ssギャグまとまる君

笑えるギャグssを中心としたニッチ系まとめ。

艦これ

【艦これ】マジカルチ○ポ提督【ア艦これ】 未完

1: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 22:25:57.23 ID:xqdpmC2g0

 俺が12歳になったばかりの夏。祖母が死んだ。

前触れもなく、祖母は自らが横たわったベッドに俺を手招きし、『もうすぐあたしは死ぬ』と告げた。老衰で死ぬのだと。

その時は父も母も出払っていて、慌てふためいた俺は医者を呼び、ただただ婆さんが死んでしまうことが怖くて、悲しくて、泣き喚きながらベッドに横たわる祖母の手を握りしめていた。

祖母はそんな無様な俺の姿を『困った子だ』と言って笑いながら、こんなことを俺に言った。

祖母『私は若い頃……――――爺さんのお○んぽに勝てなかったんだよ』

この導入はアレかな? 某正義の味方に憧れたけど諦めちゃった人の導入部分のリスペクトかな? 菌糸類に謝れ。

握りしめた祖母の手は、いつの間にか放していた。涙も止まっていた。なんか、こう、あれだよ、うん……。

っていうか婆ちゃん……いや、もうババアでいいや。このババア、もはや耄碌してるとか曖昧だとかってレベルじゃあない。

別にババアのことは嫌いじゃなかったが、むしろ婆ちゃんっ子で好きだったんだが、この瞬間までだ。

ババアへの好感度はストップ安どころか、一秒ごとに右肩下がりの地球のマントルめがけてまっしぐらである。

祖母『恥丘……難しい言葉をつかえるようになったねえ、○○』

こ、このババア、人の心を読みやがった。つーかそっちじゃねえよ。

そんな俺の心の機微に至ってはまるで理解を示さず、嬉しそうに笑みを浮かべながら頭を撫でるババア。

なおその手を振り払わなかったのは俺の理性が優れていたからではなく、思考が真っ白に染まっていたからである。

こんな時に限って父さんは仕事、母さんはお買い物中である。早く帰ってきてください。

助けてパパ、ママ、この老害、もうじき息しなくなるの。だからみんなでお祝いしようぜ。

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:29:53.37 ID:xqdpmC2g0

 というかこのどうしようもねえ色ボケババアであるが、数分後に逝く。文字通りに逝く。寿命だ。

この手に掛けられなかったことを喜ぶべきか悔やむべきか。某愉悦神父リスペクツ的な意味で。

ネタバレになるが、言いたいことを好き放題抜かした後にババアはぽっくり逝くわけなのだが、先に脳味噌の方が逝っていらしたという下らない話である。

さておき死ぬなババア。せめて父さんと母さんが帰ってくるまで持ちこたえてくれ。

祖母『私の息子、つまりあんたの父親……あいつも強いお○んぽを持っていたんだ……いや別に近親相姦とかじゃなくて義娘、つまりあんたの母親の喘ぎ声が夜な夜n』

だめだ、この老害人の話を聞いてくれない上に、死にかけの分際でこっちの精神を確実に殺しにかかってきやがる。

俺は耳を塞いだ。

祖母『まぁ聞きなよ』

両耳を塞ぐ手が無理やりにこじ開けられる。

このババア死にかけの癖におっそろしく力が強い。捕まれた腕がメキメキ言ってらっしゃる。

 

4: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 22:34:49.48 ID:xqdpmC2g0

 分かった、わかりましたよおばあちゃん。話は聞くから、手を離してください。

そう言うと、ババアはゆっくりと俺の腕を掴む手を離し、話を続ける。

祖母『つまりは爺さんの血なんだろうねえ。あたしゃてっきり、自分がお○んぽにあっさり屈してしまうチョロイン属性なんじゃあないのかと毎晩悔し涙を流したもんさ』

ババァがお○んぽ言うな。

『これ』と血縁関係にあるということが正直言って恥ずかしいし、目の前でこんなことを聞かされる今の気分は、率直に言って気持ち悪い。

つーかテメーが悔し泣きしようが何しようが知ったこっちゃねえよ。

祖母『爺さんに啼かされながらね』

訂正。知りたくなかった。それとドヤ顔がうぜえ。超うぜえ。

そうなのである。

このババア、本当に人の話を聞かねえのだ。

祖母『もう悔しくて泣いてるのか気持ちよくて啼かされてるのかわけがわからなくなるぐらいだった。何度イカされたかも分からない。何度失神したかもわからない』

祖母『そして次の絶頂で目が覚めて、その繰り返しさ。でも苦しさなんてまるでなかった。ただ気持ちよさだけがあって………おっと、熱が入ってしまったね。まあ、爺さんのお○んぽは凄かったんだよ』

