ssギャグまとまる君

笑えるギャグssを中心としたニッチ系まとめ。

艦これ

提督「翔鶴が壁にはまっている・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:07:32.78 ID:bPMxPB440

提督「一体どうしたんだ翔鶴!」

翔鶴「て、提督! 私にも何が何だか・・・!」

翔鶴「弓道場まで行こうとしたら、突然誰かに掴まれて・・・」

翔鶴「無理矢理この塀に突っ込まれたんです・・・!」グス

提督「何ということだ・・・! 一体誰がこんな酷いことを・・・!?」

提督「怪我はないか!?」

翔鶴「だ、大丈夫です・・・」

提督「とにかく今助けてやるからな!」

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:11:53.71 ID:bPMxPB440

提督「よし! まずは引っ張ってみよう!」

提督「翔鶴、少し我慢してくれ!」

提督「んーしょ! んーしょ!!」グイグイ

翔鶴「痛たたたたたた!!」

提督「いかん! すっかりはまっているぞ!?」

翔鶴「うぅ・・・っ!」グス

提督「泣いてはいかんぞ翔鶴! もう少し強く引っ張るぞ!」

提督「んーしょ! んーしょ!!」グイグイ

翔鶴「あぁっ!? い、痛t」

サワサワ

翔鶴「ひゃあぁぁぁぁんっ!?///」ビクン

提督「!?」

赤城「!?」

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:15:51.91 ID:bPMxPB440

提督「な、何だ今のは!? どうした翔鶴!?」

翔鶴「い、今誰かに臀部を触られたような・・・」

提督「何!? 向こう側に誰かいるのか!?」

提督「こんな大変なときにいたずらをする奴がいるのか!」

提督「ん゛ん゛っ! ちょっと向こう側に行くぞ!」ダッ

翔鶴「どうして私ばかりこんな目に・・・」グスグス

翔鶴「・・・っ!?」

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:19:19.21 ID:bPMxPB440

―― 塀の裏 ――

提督「翔鶴! とりあえず裏側に来たぞ!」

提督「特に誰もいないな・・・?」

翔鶴「あ、貴女はk・・・んむぅっ!?」

提督「ん!? どうした翔鶴!?」

翔鶴「んっ・・・も゛っ・・・!?///」

提督「ええい! 返事をしないか翔鶴!」

翔鶴「んふぅっ・・・! んっ・・・んんっ・・・!///」

提督「な、何が起こっているんだ!?」

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:23:46.54 ID:bPMxPB440

提督「ま、まさか横隔膜に負担がかかって・・・!」

提督「翔鶴! こちら側からも少し押してみるぞ!」

提督「んーしょ! んーしょ!!」グイグイ

翔鶴「ぉごぼぉっ・・・!///」ジタバタ

提督「翔鶴暴れるんじゃない!」

提督「あぁっ!? 良い尻と脚だ!」

翔鶴「んーーーーっ!///」ジタバタ

提督「ん゛ん゛っ! 翔鶴落ち着きなさい!」バシィッ

翔鶴「んいぃぃぃぃんっ!?///」ビクビク

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:27:50.73 ID:bPMxPB440

提督「それほどまでに苦しいんだな翔鶴・・・!」

提督「俺に発見されなかったら一体どうなっていたことか・・・!」

提督「雨に濡れて生乾きになって、酷い臭いを放つことになっていたかもしれん・・・!」

提督「翔鶴! ちょっと待っていてくれ!」

提督「もう一度そっちに行くぞ!」

翔鶴「はいふんぁっ・・・!///」ビクン

