ssギャグまとまる君

笑えるギャグssを中心としたニッチ系まとめ。

デレマス

モバP「アイドルにエ口本隠し持ってるの見つかった……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 19:51:53.90 ID:79GtSVBVO

モバP「アイドルに!アイドルに嫌われるぅ!」ガタガタ

文香「……」

モバP「距離を取られる!近づかないでって言われるぅ!」ブルブル

美波「……」

モバP「ゴミを見るような目で見られちゃうぅ!」ビクビク

美優「……」

モバP「あれ?」

母「娘が母子相姦もののエ口本隠し持ってた……」

これのパロディです。清純派アイドルしか出てきません。

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 20:30:03.00 ID:kzudRrJH0
ふみふみとミナミィと美優さんが
清純派アイドル……?

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 21:10:37.38 ID:79GtSVBVO

モバP「ご、誤解なんだよ!」

文香「そうなんですか……?」

美優「じゃああの本、プロデューサーのじゃないんですか?」

モバP「いや、それはまぁ、俺のなんだけど……担当外されちゃう!今までの努力がなかったことになっちゃう!」

美波「はぁ……プロデューサーさん、キョドりすぎです」

モバP「そうなのか……?」

美波「はい」

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 21:16:18.52 ID:79GtSVBVO

文香「プロデューサーさんはもう大人ですし……そういうものを持っている事自体は私は全然否定しません……」

モバP「お、おぅ」

美優「そういう本を読んだり、それで夜な夜な口じゃ言えないことしたり、アイドルを手篭めにしようとしててもいいんです」

モバP「……いやそれは悪いんじゃない?」

美波「あわよくばプロデューサーさんに性奴隷にされちゃっても、しょうがないことですよ」

モバP「あわよくばって? あわよくばって言いました?」

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 21:22:12.19 ID:79GtSVBVO

モバP「ところでさ……」

美波「どうしました?」グイグイ

モバP「気のせいだったらいいんだけど、なんか距離近くなってない? すごいグイグイ来てない?」

文香「気のせいでは……ないでしょうか」グイグイ

モバP「うーん、やっぱり取り囲むようになってるんですけど」

美波「そんなことないですよ。ただちょっとプロデューサーさんと先ほどの本のことでお話ししたいだけです」グイグイ

モバP「それなら壁際に追い詰める必要ないんじゃないかな!」

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 21:27:51.71 ID:79GtSVBVO

美優「プロデューサーさんは、アイドルを超マニアックな方法で犯したいんですか?」

モバP「しないよそんなこと! あの本一つでどうしてそんなことになるんだよ!?」

文香「普段使ってる仮眠室のベッドで両手足縛り上げての上に寝かされて『こんなに乱暴にされてるのに、文香のここはこんなにトロトロだぞ……?』とか言っちゃうんですね?」

モバP「そんなハードな内容じゃないから! どっから抜粋してきたよ!?」

美波「きっとプロデューサーの立場を利用して、逆らえないアイドル達にマニアックなプレイとかするつもりですよね! 文香ちゃんになんてことを!」ハァハァ

モバP「しないよ! なんでだんだん興奮してきてんだよ! あとしれっと文香を犠牲にするな!」

美優「そんな、『こんな発情しきったかっこで物欲しそうな顔して……ファンのみんなが見たらどう思うんだろうな?』なんて言わないで……あっ、はぁぁぁ♡」ハァハァハァハァ