結局その結論か。泣かされながら啼くとかなんなんだ、上手いこと言ったつもりかババア。

祖母『ああ、本当に爺さんは上手で、そりゃあイッたね。もうイきまくりだったよ』

そっちのイッたじゃねえ上にこのババアったらナチュラルに人の心を読んできやがるマジ妖怪。

 

5: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 22:40:19.15 ID:xqdpmC2g0

祖母『でもあたしもタダじゃやられなかった。目いっぱい締め付けた結果、爺さんもイッた』

祖母『そして逝った。腹上死さ……』

祖母『あたしは爺さんがイッて逝った瞬間に絶頂アクメ決めてダブルピースで失神してたからね……気が付いたら、爺さんは冷たい亡骸になっていた……』

祖母『満面の笑みだったよ……結局、あたしゃ爺さんのお○んぽには一度も勝てなかったね……』

祖母が涙ぐみながら語る祖父の死因。

やめてくれる? ほんと。まじで。

実の孫に聞かせる話じゃねえんだよ。しかも当時の俺はまだ12歳である。もうトラウマもんだよ。

祖母『その時に授かったのが息子……つまり、おまえの父ちゃんさ』

俺の父の出生の秘密というほどの秘密じゃないがあまり想像したくないおぞましい秘密が、いま明らかに。

母親に発見されたエロ本をそっと机の上に置かれる以上の、言葉にはできないなんか得体のしれない感情が俺の心を責める。

知り合った女の子といい感じになった瞬間、あのババアの今際の言葉を思い出してしまうようになったので、これは間違いなくトラウマになっている。

祖母『とにかく、お前も爺ちゃんも、お前の父ちゃんも、とにかくすごいお○んぽを……お○んぽ様を持っていた……あ、父ちゃんに関してはもう現在進行形で持ってるわけだけど』

うるせえよ、こまけえよ、しつけえよ。『様』って言ってるあたり、ホントにジジイに勝てなかったことは窺い知れるが、それはどうでもいい。

 

6: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 22:42:12.55 ID:xqdpmC2g0

 話の流れ的に考えないようにしてたことを言う気か。

祖母『きっとおまえにも、すごいお○んぽ様がある……わかるんだ……おまえを産湯につけてやった時から、その股間には目を見張るものがあった……』

ねえお医者先生。存在感消してるけど先ほど到着してババアの横で冷や汗ダラダラ流しながら静観してるお医者先生。

このババア危篤なんだろ? いや、奇特なのは間違いないけど、字が違うよ字がー。ぶっちゃけいつ死ぬの?

安楽死させてやってくんない? あ、尊厳死ってやつ? もうこれ人間として尊厳ダメだろ。ダブルでイッちゃってますわ。

祖母『より多くの女の子たちを『らめぇ』や『んほぉお』状態にしてあげるんだよ……そして腹上死にだけは、きを、つけ……』

段々と弱まっていくババアの声。逝け。イケじゃなくて逝け。今すぐ逝ってしまえ色ボケババア。

祖母『あっ、イく』ビクンビクン

死ぬ時の言葉も最低だなこのババア。ほんとババア。

 

7: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 22:44:12.11 ID:xqdpmC2g0

 この、ババア……。

優しいばあちゃんだったんだけどなぁ。そのままの大好きなばあちゃんのままで、逝ってくれりゃあなあ……。

医者『残念ですが………ご臨終です』

坦々と祖母の逝去を語る医師の顔面に、悲壮感や湿っぽさはなかった。

当たり前だ。むしろちょっと嬉しそうですらあった。子供心ではあったが、俺だってぶっちゃけ無理もねえと思ったもの。

祖母『擬態だ』ムクリ

医者『!?』

!?