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:34:18.75 ID:bPMxPB440

―― 塀の表 ――

提督「翔鶴! さっきの声は一体・・・」

提督「!? どうしたんだその腑抜けた顔は!?」

翔鶴「て、提督・・・!」ニヘラ

提督「あぁっ!? 何ということだ!」

提督「五航戦の見る影もないではないか!」

提督「しっかりしろ翔鶴! 今のお前の顔は!」

提督「まるで島原遊郭の、今にも情死しそうな銀猫そのものだぞ!」

翔鶴「そんな酷い・・・!」グス

翔鶴「・・・って! 提督! か、k」

パシーン

翔鶴「ひゃあぁぁぁぁぁん!?///」ビクンビクン

提督「なっ!?」

榛名「!?」

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:38:26.03 ID:bPMxPB440

提督「何だというのだ翔鶴よ!」

提督「いくら苦しかろうと、そのような淫らな声を出すとは・・・!」

翔鶴「だ、だからこれはk」

パシーン

翔鶴「はあぁぁぁぁぁん!?///」ビクンビクン

提督「んおぉぉぉぉぉっ! 翔鶴ぅっ!!」

提督「まさか! まさか君は!」

提督「この俺をからかっているのかねぇぇぇぇっ!?」

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:42:19.62 ID:bPMxPB440

翔鶴「そ、そんな滅相もない!」

翔鶴「提督! 助けt」

シュルシュル

翔鶴「あぁぁぁぁぁぁんっ!?///」ビクビク

提督「コラァッ雌鶴うぅぅぅぅぅぅっ!!」バシィッ

翔鶴「うわあぁぁぁぁぁんっ!?///」ビクン

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:51:35.17 ID:bPMxPB440

提督「翔鶴! 君という艦娘は何と淫風陋習に満ちた姉鶴空母なのだ!」

提督「尊敬すべし先輩と妹がありながら! 何たる醜態!」

提督「翔鶴! ここは戦場であって学校ではない!」

提督「ふんっ! ふんっ!!」バシバシ

翔鶴「しょうあぁぁぁぁぁんっ!?///」ゾクゾク

提督「はぁ・・・はぁ・・・っ!」

翔鶴「提督・・・私、本当に悪いことはしていないんです・・・」

翔鶴「お願いです、助けて下さい・・・」

提督「はっ! 俺も鬼ではない! 向こう側に誰かがいるはずだ!」ダッ

翔鶴「だから提督! それはk」

ヌルヌルッ

翔鶴「ひいぃぃぃぃぃぃんっ!?///」ビクビク

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:02:51.31 ID:bPMxPB440

―― 塀の裏 ――

提督「DAMN!! Raper is gone anywhere!」

提督「翔鶴! 大丈b」

提督「!?」

紐パン『』

袴『』

提督「翔鶴! 何故脱いだんだ!」

翔鶴「ち、違うんです! それはk」

チロチロ

翔鶴「ふひいぃぃぃぃぃぃんっ!?///」ビクンビクン

翔鶴「やめて! ガムテープなんてしn」

翔鶴「んんーーーーーっ!?」

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:08:05.60 ID:bPMxPB440

提督「ええいっ! 黙れ黙れ黙らぬかぁっ!」

提督「この語り女鶴め!」

提督「お前の足技は正に神業だ!」

提督「全て自分の足で脱いだんだろう!? そうだろう翔鶴!」

翔鶴「んっ!? んーん!」フリフリ

提督「なっ!? 臀部を振りおったなこやつ!」

提督「軍隊において! 上官に向かって尻を曝け出すとは!」

提督「ん゛ん゛っ! 我慢ならんっ!」ガバ

翔鶴「んんっ!?///」

 

