ssギャグまとまる君

笑えるギャグssを中心としたニッチ系まとめ。

艦これ

提督「俺の指示を聞いてくれぇ!」 未完

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:08:27.49 ID:0iD9ubjxo

最終海域

大和「ンダッラァァァ!!!!」

長門「いま服がタイムパトロールみたいっつった奴出てこいコラァァ!!」

雪風「お二人とも抑えて! 抑えてください!」

イ級「スカート買えないくらい君んち貧乏なの?」

雪風「おいコラァァァ!! 今のどいつだおい!!」

加賀「とにかく落ち着いて、陣形が乱れてるわ」

ヲ級「君の相方三段腹だってね」

加賀「んんんんんんんんんんんん!!!!!」

ル級「君さ、その取っ手みたいなだっさい髪型さ、なんて言うの?」

綾波「…え?」

ル級「ぷっ」

綾波「……」

ル級「キ~レました~ ブフッ」

綾波「お前マジ沈めるからなちょっと待ってろ」

提督「コラ! お前ら勝手に動くな!! 陣形を保て!!」

大和「提督…! み、みなさん落ち着」

ネ級「お金いっぱいかけて作った動くラブホ」

大和「突っ込めェェェ!!!! 息の根を止めろォ!!」

雪風「死神のキスかましたるぞ!!」

綾波「出てこいコラ、どこに隠れた」

長門「ここが最終決戦場だオラァ!!」

提督「まだ道中だ!! おい待て!! 止まれぇ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468580907

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:09:58.62 ID:hrXdSiIyo
勢いにワロタwww

