ssギャグまとまる君

笑えるギャグssを中心としたニッチ系まとめ。

デレマス

城ヶ崎美嘉「かッ、かなッ、かなッ! かなぁーーーッ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 02:04:37.12 ID:rTdno4/I0

美嘉「加奈! 加奈っ! かなぁーー♪」

加奈「ううぅー……」

美嘉「かなぁー♪ 加奈っ! 加奈ー?」ナデナデ

加奈「そ、そろそろ離してくださいぃ……」

美嘉「かーなっ♪」ナデナデナデナデ

奏「……なあに、これ」

莉嘉「わかんないー! 何故かお姉ちゃんが急にキモチワルイモードになっちゃって……」

奏「そう……」

美嘉「かーなー?」

加奈「うぅー…。助けてくださーい……」

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 02:08:38.98 ID:rTdno4/I0

奏「……もしかして、美嘉のストライクゾーンが広がったのかしら」

莉嘉「えっ!? ありすちゃん! それって!?」

ありす「第五の力です」

ありす「加奈さんの持つ魅力。可愛い所、頑張り屋な所、笑顔が魅力的な所、背伸びをする所。そして……」

ありす「なんだか守ってあげたくなるようなちょっと頼りない所。これらの要素が複雑に絡み合い、そして美嘉さんの心の琴線に触れてしまったのでしょう」

莉嘉「な、なんだってー!?」

奏「まあ、確かに。わからないこともないけど」

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 02:14:11.27 ID:rTdno4/I0

美嘉「すぅー…、はぁーー……! 加奈っ! かなぁー!」

加奈「…………」

奏「そろそろ助けた方がいいんじゃないかしら。なんだかぐったりしてきてるわ」

莉嘉「奏ちゃんは加奈ちゃんを引っ張って! あたしはお姉ちゃんを!」

奏「ええ。失礼するわね」

加奈「奏さぁん……」ウルウル

奏「……ッ!」キュンッ

奏(……なるほど)

莉嘉「いくよー! いっせいのーでー!」

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 02:20:36.10 ID:rTdno4/I0

莉嘉「んー! んー……!」グイー

奏「くっ…! ビクともしない……!」グイー

美嘉「加奈ッ! 加奈ッ! かーなぁー!!」ギュウウゥゥゥ

加奈「痛い痛い痛い痛い痛い!!」

莉嘉「頑張ってー! んーしょ!」

加奈「いたいー! いたいよぉ!」

奏「…………!」ゾクゾク

美嘉「かぁーなぁーー!!」

加奈「ひぐっ! もう無理ですぅーー! 」

奏「はぁ…! はぁ……ッ!」///

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 02:27:53.75 ID:rTdno4/I0

莉嘉「うー…。もう加奈ちゃんが可哀想だからストップ……」

奏「ふふっ…! 美嘉……、美嘉ッ! 離しなさい! かし、貸してっ!」グイー!

美嘉「かーなぁ! 加奈加奈加奈っ!」ギュウウゥゥゥ!

加奈「外れます! 肩外れちゃいますからぁ!」

莉嘉「か、奏ちゃん! 落ち着いて!」

奏「ハッ!? ……ご、ごめんなさい。取り乱したわ……」

莉嘉「今の奏ちゃん、お姉ちゃんと同じ眼をしてたよ……?」

奏「大丈夫、大丈夫だから」

加奈「本当ですか……?」

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 02:32:09.74 ID:rTdno4/I0

莉嘉「ありすちゃん、何か方法はないかなー?」

ありす「まあ、妥当な所で身代わりを用意する、ですかね」

奏「今この場で……」

莉嘉「あたし以外の子供……」

ありす「…………」

ありす「ーーーーッ!」ダッ!

莉嘉「あっ! 逃げた!」

奏「逃げるわよね、普通は」

加奈「ありすちゃーん!」

美嘉「加奈! かーなー?」

莉嘉「ど、どうしよう…。誰かお姉ちゃんに捕まってもいいって人……。いるわけないか」

奏「はぁ……。てきとうに誰か呼んでくるわ」

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 02:39:26.66 ID:rTdno4/I0

ーーーーーーー…………

奏「というわけで、地味に加奈ちゃんよりも1つ歳下の凛よ」

凛「ついて来いって言われたけど……」

美嘉「加奈! かぁーーー…、なぁーーー……!」

加奈「凛ちゃぁん……」

凛「……なにこれ」

奏「どうやら美嘉は16歳も限定的にイケるようになったのよ」

凛「やっぱすごいね、ミカは」

奏「だから16歳がイケるなら15歳でも可能性はあるはずよね」

凛「無理だと思うけど」

莉嘉「おねがーい! 加奈ちゃんを助けてー!」

凛「はぁ…。まあ、やってみるけど……」

凛(……これって、下手したら私がああなるのかな)