祖母『今度こそ逝くよ……○○、立派なお○んぽを自在に操れる男におなり……腹上死だけは、気を、付けて、ね……イクッ』バタリ

こっちが逝くかと思うぐらいビックリしました。(小並感)

 

8: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 22:47:25.43 ID:xqdpmC2g0

医者『………!? !?!? ………し、死んでる? 本当に、いや、だって脈拍も呼吸も……擬態ってなんだよオイ、医学に喧嘩売ってんのかこのバアさん……』

くどいようだが、繰り返し祖母の逝去を語る医師の顔面に、悲壮感や湿っぽさはなかった。

当たり前だ。むしろ恐怖すら感じている様子である。確かに心臓は止まっていた。

医者仕事しろとかそういうレベルの話じゃあない。もっと恐ろしいものの片鱗を味わった。


……
………

………
……

祖母の葬儀はしめやかに行われた。あまり人と交流するよりは、物静かに猫と戯れたり畑を耕したりすることが好きな人だったから、身内だけのひっそりとした葬儀だ。

そして祖母の冷たくなった身体が棺に――――待て、母よ。

祖母の遺影………それは、なんだ?

母『???』

意味が分からないって顔すんなこっちの方が意味分かんねえんだよ!!

なんでアヘ顔ダブルピースハメ撮り写真を遺影に使った! 言え!!

母『湿っぽいのは股間だけで十分って、お義母さんの口癖だったじゃない。素敵でしょう?』

素敵って言うか恥的だバカ母! おまけに知性のかけらもねえあのだらしねえ白目向いた笑み! もう何もかも台無しなんだよ!!

母『おばあちゃんが死んだのがそんなに悲しいの、○○? でもね、人が死ぬのはしょうのないことなの……誰も彼もがこうして生きて、死んでいくのよ……』

この涙はそういう涙じゃねえんだよ! 分かれよ!? 分かってくれよッ!? なんだその優しい笑みは!

そんな優しそうな笑みを浮かべながらアンタあの写真をチョイスしたのかよ!? 表情と行動の整合性がまるでとれてねえ!!

家族葬じゃなかったら大惨事だぞっていうか葬儀コンサルタントの人たちドン引きじゃねーか。

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:50:12.52 ID:DGsX+ljy0
ひでえww

 

10: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 22:51:20.35 ID:xqdpmC2g0

父『この大バカ者が!!』バチーン

母『きゃっ!?』

おお、暴力は良くないがよくぞ言ってくれた父さん! もっと言ってやれ!!

父『貴様まで股間を湿らせおって! この薄汚いマゾメスブタがァ!!』バチコーン

母『ああっ!? お許しください、お許しください、ご主人様ァ!!』

神は死んだ。否、死んでいる。

途絶えることのないスパンキング音に次ぐスパンキング音の連続するきたねえBGMに、どこか粘着質な水音と喘ぎ声が混ざり始めた頃。

不憫にもガクガクと震えながら失禁して嗚咽しているコンサルタントのお姉さん(22才新卒)を背景に、俺はこう考えていた。

イカしている。

イカレている。

文字として観れば似ているのに、どうしてこんなにも意味が違うのだろうか、と。

思い返せば、それは現実逃避としての思考の逃げに他ならなかったのだが、くどいようだがその時の俺は12歳である。

己の精神の平穏を必死に守ろうと言う無意識の防衛行為であったとお察しいただきたい。

――――ところで父はこの一週間後に死んだ。

死因は腹上死である。

フ××ク。マジでフ××クであるあのマザーフ××カー。言い得て妙である。

――――だから遺影にドSな笑み浮かべて鞭構えた写真なんぞチョイスすんじゃねえっつってんだろこの馬鹿母ァ!!


……
………

 

11: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 22:56:53.41 ID:xqdpmC2g0

