熊野「し、静かにしてください!」

熊野(こんなに熱くて……手の中でビクビクしてますわ……)

熊野(こんなもの……はいるのかしら……)

熊野(あ……い……いえ……相手は子供……子供……)

提督「もっと力こめて……」

熊野「は!はいっ!」

熊野(やっぱり熱い……)

熊野(それになんだか……わたくしも変な気持ちに……)

 

603: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:00:20.60 ID:RIq3NVdd0

野「はぁ……はぁ……」シュッシュッ

熊野「何か先っぽから出てきましたわ……」

提督「くあっ……い、いいよ熊野……」

熊野「この匂い……癖になる……い!いえ!」

熊野(ううっ……何か変ですの……お股が……ムズムズして)クチュ

熊野「んぁああっ!?」

提督「熊野?」

熊野(こんなに……濡れてますわ……わたくし……)

熊野(この状況に……興奮している……?わたくしが……?)

提督「熊野っ……手が止まってるよ」

熊野「も、もうしわけありません……」クチュクチュ

熊野「んっ……ふうぅぅっ……」

 

604: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:04:10.78 ID:RIq3NVdd0

提督「熊野……僕なにかきちゃう!?」

熊野「えっ……ちょっとまって……」

熊野(手の中で先っぽが膨らんでっ……それにすごくびくびくしてっ……)

提督「熊野!のんでっ!」グイッ

熊野「えっ!きゃあっ!?」

熊野「っ!?!?!?!?」ムグムグ

提督「このまま出すよ!飲んでね!?」

熊野「!?!?!?!?」ブンブン

提督「うああっ、口の中でこすれあってっ!でるっ!」ビュル

熊野「っ~~~!?!?!?!?」

 

605: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:09:14.77 ID:RIq3NVdd0

熊野「はぁ……はぁ……ぺっぺっ」

熊野「苦い……ですわ……」

提督「ねえ熊野……あのさ……」

熊野「なんですの……!?」

熊野「あ、あんなにだしたのに……まだ大きいまま……」

提督「まだ収まらないみたいなの……痛いよ……」

提督「破裂……しちゃうのかな……このままだと」

熊野「大丈夫ですわ、破裂なんかしません……多分」

提督「えっ?多分?」

熊野「し、仕方ないでしょう……こういうことは初めてなんですから……///」

熊野「それに!わたくしが殿方の……その……それのことに詳しいわけがないでしょう!?」

提督「そっか……」

熊野「そうですの」

 

606: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:13:36.92 ID:RIq3NVdd0

提督「どうしたらいいのかな……これ……」

熊野「わたくしにまかせなさいな」

熊野「提督?そこのベッドに仰向けになってくださいな」

提督「うん……」ゴソゴソ

熊野「あの……わたくしも初めてですし……上手くできないかもしれないのですが……」

熊野「その……ね?あの……」

熊野「よ……よろしくお願いしますわ」

提督「えっ……」

熊野「わたくしももう我慢できません……だからお願いしますわ……」

熊野「でも、わたくしが上ですの……それだけはゆずれませんわ」

提督「わ、わかったよ……」

提督(アロマすごいな)

 

607: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:17:42.62 ID:RIq3NVdd0

熊野「うくっ……痛い……」

提督「大丈夫……?」

熊野「心配ご無用ですわ……レディならこれくらいっ……」

熊野「んっ……ふっ……うう……」

熊野「濡れているせいか、そこまで痛くは……ぐっ……ないですわね……」

提督「熊野……」

熊野「心配そうな顔をなさらないで……わたくしは大丈夫です……っ!」

熊野「もう……すこしっ!」

提督「熊野っ!?」

熊野「っ!!!くっ……はぁ……」

熊野「全部……入りました……」

提督「熊野……だいじょうぶ?」

熊野「大丈夫……ですわ……」チュ

提督「んっ……」チュ

 

609: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:21:53.08 ID:RIq3NVdd0

熊野「ひゃぁっ!いきなり突き上げない……でっ……!」

提督「はぁはぁ……!熊野!熊野ぉ!」

熊野「んぅ……ああっ!ちょっとおちつきなさい……くぁぁっ!」

提督「ごめん!でも熊野の中気持ちよくてっ!」

熊野「それはうれしいですけどっ……んんっ……もう少し優しっ……くっ……」

提督「熊野!ちゅーしよう!」

熊野「えっ……んむっ!?」

提督「はむ……ぺろぺろ……」

熊野「んむっ……ふぁぁ……ひぅ……」

熊野「はぁはぁ……」トロン

提督「まだまだいくよっ!」ズンズン

熊野「んひぃぃぃっ!?」

 

610: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:27:03.42 ID:RIq3NVdd0

「いつの間にかっ!熊野が下になったね!」

熊野「んひぃっ!こんなことっ……許されません……ふぁぁ!」

提督「ここがいいの!?この体勢だといっぱいゴリゴリできるよっ!」

熊野「あひぃぃぃっ!?やめてっ!おかしくなっちゃう!きもちよすぎておかしく!」

提督「へへっ……やーだよー!ごりごりー」

熊野「ひゃぁぁっぁ!!!」

熊野「あふっ!ひぃ!んぁあああああっ!」ビクビク

提督「うっ……中がきつくっ!?」

熊野「ひいあああああっ!動かないで!いまうごかないでぇぇ!!!」

熊野「熊野イってますの!だからうごかないでぇぇ!!」

提督「うくっ……僕ももうちょっとでイクからっ!」

提督「きつっ……もうでる!」ビュー

熊野「ひぃああああ!!!!」

 

611: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:32:01.26 ID:RIq3NVdd0

熊野(わたくしはなんてことを……)

提督「えへへー、熊野ぉ♪」

熊野(一時の感情とはいえ……子供と間違いを犯すなんて……)

提督「熊野?どうしたの?」

熊野「提督……わたくし……今日は危ない日ですの……」

提督「えっ!?!?」

熊野「ですからその……もし出来てしまった場合は……」

提督「う……うん!わかった!僕が面倒を見るよ!」

熊野「提督……」

提督「仮にも提督だからね!僕は!」

熊野「そうですか……///」

熊野「ふふっ……もうわたくしは迷いません……あなたについていきますわ!」

提督「まかせてよ!」

熊野「……だからあんまり他の娘と仲良くしないでくださいね」

提督「いや……それは指揮の問題もあるし……」

熊野「ね?」

提督「はい……」

 

613: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:34:47.00 ID:RIq3NVdd0

提督「子供ができるかもしれないのか」

提督「危険日ってパターンは初だね」

提督「もし生まれたら……可愛いんだろうなぁ……」

提督「流石に娘には手を出さないよ、俺は紳士だからね」

提督「じゃあ今日最後の艦娘いってみよー!」

下3

 

616: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/18(火) 23:35:41.73 ID:TrHQ2hYR0
陸奥

 

620: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:40:01.96 ID:RIq3NVdd0

司令室

提督「よーし……次の艦娘のところに……」

ガチャ

陸奥「提督♪」

提督「あれ?陸奥?」

陸奥「うふふ……提督……?」テクテク

提督「な……なに?笑顔が怖いんだけど」

陸奥「うふふ……うふふふふ……」

提督「ひっ!」

 

621: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:43:07.40 ID:RIq3NVdd0

陸奥「貴方……色々とちょっかいかけてるそうじゃない?」

提督「うえっ!?な……なんのことかな……」

陸奥「しらばっくれてもだーめ♪お姉さんは全部おみとおしだぞっ」

提督「いやあ……ぼくよくわかんないなぁ……」

陸奥「あらあら……しらばっくれちゃって……」ギュッ

提督「ふぇっ!?」

陸奥「私には手を出してくれないのかしら?」ふーっ

提督「いひぃぃぃ!?」

提督「ちょっと陸奥……なにいってるのかわかんないよ……」

 

622: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:46:55.17 ID:RIq3NVdd0

陸奥「これでいろんな娘を泣かせてきたんでしょ?」ギュッ

提督「ひんっ!?ちょっとはなしてっ……」

陸奥「でも節操なしはよくないわ?だから私がしつけをしてあげようと思って……」

陸奥「しばらくおイタができないように……搾り取ってあ・げ・る♪」

提督「ひぃぃぃっ!?」

提督(ばれてる!完全にばれてるよ!?なんで陸奥が!?)

提督(とにかくここは逃げよう!)

コンマ51以上陸奥による調教
コンマ51以下提督逃走

下3

 

628: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:50:25.28 ID:RIq3NVdd0

提督「ごめんなさいぃぃぃぃ!!!!もうしませんからぁぁぁぁ!!!」スルッ

陸奥「あ!ちょっと貴方!」

提督「陸奥怖いよぉぉぉ!!!!」

陸奥「失礼なっ!まちなさーい!」

提督「ひぇぇぇぇ!!!」

 

629: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/18(火) 23:53:27.51 ID:RIq3NVdd0

提督「はぁっ!はぁっ!はぁっ!」

提督「なんで陸奥にばれてたんだ……はぁはぁ……」

提督「うう……周りに言わないでおいてくれるかなぁ……陸奥……」

提督「ばれたらやばそうなのは……」

提督「ぶっちぎりで大和……その次が熊野……」

提督「あとは……大丈夫かな……多分……」

 

637: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 12:37:38.74 ID:EvbJprx70
>>635
お恥ずかしい……辞書登録しておきます!(イベント中ずっと褌作戦って言ってたとは言えない)

 

644: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 22:21:50.34 ID:EvbJprx70

提督「ぜぇ!ぜぇ!はぁ!はぁ!」

提督「な……なんとか逃げ切れた……はぁはぁ……」

提督「ふぅ……落ち着いた……」

次のターゲット

下3

野分朝雲秋月プリケツ以外でお願いします

攻略済み
扶桑、大和、電、霞、卯月、阿武隈、瑞鶴、熊野

 

647: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 22:23:06.09 ID:Bx+iD/uXO
文月

 

651: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 22:30:06.34 ID:EvbJprx70

文月「♪~」テクテク

提督「ふ、文月!」

文月「ん~?」

文月「しれいかん?なに?」

提督「あの……この間のことなんだけど……」

文月「この間?」

文月「あ!ごめんなさい!文月ったら司令官にひどいことしちゃって……」

提督「ううん、大丈夫」

 

652: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 22:31:55.66 ID:EvbJprx70

提督「僕もごめんね?その……色々と」

文月「なんで司令官が謝るの?あたしこそごめんね?」

文月「蹴っちゃったところ……大丈夫?」

提督「う……うん……ちょっと痛いかな」

文月「本当にごめんなさい、司令官」

提督「文月がさすってくれたら治るかもしれないんだけど……」

文月「ふえぇ!?あたしが!?」

提督「うん……これなんだけど……」ボロン

文月「えっ……この間よりおっきく……」

提督「さすって……くれる?」

コンマ61以上文月ちゃん手コキ
コンマ60以下司令官気持ち悪いー!