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 02:44:26.07 ID:rTdno4/I0

美嘉「加奈っ! かーなー! ふへっ! 加奈★」

加奈「ううぅ……」

凛「……美嘉?」

美嘉「かなぁー。加奈加奈っ!」

凛「ねえ美嘉、そろそろ放してあげなよ」

美嘉「かなぁかなぁ! 加奈っ!」

凛「う…。ほ、ほら……」

凛「た、たまには…。私が付き合ってあげるから、さ……」

美嘉「かなッ、かなぁ! かなぁーー!」

凛「……ダメだ」

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 02:51:13.51 ID:rTdno4/I0

莉嘉「凛ちゃん頑張ってー!」

奏「ほら、凛。美嘉の事を『お姉ちゃん』って呼んでみたら?」

凛「えっ。いや、それはさ……」

莉嘉「うんっ! あたしもそれがいいと思う! がんばー!」

凛「う…、うー……。お、お……」

凛「…………」

凛「おねえ、ちゃん……」///

奏「あら、かわいい」

凛「う、うるさい……!」

美嘉「はあぁー…! 加奈ぁ……♪」

加奈「ぜ、全然聞いてないです」

凛「クッ……!」

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 02:58:38.51 ID:rTdno4/I0

奏「案の定ダメねぇ」

凛「わかってるならやらせないでよ」

奏「甘える凛が見たかったの」

凛「どうせ甘えるならもっとまともな人に甘えるから」

加奈(まともな人じゃない扱い……)

美嘉「加奈ぁー? かなっ、かなっ?」

加奈(ううぅ…、いい匂い……。けどずっと抱きつかれて痛い……)

奏「大丈夫? なんだか表示が険しいけれど」

加奈「えっ、えへへ…。だ、大丈夫で、す……」

奏「そそるわね」
奏(引きつった笑顔で気丈に振る舞うその様がそそるわね)

莉嘉「本音も建前も一緒だ!?」

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 03:13:49.02 ID:KkuSgqvAO

ありす「その後はどうです? 好転しましたか?」

莉嘉「あ、帰ってきた」

奏「いいえ? なにも」

ありす「そんなことだろうと、私も身代わりを用意して来ました」

凛「私何の為に呼ばれたの?」

ありす「16歳、顔立ちも幼く背の低い方。どうぞ」

芳乃「ほー…、わたくしに出来る事があるならばー、是非と力をお貸ししましょうぞー」

珠美「あの、なにも説明を受けていないのですが……」

ありす「ふんす。完璧な人選のはずです」

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 03:14:51.63 ID:IT9gf9m50
俺のデレステのCu回復枠やぞ
早く声つかない加奈

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 03:19:08.76 ID:KkuSgqvAO

莉嘉「お願い2人とも! 加奈ちゃんをそろそろ助けてあげて!」

美嘉「かなぁ! かなぁ! かなぁあはは!」

加奈「よ、よろしくお願いします……」

芳乃「ほー。これはたいへん、仲睦まじいようでしてー」

珠美「な、何故ゆえにこのような事態に?」

奏「どうやら美嘉は少し上にいってしまったみたいなの」

ありす「ロリコンの向こう側へ……、ですね」

莉嘉「加奈ちゃんだから、加奈コン? かな?」

美嘉「かな?」

加奈「は、早くお願いします……」

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 03:23:09.30 ID:mYMhPzNtO
奏さんの台詞なのに何故かありす呼びした思ったらありすが解説しだした

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 03:23:26.73 ID:KkuSgqvAO

芳乃「美嘉殿ー? そろそろ加奈を離して差し上げましょうー?」

珠美「そうですぞ! 加奈殿もなんだか顔色が優れないようですしな」

美嘉「加奈ー! かなかなかなぁ?」

加奈「だ、ダメみたいです……」

奏「美嘉、その二人を好きにしていいから、放してあげたらどう?」

芳乃「えっ」
珠美「えっ」

美嘉「か、なっ」ピクッ

莉嘉「あー! ちょっと反応したー!」

加奈「……むー」

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 08:01:49.68 ID:rTdno4/I0

奏「よいしょっ。ふふっ、捕まえた。凛?」

珠美「ふぇっ!? 足が、お、おろしてください!」

凛「……ああ、そういう事。ふー、よっこいしょ」

芳乃「ほー……?」

奏「ほーら、美嘉ー? 珠ちゃんと遊んであげてー?」

珠美「ひいっ!? や、やめ! 降ろしてくださっ!?」

凛「芳乃は軽いね。ほら、美嘉もどう?」

芳乃「降ろして欲しいのでして」

美嘉「か、な…。うっ……。かな……」

美嘉「ふ、ふひ…。ふひひ……★ よし…、たま……」スッ…

芳乃「ひっ……」

珠美「や、止めてぇっ! 死にたくない! 死にたくなあぁい!! 死 に た く な あ あ ぁ ぁ ぁ い !!」

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 08:24:12.05 ID:rTdno4/I0

加奈「み、美嘉さん!」

美嘉「ふひ、かな…。かな……。加奈っ!?」

加奈「ここまでして、他のもっと小さい子に移っちゃうんですか……!?」

奏「加奈ちゃん……?」

加奈「色んな所を触ってくるし腕が凄くキツイし私の胸で深呼吸してきて、ちょっと辛いけど……!」

加奈「それでも、お姉ちゃんに甘えられたなら、構って貰えたなら! それはこんな感じなのかなって! 私は……!」

莉嘉「違う。全然そんなんじゃない」

加奈「なのに、もっと幼いような子がいいんですか……?」

美嘉「あ、ああ…! ああぁああぁぁぁあああああ!!」

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 08:28:43.69 ID:rTdno4/I0

美嘉「か、加奈! 加奈! 加奈ッ! 加奈ッ!!」ギュウ…

加奈「美嘉さん……!」

美嘉「加奈! かなかなかなかなかなかなかなかなかなかなかなかなかなかなか!! なッ!」ギュウウゥゥゥ!!