………
……

さて、そんな俺だが、現在21歳の、大学最後の春を迎えたばかりであった。

そう、『あった』のだ。

過去形なのが非常に残念である。

12歳のあの惨劇めいた日以来……くたばった親父はかなりの遺産を残してくれていたため、進学についての予算は問題なかった。

幼少期にあった虐待染みたトラウマを胸に抱えながらも、一生懸命勉強を頑張り、名門と呼べる大学へ入学を果たし、成績もそれなりに良好。

友人にも恵まれ、毎日サークル活動やら勉学やらバイトやら飲み会やらで大忙し。

問題があるとすればただ一つ。

………若干、女の子が苦手だ。別に女の子嫌いというわけじゃない。普通に話もできるし、恋愛だってしてみたい。

だが『ちょっといいな』と思えた女の子といい雰囲気になるたび、ババアの言葉が脳裏をかすめるのである。

そんなこんなで、俺は童貞であった。

留年することもなく、あっという間に大学四年生の春を迎えた。大学卒業を控え就職活動真っ最中……であったのだが。

提督「ババア、俺提督になったよ」

俺は何故か大学を繰り上げ卒業になり、職業選択の自由を奪われ、これから俺の職場となる『鎮守府』の前に立っている。

夢の国の住人になるまで、まだ8年ほど猶予があると思っていたのだが、何故か妖精が見える。しかも意志疎通できてしまった。

つまり、俺には提督適性があったのだ。

女の子に囲まれることが必然として成立してしまう職場環境。

これはババアの呪いか何かか?

医者の認識を騙すほどの擬態に長けたあのババア、きっとなんかヒ○ドゥーだかブードゥーだか、なんかこうアレっぽい呪術とか嗜んでてもなんら不思議ではない。

あのババア、絶対許さねえ……!!

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 22:58:52.51 ID:MKcMmMi0o
ホントヒデェなww

 

13: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 23:19:01.21 ID:xqdpmC2g0

 しかし嘆いていてもどうにもならない。

俺は提督だ。

新米も新米、ペーペーもペーペーな若造に過ぎないとはいえ、この鎮守府の長となった。

国を守るという使命を帯び、戦いに身を投じる艦娘達の指揮官となったのだ。

たとえその先に悲劇が待ち受けていようとも。

仮に十月十日後に破水イベントが待ち構えていようとも。

見目麗しい艦娘達に囲まれて、何故かその誰も彼もがアヘ顔ダブルピース晒していようとも。

なんか敵の深海棲艦まで「ニンチ……シロッテ……イッテルノ……ニンチッ!」とか涙声で訴えかけてこようとも。

よその鎮守府の艦娘を寝取ったとかなんとかインネンつけてきたうえにトチ狂って襲い掛かってきた他鎮守府の提督をその手にかけても。

なんか雑な喘ぎ声で『OH,YES! YES! YEEEEES!!』とか喚くイギリスやらアメリカやら出身の艦娘がガチで俺の遺伝子を狙いに来ても。

ンギモヂィイイイイイとか叫ぶ、もはやキャラ崩壊する艦娘が出てこようとも。

「受精から始まる愛があってもいいと思うの!」とか叫んで襲い掛かってくる餓えた狼が現れようとも。

俺は進み続けねばならない。

なんせこのSSの主人公だからな。

読者はいいよな。察してブラウザバックできるから。

ああ、進みたくねえ。

だが行くしかないのだ。

選んだ色で塗った世界に囲まれていようとも、選べない色はあるのだから。

提督「……工廠……行くか。初期艦の子が待ってるらしいし……」

そんな感じで「あたし、いかなくちゃ」ってな具合で、俺は工廠へホイホイと入っていったのだ。

【↓突然ですが安価です。初期艦を選択してください↓】

※別にヒロインとかにはならないよ

【1】パンツ! パンツです!

【2】デコにぶっかけられるために生まれてきたような駆逐艦

【3】ピンクは淫乱、はっきりわかんだね

【4】××××のマジイキをみるのです

【5】常に発情してるみてえな赤ほっぺしやがって……

>>16

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 23:23:41.50 ID:YmKdrb2SO

 

19: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 23:28:41.31 ID:xqdpmC2g0

OK,五月雨だな。涼風も常に発情してるような感じだけど五月雨ね

書き溜めたら投下しまーす。多分明日の夜ぐらい

 

20: ◆B2mIQalgXs 2016/09/09(金) 23:36:55.92 ID:xqdpmC2g0

******************************************************************

マジカル・チ○ポ
膜血狩・珍宝……

古代中国・殷の皇帝に伝わった仙道房中術の究極奥義とされ、現代においては失伝した筈の幻の男根操作術。

手っ取り早いお薬を用いたりチョロインをチョロくヤるよりも容易く女をモノにすることが出来る。

例え触れずとも異性がそのチ○ポを一目見た瞬間から、相手を性的興奮状態に陥らせることが可能。

相手に合わせたサイズ調整や形状変化は無論、女を虜にするフェロモンを常に発し、気功によってチャクラを刺激してこういい具合に……

……なんていうかほら、あれだよ。使い手次第でイカすもジラすも自由自在という、考えた奴の頭の具合が窺えるどうしようもねえ活殺性術である。

その気になれば初潮前の幼女だろうが食べ頃女子校生だろうが貞淑な人妻であろうが御無沙汰な未亡人であろうが、このチ○ポを眼前に突き出されては歯が立たず丁寧に舐めしゃぶってお情けを乞う他ない。