下3

 

658: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 22:43:50.69 ID:EvbJprx70

文月「う、うん……」

文月「あたし、どうしたらいいの?」

提督「まずは普通に握ってみて?」

文月「うん……」ギュッ

文月「あっ……熱いね?」

提督「ん……いいよ文月」

提督「そのまま上下にしごいてみて?」

文月「しごくって……こうかな?」スコスコ

提督「う……ん……そうそう、その調子」

 

659: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 22:47:56.92 ID:EvbJprx70

文月「ふわぁ……だんだんおっきくなってきたよ?」

文月「あと……固くなってきたみたい」

提督「うくっ……少し痛みが引いてきたみたい」

提督「溝のところも擦ってみて?」

文月「溝って、ここかなぁ……」スリスリ

提督「くああっ……そ、そこそこ……」

文月「ん……ここ変なにおいがする……」

文月「なんだろう……嫌じゃない匂いかも……」クンクン

提督「息が当たって……くうぅ……」

 

660: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 22:51:02.42 ID:EvbJprx70

文月「あ、司令官?これなに?」ヌチャヌチャ

文月「さきっぽの穴のところからでてきてるみたい」

提督「んっ……ふっ……」

文月「あはは♪ヌルヌルしてるー♪」

文月「いっぱいヌリヌリしちゃおっと♪」ヌチャヌチャ

提督「うぁぁぁっ!文月!それやばい!」

文月「んー?どうしたの司令官?腰ががくがくしてるよ?」

文月「あと司令官のおちんちんも、すっごい震えてるみたい」

提督「くううっ!」

文月「あ……もしかして痛かったの……?ごめんなさい……」

 

661: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 22:54:06.11 ID:EvbJprx70

文月「ふぅ……ふぅ……」

文月「しれいかぁーん……あたし手が疲れてきちゃったよぉ……」

文月「まだ痛いのなおらないのぉ?」

提督「うっ……もうちょっとなんだけど……」

提督「そうだ……文月」

文月「なぁに?」

提督「手が痛いんなら、口にくわえてくれない?」

文月「えっ……?」

提督「口にも痛みを抑える作用があるんだよ、むしろ口のほうがいいって書いてあったよ!」

文月「これを……お口で?」

提督「うん……できるかな?」

文月「う……ん……あたしのせいで司令官が怪我しちゃったんだし……」

提督「よし!」

 

662: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 22:56:14.32 ID:EvbJprx70

文月「はむ……はむはむ……」

文月「うぇぇ……変な味ぃ……」

提督「がんばって文月!」

文月「本当にこんなので治るのかなぁ……」

提督「うっ……急に痛みがぶりかえしてきた……!」

文月「ふぇっ!?ごめんなさい司令官!」

文月「はむっ……」

文月(やっぱり変な味だよぉ……苦いよぅ……)

提督「ふぅー」

 

663: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 22:58:50.35 ID:EvbJprx70

文月「むぐむぐ……」

提督「もっと舌をからめてみて?」

文月「はむ……れろれろ……」

提督「そうそう……!そのっ調子っ……」

文月「ちゅ……くちゅ……」

文月「ぷぁっ……おっきくてお口が痛いよぉ……」

提督「もう少しだから、がんばって文月!」

文月「うん……」

文月(この溝のところなめたらどうなるのかな……)

提督「やばっ!文月そこやばいっ!」

提督「うくああっ!でるでる!」ピュル

文月「ふぇっ!?お口の中で何かでてるっ!?」

 

664: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:01:49.32 ID:EvbJprx70

文月「うっ……こほこほ……」

文月「うぇぇ……なにこれぇ……」ドロッ

文月「臭いし……ねばねばしてるし……ううっ……」

提督(ムラムラ)

文月「ぺっぺっ」

文月「お水でお口洗ってくるね……」

提督「文月っ!」ガバッ

文月「え……な!なに!?」

 

665: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:05:08.58 ID:EvbJprx70

提督「文月がいけないんだよ!こんなに僕を興奮させて!」

文月「し、司令官?お顔がこわいよ……?」

提督「はぁはぁ……パンツ脱がせるね……」

文月「えっ!?待って!だめだめ!」

提督「なんで……?」

文月「だって……恥ずかしいし……」

提督「大丈夫だよ……大丈夫……」スルッ

文月「~~~!?」

提督「ぴったりと閉じて……可愛いね?」クチュクチュ

文月「ふあっ……お股がビリビリする……」

 

666: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:08:24.09 ID:EvbJprx70

提督「入れちゃうからね……!」

文月「い……入れるって……ひぎっ!」

提督「流石にっ!きついな!」

文月「~~~!?!?!?」

文月「痛い痛い痛い!やめてはなして司令官!」

提督「まだ先のほうしか入ってないから……っ」グググッ

文月「いやぁ!本当に痛いの司令官!」

文月「お願いだからやめてぇ!」

提督「まだまだ入るよっ……」

文月「ひぐっ……ひぐっ……ふぁぁぁぁ!!!」

提督「ほんとにきついな!文月の中は!」

文月「ひっく……ひっく……」

 

667: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:09:38.91 ID:EvbJprx70

提督「動くよ文月!」

文月「まって!痛いから!動かないでよぉ!」

提督「だーめ……僕だってもう限界なんだから!」

文月「ひぐっ……ああっ……」

文月「痛いのにぃ……司令官やめてよぉ……」

提督「はっはっ……」

文月「くうっ……ぐあっ……」

提督「きっついなぁ!文月の中!ほんとにきついよ!」

文月「うぇぇ……司令官……」ポロポロ

文月「どうしてやめてくれないの……こんなに痛いのに……」

提督「ふっふっ……」

提督「やば!きつすぎて出る!」ピュル

 

668: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 23:10:21.61 ID:H1gdcr2bO
これは糞提督ですわ

 

670: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:14:30.55 ID:EvbJprx70

文月「うぇぇ……ぐすっ……ぐすっ……」

提督「あの……ごめんね?」

文月「……痛かった」

提督「ごめん……」

文月「こんなひどいこと……」

文月「司令官はあたしのこと……嫌いなんだよね……」

提督「それはちがうよ!」ロンパ

文月「ちがう……?」

提督「うん……ごめん……文月が好きだから……やっちゃったんだ」

文月「あたしが……好き?」

提督「今更こんなこと言っても信じられないよね……」

文月「あたしが……すきなの?司令官?」

提督「う……うん」

文月「そっかぁ……そうなんだぁ……」ピトッ

提督「文月?」

文月「えへへ♪あたしも司令官だーいすき」チュ

提督「///」

文月「だから許してあげる♪」

提督「ありがとう……」

文月「えっへへぇ♪」

 

671: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 23:15:16.18 ID:QL73ThLao
チョロすぎィ!

 

672: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:16:13.30 ID:EvbJprx70

提督「文月ちゃんマジ名器」

提督「きつきつなのっていいよね!」

提督「つっぎはだーれかな?」

ターゲット
下3

コンマ神はロリコン

 

675: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 23:17:45.14 ID:QL73ThLao
大井

 

681: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:21:43.67 ID:EvbJprx70

提督「ふぅ……ちょっとお腹すいちゃった……」

提督「んー……食堂に行ってみようかな……何かあるかも」

提督「よーし!食堂へレッツゴー!」

 

683: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:25:38.17 ID:EvbJprx70

食堂

提督「ふんふーん……」

提督「あれ?大井?なにしてるの?」

大井「あら提督……こんにちは」

大井「今ですか……?ふふっ」

大井「見ての通りカレーを作ってるんですよ?提督にもっていってあげようと思って」

提督「本当!?ちょうど僕お腹空いてたんだー!」

提督「いつごろできるの?」

大井「ふふっ……慌てないで」

大井「できたら執務室までもっていってあげますから、待っててくださいね?」

提督「わーい!じゃあ部屋に戻るー!」ピュー

大井「ふふっ……」

大井「さて……あれを入れましょうかね……」

 

685: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:29:13.07 ID:EvbJprx70

執務室

大井「提督、お待たせしました」

提督「わーい!待ってました!」

大井「ふふ、ほら、どうぞ?」コトッ

提督「おー、おいしそう!いただきまーす!」

提督「美味しい!おいしいよ大井!」

大井「ありがとうございます、うふふ……」ナデナデ

提督「はむはむ……っ!?」

提督「ごほっごほっ!のどに詰まった!」

大井「ほらほら落ち着いて?お水です」

提督「んぐ!んぐ!ぷはぁっ……ありがとう大井……」

大井「全くもう……落ち着いて食べてくださいね?せっかちなんだから」

提督「うん!」

 

686: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:33:15.06 ID:EvbJprx70

提督「……」モジモジ

大井「あら?どうしました?」

提督「い、いや……」

提督(なんかムラムラしてきた……なんだ一体)

大井「うふふっ……カレー……おいしかったですか?」

提督「うん、美味しかったけど……」

提督(ま……まさかカレーに何か入って……)

提督(そういえばなんか体もだるいし……これはやばいのでは……)

大井「うふふふふ……」ユラリ

提督(大井の目に光がない……これは……やばい……!)

