ssギャグまとまる君

笑えるギャグssを中心としたニッチ系まとめ。

俺系

女「強くなれるなら何でもします!」師範俺「ならば>>3してもらおう」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:24:23.635 ID:cyiSjNNfp.net

女「は、はいっ! 頑張りますッ!!」

俺「うむ。良い返事だ」

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:24:44.373 ID:LykTNLyI0.net
ジム通い

 

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:29:48.340 ID:cyiSjNNfp.net

俺「まずはジム通いからだ。基礎体力を付けないと話にならない!」

女「はいっ!」

俺「まずはランニングマシーンで鍛えよう。走れ」

女「分かりました!」

俺「もっと腕を使って!足もだ!足を前に踏み込むんだ!」

女「は、はいッ!!」

俺「……ふむ。なかなか良かったぞ」

女「ありがとうございます!」

俺「次は>>15でトレーニングだ!」

女「はいッ!!」

 

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:31:31.229 ID:LykTNLyI0.net
倒れるだけで腹筋ワンダーコア

 

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:36:21.264 ID:cyiSjNNfp.net

俺「倒れるだけで腹筋ワンダーコア~!」

女「なるほど。そうやるのですね!」

俺「ああ。腹筋は鍛えているのか?」

女「はい。毎日1000回ほどしています!」

俺「……どのくらい続けているのだ?」

女「3年間、毎日ですが…!」

俺「…ま、ま、まだまだだな」

女「はい!師範には敵いません!」

俺(こいつ…俺と会話しながら腹筋を息をするようにしている…しかも…さっきからまったく息が上がっていない…!)

女「ふう。1000回終わりました!」

俺「ま、まだだ!次は>>22だぞ!」

女「はいッ!!」

 

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:37:19.469 ID:jMnUzKp40.net
まんぐり返し

 

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:44:22.258 ID:cyiSjNNfp.net

女「まんぐり返し…?どうやるのですか?」

俺「そこに寝るのだ」

女「はい…!」

俺「そして足を上に持ち上げろ!」

女「分かりました! …よっと!」

俺「うむ。いいぞ。そのままだ」

女「な…なるほど…この体勢を維持するのですね…」

俺「そうだ。もっと足を広げて!後ろに持っていくんだ!」

女「はいッ!!」 くるっ

俺「ば、バカ者!一回転してどうする!」

女「す、すみません…! つい!」

俺「ま、まあ、体は柔らかいようだな」

女「師範!次はなんでしょう!?」

俺「す、少しは休んだ方が良くない?」

女「いえ、大丈夫です!お願いします!」

俺「俺疲れたから適当にそこで>>28やってて…」

女「分かりましたッ!!」

 

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:47:59.126 ID:8EBdZXA10.net
腕立て(胸元ゆるゆる)

 

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:55:52.475 ID:cyiSjNNfp.net

女「ふっ…!ふっ…!」

俺「はぁ…疲れた…キミ、もう十分強いと思う…」

女「いえ!私などまだまだ…!ふっ!ほっ…!」チラッ

俺「むっ!?」

女「ど、どうしました!? 敵ですか!?」

俺「いや、そのまま続けろ!」

女「し、しかし、何かあったのでは…」

俺「俺に構わず続けるんだッ!!」

女「は、はいッ!!…んっ!よっ!」チラッ チラッ

俺「い、いいぞ…もう少しだ…!」

女「もう少しですね! ではラストスパートを…!」スッスッスッスッ

俺「は、早すぎて見えないんだけど…!」

女「…ふう。少し疲れました…」

俺「うむ。休むといい…俺は少し用がある」

女「…?師範、どうしたのですか?前屈みで…」

俺「いいから休んでいろ!いいな!」

女「あ、ありがとうございます師範!お優しいのですね!」

 

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:57:04.837 ID:CYL8lH7I0.net
抜くのか…

 

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:01:06.566 ID:cyiSjNNfp.net

女「師範のさっきの驚きようは尋常じゃなかった…」

女「きっと何か凄いものを見たに違いない!」

女「それに、あの怪しい動き…」

女「まさか、私を置いて敵と…!?」

女「私を巻き込まないように…一人で…?」

女「な、なんて優しい師範なんだ…私も何か力になりたい!」

女「師範は確かこっちの方に…」

女「ん…? この匂いは、師範…!?」

女「男子トイレ…ここに敵と師範が…!?」

〉ゔっ!!