そのチョロさときたら、オークの群れを前にした気高い女騎士も同然である。

このチ○ポを前にすればどんな女であろうと雌の本能剥き出しとなり、どれだけ口では抵抗しようと下の口が正直になり、

結局チャメシ・インシデントめいて容易くいただかれる運命にある。

あまりに効果が劇的なため、実際のところヒロインが尻軽女に見えてしまい魅力が欠如するという欠点から、恋愛が絡む小説においての禁じ手として畏れられている。

なお生来の才能とも言える体質にも依存するが、あくまでも『技術(ワザ)』だ。人間には未知の部分がある。

が、極稀にではあるが、この男根操作術を先天的に体質的にも技術的にも備えた者が存在する。アレだよ、生来から波紋の呼吸やってたヤツいたじゃん。

その能力は子孫へと遺伝するというが、代々ジョー○ター家の男子は短命であるのと同じっぽい?

なお生涯に一人の女しか愛さないとか抜かした自分を客観的に見れないテキーラ運ぶ奴と同様で、例外は存在するらしい。

【民明書房・珍固男著『霧島のデコってじっと見てるとだんだん亀頭に見えてこねえ?』】より抜粋

******************************************************************

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/09(金) 23:58:55.53 ID:vYwbiUbco
掴みから飛ばすねぇ
此方も全力で期待させて貰う!

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/10(土) 02:41:27.31 ID:gJugnhI80
なんだこのssww こんな出だしのラノベ有ったら絶対買うわwww

 

33: ◆B2mIQalgXs 2016/09/10(土) 22:46:32.57 ID:1HtatonG0

※プロローグ終了なので、ここからは艦娘の一人称視点や、三人称視点による描写に切り替わります

五月雨は果たしてお○んぽに勝利することが出来るのか(棒)

答え①超絶美少女の五月雨は突如反撃のアイデアがひらめく

答え②仲間がきて助けてくれる

答え③勝てない。このマジカルチ○ポ、容赦せん

正解は投下のあと。

 

34: ◆B2mIQalgXs 2016/09/10(土) 22:50:07.89 ID:1HtatonG0

………
……

初期艦・五月雨の待つ工廠に向かいながら、提督は考える。

提督(まあ、あれだよ。自分で言うのもなんだけど、俺のチ○コが凄かろうとしょせんは童貞)

提督(女の子に対して自分からアプローチかけなきゃ【そういう関係】になるわけでもなし)

提督(……ババアはあんなこと言ってたけど、そうだよ。そういう関係にならなきゃいいんじゃねえか)

提督(それにほら、彼女たちって元々軍艦だし。軍艦って軍属ってことだろ。理性強いでしょ。うん、大丈夫大丈夫)

―――彼女たちは仮にそう言う状況になったとしても、決してお○んぽに屈したりしない。

トロけたチーズのように甘く温いが、そう考えていた時期が提督にもありました。

ダメでした。

五月雨「あっ、ああっ、あ、あ、て、ていとっ、くっ……💛」

提督「」

―――五月雨はやっぱりお○んぽには勝てなかったよ。

なお出会ってからまだ五分と経過していないのにこの有様であった。

全裸の五月雨は、提督の上に跨って腰を振っていた。股間の雌唇は、提督の剛直をしっかりと咥え込んでいる。

 