大井「うふふ……うふふふふ……」

提督(やばそうだし逃げるに限る!)

コンマ51以上大井に捕まる
コンマ50以下にげるんだよぉーん!

下3

 

698: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:47:26.57 ID:EvbJprx70

提督「ぜぇぜぇ!」

提督「なんか力が入りづらい……!でも逃げ切れた!」

提督「最近逃げることが多くなった気がする……なんでだ……」

提督「ちょっと体調に難ありだけど……最後のターゲットのところに行こうかな……」

最後のターゲット

下3

 

701: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 23:48:06.08 ID:Bi7mAAh+O
長波

 

706: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/19(水) 23:58:55.46 ID:EvbJprx70

長波「ちーっす提督ー!」

提督「あ、長波……」

長波「ん?なんか顔色悪くない?大丈夫か?」

提督「いや……ちょっとね……」

長波「ふぅん……」

長波「それならほら、あたしの膝で寝るか?」ポンポン

提督「いいの?」

長波「えんりょなんかすんなって」

 

707: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:01:58.54 ID:qkpNliz00

督「うん……いい感じ」

長波「だろ?」

長波「けどあたしの膝は高いぜ?あとで利子つけてかえしてもらうからなー」

提督「げっ……嘘でしょ」

長波「ふふん、本当だ」

提督「ううっ……」

長波「冗談だよ、安心しろって」

提督「ほっ」

 

708: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:03:39.05 ID:qkpNliz00

提督(まだ媚薬の効果が抜けてないな……)

長波「♪~」

長波「提督?暇なら田中少将の話でも聞かせてやろうか?」

提督「……」

長波「おい?聞いてるのか?」

提督「う……ん……」

長波「ん……?」

長波「って提督……なに勃起させてんだよ……」

提督「えっ!?いや!やば!」

コンマ51以上長波が抜いてくれる
コンマ50以下長波は照れて逃げる

下3

 

715: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:10:35.76 ID:qkpNliz00

長波「あたしも……経験ないけどさ」

長波「その状態って、苦しいんだろ?」

提督「うん……」

長波「そ……そうか……」

長波「……」

長波「あ、あのさ提督!」

長波「あたしでよければ……しずめてやろうか?」

提督「え……でも……」

長波「ああもう!あたしに任せろって!」

 

716: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:12:58.11 ID:qkpNliz00

長波「これが……提督の……」

提督「うぁっ……」

提督(空気に触れるだけででちゃいそうだ……どれだけ強力な媚薬なんだよ……)

長波「うっわぁ……血管も浮き出て……びくびくしてるな……」

長波「ん……なんだか血がついてる?」

提督「げっ……」

提督(文月とやった時の血か……)

長波「それに……なんだこの匂い……」

長波「提督……お前まさか病気なんじゃ……」

提督「ち!ちがうよ!」

長波「そうなのか……?よくわかんないけど……」

 

717: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:16:41.72 ID:qkpNliz00

長波「えっへへー♪あたし一回やってみたかったことがあるんだよなー」

提督「なに?」

長波「秋雲の本で見たんだけどさ、パイズリってやつ?」

提督「え……でも……できるの?」

長波「お前……失礼な奴だな……」

長波「あたしだってそれなりにあるんだからな!」ヌギヌギ

提督「おおお……」

長波「ちょ///あんまりじろじろ見んなって……」

提督「あっ……ごめん……」

長波「ったく///」

長波「えっと……たしかこうやって挟んで……」

 

718: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:20:31.88 ID:qkpNliz00

長波「どうだ?こんな感じでいいのか?」ズリズリ

提督「うくぁ……う……うん……気持ちいいよ……」

長波「ふっふーん!この長波様に不可能なんてないんだぜ」

長波(しかし熱いなこれ……なんだかあたしまでドキドキしてきちゃった……)

提督「長波って、けっこうおっぱいあったんだね……」

長波「お前駆逐艦に偏見持ってるんじゃないか?」

長波「あ、あと夕雲姉さんも結構すごいんだぜ?」

提督「夕雲も……」ゴクリ

長波「でも夕雲姉さんに手を出したら殺すからな」

提督「ひぇぇ……」

 

719: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:25:38.18 ID:qkpNliz00

長波「んっ……んっ……」

長波「どうだ……もうすぐ出そうか?」

提督「うんっ……長波のおっぱいすべすべで……すぐでちゃいそう……」

長波「そ……そうか……」

長波(冷静に考えたらなにしてんだあたし……いくら提督のためとはいえ……)

提督「ん……ふぁぁ……」

長波「気持ちよさそうな顔しやがって……まったく……」

提督「くぅ……」

長波「でそうなのか?提督」

提督「うんっ……もうすこし……」

長波「そっ……そうか///」

長波(ん……やばいな……あたしも興奮してきちゃってる……)

提督「でる!でるよ!長波!」

長波「ふぇ?ひやぁぁぁっ!?」

 

721: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:29:17.02 ID:qkpNliz00

長波「うぇ……髪がべとべとだ……」

提督「はぁっ……はぁっ……」

長波「ん……」ペロッ

長波「不味くは……ないなこれ……」

長波「提督?おさまったか……?」

提督「はぁ……はぁ……まだまだ……」

長波「うぇっ……まだ大きいままかよ///」

提督「長波ぃ……長波ぃ……」ユラリ

長波「おい……提督?」

長波(なんか様子がおかしい……?)

提督「長波ぃ!!!!!」ガバッ

長波「うわっ!痛いって提督!」

 

722: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:32:07.68 ID:qkpNliz00

提督「はぁはぁはぁ!!!」

長波「て……提督……?どうしたんだ……?」

長波(目の焦点があってない……っていうかこの状況はまずいんじゃ……)

提督「はぁはぁはぁはぁ!!!!」ビリビリ

長波「おま……服を破くなんて///」

提督「入れたい入れたい入れたい!!!」ヌチュヌチュ

長波「ひっ……そ、そこ違うって……そこはお尻……」

提督「はぁはぁはぁはぁ……」ズブッ

長波「ひぎっ!?」

 

724: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:35:53.79 ID:qkpNliz00

提督「熱い……」

長波「痛っ!そこちがうって提督!」

提督「はぁはぁ……」ズブズブ

長波「ひぎぁっ!ぐぅぅ……」

長波「お……おい……あたしの話を聞け!お前なんかおかしいぞ!ひぐっ」

提督「はぁはぁ……」

長波「そんな……とこ……っ……入れるとこじゃない……あぎっ!」

提督「はぁはぁ!でるぅぅ!!」ピュルッ

長波「熱っ……いや……中で出てる……」

提督「はぁはぁ……」ズポッ

 

725: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:39:41.25 ID:qkpNliz00

長波「はぁはぁ……」ポロポロ

長波「こんな……強姦みたいなこと……なんで……」

提督「はぁ……まだ収まらないぃぃ……」

長波「お尻もひりひりして痛い……」ポロポロ

長波「お前……絶対許さないからな……?」

提督「長波ぃ……」ユラリ

長波「ひっ……」

提督「収まらないんだ……もっと長波の中に……」

長波「い……いやだいやだ!初めてがこんな!あがっ!」

提督「うぐっ……きついねぇ……」

長波「うそ……初めてなのに……こんなされ方……」

 

726: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:43:40.48 ID:qkpNliz00

提督「はぁはぁ!」パンパン

長波「痛い!痛いよ!もっとゆっくり……がっ」

提督「もっともっと……!!!」

長波「嫌だよ……こんなの……」

長波「あたしのはじめては……こんなことのためにとっておいたんじゃないのに……」ポロポロ

提督「はっはっはっ……」

長波「いぎっ……痛いっていってるのに……!」

長波「もういやだ……こんなの……」ポロポロ

提督「うがぁっ!また出る!」ピュル

長波「っ~~~!!!!」

 

727: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 00:52:14.84 ID:qkpNliz00

提督「はっ……俺は何を……」

長波「っく……ううっ……」

提督「なが……なみ?」

長波「ぐすっ……ひっく……」

提督「あの……長波……」

長波「く!くるな!」

提督「ごめん……薬でおかしくなってたみたいで……」

長波「そんないいわけ……通用するわけないだろ!」

長波「あんな……ひどいことしておいて!」

提督「本当にごめん……」

長波「……どうせ誰でもよかったんだろ」

提督「え……」

長波「薬のせいっていってたよな、ならあたし以外にもこういうことしようとしてたんだよな……」

提督「ち……ちがうよ!」

提督「長波だから……僕は長波が好きだから……求めちゃったんだと思う……」

長波「……」

提督「他の娘だったら絶対にこんなことしなかったよ!絶対!」

長波「……」

提督「順番がおかしくなっちゃったけど……長波……好きだよ……」

長波「……」///

長波「な、ならあたしと約束しないか?」

提督「約束?」

長波「お前が……ずっとあたしを見ててくれるっていうなら……許して……やってもいい……かな……」

提督「うん!約束するよ!長波を大事にする!」

長波「ん……」///

長波「じゃあもう一回……ちゃんとしようぜ……今度は優しくしろよな」///

提督「うん!」

 

740: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 22:10:02.56 ID:qkpNliz00

提督「ふう……疲れた……」

提督「さてさて……お次は誰かな?」

下3

 

743: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 22:11:17.26 ID:g6w5aibcO
荒潮

 

747: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 22:23:00.73 ID:qkpNliz00

荒潮「ふぅ……遠征から帰ったわよー」

提督「おかえり荒潮♪」ギュッ

荒潮「あら提督、ただいま」ナデナデ

提督「えへへ……遠征どうだった?」

荒潮「うふふ、大成功よ?」

提督「わー!すごいね荒潮!」スリスリ

荒潮「ふふ」

 

748: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 22:24:32.64 ID:qkpNliz00

提督「ん……」クンクン

荒潮「て、提督?」

荒潮「あまり嗅がないでほしいのだけど……」

提督「んー……いい匂いだね……」

荒潮「ええ……そうかしら……?」

提督「うん、荒潮のにおいって感じ……」

提督「首もとが一番いい匂いだね……」クンクン

荒潮(あら……?)