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:12:13.66 ID:0iD9ubjxo

―――
――

執務室

提督「……はぁー」

大和「すみません…」

長門「悪気はなかったんだ」

雪風「うちが貧乏だって…お前のとこのしれぇは薄給の能なしだって言われたので…」

提督「そこまでは言ってないよね」

赤城「敗因は相手の挑発に乗ってしまった…というところでしょうか」

提督「君は一番はじめに突っ込んで大破したよね」

加賀「深海棲艦もなかなか味な真似をしてくるものね」

綾波「ださいですか…? 私の髪型ださいですか?」

加賀「それ私にもダメージ来るからやめてちょうだい」

提督「とにかくだ、なんでお前らは戦闘になると血の気が多くなるんだ!」

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:14:52.90 ID:0iD9ubjxo

長門「なんで…と言われてもな」

大和「もともと戦う為の存在ですので、そういうものなのかと」

提督「そういうものなんです、じゃ困るんだよ! 大淀!」

大淀「はい」

提督「残りの資材量を説明してやれ!」

大淀「全種の資材は五千を切っています。出撃できてあと数回ですね」

綾波「そんなに少ないんですか?」

大和「そんな…いつの間に」

赤城「昨日はかなり余裕があったはずですが…」

提督「お前らな、今日何回出撃したか覚えてるか?」

雪風「…何回でしたっけ?」

綾波「五回くらいでしょうか?」

提督「その十倍は出撃してるよ!」

赤城「そんなに…私達ずいぶんと働いていたのですね」

加賀「ええまったく、道理で疲れてると思ったわ」

長門「勤労の後の酒は格別だからな、どうだ今夜?」

赤城「いいですね! 是非!」

加賀「私もご一緒させていただきます」

大和「他のみなさんにも声をかけましょうか」

雪風「今夜はパーティーですか?」

綾波「私、鳳翔さんのお手伝いしますね!」

提督「まだ最終海域クリアしてないよ!? なんで打ち上げムード入ってんの!?」

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:16:28.53 ID:0iD9ubjxo

長門「そうは言うがな… 時には諦めも肝心だと思うぞ?」

大和「またいつも通り丙で行けばいいじゃないですか」

赤城「似合っていますよ? 丙勲章」

提督「嫌なのっ! 俺だって甲勲章欲しいのっ! 取ってみたいのっ!」

加賀「…はぁ」

提督「あーまた駄々こねてるみたいな顔すんな!」

提督「そもそもな、お前らの練度は問題ないんだ!」

提督「問題なのはその気の短さ!」

提督「あんなやっすい挑発に乗らなきゃ今頃はもう作戦終了してるんだよ!」

長門「そうは言っても…なぁ?」

大和「甲作戦だと途端に口悪くなりますからね、あいつら」

綾波「煽りスキル上げてきますよね」

赤城「私達の被弾が増えるのも無理ありません」

加賀「ええ」

提督「いいや! お前らは堪え性がない! ちょっとはメンタルも鍛錬しろ!」

雪風「ハゲ」

提督「俺のじゃない! お前らの!!」

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:20:15.89 ID:0iD9ubjxo

加賀「メンタルね」

赤城「難しい話ですね」

長門「挑発されたら怒る、それは普通の事だろう。提督だってそうじゃないか」

提督「お前らは反応しすぎなんだよ! なんでバラバラに敵のど真ん中に突っ込むんだ!」

大和「それはもう、二度とへらず口を言えないようにしてやろうと」

提督「で、結果はどうだった? ボロボロにされて無言で帰って来たのはお前らじゃないか!」

長門「捨て台詞くらいは吐いたぞ」

綾波「次までに海底にキスする練習しとけよ…とか言いましたよね」

赤城「私なんて帰り際に中指立ててやりましたね」

加賀「大破しながらも折れない闘志、とてもご立派でした」

雪風「赤城さん! 雪風にもそれ教えて下さい!」

赤城「はい、まずですね…手をこう握って…」

提督「人の話を聞けぇぇぇぇ!!」

長門「そうカッカするな提督。上に立つ者はもっとどっしりと構えるべきだぞ」

提督「誰のせいでこうなってると思ってんの!?」

大和「提督、御髪が乱れていますよ」

加賀「また減りました?」

提督「減ってない!!」

雪風「ハゲ」

提督「ハゲてない!!」

瑞鶴「ふふふ、話は聞かせてもらったわ!」バンッ

武蔵「困っているようだな提督よ!」

提督「!! 瑞鶴…それに武蔵!!」

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:22:26.09 ID:0iD9ubjxo

大和「武蔵…いきなりどうしたの?」

加賀「何の用かしら? 私たちは作戦会議で忙しいのだけれど」

武蔵「聞けば敵の策にまんまとハマっているそうだな」

瑞鶴「あんな魚臭いクリーチャーたちに良いようにされるなんて、一航戦も大したことないって事かしらね!」

加賀「そうね…ところで今夜あいてるかしら?」

赤城「出撃五十回お疲れ様会をやろうと思ってまして」