35: ◆B2mIQalgXs 2016/09/10(土) 22:54:26.08 ID:1HtatonG0

 紆余曲折をすっ飛ばされたが、提督が工廠へ向かったその後の流れであるが、二人は無難に挨拶を交わした。

五月雨『白露型駆逐艦・六番艦の五月雨っていいます! 提督、今日から一生懸命、頑張りましょう!!』

提督『ああ、よろしく五月雨(可愛い子だな。元気もいいし、うん。仲良くやれそうだ)』

―――仲良くヤることになるまで残すところ数分である。

さておくとして、ここまではよかった。その後が拙かった。

まずは建造の流れを理解してもらおうと、張り切って工廠の資材置き場へ向かおうと、急に振り返った五月雨に落ち度があったのは間違いない。

彼女は自他ともに認める――――本人は認めたくないが事実である――――ドジッ娘であった。

何もないところで躓きコケることなど日常茶飯事。そして日常茶飯事とはいつでも起こるからそういうのだ。コケたのである。

コケた拍子に、咄嗟に五月雨の身体を受け止めようと身をかがめた提督は有能であったと言える。

が、少しばかりタイミングが遅く、股間に覆いかぶさるように、五月雨の顔が押し付けられた。

幸い提督が差し伸べた手は五月雨の両肩を捉えていたため、さほど勢いはなかったものの、

五月雨『…………』

提督『さ、五月雨?』

何故か五月雨は股間に顔をうずめたまま、離れようとしない。というか、

五月雨『………くん、くんくん。くんかくんか、すーはーすーはー……』

なんか物凄い勢いで呼吸し始めた。なお提督の股間に顔をうずめている状態は継続している。

 

36: ◆B2mIQalgXs 2016/09/10(土) 22:58:03.51 ID:1HtatonG0

 異変に気付いた提督が慌てて五月雨の身体を引きはがすと、

提督『さ、五月雨……?』

五月雨『提督……』ハァハァ

そこにはすっかり蕩け切ったメスの発情した顔があった。

ところで、艦娘という存在はその立脚点から、当然のように身体能力が高いのは御存じだろうか。

もうお察しであった。

五月雨『ごめんなさい、提督………』グイッ

提督『えっ』ポフッ

そんな感じで、この鎮守府にとっては栄えある初期艦として着任した五月雨は、出会って早々挨拶もそこそこに提督を押し倒したのであった。

提督にロリコンのケはなかった。そう、なかったのだ。これまた過去形なのが残念である。

艦娘は誰も彼もが容姿に優れている。そこいらのジュニアアイドルなど歯牙にもかけぬ美貌は、現代における美的感覚において粋を極めた造形を誇っていると言っても過言ではないほどに。

そして提督は童貞であった。あったのだ。過去形である。

提督の身体にのしかかり、密着する五月雨の上気した頬は紅く、提督の服越しに伝わる体温もまた相応に熱い。

潤んだ瞳は情欲に満ち、しかと提督と視線が絡み合う。

ごくり、と提督は生唾を飲んだ。そして悟る。

提督(今日は動物さんの気持ちになってみよう。蛇に捕食されるカエルさんの気持ち――――って馬鹿野郎、逃げるんだよ俺)

提督(あ、駄目だ。無理だ。力つええ。押しのけられねえビクともしねえピクリともしねえなのに股間がムクムクとってやかましいわ)

なお余談であるが――――後に、提督の祖父は元提督で、祖母がその元艦娘であることが判明する。

ちなみに艦種は潜水艦―――伊19である。

今際の際の最期の台詞で自己紹介をしていたのだと誰が知ろう。

 

37: ◆B2mIQalgXs 2016/09/10(土) 23:07:24.38 ID:1HtatonG0

 ソレハサテオキ
閑話休題。

五月雨は熱に浮かされた様な表情で、提督の身体を己の肉をこすりつけるようによじ登り、口付けをする。

小さな赤い舌先を伸ばし、唇をこじ開けて提督の口中を蹂躙するように動かし、ぴちゃぴちゃと音を立てて吸い上げる。

必死に舌を動かす五月雨の吐息までもが甘く熱い。キスしながらぐいぐいと押し付けられた胸はささやかなれど、確かなふくらみは存在しており、服越しにもその柔さは感じ取れた。