 

749: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 22:26:30.28 ID:qkpNliz00

提督「荒潮……」クンクン

荒潮(あらあら……提督ったら……)

提督「……」ペロペロ

荒潮「ひんっ……」

荒潮(どうしようかしら……おイタに付き合ってあげようかな……?)

コンマ51以上荒潮が付き合ってくれる
コンマ50以下また今度ね

下3

 

757: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 22:53:32.36 ID:qkpNliz00

荒潮「ん……」

提督「荒潮の首……おいしいよ……」ペロペロ

提督(意外と簡単にいけたな……)

提督「ちょっとしょっぱいけどね」

荒潮「ふふ……そうかしら?」

提督「うん」

提督(あれ?なんか変だな)

荒潮「ふふふ……」

 

758: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 22:56:47.82 ID:qkpNliz00

荒潮「提督……はむっ」

提督「ひんっ!?」

荒潮「あなたのお耳もおいしいわよ?」ヌルヌル

提督「あひっ……ふぁ……」

荒潮「うふふ……あなたいつもこんなことしているの……?」

提督「ふぁ……うう……」

荒潮「嫌に手馴れていると思ったのよね……」

荒潮「でもその様子だと、攻められるのはよわいみたいねぇ?」クチュクチュ

提督「んくぁ……ちょ……ちょっとまって……」

荒潮「だーめ……」

 

759: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:00:11.19 ID:qkpNliz00

提督「ふぅぅ……あああ……」ガクガク

荒潮「あらあら、こんな程度で限界なの?」

荒潮「ここもこんなに大きくしちゃって……」スリスリ

提督「ふぇぇっ!?荒潮っ!?」

荒潮「我慢しなくていいのよ?ふふ……」

荒潮「でもお耳だけでこんなにしちゃうなんて……提督は変態なのかしら?」

提督「うくっ……うっ……」

荒潮「お耳が寂しい?ならもっと舐めてあげる……はむっ……」

提督「ひぐぅっ!?」ピュル

荒潮「あ、あら……もうでちゃったの?」

荒潮「堪え性がないのね……」

提督「ふうっ……ふうっ……」

 

760: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:02:08.06 ID:qkpNliz00

提督「あ……荒潮……」

提督「もしかして……全部わかってやってる……?」

荒潮「あらあら、なんのことかしら……?」

提督「あのさ荒潮!ひゃぁっ!?」

荒潮「べとべとして気持ち悪いでしょ?脱がせてあげる」

提督「まってまって!」

荒潮「はい、足上げてねー……」

 

761: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:03:02.23 ID:qkpNliz00

荒潮「裸になっちゃったわね」

提督「ううっ……」

荒潮「乳首こりこり……なんてやっちゃったりして」

提督「ふひやぁっ!?」

荒潮「ここも敏感なの?可愛い……」

提督「ちょ……待って……攻められるのはちょっと……ひいっ」

荒潮「はむはむ……」

提督「乳首くわえないでっ……」

荒潮「女の子みたいな顔になってるわよ?提督♪」

提督「ひぁっ……んぁあ……」

 

762: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:03:49.81 ID:qkpNliz00

提督「っ!荒潮っ!」ガバッ

荒潮「きゃっ……提督……?」

提督「荒潮……こんなに手馴れてるってことは……その……」

荒潮「なぁに?」

提督「……なんでもない」

提督「それより!ここまでやるってことは!襲われてもいいってことだよね!?」

荒潮「さあ……それはどうかしら……」

提督「っ……!じゃあ入れちゃうよ!」ズズズ

荒潮「っ……」

 

763: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:04:54.96 ID:qkpNliz00

提督「え……初めて……なの……」

荒潮「っ……ええ……そうよ……」

提督「え……え……でも……」

荒潮「ふふ……他の子にもしているってわかったら……悔しくなっちゃって……」

荒潮「私だって……提督のこと……」

提督「っ……ご……ごめん……」

荒潮「いいのよ、提督」

荒潮「それより、どう……気持ちいい?」

提督「うんっ……きつくて……気持ちいいよ」

荒潮「っ!そ……そう……よかったわ……痛っ……」

 

764: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:06:02.51 ID:qkpNliz00

提督「ご……ごめん!痛い?」

荒潮「だ、大丈夫……」

荒潮「でも、ちょっとは優しくしてね……?」

提督「うん」

提督「くっ……やっぱりきついよ……すぐ出ちゃいそう……」

荒潮「くふっ……ふぁ……」

提督「荒潮もっ……きもちいいの?」

荒潮「ふっ……きゃふっ……こっち見ないでよ……」///

提督「……荒潮可愛いね……」

荒潮「ふぇっ!?」

提督「やばっ……もうっ……!」ピュル

荒潮「くぁっ……」

荒潮「お腹が熱い……」

 

765: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:07:50.78 ID:qkpNliz00

提督「あの……荒潮?」

荒潮「ふふ、なぁに?」

提督「あのさ……その……?」

荒潮「大丈夫よ、誰にも言わないわ」

荒潮「でも提督?あんまりおイタばっかりしてたら……あぶないわよ?」

提督「……」

荒潮「それに……私もあんまりいい気分じゃないし……」

提督「えっ?」

荒潮「なんでもないわ」

 

766: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:08:57.21 ID:qkpNliz00

提督「陸奥の件もあるし……皆にばれないようにしないと……」

提督「うーん……もう少し落としたらそろそろやめたほうがいいのかな……」

提督「うーん」

次のターゲット

下3

さっき言い忘れてました
野分秋月朝雲プリケツはなしでおねがいします

 

769: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 23:10:18.67 ID:Hv2wg73go
磯風

 

772: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:17:23.92 ID:qkpNliz00

磯風「司令、腹は減ってないか!?」

磯風「この磯風、今度はカレーをつくってみたぞ!」

提督「うげ……磯風……」

磯風「ん?不満そうな顔だな?司令よ」

提督「い……いや……ちがうよ……ちがうんだよ……」

磯風「む?そうか?」

提督(磯風のもってるあれ……絶対カレーじゃないよね……)

 

773: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:21:22.96 ID:qkpNliz00

提督「あ、あのさ……ぼく今お腹空いてなくてさ……」

磯風「む……そうか……」

磯風「で……では一口だけどうだ?結構自信作なんだ」

提督「じ……自信作?」

磯風「うむ、ためしに谷風に食べさせてみたのだが」

提督「ゴクリ」

磯風「あまりのおいしさにジェロニモォ!といって寝てしまった」

提督「え。それって……」

磯風「つまりそれほどおいしかったということなのだろう」

提督「……」

 

774: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:22:32.95 ID:qkpNliz00

磯風「さあさあ、一口」アーン

提督(紫色でドロドロしてて……鼻につんとくるにおいが……)

提督(なんかすでにはきそう……)

磯風「……はやくたべてくれ司令……」グイグイ

提督「いや……あのさ……磯風は味見したの?」

磯風「そんなことするわけないだろう」フンス

提督(味見くらいしてよぉぉぉぉぉ!!!)

磯風「ほら司令」

提督「んむっ!?ゴクン……」

磯風「どうだ?」

コンマ61以上提督変な成分で磯風に発情
コンマ60以下普通においしい

下3

 

778: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:28:11.42 ID:qkpNliz00

提督「あれ……普通においしい?」

磯風「だろう?だから自信作といったんだ」

提督(なんであの見た目でおいしいんだろう……)

磯風「では他の艦娘たちにもくばってくる!司令!またな!」

提督「あ、うん、じゃあね」

提督「はぁ……」

 

779: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:29:22.05 ID:qkpNliz00

提督「なんかまたちょっと体がムズムズする……」

提督「気のせいだよね……普通においしかったし……」

提督「じゃあ今日最後のターゲットを……」

下3

 

782: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 23:31:05.93 ID:N6Xfcq+pO
吹雪

 

783: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:42:07.92 ID:qkpNliz00

ガチャ

吹雪「司令官、この書類なんですけど……」

提督「あ、吹雪……」

吹雪「司令官?顔色が悪いようですけど……大丈夫ですか?」

提督「うん……平気……」

吹雪「で……でも……」

提督「それより書類って……?」

吹雪「はい、これなんですけど……」

 

784: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:44:34.76 ID:qkpNliz00

吹雪「ここがですね……」

提督「うん……」

提督(吹雪って……可愛いよね……)

提督(素朴な感じっていうか……愛でたいっていうか……)

吹雪「~がこうで……その……」

提督(結婚したらお味噌汁とか作ってくれちゃったりして……あなたっていってくれて)

提督(ムラムラ)

 