瑞鶴「うわ本当? どこどこ? 鳳翔さんのところ?」

赤城「ええ、皆さんへの連絡お願いできますか?」

瑞鶴「オッケー! 任せといて!」

長門「ふふ、いい酒をキープしてもらってる。武蔵も来るか?」

武蔵「無論だ。楽しみにしているぞ」

綾波「いいですねー! 人が増えると賑やかで楽しそうです!」

雪風「駆逐の子たちも呼んでいいですか?」

大和「もちろんいいわよ、いっぱい連れて来てね」

提督「ちょっと! ちょーっと待ってね! 君たち本当になにしに来たの!?」

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:25:12.19 ID:0iD9ubjxo

武蔵「おっと…忘れるところだったな」

瑞鶴「そうそう、提督! 困ってるなら私達を使ってみない?」

提督「なに?」

大和「武蔵、大丈夫なの? あいつら本当にムカつくわよ?」

加賀「悪いけれどあなたたちに務まるとは思えないわ」

瑞鶴「ふふーん、心配ご無用! ちゃーんと立候補する理由はあるわ!」

武蔵「つまりはだ、相手の誹謗中傷が聞こえなければいいわけだ」

綾波「耳栓でもするんですか?」

提督「それだと俺の無線が聞こえんぞ」

瑞鶴「違う違う、相手の声が届く範囲外から倒しちゃえばいいのよ!」

加賀「…あーアウトレンジがどうとか言いたいのね」

瑞鶴「ちょ、先に言わないでくれる!?」

武蔵「まあそういうことだ提督よ、試す価値はあると思うが」

提督「…うーん」

加賀「そんな事なら私達でも出来そうですが」

瑞鶴「わかってないわねー、アウトレンジと言ったら私! 私を抜いての成功なんて考えられないわ!」

赤城「お任せしてもいいんじゃないんですか?」

加賀「そうですね、健闘を祈ります」

提督「君たち早く飲みに行きたいだけだよね?」

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:29:10.96 ID:0iD9ubjxo

瑞鶴「ほら提督! さっさと決めちゃって!」

提督「うーん… まあ他に良い案もないし、やってみるか…」

赤城「決まりましたね、では私はこれで」

大和「頑張ってね武蔵」

長門「待ってるからな」

提督「っていうかさ、相手の挑発に乗らないって事はできないの?」

武蔵「ふふ、案ずるな提督。この武蔵、暴言に惑わされるほど繊細な心は持ってはいない」

提督「いや、こいつらみんなそう言ってここ出ていったんだけどね」

綾波「でも武蔵さんは正に武人という方ですし、あの腐れ深海魚どもの悪口なんて軽く聞き流せると思いますよ」

武蔵「そういうことだ。なぁに安心しろ、戻ってきたら甲勲章を肴に勝利の美酒といこうじゃないか」

瑞鶴「提督は大船に乗ったつもりでどーんと構えててよね!」

提督「そうか… なんだか行けそうな気がしてきたよ…!」

提督「よし! 旗艦武蔵! 後に長門、雪風、綾波、加賀、瑞鶴と続け! 艦隊発進準備!」

綾波「えっ」

加賀「は?」

長門「いやいやいや、我々はもういいだろう!?」

雪風「時津風! 時津風ちゃん連れてきますから!」

提督「サボろうったってそうはさせんぞ! さっさと出撃準備に入れ!」

赤城「みなさん頑張ってくださいね」

大和「先に行って待ってるからね」

加賀「んああああああ」

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:33:02.78 ID:0iD9ubjxo

―――
――

最終海域

武蔵「…どうだ? 見つけたか?」

瑞鶴「まだ、索敵機からの通信待ち」

武蔵「そうか… どうした? みんな暗い顔をしているな」

長門「まあ…もう飽きるくらいここに来てるからな」

加賀「……」

綾波「……」

雪風「……………………あ」

武蔵「どうした雪風」

雪風「敵艦隊発見! 三時方向です!」

瑞鶴「あちゃーそっちだったか」

武蔵「こちらも確認した。どうやら気づいてはいないようだな」

加賀「あいつね、さっさとぶっ飛ばしましょう」

綾波「…」ゴキゴキ

瑞鶴「ちょ、ストップ! ストーップ! さっき作戦説明したでしょ!!」

雪風「あー…アウトレンジでしたっけ」

加賀「じれったいわね」

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:34:42.96 ID:0iD9ubjxo

長門「要はここからバンバン撃って沈めればいいんだろう?」

瑞鶴「せっかく気づかれてないのにそんな事したらバレるでしょ! まずは先制の航空攻撃よ!」

雪風「雪風たちは何してればいいんです?」

加賀「ずいずいずっころばしでもしているといいわ」

瑞鶴「敵に空母は… ごめん雪風、ちょっと双眼鏡借りるわね」

雪風「どうぞ!」

瑞鶴「サーンキュ。えーとどれどれ… 空母はー」

ヲ級「…」ジーッ

瑞鶴「っ!?」ビクッ

武蔵「どうした」

瑞鶴「えっ…いや… 敵の空母と目が合ったんだけど…」

長門「気づかれているのか!?」

瑞鶴「わからない… 艦載機を発艦させる様子はないし…」

加賀「偶然こちらの方向を見ているだけじゃないかしら」

瑞鶴「うーん… でもずっとこっち見てるけど…」

ヲ級「…」ヌギッ

瑞鶴「えっ!?」ビクッ

長門「どうした瑞鶴! ちゃんと報告しろ!」