女「今のは師範の声! 今行きますッ!!」ダッ

 

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:05:56.127 ID:cyiSjNNfp.net

女「師範!大丈夫ですか!? この個室にいるのですね!」

〉お、お前、なぜここに!

女「師範の匂いがしたので。それより敵はどこに…!? ん”っっ!な、なにっ!?このイカ臭い匂いは…!!」

女「まさか敵の…!? この個室に一緒に入っているのですね!?」

〉あ、そ、そうなんだ!だから出てろ!

女「大丈夫なのですか!? 私も戦います!」

〉い、いいから!大丈夫だから!

女「ドアを突き破るので気を付けていてください!」

〉え、あ、ちょ、待って!

 

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:11:09.255 ID:cyiSjNNfp.net

女「ま、まさか師範が下半身丸出しだとは…///」

俺「まったく。俺の下半身を狙う敵がいてな。困っているんだ!」

女「それは許せませんね…! あの匂いの敵め…!!」

俺「…時に、女…だったか?」

女「はい! 名前を覚えていて頂き感激です!」

俺「女はなぜ強くなりたいんだ…?」

女「……それは……」

俺「何か深い闇がありそうだな…」

女「私の家族が…殺されたんです…」

俺「…そうか。…誰に?」

女「……>>38にです」

 

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:12:31.725 ID:S4NVFP9z0.net
イカ臭い奴にです

 

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:25:57.091 ID:cyiSjNNfp.net

女「……イカ臭い奴にです」

俺「イカ臭い…か……」

女「私が家に帰ると、父と母、姉が死んでいました。その時、イカ臭い匂いがしたんです…」

俺「oh...」

女「そういえば、さっきの敵のような匂い…」

俺「ま、まあ、さっきの敵は違うと思うよ?」

女「はい…分かってはいたのですが…我を忘れてしまい…」

俺「……そうか。復讐したいんだな?」

女「そう…なんですかね…あまり、分かりません」

俺「……よし、分かった。正式に弟子として認めよう」

女「ほ、本当ですか…!」

俺「ああ。俺の初めての弟子だ。光栄に思うがいい…!」

女「あ、ありがとうございます!師範!」

俺「俺の修行はスパルタだぞ!付いて来られるな!?」

女「もちろんですッ!!」

俺(師匠…俺も、人に教える立場になりましたよ…空から見てくれてますか?)

俺「……よし、家に帰るぞ。街で買い物をしていこう」

女「は、はい!分かりました!」

 

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:29:21.330 ID:cyiSjNNfp.net

女「…」キョロキョロ

俺「どうした?さっきから変だぞ?」

女「い、いえ、その、こんなに栄えてるところに来るのは初めてで…」

俺「ほう。山育ちか?」

女「はい…今まで、ずっと…」

俺「奇遇だな。俺も山育ちだ」

女「…!そ、そうなのですね!」

俺「色々教えてやるから、付いてこい」

女「はいっ!」

 

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:35:01.651 ID:cyiSjNNfp.net

俺「よし、これだけ買えば暫く大丈夫だろう」

女「あんなにたくさんの人を見たのは初めてです…」

俺「そうか。疲れただろう。ゆっくり休むといい」

女「で、では、お言葉に甘えて…」

俺「……こうして見ると、まだ子供なのに、な」

俺「けしからん体……じゃなくて、可哀想に……」

俺「なんてしても一人前にしてやないとな…」

俺「こいつのポテンシャルは計り知れない…」

俺「……体も」

 