モバP「妄想やめろよ! というか話聞いて!!」

文香「言う通りにしますから、撮らないで、あ、だめ、そこは、あ、あ、あぁん!♡」ビクッ ぶるっ

モバP「もうどこから突っ込めばいいのかわかんないけど! ビクッって何!? ぶるってなんなの!?」

美優「どこからでも突っ込む……!」

モバP「微妙に違うしそんなとこだけ拾うな!」

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 21:33:22.52 ID:79GtSVBVO

美波「ふぅ、ふぅ……他の二人はとにかくそういうマニアックなプレイしようとしてるんですよね?」ギラギラ

モバP「お前もだいぶ目が血走ってるけど、そういうんじゃないから!」

美波「さ、さらにマニアックなんですか……? へ、変態!」キラキラ

モバP「なじるか喜ぶかどっちかにしろ! いや喜ぶな! そもそもな、俺にそんな趣味はない!」

三人「は?」

モバP「え?」

三人「……はぁー?」

モバP「なに、そのゴミを見るような目はなに?」

美優「そんな、あのくらいは基本なんじゃ」

モバP「そんな基本あるか! さっきのお前らと一緒にするなっての!」

文香「正直さっきのでもかなり抑えたところを妄想したつもりだったんですが……」

モバP「自分から妄想って言っちゃったよ! さっきのは間違いってことにしておくから!」

美波「もうあれぐらいじゃ、満足できないんですよ!?」

モバP「しらねぇぇぇよ!」

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 21:41:38.39 ID:79GtSVBVO

文香「プロデューサーさんが遠くに行ってしまいました……」

モバP「遠くに行ってるのはおまえらの方だよ……いや物理的にはめっちゃ近いけど」

美優「そんなことないですよ。むしろもっとスキンシップを図るべきです」

モバP「俺の知ってるスキンシップとちょっと違うんじゃないかな?」

美波「なんでそんな、美優さんや文香ちゃんが魅力ないなんていうんですか!?」

モバP「今までの会話でどうしてそんな話になるんだよ! しかもまたしれっと自分外しやがった!」

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 21:50:11.90 ID:79GtSVBVO

美波「美優さん、文香ちゃん。プロデューサーさんにはさっき言ったくらいはもう基本なんだって知ってもらわなきゃいけないみたい」

文香「はい、僭越ながら、手コk……手取り足取りご教授いたします」

モバP「あーあー聞こえなーい今アイドルが言っちゃいけない言葉が聞こえた気がするけどなにも聞こえなーい」

美優「どうして、どうしてさっきからそんなに私たちに非協力的なんですか!?」

モバP「協力したら貞操の危機感じるんだよ! むしろなんで積極的なのかこっちが聞きたいわ!」

美優「そ、そういうことでしたら仕方ありませんベッドの上でゆっくりお答えしま」

モバP「やっぱいい。聞かない。聞かないし聞こえないし聞きたくない!」

文香「……まさか、プロデューサーさんはホ」

モバP「OK落ち着け。それ以上言ったらさすがにおれはお前らを怒る」

美優「……!」ドキドキ

モバP「そんな期待した目で見ないでください! 怒るって言ったのに何で嬉しそうなの!?」

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 22:00:38.05 ID:79GtSVBVO

文香「プロデューサーさんはわがままですね……私たちとヌチャヌチャはできないけどホモではないと?」

モバP「その二択おかしいだろ。別にヌチャヌチャしなくても仲良ければいいだろ、断じて俺はホモではない。……だからホモ言うな」

美波「そこまで言うならわかりました。では、面と向かって宣言してください」

モバP「なんでこんなことに……なんて言えばいいんだ?」

美波「『私はホモじゃないのでちゃんと女性をかわいいと思うし、できればアイドルと仲良く(意味深)なりたいです』って」

モバP「なんか仲良くの意味がすごい不安なんだけど、ほんとに言う必要あるの?」

美優「言わなきゃ信用できません! ホモじゃなきゃ言えるはずです!」

モバP「だからホモとか言ってんじゃねー!」

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 22:09:20.34 ID:79GtSVBVO

モバP「と、とにかく言えば、無事に解放してもらえるんだな……?」

美波「何おっしゃってるんですか。これはプロデューサーさんが健全な男性であることを確認するだけです!」

モバP「なんでそんなものを担当アイドルに宣言しなきゃならないんだよ……つーかお前らなんで興奮してんの……?」

文香「興奮なんて、別にしてないです……」ギラギラ

モバP「嘘つけよ! さっきから完全に捕食者の目つきしてるぞ!」

美波「言いがかりはよしてください!」

モバP「おまえらその場限りの嘘をついたって今更遅いよ! あんまり適当なこと言ってると無理やり塞ぐぞ!」

美優「Pさんのもので無理やり口を塞ぐ!!? や、やっぱりプロデューサーさんはアイドルに性欲の限りを吐き出したいんですね……はぅん♡」

モバP「わかった! 言う! 言うから!」

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 22:17:22.62 ID:79GtSVBVO

モバP「えーと、なんだっけ……『私は』……」

美波「『私はホモじゃないのでちゃんと女性をはかわいいと思うし』」

モバP「そうだった。『ホモじゃないのでちゃんと女性はかわいいと思うし』

美優「『できればアイドルを押し倒してヌチャヌチャのあられもない姿を味わいたいです』」

モバP「『できればアイドルを押し』って、ちょっと待て」

文香「……どうかしたんですか?」

モバP「セリフ変わってない?」

文香「気付きましたか……変わってないですよ。『できればアイドルと仲良く(意味深)なりたいです』」