785: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:45:18.45 ID:qkpNliz00

提督「はぁ……はぁ……」

吹雪「それで……ん……?」

吹雪「司令官……?そんなに息を荒げて、どうしたんですか?」

提督「はぁはぁ……吹雪……」

吹雪「えっ……あの……司令官……?」

提督「吹雪ぃ……」ガバッ

吹雪「し!司令官!?」

コンマ51以上吹雪襲われる
コンマ50以下吹雪逃げる

下2

 

788: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:49:10.48 ID:qkpNliz00

吹雪「司令官……離してっ……!?」

提督「可愛いよ吹雪……」チュ

吹雪「!?」

吹雪「嫌あっ!?やめて!やめて!」

提督「逃げないでよ……ふふ……」チュ

吹雪「んむ!?やだやだ!こんなのいやぁ!」

提督「可愛い……」

 

791: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:52:51.70 ID:qkpNliz00

提督「どうして嫌がるの?僕はこんなに吹雪が好きなのに……」

吹雪「す……きなんだったら……こんないきなり……」

吹雪「酷いです司令官……私初めてだったのに……」ポロポロ

吹雪「初めてがこんな奪われ方なんて……私……」

提督「……」

吹雪「司令官のことは……好きでした……でも……」

吹雪「こんな……いきなりは……」

吹雪「酷いですよ……こんなの……」ポロポロ

提督「……」

 

792: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:55:56.04 ID:qkpNliz00

吹雪「……私、部屋に戻ります」

吹雪「司令官……また明日です……」

提督「……」ガシッ

吹雪「っ……離してください」

提督「ふふ……この状況で僕が逃がすと思う?」

吹雪「っ……」

提督「諦めなよ吹雪……へへっ……」チュ

吹雪「っ!?」ガリッ

提督「痛っ……」

提督「……」

 

793: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/20(木) 23:59:28.06 ID:qkpNliz00

提督「……そういう態度とるんだね……君は」

吹雪「いくら司令官でも……!やっていいことと悪いことがあります!」

吹雪「これは!犯罪ですよ!司令官!」

提督「へぇ……」

吹雪「ビクッ」

提督「ん?いまびくっとしたね……本当は怖いんでしょう?」

吹雪「なにをっ……」

提督「声が震えてるよ……無理しないほうがいいんじゃないかな?」

吹雪「っ……」

 

794: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 00:03:05.27 ID:6VUTXRMG0

提督「ん……吹雪はおっぱいちっちゃいんだね……」

吹雪「っ……やめて……!」

提督「嫌だよ、ここでやめたら君は逃げるだろう?」

提督「逃がさないよ吹雪……絶対にね……」サワサワ

吹雪「いや……いやぁ……」

吹雪「お願い……もうやめてよ司令官……」

吹雪「いつもの司令官にもどってよぉっ」ポロポロ

提督「ん……服が邪魔だなぁ……」

提督「脱いでくれる?」

吹雪「いや……です!」

提督「脱げ」

吹雪「ひっ……」

提督「今ならまだ怒らないからさ……全部脱いじゃおっか?」

吹雪「っ……」

 

795: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 00:06:52.55 ID:6VUTXRMG0

提督「うん……いいね……」

吹雪「うっ……」

提督「手で隠さないでよ、ちゃんとみせて?」

吹雪「司令官……今ならまだ許してあげますからっ……もうやめましょうよ……」

提督「どっちが上かわかってないみたいだね」

提督「手をどけろって言ったんだよ、早くして」

吹雪「ビクッ」

吹雪「う……ううっ……」ポロポロ

提督「うん……ちっちゃいおっぱいに……すらっとした肢体……ぴったりと閉じた割れ目……」

提督「やっぱり吹雪は可愛いね……」

吹雪「こんな……ことっ……」

 

796: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 00:11:24.13 ID:6VUTXRMG0

提督「あれ?ちょっとここ濡れてない?」クチュクチュ

吹雪「ふやぁっ!?し!司令官!」

提督「うっわ……きっついね……」

吹雪「そんなところ触っちゃ……痛っ……」

提督「やっぱりはじめてなんだね?吹雪」

吹雪「もうやだよぉ……怖い……」ポロポロ

吹雪「どうしてこんなことするんですか……私……何か悪いことしましたか……?」

提督「うん、吹雪はすっごいわるいことしたよね」

吹雪「えっ……」

提督「こんなにも可愛いからさ……それ自体が罪なんだよね……」

提督「そろそろ僕のも限界みたい、ふふ……」ボロンッ

吹雪「ひいっ!」

 

797: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 00:15:13.40 ID:6VUTXRMG0

提督「さて……下準備は何もしてないけど……限界だし」

吹雪「ひい……いや……やだ……」ガクガク

提督「逃げようとしても無駄だよ、吹雪……」

吹雪「やめてよ!こんなのいや!初めてなのに!」

吹雪「こんな!レイプみたいのは嫌なんです!やめて司令官!」

提督「ふふ……」ガバッ

吹雪「!?」

吹雪「嫌だ!離して離して離して離して!!!!」

提督「もうさきっちょが入りそうだよ?」グググ

吹雪「いやぁぁぁぁぁ!!!!やめてぇぇぇぇぇ!!!!!!」

 

799: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 00:22:01.92 ID:6VUTXRMG0

提督「入っちゃったね……」

提督「奥までずっぽりだよ?気分はどう?」

吹雪「最悪です……!」

吹雪「絶対に許さないんだから……絶対に……!」

提督「おお……怖い怖い……」

提督「でも吹雪の中、すっごい締まるよ?」パンパン

吹雪「っ……うっ……」

提督「どう?気持ちいい?ねえ?」

吹雪「さ……っきもいったでしょう……」

吹雪「最悪です……!」

 

801: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 00:24:53.10 ID:6VUTXRMG0

提督「そう?じゃあよくなるまでやってあげるよ」

吹雪「くっ……痛っ……」

提督「あ、もうでちゃいそうだ」

吹雪「え……」

提督「このまま中でだしていいよね?だしちゃうよ」

吹雪「駄目駄目駄目ぇっ!それだけは絶対に駄目なの!」

吹雪「お願い司令官!中でだしたら赤ちゃんできちゃうよ!だから絶対に駄目なの!」

提督「えー……」

吹雪「おねがいします……お願い……」

提督「あ、でちゃった」ドピュ

吹雪「っ!?!?」

吹雪「いやぁぁぁぁ!!!!抜いて!抜いて抜いて!!!」

提督「うっ……」

 

802: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 00:26:06.40 ID:6VUTXRMG0

吹雪「ひっく……ひっく……」

提督「ふぅ……」

提督「こんなにいっぱいでちゃった……」

吹雪「司令官……」ギロッ

吹雪「絶対に許しません……!絶対に……!」

提督「ん……なんかまたおっきくなっちゃった……」

吹雪「は……?」

提督「もう一回戦といこうか」ズブッ

吹雪「ひぐうっ!?」

提督「あはは、なかがドロドロだね?」

吹雪「ふぐうっ……ひぎっ……」

 

805: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 00:32:23.99 ID:6VUTXRMG0

吹雪「あっ……は……んっ……」

提督「吹雪も気持ちよくなってきた?」

吹雪「そんな……ことっ……ひやぁぁっ!」

提督「やっぱり気持ちいいんじゃない」

吹雪「っ……司令官……」

吹雪「私は……絶対にあなたを許しません……ひうっ……」

吹雪「こんな……のはっ……犯罪です……くぅ……」

提督「ちゃんと喋りなよ」

吹雪「ひぃっ……ふぁぁっ……」

提督「うくっ……またでそう……」

提督「一回出しちゃったし……もう一回出してもいいよね?」

吹雪「!?」

吹雪「だ!駄目です!そんなにいっぱい出されたら!」

吹雪「もう中で出さないで!お願いですから司令官!」

提督「え?あ、もうでちゃったよ」ドクドク

吹雪「いやぁぁぁぁぁぁ!!!!」

吹雪「もう……いや……こんなの……」

 

806: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 00:41:40.37 ID:6VUTXRMG0

提督「ふぅ……2回もだしちゃった……」

吹雪「……」

提督「……」

提督(やばい……薬のせいとはいえ……ちょっとやりすぎた……か?)

吹雪「……」ポロポロ

吹雪「こんなのは……夢……夢なんです……」

吹雪「司令官は……もっと優しくて……こんなことしないの……」

吹雪「そうだ……きっと夢……」

吹雪「目が覚めたらきっと……優しい司令官が……」

提督「あの……吹雪……」

吹雪「……」

提督「吹雪?」

吹雪「……」

提督「寝ちゃったのかな……」

提督「えと……ごめんね吹雪……わざとじゃないんだ……その……本当にごめん……」

吹雪「……」

提督「えと……目が覚めたらまたくるね……?」

バタン

吹雪「ひっく……ぐすっ……」

吹雪「うっ……ううっ……」

吹雪「うくっ……酷いよ……司令官……」ポロポロ

 

823: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:12:58.41 ID:6VUTXRMG0

提督「さて……次はっと……」

ガチャ

電「司令官さん……」

提督「電?」

電「あの……今お時間ありますでしょうか?」

提督「うん、なにかな?」

電「えへへ……ちょっとお話があるのです」

 

826: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:16:09.62 ID:6VUTXRMG0

提督「どうしたの?いきなり膝に座ってきて?」

電「あの……ですね……」

電「この間のこと、なのですが」

提督「この間?」

電「その……司令官さんが電を抱いてくれた時のことなのです」

提督「ぶーっ!!!!」

電「ひゃ……」

提督「うぇ!?い、いきなりなに!?」

電「その……あの……」

電「もう一回抱いてくれないでしょうか!?」

提督「ええっ!?」

 