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:12:10.33 ID:bPMxPB440

提督「海軍仕込みの根性直しだ!」

提督「ふんっ! ふんっ!!」バシィッ バシィッ

翔鶴「んぁぁぁぅぅぅぅっ!? んっんっんーーーっ!///」ビクビク

提督「まだわからぬかこのぉ・・・っ!」バシィッ ヌルッ

提督「・・・・・・」

手『』ヌル

提督「・・・・・・」

翔鶴「・・・んふ///」テレ

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:15:32.42 ID:bPMxPB440

提督「・・・翔鶴」

提督「お互い、少し顔を合わせて話す必要があるようだな・・・」スタスタ

翔鶴「んっ!? んんーーーーっ!」

ベリベリ

翔鶴「痛いっ!」

翔鶴「も、もうやめて下さい! 提督! 提督!!」

翔鶴「犯人はk」

バシィッ

翔鶴「あんっ!?///」

翔鶴「く、悔しいわ・・・! 感じちゃう・・・っ!///」

 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:18:58.51 ID:bPMxPB440

―― 塀の裏 ――

提督「翔鶴・・・今度は胸を曝け出す不始末・・・」

翔鶴「い、いやんっ!///」

提督「翔鶴・・・俺には理解できないんだ・・・」

提督「何が真実で、何が嘘なのかがな・・・」

翔鶴「提督・・・」

提督「君の道化に踊らされているのか」

提督「目に見えぬ他の道化に踊らされているのかさえ・・・な」

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:22:56.46 ID:bPMxPB440

提督「君は感じているのか?」

提督「この苦痛から一刻も早く抜け出したいとは思っていないのか?」

翔鶴「わ、私は・・・!」

提督「俺にはわからない・・・」

提督「こんなに騒ぎになっているというのに」

提督「誰1人として君を助けに来ないのも・・・」

翔鶴「以前全員食べましたので」

提督「誰1人として、君を理解してあげられる者がいないのだろうか・・・」

翔鶴「みんな薄情だわ!」

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:28:14.96 ID:bPMxPB440

提督「だがな、翔鶴」

提督「どんなに現状が最悪だったとしてもだ」

提督「待っていれば、いつかは改善されるものだ」

提督「俺もついていてやる、翔鶴」ギュ

翔鶴「あぁっ・・・!?///」ゾワッ

提督「2人で頑張っていこう」ニコ

翔鶴「あっ・・・良いっ! 良いぃぃっ・・・!///」ゾクゾク

翔鶴「もう少しでイk」

ジュルルルルルルルル

翔鶴「あんしょおぉぉぉぉぉぉぉぉっ!?///」ビクビクビク

提督「!?」

鈴谷「!?」

 

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:35:02.45 ID:bPMxPB440

提督「達したか!?」

翔鶴「ち、違います! kあぁぁぁぁん!/// ・・・さんに股ぐらを吸われているんですぅ!///」

提督「待て! 慌てるな! これは孔明の罠に違いない!」

提督「翔鶴! 股を絞めるんだ!」

翔鶴「は、はい!」ブウゥゥゥゥン  ギュイィィィィィン

「!?」ジタバタ

翔鶴「動けなくなっています! あっはあぁぁぁぁん!?///」ガクガク

提督「ははっ! 翔鶴今です!」グイッ

ズルズル     スポーン

提督翔鶴「イッたぁっ!!」ドサ

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:43:15.38 ID:bPMxPB440

翔鶴「や、やった! ヌケました! 私、ヌケましたよ提督!」

提督「良かったぁ・・・! よくヤッたぞ翔鶴・・・!」

提督「こんなにビショビショになって・・・!」

提督「ん!? 穴に誰かはまっているぞ!」

翔鶴「そ、そうです! この人です!」

翔鶴「この人が私にいたずらをした人です!」ビシ

加賀「・・・・・・」

提督「青狐!?」

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 21:52:02.32 ID:bPMxPB440

提督「加賀! 一体どうしてこんなことを・・・!?」

加賀「・・・私も提督と同じ考えを持っていました」

加賀「この娘を助けてくれる者が、一体どれほどいるのか・・・」

加賀「だから、これは実験だったの」

加賀「あの秋月さんですら来なかったわ・・・」

翔鶴「前に食べてからすっかり怖がってしまって・・・ね?」

加賀「どんなに酷い状況であろうと、提督はこの娘を助けてあげたわ」

加賀「私に出来ることは全てヤッたわ・・・」

 

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 22:02:29.66 ID:bPMxPB440

提督「加賀・・・君は・・・」

加賀「ふふっ・・・良いのよ、感謝なんていらないわ」ニコ

翔鶴「あ?」

提督「あ?」

赤城「あ?」

加賀「ひっ!?」チョロ

翔鶴「酷い・・・! 酷いわ・・・!」

翔鶴「私の初めてをこんな形で・・・!」グスグス

提督「あぁっ!? 可愛そうな翔鶴・・・!」

提督「今回はヤリ過ぎだぞ加賀ぁっ!」

提督「一体どう思っているんだ!? 良く胸に手を当てて考えるんだ!」

加賀「・・・・・・」

加賀「 濡 れ ま し た ☆ 」

翔鶴「みんなに夜な夜な提督と赤ちゃんプレイしていることバラしてやるんだからぁぁぁぁっ!!」バシバシ

提督「お前は今晩のミルク抜きだ馬鹿賀ぁぁぁぁっ!!」バシバシ

加賀「おんぎゃあぁぁぁぁぁぁおっ!?///」ビクンビクン

――― 終わり  今日も淫獣婦は平和です ―――

 

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 22:19:25.57 ID:feMt6SmD0

何故だろう全くエロスを感じない
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477739252/

 

-艦これ