瑞鶴「いや… ちょっとわけわかんないっていうか」

加賀「あいつらで理解可能な事なんて魚臭い以外ないわ。何が起きてるの」

瑞鶴「えーっとね… 空母がさ、頭のアレ脱ぎ捨てた」

加賀「は?」

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:37:33.41 ID:0iD9ubjxo

長門「頭のあれって… あいつらが艦載機を出してくる気持ち悪い帽子か?」

加賀「脱いだりできるものなの?」

瑞鶴「うん… 実際に脱げてるから… できるんだと思う」

武蔵「こちらには気づいているのか?」

瑞鶴「多分… こっちめっちゃ見てるし」

長門「空母としての大切な何かを捨てているように思うが」

加賀「気でも狂ったのかしら」

瑞鶴「…でね、今はなんかニヤニヤしながらこっち見てるんだけど」

ヲ級「…」クイックイッ

瑞鶴「あっ」

長門「どうした!」

瑞鶴「…………あーそういうこと」

武蔵「やつは何をしているんだ」

瑞鶴「え…っとね、手の平を表にしてさ、指四本をこう…」

雪風「それって…」

綾波「ふーん」

加賀「……かかってこいよ、と」

瑞鶴「………はぁー」

武蔵「………つまりあれか」

長門「お前らの相手なんて素手でも余裕だわ、と言いたいわけだ」

瑞鶴「うん… まぁそういう事だよね」

綾波「舐められたもんですね… 私達も」

雪風「雪風、キレそうです」

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:39:57.11 ID:0iD9ubjxo

長門「……………どうする?」

武蔵「……………」

雪風「……………」

綾波「……………」

加賀「………………………フン!」バキィ

瑞鶴「おっ、やるぅ…」

長門「おいおい…弓をへし折っていいのか」

加賀「かまわないわ。あっちがその気なら相手になってやるもの」

綾波「そうですねー…」ガチャ

雪風「魚雷なんて積んでられませんよね…」ガチャ

瑞鶴「まっ、ここまでコケにされちゃうとねぇ…」

長門「どうする武蔵。みんなやる気みたいだが?」

武蔵「……………」

提督「こちら鎮守府。そろそろ前哨とぶつかるくらいか? 報告を」ブツッ

瑞鶴「あーあ、いいの? 提督からの通信ブッチして」

武蔵「ああ、海の喧嘩は艦娘の華。男が入っていいものじゃない」

長門「ふっ」

加賀「決まったようね」

武蔵「…………深海と拳と拳での殴り合いか………面白い!!」

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:41:29.55 ID:0iD9ubjxo

瑞鶴「ッダァッリャァァァァァ!!!」バキィ

瑞鶴「見とるか深海魚どもォ! すぐにこの弓と同じにしてやっからなァ!!」

武蔵「拳での語り合いに砲など無粋!」バシュッ

長門「そっちがその気なら素手で相手になってやるぞ!!!」バシュッ

綾波「しばらくアゴ使っておまんま食えないようにしてるからな」

加賀「生まれたての仔ヤギみたいにして返してやるから」

雪風「覚悟せえよコラ!!」」

武蔵「よしっ! 行くぞ!! この武蔵に続けぇ!!」

瑞鶴「っしゃああああ!!! インファイト決めっぞ!!」

長門「かかってこいやぁコラァ!!」

雪風「やったるぞォォォォ!!」

ヲ級「撃て」

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:44:13.05 ID:0iD9ubjxo

―――
――

執務室

提督「どゆことー?」

武蔵「………」

瑞鶴「………」

提督「ねぇ、どゆことー?」

瑞鶴「いや… まぁその… ね?」

武蔵「……すまん」

長門「悪気はなかったんだ」

加賀「艦娘の誇りを保つためには必要な行為でした」

提督「装備ぶん投げて素手で突撃するのが艦娘の誇りってどゆことー?」

雪風「こゆことー」

提督「どゆことー?」

雪風「こゆことー」

提督「どゆことー?」

加賀「…っぷ」

長門「…ふふ」

綾波「うふふ」

提督「ぬぅぅぅあああああああああああああああああ!!!」

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:47:43.35 ID:0iD9ubjxo

提督「ああ! ちょっとでも期待した俺がバカだったよ!!」

提督「でもな! 装備捨てて帰ってくるとはな! さすがの俺も予想できなかったわ!」

提督「ねぇ武蔵さん! 君は四六砲どこにやったの!?」

武蔵「わからん」

提督「長門ちゃん! 君の四一砲は!?」

長門「覚えてない」

提督「駆逐のみんなー! 五連装魚雷はどこかなー!?」

雪風「どこでしたっけ」

綾波「さぁ」

提督「空母のみなさん! 弓はどうされたのでありますか!」

瑞鶴「確かへし折ったわ」

加賀「同じく」

提督「ねぇ!! なんでそういう事するのぉ!?」

長門「落ち着け提督。かなりアホみたいになってるぞ」

武蔵「深海が装備を捨て素手でくるというのに、こちらが装備を使っては艦娘の名折れというものだ」

提督「で、それでどうなりましたか!? 馬鹿正直に丸腰で突っ込んで集中砲火じゃねーか!」

加賀「卑怯な奴らよ、まったく」