827: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:18:24.66 ID:6VUTXRMG0

提督「その……いいの?」

電「はっ、はいっ!」

電「不束者なのですが……よろしくなのです」

提督「うん、わかったよ」

ガチャ

大和「提督ー、いらっしゃいますか?」

提督「!?!?」

大和「……なにをしているのかしら?電ちゃん?」

 

828: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:21:59.50 ID:6VUTXRMG0

提督「あのね……その……これはね?」

電「邪魔者は出て行ってほしいのです」

大和「へえ?」

提督「い!電ちゃん!?」

電「電はこれから、司令官との大人の時間なのです」

大和「大人の時間?へえ?おままごとでもはじめるのかしら?」

電「貴方には関係ない話なのです、はやく出て行ってほしいのです」

大和「言ってくれるじゃない……駆逐艦風情が……」

電「偽乳女なんかに言われたくないのです、このパッド」

大和「あ?」

電「お?」

 

829: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:24:29.69 ID:6VUTXRMG0

提督「ふ、二人とも落ち着いてよ……」オロオロ

電「大体なんなのです?大和さん」

電「いつもいつも司令官さんにまとわりついて……見苦しいったらないのですよ」

大和「……」

電「大体なんでパッドなんかつけてるのですか?自分に自信がないのですか?」

電「それに……司令官としたこともないのに、あんまりちょろちょろされたら迷惑なのです」

大和「ふぅん……」

大和「言いたいことはそれだけかしら?」

電「……」

大和「へぇ……」

 

830: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:26:40.79 ID:6VUTXRMG0

大和「じゃあ私も……」

大和「まず電ちゃん?たしかに私は私はパッドをつけているわ?でもね」

電「……」

大和「私はあなたよりはあるのよ?あなたみたいに貧相じゃないの」

電「くっ……」

大和「それに提督に付きまとっているのはあなたじゃないの?」

大和「うろうろうろうろ……まるで金魚の糞みたい」

電「なっ……」

提督(やばいやばいやばい胃がキリキリしてるぅ……)

大和「それよりあなた……さっき提督としたことがないって言ってたけど……」

大和「残念でした……私は提督はもう経験済み……」

提督「わー!わー!わー!」

 

831: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:28:05.45 ID:6VUTXRMG0

大和「……なんですか提督……」

提督「まってまってまって!電ちゃんにはまだこの話は早いよ!」

電「続けるのです」

提督「いやいや!待とう待とう!おちつこうよ!」

電「黙るのです」

提督「はい……」

提督(まずい……この展開をどうにかするには……!)

卯月「しっれいかーん♪うーちゃんが遊びにきたっぴょんよ?」

提督「卯月……?」

卯月「えへへ……あのね司令官?」

卯月「もう一回……卯月をだいてほしいっぴょん!」

提督「うわ!ばか!」

卯月「ん?」

大和「……は?」

電「司令官さん……?」

 

832: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:29:52.36 ID:6VUTXRMG0

大和「どういうことですか……?」

提督「え……あの……ね?」

卯月「どうもこうもないぴょん」

卯月「司令官はうーちゃんのことが好きで、愛し合ったぴょんよ?」

電「へぇ……」

大和「ふぅん……」

提督「いや……ちがうんだ……みんな誤解してるんだ……」

提督「卯月とはしたこともないし……その……」

卯月「え……」

卯月「司令官は……うーちゃんが嫌いなの?」

提督「いや!ちがくて!その……」

大和「……ねえ電ちゃん」

電「はい」

大和「電ちゃんも……提督としたのね?」

電「……はい」

電「……大好きっていってくれたのです」

大和「それで卯月ともしている……と」

提督「いや……いやいやいや……」

大和「これはちょっと……お仕置きが必要みたいねぇ?」

提督「ひぇ……」

 

833: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/21(金) 22:31:05.10 ID:SLTx4otF0
そらこうなるわ

 

836: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:32:45.74 ID:6VUTXRMG0

提督「は!はなして大和!」

大和「駄目ですよ……私たちを裏切るとどうなるか……」

大和「電ちゃん!裸にむいちゃって!」

電「了解なのです」

卯月「うーちゃんは上着脱がすぴょん」

提督「ごめんなさいごめんなさいもうしませんもうしません!」

大和「だぁめ♪」

コンマ61以上逃げる
コンマ60以下大和たちのお仕置き

 

847: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:40:42.80 ID:6VUTXRMG0

卯月「うっわぁ……なんでおおきくなってるぴょん?」ツンツン

電「きっと変態さんなのです、どうしようもないほどの」

大和「ふふ……ベッドに組み伏せられたらもう動けないでしょう?」

提督「ごめんなさい!やめてって!」

大和「だめですよ……」スルッ

提督「な……なんでパンツ脱いで……もがっ!?」

大和「ふ……うっ……」

大和「提督のお顔の上にのっちゃいました……っふふ……」

提督「もがもが!(息できないって!)

卯月「あ、すっごいビクビクしてるっぴょん」

電「やっぱり変態さんじゃないですか」

提督(降りてって大和!し……しぬ……)

大和「ほらほらぁ……呼吸したかったらちゃんと奉仕しなさいよ!」

大和「私を感じさせられたら……降りてあげるから……ふふっ……」

 

850: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:44:58.60 ID:6VUTXRMG0

今は磯風ブーストがないので……

提督「ふく……れろれろ……」

大和「んっ……はぁぁ……くうっ……」

大和「い……いいですよ……その調子……」

卯月「先っぽから汁でてるぴょん」

電「うっわ……」

卯月「うーちゃん我慢できないぴょん、さわっちゃいまぁす」ツンツン

提督「んはっ!?」

大和「提督……舌が止まってます」

電「すっごいびくんとはねましたね」

卯月「これおもしろいっぴょん、電もやる?」

電「じゃ……じゃあちょっとだけ……」

電「ふわぁ……やっぱり熱いですねこれ……」

 

851: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:50:18.50 ID:6VUTXRMG0

大和「ふ……んっ……あああっ……」

提督「じゅるっ、じゅるるっ……」

電「すっごいおっきくなってきてるのです、血管も浮き出てて……」

卯月「うーちゃん発見したぴょん」

卯月「このタマタマをいじると司令官がすっごいびくびくするぴょんよ?」コリコリ

提督「!?」

電「本当なのですね……面白い……」

大和「なんど言わせるのよ!しっかり奉仕しなさいって!」グリグリ

提督「ふごっ……」

大和「ん……そうよ……そう……」

提督(呼吸がぁ……!)

卯月「ううっ……うーちゃんがまんできないぴょん!」ズブッ

提督「あひぃっ!?」

卯月「中にいれちゃったぴょん……えへへ……司令官♪」

電「あー!ぬけがけはずるいのです!」

大和「……奉仕」

 

852: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:53:57.68 ID:6VUTXRMG0

卯月「くぁっ……うーちゃん我慢してたからぁ……もういっちゃ……」

大和「ふぁぁぁっ!そ!そうよ!もっともっと奉仕なさい!」

電「ううっ……電はおいてきぼりなのです……」

電「もう司令官のお尻であそぶのです」ズブッ

提督「きゃひんっ!」

電「女の子みたいな声なのですね」

大和「んんっ……!も……だめ……」

大和「い……っちゃうう!!!!」プシャァ

卯月「司令官……んはっ……おっきいぴょん……」

提督(こんなのやばいって……すぐでちゃう!)ドピュ

卯月「んあああああ!!!で!でてるぴょん!?」

 

853: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 22:57:41.32 ID:6VUTXRMG0

卯月「はぁはぁ……」

電「次は電なのです」

電「んくっ……やっぱりおっきい……」ズブッ

大和「はぁ……はぁ……」

大和「ふぅ……よく頑張りました」

提督「ぜぇっ……ぜぇっ……」

大和「それより電ちゃん、何先にはじめちゃってるの?」

電「大和っ……さんは……もうイったからいいでしょう……?」

電「電はっ……まだなのです……」

大和「しかたないなぁ……」

大和「じゃあ提督、もう一回ご奉仕ね?」ドスッ

提督「ふぐ!?」

大和「ほらほらはやくしてよ」

電「はぁ……はぁ……」パンパン

 

854: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:00:02.91 ID:6VUTXRMG0

電「電……もういくっ……いきますっ……」

電「んふぁぁぁっ!!!」ガクリ

大和「あら?結構速かったわね」

大和「じゃあ次はあたしですよ?」

提督「ぜはぁっ!ぜはぁっ!」

提督「もっ……そんなにできないっ……!うあああ!!」

大和「できないじゃないの、やるの、わかった?」ズブッ

提督「あひっ……」

大和「情けない顔してないで……もっと突いて下さいよ」

 

856: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:02:14.52 ID:6VUTXRMG0

大和「ふぁ……もうだめ……」

提督「うくぅぅぅ……」

大和「ふぁ……ふぁぁ……ああああっ!!!」

大和「はぁっ……はぁっ……」

提督「大和……?」

大和「はぁ……はぁ……はぁ……」

提督(い……いまなら逃げられる……)

提督「……!!」ダッ

大和「あ!提督!」

 

857: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:04:42.45 ID:6VUTXRMG0

廊下

提督「はぁ……はぁ……!」

提督「服はなんとか持ってこれた……!!」

提督「とにかくにげなくちゃ……!つかまったらしぼり殺される!!」

提督「あれ……あそこにいるの熊野かな……?」

熊野「……」チョイチョイ

提督「部屋に呼んでる……?」

提督「まあいいや!とにかくあそこににげこもう!」

バタン

 

859: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:10:23.43 ID:6VUTXRMG0

提督「た……たすかったよ熊野……?」

提督「なんで霞がいるの?」

霞「……」

熊野「いまですね、あなたのお話をしていましたの」

提督「っへ?」

霞「あたし……言ったと思うんだけど……」

霞「浮気は禁止って……」

熊野「わたくしもそう言った覚えがありますわ……」

霞「でもね……」

熊野「聞けば霞さんともお励みになられたそうですね?」

提督「ひぃっ!」

霞「あんた……ちょっと調子に乗ってないかしら……」

提督「いやっ……誤解……」

熊野「なので……提督にはすこし躾をしてさしあげようかと……」

提督「またこれかぁぁぁ!!」

コンマ61以上逃げる
コンマ60以下マゾヒストコース

下3

 

867: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:14:44.98 ID:6VUTXRMG0

提督「もうしぼられるのはいやぁぁぁぁ!!!」

霞「あ!まちなさいこのクズ!」

熊野「わたくしが逃がすと思いまして!」

提督「ひぃぃぃああああ!!!!」ダダダッ

 

868: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:17:42.93 ID:6VUTXRMG0

提督「な……なんとかまいたかな……」

どこですのぉぉぉ!!!