加奈「あぐぅっ!? 痛い痛い痛い! 痛いですぅ!!」

美嘉「加奈ッ! かなぁ! 加奈あぁーーー!」ギュウウゥゥゥ!!!

加奈「ひぎぃ!? む、無理! もう無理です! た、助けっーーーー!?」

美嘉「かなぁっーーーー!!1!11!!」ギュウウゥゥゥ!!!!

ペキッ

加奈「こっ」

莉嘉「……加奈ちゃん?」

美嘉「加奈! 加奈! あぁっはは! かなぁーー!!」

加奈「」

奏「……加奈ちゃん、動いてる?」

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 08:35:45.72 ID:KkuSgqvAO

加奈「」

凛「や! まずいって! 瞳孔開いてるよ!」

珠美「きゅ、救急車! あと清良さんをー!」

ありす「へ、え!? い、いちいちぜろ!? いちまるきゅう!? いちいちなな!?」

芳乃「断末魔が『こっ』とは、なんともー」

奏「かな! かな! 加奈ちゃーーん!?」

美嘉「加奈! 加奈かなかな加奈っ! かなぁ!!!」

加奈「」

ーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーー………

 

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 08:46:13.88 ID:KkuSgqvAO

【病院】

加奈「みか……」

奏「ほら、加奈ちゃん。見て? 外はいい天気よ?」

加奈「みか……」

莉嘉「ほら加奈ちゃん! ご飯の時間だよー!」

加奈「みか……」

凛「はい、新しい花。きれいでしょ? 花瓶変えとくね」

加奈「みか……」

莉嘉「……う、ううぅ! かな…、加奈ちゃん……」

奏「脳に酷い後遺症が残って…。片言でも喋っているのが不思議なくらい……」

加奈「みか……」

奏「加奈、加奈ちゃん…? 今日はね、あなたに面会したいって人がいるの……」

凛「ある意味世界1位の人だよ……」

莉嘉「じゃあ、入って……」

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 08:56:32.90 ID:KkuSgqvAO

美嘉「か、加奈ちゃんっ!」

加奈「あ……」

美嘉「加奈ちゃん! 加奈ちゃん……! ごめん…、こんな、こんな……!」

美嘉「ごめん…! ごめんね……! いくら謝ったって……! けど、けど……!」

加奈「あ……」

美嘉「かな、ちゃん……!」ギュウ

加奈「あ、ああ、ああぁ……!」

 

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 09:02:18.29 ID:KkuSgqvAO

加奈「い、いやぁーー!? はな、離してくださいーー!」

奏「加奈ちゃん!?」

莉嘉「しゃ、喋った! 加奈ちゃんが喋った!」

加奈「もう! もう! 大丈夫です! だから、だからもう離してくださいーっ!?」

美嘉「加奈ちゃん…! 加奈ちゃん……! よかった……!」ギュウ…!

加奈「ひいいぃぃぃ!?」

凛「奇跡が…、奇跡が起きたんだね……!」

美嘉「加奈ちゃん…! 加奈ちゃぁん……!!」

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 09:07:15.68 ID:KkuSgqvAO

早苗「……で、感動のシーンの所悪いけど、署まで連行するわ」

美嘉「ちょっ」

奏「まあ、お咎め無しとはいかないわよね」

莉嘉「加奈ちゃんをこんな目に合わせた罪を償って!」

凛「たまには会いに行ってあげるから」

美嘉「え、え!? えー!? 加奈! 加奈ちゃーん!?」

早苗「ほら! 行くわよ!」

美嘉「た、タンマタンマ! 加奈ちゃん! 助けっ……!」

< カナチャーン……

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 09:20:12.49 ID:KkuSgqvAO

凛「……で、なんで美嘉は急に加奈に目覚めたのかな」

奏「…………」

莉嘉「…………」

加奈「…………」

奏「……さあ?」

加奈「えぇー……」

加奈っ!

 

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 09:57:28.20 ID:/d7JNHaSO
でれ劇がまさかこんな悪夢を生み出すとは

 

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 11:16:44.63 ID:e/4OS7VTO

早くみりあ呼んで目を覚まさせてやれ

 

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 17:38:24.38 ID:AOlosSfZ0
乙蝉
ロリコンとペドフィリアを拗らせるとこうなんだなぁ…
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1472/14728/1472835876.html

 

-デレマス