モバP「あ、あぁそれなら……って、もう一個いいか?」

美波「なんですか?」

モバP「あー、一応、一応確認な? この(意味深)の範囲って……?」

三人「!!」パァァ

モバP「一応だよ! そんなに嬉しそうにすんな!」

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 22:27:32.84 ID:79GtSVBVO

美優「そ、それはつまり範囲によって」

文香「手篭めにしたいくらい、ムラムラしてしまうし」

美波「我慢できなくなって襲いかかりたくなるってことですか!」

モバP「そこまで言ってなかったろ! ほら俺とおまえらでこんなに食い違ってるかじゃん!」

文香「やはり、範囲によってはあり得るってことですね?」

モバP「いやだからその確認!」

美優「そ、そうですね。プロデューサーさんの基準はちょっとアレですもんね」

モバP「おまえらの方がアレだからな」

美波「わかりました。じゃあちょっとずつ確認していきます?」

モバP「ああ。ここで仲良くの範囲、ってか意味合いが違えば違うほど、その……」

文香「はい」

モバP「……俺の宣誓で貞操の危機に瀕する可能性が上がるわけだな」

美優「大丈夫ですよ、私たちアイドルがそんないやらしいこと思うはずないじゃないですか」

モバP「いやもう不安しかないんだが……」

文香「では、仲良く(意味深)の判断決めを始めましょう」

美波「まずは『笑顔で挨拶する』!」

モバP「はぁ!?」

三人「えっ!?」

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 22:36:47.34 ID:79GtSVBVO

美優「ストップ! 一旦ストップします!」

モバP「怖い怖い怖い怖い!!」

美波「違います! 普通しませんよね! 挨拶しませんよね! 仲良くなかったら!」

モバP「普通する普通する怖い怖い怖い」

文香「ファンにするんじゃないんです! 事務的な会話じゃなく……! 一般的な基準として笑顔でご挨拶したらそれはすでに合意のサインではないですか……!」

モバP「するだろ……おまえら社交辞令って知らんのか……」

美波「アレですよ? 挨拶って偶然プロデューサーの家の前で会った時にするやつですよ? そのまま上がり込んでいきり勃ったプロデューサーさんのpくんとこんにちはって意味じゃないですよ?」

美優「それはそれで、私は、構わないというかバッチリどんとこいなのですが……」

モバP「俺が構うわ……ってかあんたアイドルちゃうんかい……」

文香「なるほど……そうしてお母様にご挨拶、ゆくゆくはこんにちは赤ちゃん、になるのですね……」

モバP「なんでそんなに逞しいの? 挨拶一つで俺パパになっちゃうの?」

美優「あなたのママになります///」

モバP「やめい!」

美波「あなたをパパにするんですよっ!!!///」

モバP「やめろと言っておろうが!」

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 22:40:25.64 ID:CNX657wy0
なんか新展開!?

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 22:44:15.50 ID:79GtSVBVO

文香「そこまで仰るなんて、挨拶すらできないブラック企業……いえ、何も言ってません」

モバP「心理的屈辱」

美優「それならもう、仰って下さいませんか? プロデューサーさんがどんな行為なら許してくださるのか」

モバP「や、普通にアイドルしてくれればそれ以上望まないんだけど」

美波「その普通がプロデューサーさんには通用しないんです! ほら、ちゃっちゃと考える!」

モバP「完全に貰い事故やん……なんでキレてんのこの子……」

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 22:49:54.66 ID:79GtSVBVO

(五分後)

モバP「……」

美優「……」ハァハァ

文香「……」ビクンビクン

美波「……」ギラギラ

モバP「(安全な答えがなさすぎるんですけど。というか美優さんこっち見ながらだんだん息荒げるのやめて。文香はなんで痙攣してんの? 美波はもう全身から肉食獣のオーラが出てるし)」

モバP「……あの」

美優「はいぃぃ!」ハァハァ

文香「ここまで待たせるなんて、なんて放置プレイ……!」ガクガク

美波「プロデューサーさんが、こんなに性欲にまみれた獣だったなんて!」ギラリ

モバ「そこまで俺のせいにしたいか!」

美優「ごめんなさい! 謝りますから、そんな、衣装にあれを入れて股を開けなんて言わないで……♡」

モバP「もー! 頼むから俺の話を聞けー!!」

美波「……そんな時間掛けて、私たちにどんなすごいことしようと考えたんですか!?」

モバP「よしわかった! もう言うからな! 覚悟しろよ!」

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 22:55:09.97 ID:79GtSVBVO

モバP「いいか! 俺は現実にアイドルにエロいことしようなんて思ってねぇよ!」

三人「……は? …………はぁ?」

モバP「えっこわっ。でも言ってやる! アイドルはお仕事の仲間! そんなもんでいちいちエロいこと考えてたら身が持たないの!」

美波「またまた……ではなんでそんな本持ってたんですか?」

モバP「マーケティングの一環だよ。良くも悪くもこう言うのは世の需要をちゃんと考えて作られてる。そのままはダメだけど美波たちみたいなセクシー路線には色々と応用できるんだよ」

美波「そんな、セクシーで素敵だなんて……///」テレテレ

文香「そんな、セクシーで魅力的だなんて……///」テレテレ

美優「そんな、セクシーでもう我慢できないなんて……///」テレテレ

モバP「なんなのこの人たち。一人は願望混ざってるし。まぁいいや、とにかくそういうことで俺は邪な感情は持ちません!」

 