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:40:49.816 ID:cyiSjNNfp.net

俺「では、戦闘術を教える…!」

女「い、いよいよですね…!」

俺「この剣は俺の師匠から受け継いだ名刀だ。使うといい」

女「い、いいのですか…?そんな大事な物を…!」

俺「ああ。女なら必ず使いこなせる」

女「あ、ありがとうございますッ!!」

俺「では、そこの岩を切ってみろ」

女「えっ…?あれくらいの岩なら余裕で切れますよ!?」

俺「バカ者!剣はそんな簡単に使いこなせる代物ではないっ!」

女「あ、あの…」

俺「なんだ」

女「切れました…」

俺「……そうか」

 

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:43:39.802 ID:cyiSjNNfp.net

俺「えー、っと…」

女「あの、師範!次は何をすれば!」

俺「いや、もう思いつかない…」

女「えっ!?」

俺「寝ないでいくつも修行考えたのに…全部すぐクリアしちゃうんだもん…」

女「す、すみません…」

俺「ひどいよ…もう勝手にやってて…」

女「わ、分かりました! では、>>48をするのはどうでしょう!?」

 

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:48:10.985 ID:8EBdZXA10.net
師範と戦う

 

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:48:12.312 ID:LykTNLyI0.net
ライザップボディメイクプラスコース

 

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:52:51.598 ID:8EBdZXA10.net

俺「え…?痩せたいの?」

女「は、はい、実は最近体が大きくなってきまして…」

俺「俺の修行の成果だろう。喜べ!」

女「筋肉が付くのは嬉しいのですが、お肉が付くのはちょっと…」

俺「そうか、女の子だったな…」

女「はい…師範は全然女の子扱いしてくれませんよね…」ブツブツ

俺「まあいい、それも修行になるだろう。バッチリライザップしてくるんだ!」

女「ありがとうございます!師範も一緒にどうですか!?」

俺「……俺は少し用があるんだ」

女「どちらに…?」

俺「ちょっと、>>55にな」

 

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:55:43.614 ID:M9D5L4Ix0.net
代ゼミ

 

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:58:42.612 ID:8EBdZXA10.net

俺「ちょっと、代ゼミにな」

女「勉強ですか!?」

俺「ま、まあ、そんなところだ」

女「頑張ってください!」

俺「ああ、じゃあな!」

女「はい!行ってきます!」

俺「……さて、やはり気になるな」

俺「女の家族を殺したイカ臭い野郎…」

俺「俺の推測が正しければ、イカ臭い野郎は>>60ってことになる…」

 

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 17:59:59.114 ID:KeGntpCS0.net

 

63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 18:08:06.652 ID:8EBdZXA10.net

俺「俺の推測が正しければ、イカ臭い野郎は俺ってことになる…」

俺「クソっ…思い出してしまった…」

俺「あれは、三年前。師匠と俺が隣町の風俗に行った帰り道…」

俺「山奥の家で、男一人と女二人が死んでいたんだ…」

俺「その時の俺の匂いが残っていた…ってことか…」

俺「第一発見者の俺と師匠は、事情を説明した後のことは知らなかったが…」

俺「犯人はまだ捕まっていないのか…」

俺「手がかりは女の言っていたイカ臭い匂いだが、それは俺だ」

俺「クソ…! 思い出せ!あの時のことを!何か、手がかりを…!」

 

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 18:18:44.229 ID:8EBdZXA10.net

俺「ん?……矢文か」

俺「なっ、なんだと…!?」

俺「>>66…!?」

俺「今すぐ行かなければ!」

 

66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 18:20:40.450 ID:jm0+P1qq0.net
近所の風俗店が半額セール

 

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 18:34:52.308 ID:8EBdZXA10.net

俺「さすがに混んるな…」

??「……ふう」

俺「!? い、今のは……!? 」

俺「み、見間違い…か…そうだよな」

俺「それにしてもイカ臭いな…」

〉きゃーーー!! 助けて!!

俺「!? クソ、次だってのに…!」

がやがや

〉美女が人質になってるぞー!

