ssギャグまとまる君

笑えるギャグssを中心としたニッチ系まとめ。

デレマス

響子「旦那さんが凛ちゃんと浮気するエロ本を隠し持ってました……」

1: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 21:32:40.68 ID:aMqWbp8N0

響子「モバPさんがぁ、モバPさんが怖いぃ!」ガタガタ

モバP「誤解だから!誤解だから!」

響子「離婚されるぅ!」ブルブル

モバP「やめて! 離婚も浮気もしないよ!!」

 

2: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 21:36:02.60 ID:aMqWbp8N0

モバP「ご、誤解なんだよ!」

響子「そうなんですか……?」

モバP「うん」

響子「じゃああの本、モバPさんのじゃないんですか?」

モバP「いや、それはまぁ、俺のなんだけど……」

響子「犯されるぅ! モバPさんが凛ちゃんに犯されるぅ!」ガタガタ

モバP「ち、違う! 凛を巻き込むな!」

 

3: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 21:39:56.39 ID:aMqWbp8N0

響子「あの、モバPさんも男の人なので、そういう事に興味を持つ事自体は全然否定できません」ビクビク

モバP「……うん」

響子「プロダクションのみんなをいやらしい目で見たくなる事も、全然仕方ない事だとは思いますし……」ブルブル

モバP「……あの、響子」

響子「な、何ですか!?」ビクゥッ

モバP「な、なんで近づいてきてるの?」

響子「怖いもん! ちゃんと奉仕しないと浮気されるもん!」ガタガタ

モバP「しねぇよ! そんな言い方やめて!」

 

4: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 21:41:54.94 ID:aMqWbp8N0

響子「超マニアックな方法で浮気されるもん!」

モバP「しないよそんなの!」

響子「凛ちゃんの部屋のベッドで私の写真たくさん並べて、
『ほら、響子がこっち見てるぞ……?』とか言いながら浮気されるもん!」

モバP「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/26(土) 21:42:31.92 ID:a3OwFiERo
このパロディほんとすき

 

6: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 21:44:30.25 ID:aMqWbp8N0

響子「なんか浮気もの特有のマニアックな言葉責めとかするつもりなんです!」

モバP「しないよ!やめて!」

響子「『ふぅ……帰ったら響子に掃除してもらわなきゃな』とか言いながら犯すつもりでしょう!」

モバP「抜粋やめて!音読やめて!」

響子「モバPさんがマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」

 

7: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 21:47:54.31 ID:aMqWbp8N0

響子「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ……?」

モバP「違うから!そういうんじゃないから!」

響子「さ、さらにマニアックな……?」

モバP「違う! ていうかさっき響子が言ったみたいのは浮気ものでは全然マニアックの範疇じゃなくて……」

響子「……え?」

モバP「……あ」

 

8: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 21:50:29.73 ID:aMqWbp8N0

響子「……あ、あれくらいは、基本なんですね?」

モバP「なんでもない!さっきのなんでもない!」

響子「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんですが……」

モバP「聞いて!さっきのは間違いだから!」

響子「もうあれくらいじゃ、満足できないんですね……?」ポロポロ

モバP「涙はやめて!」

 

9: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 21:52:33.94 ID:aMqWbp8N0

響子「モバPさんがどんどん遠くに行く……」

モバP「逆に響子が近づいてくるのはなんで!?」

響子「だ、だって浮気されちゃいますし……」

モバP「しないよ!」

 

10: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 21:54:52.13 ID:aMqWbp8N0

響子「私の何が悪かったんですか……
知らず知らずの内に、モバPさんに寂しい思いをさせてましたか……?」

モバP「やめて!重い感じにしないで!」

響子「毎日モバPさんを信じて家事頑張ったのに……」

モバP「聞きたくないよ! 今一番聞きたくないタイプの奴だよそれ!」

響子「で、でもプレイ的な見地から言えば無知も興奮ポイントに……?」

モバP「やめて!嗜好を探るのやめて!」

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/26(土) 21:55:59.68 ID:B6fjl3l1o
よくこんな頭のおかしいシチュエーション浮かぶな(褒め言葉)