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 23:00:48.34 ID:79GtSVBVO

美波「そんな! 最初はなんだったんですか!! 最初のリアクションは私たちを弄ぶためのものだったんですか!!!」

モバP「うるせぇぇぇ! 本当にビビったんだよ! 今は別の意味でビビってるけど!!」

文香「そんなこと聞いてないんですよ……!? ひどい、ひどい……ひどいひどいひどいひどいひどいひどい」ボソボソ

モバP「ひぃぃぃ!! 文香みたいなのが無表情で恨みを呟くのは雰囲気出すぎだろ!!」

美優「プロデューサーさん。私なんでもしますよ。どんな恥ずかしい格好だって、どんな痛いことだって耐えます。だから、だから、す、捨てないで……!」

モバP「いやー俺は美優さんとそんな関係になった記憶もなったつもりもないからなぁ! そんな思いこと言われてもわっかんないなぁ!!!」

美波「もういいです! そっちが手を出してくれないなら私たちが問答無用で犯します!!」

モバP「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅ!!!」

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 23:06:24.74 ID:79GtSVBVO

モバP「拉致監禁は?」

文香「アイドルの嗜み」

モバP「営業車と書いて?」

美波「移動式ホテル」

モバP「アンダーザデスクは?」

美優「インモラルヘヴン」

モバP「パーフェクトコミュニケーションは?」

三人「朝まで子作り◯クロス」

モバP「こわいよぉぉぉ! アイドルが怖いよぉぉ!」

文香「うるさいです、下の口で塞ぎましょうか……?」

モバP「飛躍しすぎ!?」

美優「よくあるんです!!」

モバP「よくあってたまるか!!」

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 23:11:19.07 ID:79GtSVBVO

美波「眠ってるプロデューサーさんのおチ◯ポを口いっぱいにほうばりたい!」

モバP「何だ急に!?」

美波「もう隠す気なくなったので今までの妄想が我慢できないんですよ!!」

モバP「せめて言葉は選べよ! 放送禁止用語叫んでんじゃねぇ!!」

文香「そのいきり勃った男性の象徴は、己が今にも欲望を吐き出さんと汚れを知らぬ乙女の性域を蹂躙し、愛蜜垂れる泉の中心へと」

モバP「急に官能小説見たいなモノローグ言わないでくれ! それなりに興奮しちゃうから!!」

美優「この時期にコートなんて着てたら不審者に思われるかもしれませんね。でも下には何も着ないから涼しいですし、プロデューサーさんと一緒なら私はいくらでも変なこといっぱいできますよ」

モバP「勝手に露出プレイの許可出さないで! 俺はしないから! ほんとにしないからな!!」

 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 23:19:30.28 ID:79GtSVBVO

三人「あぁぁぁ……明るい未来が見えます!!」

モバP「落ち着け! そんな未来はやってこない!」

美波「仕事中におっぱい押し付けて耳を舐めながらpを可愛がりたい!」

文香「本屋の隅で紙の匂いと一緒にプロデューサーさんの雄の匂いを感じたい……!」

美優「プロデューサーさん家で帰りをエプロン姿で待っていたい!」

モバP「最後のは嬉しいこと言ってるはずなのに帰りたいと思えない!」

 

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 23:27:43.34 ID:79GtSVBVO

美波「では、そういうことですのでヨロシクお願いしますね!」

モバP「何をヨロシクするんだ?」

美優「……いえ、私たちはもう帰りますので、続きは家で」

モバP「このタイミングで引きあがられるとより怖い! ていうか続きは家でってどういうこと!?」

文香「では……!」ダッ

モバP「ええー……絶対明日から、なんて悠長なこと言わず今日何か仕掛けてくるな……つーか今まさに仕込んでるだろうな」

モバP「マジで嫌だ怖い……」

モバP「なんであんな本持ってきちゃったんだろ……」

モバP「専務やちひろさんにはなんて言おう……いや、言えないかぁ……こんな稀有な悩み……」

~~~~~~~

ちひろ「ところがどっこい、すべて聞いちゃってるんですよねぇ」

ちひろ「さぁ、どちらの側につくか。これは面白いことになりました……うふふふふふ」

おしまい

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 23:31:48.81 ID:79GtSVBVO

原作の雰囲気を損なうことなくできたと思います。

これも登場アイドルたちが清純派だったおかげです。

おそらくこのプロデューサーは家で待ち構えていた清純派アイドルの巣作りに貢献しているんだと思います。

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/28(月) 00:03:05.77 ID:zYtVFQyFO
清純派ってなんだろ(白目)

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/28(月) 14:11:20.55 ID:guhGJXKPo
最後のちっひで一気にホラーになっとるやん…
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503831113/

 

-デレマス