変態司令官さん!でてくるのです!

あのクズ……

はぁはぁ……もっと奉仕してもらいますよ……

提督「やっべ……どこかに逃げ込まないと……」

提督「あ!あの部屋……!いいかも!」

ガチャ

阿武隈「それでね……あたしお母さんになるみたい……」

荒潮「へぇ……よかったわね?」

阿武隈「うん……えへへ……」

提督「」

 

870: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:23:27.32 ID:6VUTXRMG0

提督(ここ阿武隈の部屋じゃないかぁぁぁ!!!)

阿武隈「あ……提督♪」

荒潮「艦娘孕ませるなんて……」

荒潮「はぁ……まあいいわ、式はいつにするの?」

提督「うぇっ!?」

提督(い……いや……こんな早く妊娠したってわかるもんか?)

提督(嘘の可能性も……)

荒潮「そういえば検査薬は使ったの?」

阿武隈「?なにそれ」

提督(セーフっ!)

阿武隈「それでね……提督?もう一回だけしたいな?」

提督「うげっ!?」

コンマ61以上逃げる
コンマ60以下身重だしやめておこうか

下3

 

875: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:28:21.37 ID:6VUTXRMG0

提督「いや……み……身重なんでしょ?やめとこうよ……」

阿武隈「そっか……そうだよね……」

荒潮「……」

提督「じゃ……じゃあね!」

提督(荒潮の目が怖い……)

阿武隈「うんっ、またね」

バタン

 

876: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:30:46.63 ID:6VUTXRMG0

提督「しかし……逃げ場が……」

提督「あ、前の方で瑞雲が飛んでる……ん?」

提督「瑞雲が飛んでる……?なんで?」

提督「……」チラッ

提督(後ろに彩雲もいるんですが……)

扶桑「うふふ……うふふふふ……」

瑞鶴「やぁっと見つけたわよ……提督さん……」

提督「な!なんで!?」

 

877: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:33:29.26 ID:6VUTXRMG0

扶桑「私は二股をかけられた女……ふふ……」

扶桑「不幸だわ……」

瑞鶴「提督さん……わたしはあなたにいいました」

瑞鶴「浮気したら殺すと……!」

提督(なんなんだ今日は!?)

 

878: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:36:16.73 ID:6VUTXRMG0

瑞鶴「やっぱりさ、夫婦になるなら隠し事はよくないよね」

提督「は?夫婦?」

瑞鶴「だからさ……私と扶桑さん……どっちが提督さんを喜ばせられるか……」

瑞鶴「勝負することにしたの!」

扶桑「ふふ……幸運艦といえども私にはかなわないわ……」

瑞鶴「というわけで提督さん」

瑞鶴「抵抗はむだだよ?」

提督「もういやだぁぁ!!!」

コンマ61以上逃走
コンマ60以下空母航空戦艦サンド

下2

 

886: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:40:56.20 ID:6VUTXRMG0

瑞鶴「ふふ……にげられないよ?」

扶桑「ぎゃふんと言わせて差し上げます……」

提督「ひぃぃっ……」

 

887: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:43:45.26 ID:6VUTXRMG0

瑞鶴「扶桑さん瑞雲器用に使うねぇ……」

扶桑「ふふ……航空戦艦ですから……」

瑞鶴「いやいやお見事……提督さんの服だけを器用に燃やすなんて……」

提督「くううっ……」

瑞鶴「じゃあどうやって攻めようか?」

扶桑「最初はハンデよ、あなたに前を譲るわ」

瑞鶴「え?いいの?」

扶桑「ふふ……」

提督(やっべぇ……)

 

888: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:46:21.98 ID:6VUTXRMG0

瑞鶴「ん……ん……あれ?」シコシコ

瑞鶴「提督さんの……勃たないよ?」

扶桑「ふふ……やっぱりね……」

提督「ううっ……」

扶桑「提督?あなたここに来るまでにおそわれましたね?」

提督「げっ……なんでそれを……」

扶桑「ふふ……匂いですよ?」

瑞鶴「匂い……?」

瑞鶴「あ……精液臭い……」

扶桑「そういうことです」

 

889: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:49:04.78 ID:6VUTXRMG0

提督(で……でも……勃たないってばれたら……安全?)

扶桑「こういう時はっ……」ズブッ

提督「あひんっ!?」

扶桑「お尻から手を入れて……こう……」

提督「ひっ……やめっ……」

瑞鶴「おーおー……ずっぽりはいっちゃってる……」

扶桑「ここかしら?」コリッ

提督「っかはっ!」ビンビン

扶桑「こうすれば勃起するのよ」

瑞鶴「おお……」

 

890: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:52:12.68 ID:6VUTXRMG0

瑞鶴「やっと固くなったねー」シコシコ

扶桑「ふふ……どっちが気持ちいいですか?まあ聞くまでもないですよね?」コリコリ

提督(正直扶桑の方やばいっ……こんな感覚はじめてでっ……)

瑞鶴「むぅ……きにいらないなぁ……」

瑞鶴「こっちも気持ちいいでしょ!?ねえ!?」ギュッ

提督「痛いって!」

瑞鶴「あ……ごめんなさい……」

扶桑「そんなに言うんだったら……変わってあげましょうか?」

瑞鶴「え?いいの?」

扶桑「ええ……どうぞ?」

瑞鶴「後悔しても知らないんだからね!」

提督「ちょ……もうやめてって……あひぃ!」

 

891: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:55:43.19 ID:6VUTXRMG0

瑞鶴「あれ……ここかな?それともここ?」グリグリ

提督「っ……くあ……痛っ……」

扶桑「不器用ね……」

扶桑「提督?尿道をいじられるのはどうですか?」グリグリ

提督「いひぃっ……お……おかしくなっちゃう……」

扶桑「ちゃんとお尻を触ってないほうの手でいじってますからね……」

扶桑「あ、お尻をいじったほうの手でいじってあげましょうか?」

提督「洒落になんないってば!」

扶桑「冗談ですよ」

瑞鶴「むううう!!!!なんでいつも私を無視すんのさぁ!」

 

892: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/21(金) 23:59:38.93 ID:6VUTXRMG0

提督「そんな両方からいじられたら……でちゃうって!」

扶桑「出しちゃえばいいじゃないですか」

瑞鶴「でもこれじゃどっちが勝ちだかわかんないね?」

扶桑「なにいってるの」

瑞鶴「え?」

扶桑「どう見てもあなたの負けです……ね?提督?」グリグリ

提督「ひぃ……ひぃ……ひあああああ!!!」ドクドク

扶桑「あら……全然でないわね」

瑞鶴「それより!扶桑さんが勝ちってのがなっとくいかないんだけど!?」

扶桑「負け犬の遠吠えね……幸運艦も大したことないのね」

瑞鶴「むっきぃぃぃ!!言わせておけば!」

提督(い……今のうちに逃げなきゃ……)ヨロヨロ

瑞鶴「~~!!!」

扶桑「~~~♪」

 

893: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:02:35.54 ID:tAGYXTtd0

提督「あ……あの部屋に……」

ガチャ

長波「お?ちーっす司令官、文月とやっちゃったんだって?」

長波「浮気は男の甲斐性っていうけどさ、文月は犯罪だぜ?」

文月「犯罪?あたしわるいことしてないよぉ?」

長波「……可愛いな文月」ナデナデ

文月「えへへ♪」

 

894: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:04:31.52 ID:tAGYXTtd0

長波「んでさ、折角だからみんなでやらない?」

提督「んえ?」

長波「ふっふっふ……文月とやってるとこ見せてよ……」

文月「司令官とまた遊べるの?やったぁ♪」

提督「……」

コンマ61以上逃走
コンマ60以下長波に捕まる

下2

 

899: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:11:02.99 ID:tAGYXTtd0

長波「逃げようとしたって無駄だぜ?」ギュッ

提督「ふご……!?」

長波「へへ……すごいだろ?あたしのおっぱい、顔を挟めるくらいあるんだぜ?」

提督「ふごふご!」

文月「あははっ、司令官豚さんみたいー」

長波「ふふっ……どれ?勃ってきたか?」

長波「……ふにゃふにゃじゃねぇか」

文月「ウィンナーさんみたいだねぇ♪」

長波「しかたない……さっきあたしが言ったみたいに触ってみ?」

文月「うんっ♪」

 

900: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:14:09.18 ID:tAGYXTtd0

文月「えっとぉ……唾をたらして……」

提督「っ!?」ビクビク

長波「おーおー、跳ねるねぇ」

長波「おっぱいでがっちり顔を挟んでるからわかるぜ」

文月「あはっ♪やっぱりこれ面白い♪」シコシコ

提督「っ!っ!」ビクビク

長波「しっかしお前精液臭ぇな……」

文月「ほわーってする匂いだよねぇ……」

長波「ん……間違っちゃいないけど……」

提督「ぐも!ぐもも!」

長波「おっといけない、窒息死させるとこだった」

提督「ぷっはぁっ!」

 

901: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:16:19.38 ID:tAGYXTtd0

提督「ふ……文月……痛いよ……」

文月「ふぇ?どうして?」

長波「痛いって……やっぱりお前病気なんじゃ……」

提督「ち……ちがうよ!」

提督(何回も出してるから痛いんだよ!)