俺「行くしかない!」ダッ

 

72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 18:48:47.700 ID:8EBdZXA10.net

女「その人を離せ!」

大男「なんだ小娘かぁ? なかなか可愛いじゃねぇか。捕まえろ!」

手下「で、でもボスからの命令は…」

大男「うるせえ!そんなん無視だ!」

女「来い!」

大男「ほう。剣士か…ん!?あの剣は…おいおい、裏切り者か?」

女「なんのことだ!」

大男「まあいい、油断するなよ! やれ!」

女「くっ…!」

 

73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 18:57:10.925 ID:8EBdZXA10.net

がやがや

〉女の子が突っ込んでったらしいぞ!

〉剣を持ってたらしいぜ!

俺「あいつ…無茶しやがって…!」

女「あっ、師範!」

俺「女っ!? ぶ、無事か!?」

女「…?はい。無事ですが…」

俺「えっと…倒しちゃったの?」

女「はい。あいつらのことですよね」

大男「ママぁ~!助けてぇ~!(涙)」

俺「そ、そうか…ず、随分手荒くやったな…」

女「すみません。師範から頂いた剣を汚してしまいました…」

俺「いや、いいんだ。無事で良かった。うん。」

女「そういえばあいつら、この剣を見て驚いていました…裏切り者か?とかなんとか…」

俺「……そうか」

女「この剣は師範の師匠から受け継がれた名刀…なんですよね?」

俺「ああ……とにかく、今日は帰ろう」

女「…?はい?」

俺「それとライザップは中止だ。あまり街に出るな。危ないからな」

女「師範…?どうかしたんですか? 顔が怖いですよ…?」

 

74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 19:01:02.367 ID:8EBdZXA10.net

女「師範、今日も出かけるのですか?」

俺「ああ。帰りは遅くなる」

女「わ、分かりました…」

俺「さて、行くか…!」ひらっ

女「あっ、何か落として…!」

女「行ってしまった……ん?」

女「>>77…!? 師範はここに毎晩…!?」

女「わ、私も行かなければ!」

 

77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 19:06:35.871 ID:gN54Q/Zgr.net
代ゼミ

 

79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 19:12:59.529 ID:kEJNo/Kcd.net
真面目系ガチクズだ

 

81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 19:22:06.473 ID:2xOA4CgY0.net
クズの割にしっかり塾へ通うという

 

82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 19:36:36.057 ID:8EBdZXA10.net

女「あれ、いない…おかしいな…」

女「師範…一体どこに…?」

〉見学の方ですか~?こちらにどうぞ~?

女「え、いや、あの、私は…」

風俗前

俺「…」

俺「必ず…必ず来るはずだ…!」

 

84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 19:51:54.569 ID:8EBdZXA10.net

師匠「弟子を取ったそうだな…偉くなったもんじゃ」

俺「生きていたんですね…師匠」

師匠「いずれここで会う時が来ると思っていたわい」

俺「なぜ、生きているんですか?師匠はあの時、おっぱいに挟まれ圧死したはず…!」

師匠「ふぉっふぉっふぉっ。昔のことは忘れたわい」

俺「三年前…山奥で死んでいる家族を見つけましたよね…?」

師範「そんなこともあったかのう」

 

86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:01:11.433 ID:8EBdZXA10.net

俺「その犯人を…ご存知ですか?」

師匠「はて。わしがやったのかもしれんのう」

俺「師匠…!どうして…!?」

師匠「わしは本当はあちら側の人間なんじゃ。それをお主が勘違いしたのじゃ」

俺「えっ!?」

師匠「お主のエロへの探究心…お主の純粋な目に、わしは非道になれんかった」

俺「師匠…! 俺は、師匠と戦わなければいけないようです…」

師匠「ほう…?どうしてじゃ…?」

俺「弟子の仇…だからですよ…!」

師匠「……こい」

俺「はぁぁぁぁあああっ!!!」

師匠「ふーっ!」

俺「いやん///」

師匠「……お主は昔から耳が弱いんじゃ」トンッ

俺「ぐはぁっ!」

師匠「…ふん。まだまだじゃな。秘密を知られたからには殺るしかあるまい」

師匠「……恨むなよ」

 

87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:01:15.701 ID:QL3rMAYB0.net
風俗前で物語の重要そうな話するのやめろ

 