 

12: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:01:40.10 ID:aMqWbp8N0

響子「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんですよね?」

モバP「間違いでした!さっきの無しで!」

響子「とすると浮気を知りつつも言い出せないとか、そっち系に行かざるを得なくないですか……?」

モバP「っていうか何でちょっと協力的なの!?
さっきまで離婚される! とか言ってたよね!?」

響子「さ、逆らったらお家に帰ってきてくれなくなる……」

モバP「そ、そういうことか!いや、捨てないから!」

 

13: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:04:25.96 ID:aMqWbp8N0

響子「じゃ、じゃあ面と向かって言ってください……」

モバP「何を?」

響子「『俺は浮気をしたいと思っていないし、そういう系で興奮したこともありません』って」

モバP「何その宣言!?」

響子「言わなきゃ信用できません! プレイの玩具になんかなりたくないですもん!」

モバP「オモチャとか言わないで!」

 

14: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:06:53.49 ID:aMqWbp8N0

響子「と、とにかく言ってもらえれば、安心できますから……」

モバP「……うーん……」

響子「や、やっぱり凛ちゃんのほうがいいんですか?」ビクビク

モバP「そういうのじゃないから!」

響子「いいんです! あなたが凛ちゃんを選ぶなら私は身を引きますから!」

モバP「その感じやめて!」

響子「モバPさんを嘘つきにするくらいなら、私が実家に帰ります!」

モバP「言うから! 言うから重い感じやめて!」

 

15: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:09:24.93 ID:aMqWbp8N0

モバP「え、な、なんだっけ……『俺は』……」

響子「『俺は浮気をしたいと思っていないし』

モバP「そ、そうだな。『俺は浮気を』……」

響子「……ど、どうかしました?」ビクビク

モバP「あ、あのー、一応、一応確認ね?」

響子「な、何?」

モバP「こ、この『浮気』の範囲って……?」

響子「!!」

モバP「い、一応だよ!!」

 

16: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:11:28.36 ID:aMqWbp8N0

響子「そ、それはつまり範囲によっては……」

モバP「一応だって! 意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃん!」

響子「範囲によってはありえるってことですか?」

モバP「いやだからその確認!」

響子「そ、そうですね。モバPさんの基準はちょっとアレですもんね」

モバP「アレとかやめて」

 

17: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:13:27.01 ID:aMqWbp8N0

モバP「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」

響子「う、うん。ここでの『浮気』の範囲が広ければ広いほど、その……」

モバP「……うん」

響子「モバPさんがさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけですね」

モバP「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!!」

響子「そうですね!」

モバP「えー、じゃあ『浮気』の基準決めスタート!」

響子「まずは『えっちな本を読む』!」

モバP「えッ!?」

響子「えッ!?」

 

18: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:15:05.64 ID:aMqWbp8N0

モバP「ストップで! 一旦ストップで!」

響子「………………」ポロポロ

モバP「違うって! 普通に見るじゃん! 俺男だよ!?」

響子「毎晩毎晩、恥ずかしくても一生懸命頑張ったのに…………」ポロポロ

モバP「響子に不満があるわけじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、エロ本くらいは許してよ!」

 

19: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:18:50.00 ID:aMqWbp8N0

響子「辛いですよぉ……」

モバP「アレだよ? 本っていっても普通に見るだけだよ? 『知らずに寝てる響子の隣で楽しむ……』とかそういうんじゃないよ?  それなら俺はいいかなって……」

響子「当たり前ですよ……。というか今言った方OKにしてたらあなたとの今後を考え直してましたよ……」

 

20: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:24:31.92 ID:aMqWbp8N0

響子「あの、というかじゃあ、浮気が基準だとアウトなんですか?
ですよね? その、言わなくていいんですけど」

モバP(心底屈辱的……)

響子「うーん……というかもう、聞きます……。
ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるんですか?」

モバP「……えー?」

響子「も、モバPさんが決めてください。それを聞いて対処しますから」

モバP「……お、おう・・・…」

 