長波「まあいいや、とりあえずもうちょっと付き合ってくれよ」

文月「くれよー♪」

提督「痛ぃ……」

 

902: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:19:14.36 ID:tAGYXTtd0

文月「くらぇー……文月スペシャルぅ♪」シコシコ

提督「うくぁぁっ……」

長波「いいぞー文月ー」

文月「えっへへぇ♪」

文月「すぴーどあーっぷぅ……」シコシコ

提督「いぎぃっ……痛い痛い!もうでないって!」

文月「それぇー」シコシコ

提督「うぐぅぅぅっ……!!」ビクビク

長波「ん?何も出ないぞ?」

文月「白いのでないの?司令官」

提督「うっ……」

提督「……!!!」ダダッ

長波「あ!おい!」

 

903: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:21:22.22 ID:tAGYXTtd0

提督「はぁ……はぁ……なんでこんな目に……」

提督「あ……あの部屋に逃げよう……」

提督「ぜぇ……ぜぇ……」

ガチャ

吹雪「……zzz」

提督「うわぁっ!?吹雪!?」

吹雪「……zzz」ポロポロ

提督「ごめん!吹雪……あれ?」

提督「寝てるのかな……」

 

904: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:24:57.73 ID:tAGYXTtd0

提督「よかった……やっと落ち着ける……」

吹雪「……zzz」ポロポロ

提督「泣いてる……?」

提督「ごめんね……吹雪……」

提督「あれ……この薬なんだろう……」

提督「魚雷のマークのラベルが貼ってある……」

コンマ61以上薬で狂暴化
コンマ60以下仲直り

下2

 

911: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:28:07.02 ID:tAGYXTtd0

提督「と……とにかく体力回復できそうだし……これ飲んでみよう……」ゴクリ

提督「ん……なんだか力が湧いてきたような……」

提督「これすごいなぁ……疲れが吹っ飛んだよ!」

吹雪「……zzz」

提督「……」

提督(あれ……なんかムラムラしてきた……)

 

912: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:30:54.23 ID:tAGYXTtd0

提督「……」ゴクリ

提督「ね……寝ているうちにやっちゃえば……ばれないよね……」

吹雪「……zzz」

提督「パンツ脱がせまぁす……」スルスル

提督「うわぁ……血と精液が混じり合って……」

提督「っていうかあのまま寝てたんだから当たり前か……」

提督「……」

提督「やっばい……あの薬効きすぎでしょ……」

提督「入れたい入れたい入れたい入れたい……」

提督「ばれなきゃ平気……ばれなきゃ……」ズブッ

吹雪「」ビクッ

 

914: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:33:38.49 ID:tAGYXTtd0

提督「んんぁぁぁぁ!!!やっぱり吹雪の中最高!」ズブズブ

提督「もうばれてもいいや!すっごい気持ちいいんだもん!」

吹雪「」ビクッビクッ

提督「寝てても反応するなんて!吹雪は淫乱だなぁ!」ズブズブ

提督「やばっ……!いきなりでそう!」

提督「いいや!中で出しちゃえ!」ドクドクドク

提督「っ……ふぅっ」

 

916: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:38:30.11 ID:tAGYXTtd0

提督「抜かずにまだまだ行くよ!」ズブズブ

提督「僕の出した精液!奥までつっこんであげるよ!」

吹雪「んく……んく……」

吹雪(な……何……痛くて……苦しくて……)

吹雪(まるで……司令官に犯されてたときみたいな……)パチッ

提督「あ、吹雪おはよう」

吹雪「え……え……え……?」

提督「寝ている間に使わせてもらってたよ!吹雪の中!」

提督「いやぁ……最高すぎて一回出しちゃったよ」

吹雪「え……う……うそ……夢じゃなかったの……?」

提督「よく見えるように抜いてあげるよ」ズルッ

提督「ほら……吹雪の中に僕の精液がいっぱい♪」

吹雪「い……いや……なんで……」

吹雪「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!こんなのいやだぁぁぁぁぁぁ!!!!」

提督「うるさっ」

 

917: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:44:38.76 ID:tAGYXTtd0

吹雪「いやだ!離して!」ジタバタ

提督「暴れるともっと痛くするよ?」

吹雪「もう嫌なの!やめてお願い!」

吹雪「司令官の言うことには逆らいませんから!絶対に言うこと聞きますから!」

吹雪「もう司令官の気に障ることもしませんから!何でも言うこと聞きますから!だから!」

吹雪「もう私を一人にして……これ以上何もしないで……お願い……」ポロポロ

提督「僕の言うことに逆らわないの?本当に?」

吹雪「はい……だからやめてください……!」

提督「そっかぁ……」

 

 

918: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:48:13.91 ID:tAGYXTtd0

提督「これ、なーんだ」スッ

吹雪「え……それは……」

提督「明石に作ってもらったの、これね?すごいんだよ?」

提督「着床率100%の……妊娠薬なんだって」

吹雪「は……?」

提督「僕の言うこと何でも聞くのなら……これ飲めるよね?」

吹雪「そ……れは……無理です……」

提督「へぇ」

吹雪「それだけは……絶対に嫌です……ごめんなさい……」

提督「」カチン

提督「そっか」ゴクン

吹雪「司令官がのんでも……意味ないんじゃ……」

提督「んむ……」チュ

吹雪「っ!?!?」

 

919: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:50:34.83 ID:tAGYXTtd0

吹雪「ぐむー!?!?」

提督(吐き出すことは許さないよ……)

吹雪(嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ!!!!こんなのいや!!!)

提督(ちょっと援護)レロ

吹雪「~~~!!!!」ゴクン

吹雪「あ……あああ……ああああ……」

提督「よかったね吹雪、ご懐妊だね」

吹雪「あうあ……ああ……」パクパク

 

921: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 00:55:59.82 ID:tAGYXTtd0

吹雪(ああ……もう……)

吹雪(もう終わりだ……)

提督「ふっふっ……よーし、念のためもういっちょ出しとこう……」ドクドク

吹雪「……」

提督「ふぅ……さっぱり……」

吹雪「……」

 

922: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 01:08:04.40 ID:tAGYXTtd0

吹雪「ふふ……ふふふふふ……」

提督「ふ……吹雪?」

吹雪「ふふあはは……あはははは……」

提督「吹雪?」

吹雪「司令官……あなたの子……産んであげます……」

提督「え……」

吹雪「ふふあはは……だから司令官……」

吹雪「いついかなる時でもずーっと私だけを見ていてください24時間365日毎日毎日欠かさずにずーっとずーっと私を見ていてくださいそうでないとわたしなにをするかわかりませんからもちろん司令官のことも私がずーっとみててあげます艦娘は年を取らないからあなたが老人になって死ぬまでずーっと見ていてあげます私は司令官が許せません殺したいくらい憎いですでもお腹の子にはつみがないですからねだからあなたができる罪滅ぼしはしぬまでわたしをみることですずーっとずーっと私だけを見ていてくださいそうしたら私は司令官を殺しませんかりそめの夫婦でもいいです子供に罪はないんですから……よかったですね司令官その薬使っていて、あ、でも妊娠していなかったその時はあなたをころしますからかくごしておいてくださいねわかりましたか?」

提督「」

提督「はい……」

 

925: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 01:15:10.37 ID:tAGYXTtd0

吹雪「ならいいです……」

吹雪「正直あなたを見てると反吐がでますけど……」ギュッ

提督「吹雪……」

吹雪「こっちみないでください、調子に乗るな」

提督「う……うん……」

ガチャ

大和「また新しい子と……」

電「しかもまた駆逐艦……」

卯月「うーちゃん復活したぴょん!ウサギの性欲はすごいぴょん!」

阿武隈「あのさ……やっぱりしたいな……」

荒潮「はぁ……だから手を出しすぎると危険だって言ったのに……」

長波「しっかしこんなによく手を出したもんだなぁ……」

文月「えへへ……司令官もっとあそぼっ♪」

瑞鶴「まだ勝負終わってないんだからね!」

扶桑「負け犬の遠吠えね」

熊野「こんなに浮気していたなんて……ありえませんわ……」

霞「やっぱりあいつはクズね……」

 

 

928: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 01:17:13.98 ID:tAGYXTtd0

吹雪「じゃあとりあえず司令官」

吹雪「これについて納得のいく説明をお願いします」

提督「うぇ……その……」

吹雪「弁明し終わるまで寝かせませんから、覚悟しておいてください」

提督「はい……わかりました……」

吹雪「……」

吹雪「ふふ……」

 

929: ◆HMOp1F9XD. 2014/11/22(土) 01:21:22.14 ID:tAGYXTtd0

この後ショタ提督は秘書艦を吹雪以外にすることができなくなりました

見てくれた方ありがとうございました、こんな遅くまでお付き合いいただきありがとうございます、すっごい書いた……

さよならでち

 

936: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/22(土) 01:26:20.52 ID:IhTBEBSpo

返す返すもおねショタキャラをことごとく外したのが心残りだった
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1415/14153/1415380943.html

 

-艦これ