88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:05:27.163 ID:8EBdZXA10.net

女「はぁ…師範はどこに行ってしまったのでしょう…」

ひらり

女「ん?これは…風俗半額セール?」

女「まっ、まさか…ここに!?///」

女「で、でも、師範はこんなところに行く人では…」

女「…ッ!!」

女「この切り取りは…! 割引券を綺麗に切り取った後…!?」

女「師範、今、行きます…!」ダッ

 

89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:10:58.797 ID:8EBdZXA10.net

女「こ、ここ…でしょうか…?」

女「ん”っっ!! こ、この匂いは…!」

女「ま、まさか師範…私の仇を取るために…!?」

女「そんな…師範まで死んだら…私は…私は…!!」

女「こ、これは、師範の匂い…こっちだ!」

女「…!! こ、これは、血の跡!?」

女「師範の匂いがする…そ、そんな…嘘…」

 

90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:16:07.483 ID:8EBdZXA10.net

俺「殺ったと思ったら気を抜くのは、悪いクセですよ…師匠」

師匠「ふぉっふぉっふぉっ。 そういえば圧死されかけた時もそうじゃったな…」

俺「師匠…ッ!!」ガクガクブルブル

師匠「それにしても、強くなったのう…」

俺「…っ!」

師匠「どうした…早くトドメを刺さんか。弟子の仇なんじゃろう…」

俺「くっ…くそっ…!」

 

91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:16:12.452 ID:CYL8lH7I0.net
もう安価すらなくなっててわろた

 

92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:19:50.656 ID:8EBdZXA10.net

俺「……ふう」

女「し、師範っ!?」

俺「お、女!? どうしてここに…」

女「わ、私、師範が死んじゃったかと…!」

俺「えっ、泣いてるのか…?」

女「な、泣いていませんっ!」

俺「……そうか。 すまん。仇は取れなかった」

女「えっ…!?」

俺「俺の師匠だったんだ…お前の家族を殺したのは…」

女「…!!」

 

93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:24:13.691 ID:8EBdZXA10.net

俺「今、知り合いの爺専のホモに師匠の身柄を渡した…俺にはそれが限界だった」

女「いいですよ。もう…仇とか復讐とか…いいんです。」

俺「…」

女「師範が側にいてくれれば…それでいいんです」

俺「女……」

女「だから…帰りましょう…?」

俺「…」

女「こ、今夜は、一緒の布団で寝たいです…」

俺「…! 今すぐ帰ろう!」

女「はいッッ!!」

 

95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:31:46.497 ID:8EBdZXA10.net

女「んっ……あ、あれ?師範……?」

俺「すまん…俺はここを出る」

女「えっ!? どうしてですかっ?!」

俺「俺はお前の師範失格だから…かな」

女「そ、そんこと…!」

俺「合わせる顔がないんだ。それに、もうお前に教えるものな何もない。とっくに俺を超えている」

女「…! 言わないようにしてたのに…」

俺「ははは。 じゃあな……」

女「し、師範っっ!! 待って!!」

俺「もう決めたんだ…止めないでくれ」

女「師範が一緒にいてくれるなら何でもします!」

俺「ならば>>100してもらおう!」

完。

 

100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:34:35.718 ID:3FQc1/IP0.net
結婚

 

103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:42:32.525 ID:8EBdZXA10.net

女「あっ、私っ…なんかヘンです…!」

俺「ああ…俺も…イクぞッッ!!」

女「はいっ! だ、出してくださいっ!」

俺「ゔっ!!」ドピュルルルルルル

女「こ、これが、子種……/// 」

俺「……ふう」

女「…!? こ、このイカ臭い匂いは…敵!?」

俺「お、おい、剣を置け!」

女「でも、この匂いは…! くっ!ここか!?」ザンッ

俺「落ち着け!違うんだ!落ち着け!」

完。

 

105: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:44:31.873 ID:D8CAy6gS0.net

いい話だったな

 

108: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 20:51:29.290 ID:cgCe6o80d.net
なに綺麗に終わってんだよww
元スレ
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1495351463/

 

-俺系