21: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:28:04.95 ID:aMqWbp8N0

(五分後)

モバP「……」

響子「……」ドキドキ

モバP「……響子」

響子「ひっ!?」ビクゥッ

モバP「そ、そこまで怯えなくても!」

響子「ご、ごめんなさい。驚いちゃっただけですから。ごめんなさい! 捨てないで!」

モバP「やめて!」

響子「……というか、これ長考した時点で相当ヤバ……」

モバP「言うから!今すぐ言うから!」

 

22: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:33:21.30 ID:aMqWbp8N0

モバP「え、えーと……」

響子「言ってくれていいです! ドンと!」

モバP「えーと……」

響子「何があっても受け止めます!」

モバP「えー……多分、何をラインにしても、その、無理だわ……」

響子「え」

モバP「あの、だって、その、めっちゃ興奮するし……」

響子「うわああああああやっぱり興奮するんじゃないですかああああぁああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

モバP「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でも愛してるからぁあああぁあああぉぉぉぉ!!」

 

23: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:36:20.25 ID:aMqWbp8N0

響子「最初ので合ってましたぁぁぁ!! 最初のリアクションでむしろ正解でした!!!!」

モバP「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」

響子「それは聞いてないですよおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」

モバP「し、静かにしろ!! 縛るぞッ!?」

響子「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」

 

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/26(土) 22:36:52.84 ID:8xoOxAYHo
ほんと頭おかしい(歓喜)

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/26(土) 22:38:29.60 ID:ziXhABgDO

緊縛か

智絵里なら「あまり…い、痛くしないで……」とか言って許可しそうだな

 

26: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:39:23.67 ID:aMqWbp8N0

響子「夫婦の寝室でのプレイは?」

モバP「基本」

響子「浮気と書いて?」

モバP「妻への愛情」

響子「朝帰りは?」

モバP「極上」

響子「背徳感は?」

モバP「正義」

響子「こわいよぉぉぉ! モバPさんが怖いよぉぉぉ!」

モバP「う、うるさい! 扉の間から覗かせるぞ!?」

響子「なんですかそれ!?」

モバP「よくあるんだよ!」

響子「よくあるんですか!?」

 

27: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:42:15.11 ID:aMqWbp8N0

モバP「凛の香水をぷんぷん匂わせて響子に『おかえりなさい』って言われたい!」

響子「何ですか急に!?」

モバP「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」

響子「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」

モバP「一緒にお風呂に入っている時に見覚えのないキスマークに気づかれたい!」

響子「やめて悲しい!」

モバP「無理して笑顔を作る響子を抱きしめたい!」

響子「細かな設定とか怖い!」

 

28: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:44:37.51 ID:aMqWbp8N0

モバP「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」

響子「落ち着いて! もうやめて!」

モバP「寝てる時にLINEを確認されたい!」

モバP「涙でぐちゃぐちゃになってる響子に怒られたい!」

モバP「響子をずっと愛していたい!」

響子「最後のは普通のこと言ってるはずなのに怖い!」

 

29: ◆oeRx5YHce. 2017/08/26(土) 22:48:46.15 ID:aMqWbp8N0

モバP「でも浮気だけは絶対にしないから! よ、よろしく!」

響子「何をヨロシクするんですか!」

モバP「……じゃ、じゃぁ俺寝るから!もう寝るから!」

響子「このタイミングで引き上げられるとより怖い!
というかなにをヨロシクすればいいんですか!?」

モバP「お休み!」ダッ

響子「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくる……」
響子「本当にヤダ本当に怖い……」
響子「なんであんな本見つけちゃったんだろう……」
響子「お母さんにはなんて相談しよう……いや、言えないなぁ……こんな稀有な悩み……」

~~~~~

凛「プロデューサー、忘れ物届けに来たよ」
凛「……ん?」

おしまい

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/26(土) 23:01:53.59 ID:YkxdrWBjo
響子に刺されろ(ほめ言葉)

 

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/27(日) 18:49:17.99 ID:/9q8a56kO
素晴らしい
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503750760/

 

-デレマス