瑞鶴「次会ったらただじゃおかないわ」

提督「なにがただじゃおかないわだよ!! そんな見え見えの挑発に乗っかるんじゃねーよ!! バーカ!!」

加賀「……はぁ」

提督「いい歳こいで泣くなよみたいな顔すんな!」

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:50:30.55 ID:0iD9ubjxo

長門「まぁ泣くな提督、上に立つものの涙は部下を動揺させるぞ」

提督「んな事言うならな! お前らちょっとでも動揺してみせろ!」

雪風「オロオロ こんな感じですかね」

綾波「笑顔じゃないほうが感じでると思いますよ」

雪風「オロオロ… どうでしょうか?」

長門「うん、これはかなり動揺ポイント高いな」

加賀「いいわね。ご褒美に飴をあげるわ」

雪風「えへへ…」

提督「遊ぶなァ!!!」

加賀「提督が怒った。オロオロ…」

長門「オロオロ…」

瑞鶴「ぶっ!」

武蔵「ふふふ」

提督「なに和気藹々としてんだよぉ!!」

長門「提督は和やかなムード嫌いか?」

提督「いや好きだよ、好きだけどさ!? 時間と場所を!」

金剛「わきまえなヨォォォォォォォォォォ!!!」バァンッ

雪風「ひっ…!」ビクッ

提督「うわっ!」ビクッ

比叡「というわけで提督ッ!!」

榛名「お話は我ら金剛型がッ!!」

霧島「まるっと全て聞かせていただきましたァッ!!」

加賀「またうるさいのが来たわね…」

長門「もう少し静かに入って来れないのか…」

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:53:21.04 ID:0iD9ubjxo

金剛「ヘェーイテートク! どうやらお困りのご様子ですネー…!」

比叡「なんでも皆さん敵の罠にひっかかりまくりとか!」

長門「ひっかかったのではない。艦娘として引けない戦いがそこにはあったんだ」

金剛「ノー! 確かに艦娘としての矜持は大切デース、が…」

霧島「一時の感情に流され、作戦を放り出してしまうのもまた艦娘の矜持に反する行為かと」

武蔵「むぅ…」

瑞鶴「意外と鋭いこと言ってくるのね…」

長門「とはいえ今回は甲作戦だ。深海棲艦も手段を問わない最低のゲス野郎共に成り下がってるぞ」

加賀「はっきり言ってあなた達では手に負えない相手だわ」

榛名「ふふふ、それは我ら金剛型を見くびりすぎです」

金剛「イエース! 私達姉妹は、鋼の絆と最高のハイテンションで結ばれてるんだからネ!」

比叡「その通りですお姉様!! 我ら金剛型、ノリとテンションと姉妹愛は誰にも負けません!」

長門「ノリ? ハイテンション?」

武蔵「それがどう攻略に結びつくというんだ」

金剛「わからないデスかネー、ワタシ達四人が集まればいつでもハッピー&エキサイティン! 相手の悪口に怒る事なんてありますまいデース!」

榛名「提督! どうか私達金剛型に今作戦を任せて頂けないでしょうか!」

提督「うーん…」

霧島「霧島の計算によりますと」

比叡「でた! 霧島お得意のどんぶり勘定!」

霧島「私達に任せた場合の作戦成功率は」

榛名「答えは0か100しか聞いたことがありません!」

霧島「100%です」

金剛「イェーーー!! ワンハンドレッ!! イエーーーーー!!」

瑞鶴「うん、任せていいんじゃない?」

長門「オッケー採用だ。健闘を祈る」

提督「俺が決める所だろそれ!」

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 20:56:32.02 ID:0iD9ubjxo

長門「金剛たちのやる気を見ろ。これで採用しない上司は目が節穴か阿呆だぞ」

加賀「瞳の奥に漲る熱い闘志と正義の心を感じるわ。彼女たちなら必ずやり遂げてくれます」

武蔵「異論なし。確実に成功する。この武蔵が保証しよう」

提督「お前らさっきから飲みに行きたくてウズウズしてるなぁ!?」」

金剛「OH! 皆さんもそう思ってくれるデース? ワタシ張り切っちゃうんだからネー!」

瑞鶴「そんじゃ頑張ってね! あ、そうそう終わったら鳳翔さんとこで宴会だから」

比叡「もしかして祝勝会ですか? それは嬉しいですねー!」

榛名「必ず甲勲章を持って駆けつけますから!」

加賀「ええ、楽しみにしているわ」

霧島「これは負けられませんねお姉様!」

金剛「イエース! ワタシ達が四人揃えばインポッシボゥな事はありはしないのデース!!」

提督「ええい…しょうがない! 旗艦金剛! その後に比叡、榛名、霧島、加賀、雪風と続け! 艦隊発進準備!」

雪風「は?」

加賀「ちょっと待て」

武蔵「気をつけて行くんだぞ」

綾波「雪風ちゃんファイトですー!」

雪風「いやいやいやいや」

長門「二人とも頑張れよ、じゃあお先な!」

加賀「なに笑いながらお先とか言ってるの、ちょっと待ちなさい、待って!!」

 

24: ◆aHWJCz3xgE 2016/07/15(金) 20:58:58.14 ID:0iD9ubjxo
とりあえずここまで
酉つけます

 

 

 

元スレ

提督「俺の指示を聞いてくれぇ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468580907/

-艦これ