鼻孔を刺激する女の子特有の香りは、清涼感と清潔感に溢れる石鹸と僅かなシトラス系。

提督『あっ(察し)』

かくして、お○んぽ様は臨戦態勢に入ったのだ。

そして五月雨の方も既に覚悟完了している。

そんな感じで、場面は冒頭へと戻るのであった。

五月雨「あっ、あ、きもち、い……ふぁあ、んう……💛」

未熟な膣壁を、怒張がごりごりと掘削するように蹂躙していく。淫花を貫く醜悪なそれにまとわりつくものは、彼女が純潔であったことの証たる破瓜の血だけではない。

ぴっちりと閉じ切った花弁を無理やりにこじ開けたようなものであるにも拘らず、幼膣から分泌された淫液と混ざりあい、泡立ち、ピンク色に染まっていた。

五月雨の口から洩れる声に、苦悶の色はない。喜悦に染まった、外見に不釣り合いなほどの乱れ蕩けた声が、五月雨の細い喉から次から次へと奏でられる。

仰向けに寝転ぶ提督の上で、たどたどしくも積極的に腰を振り、エラの張った亀頭を自分の悦いところへと擦りつける。

気持ちよくなるために。気持ちよくするために。

自己紹介で「一生懸命頑張る」と言った言葉に違わず、一心不乱に腰を振る。

その一方で「どうしてこうなった」―――提督の内心はそれでいっぱいである。

――――五月雨の膣内も提督のお○んぽでいっぱい、幸せもいっぱいであった。

心が満たされるという点においてきっと等価交換であろう。めいびー。

五月雨「あ、あ、てい、とく……どう、です、かっ、あ、五月雨、のっ……きもち、い、です、か」

暑い吐息を吐きながら、途切れ途切れに言葉を紡ぐ五月雨に、完全に思考を停止させた提督からの返答はない。

 

38: ◆B2mIQalgXs 2016/09/10(土) 23:12:25.77 ID:1HtatonG0

 己に跨り、淫らに身悶えする五月雨の痴態を他人事のように見ている……誤解であるが、「感情のない視線だ」と五月雨は感じた。

五月雨「ッ……ッ~~~~~💛」

―――その視線が、五月雨を更に昂ぶらせる結果になる。

五月雨は初めての絶頂感に、肉付きの薄い尻をふるふると震わせながら、より深く股間を提督に押し付ける。

提督の精子を求めて降りてきた子宮が、鈴口にちゅうちゅうと吸いつく感覚まで感じ取っていた。それほどまでに五月雨は敏感であった。

見られている、と五月雨は提督の視線を察した。

見られている。

とっくに身を包む制服なんて脱ぎ払って、一糸まとわぬ姿となった自分を。

肉付きの薄い貧相な自分の身体を。

痛いほどに硬く張って自己主張した胸の先端にある小さな桜色の突起も。

未だ一筋の毛も生えてこない未熟なクレバスが、厭らしい水音を立てながら不相応な質量を咥え込んでいるところも。

処女の癖に、処女だった癖に―――昂ぶらせた本能の赴くままに快楽を貪り、淫らに歪んだ己の顔を。

初対面の提督に対しあられもない姿をさらして快楽にふける自分を、提督はどう思っているんだろう。

きっと蔑んでいる。呆れている。どうしようもない淫らな雌だと。

そんな目を向けられたなら、普通の人ならば悲しむだろう―――しかし、五月雨は己の腹の内側に、確かな喜びを感じていた。

もっと蔑まれたい。軽蔑されたい、と。

人――――それをドMという。

五月雨はドジッ娘である。

そう――――ド(Mな妄想で)ジ(慰をする変態)っ子。

略してドジッ娘である。

提督の着任に合わせ、先駆けて初期艦としての教育を受けていた彼女二は、そうした知識も存在していた。

そして着任の日を待つ。日に日に思いは募る。

 

39: ◆B2mIQalgXs 2016/09/10(土) 23:16:13.86 ID:1HtatonG0

 提督はどんな人なのだろう? 若い人だという話は聞いた。

優しい人だろうか。怖い人だろうか。

背は高いだろうか。低いだろうか。

もし私にとって素敵な人だったら、その人と最後はケッコンすることができるだろうか。

乙女心は加速する。思春期ドストライクな年代の外見をした五月雨ら駆逐艦は、肉体に精神が引っ張られるように、考えることもまた少女そのものであった。

………もしケッコンしたら、エッチなこともするんだろうか。

その時、提督は自分の身体にがっかりしないだろうか。胸は小さい。肉付きの薄い貧相な体。

きっとがっかりするだろう。そもそもケッコン相手にも選んでくれない、選択肢にすら入らないかもしれない。

そう考えたとき、五月雨は確かに悲しかった。悲しかったが――――

何故か、己の股間の湿り気を感じた。

自慰行為にふけるとき、いつだって五月雨の考えることはそれだ。

自分の起伏の少ない幼い身体を罵倒しながら、物のように使われる、傍若無人な提督に嬲られ、辱められる自分。

泣いても喚いても提督は辞めてくれることはない。小さな胸も、そのくせ一丁前に尖った乳首も、しとどに濡れそぼった子供ま○こも、一つ一つを丁寧に、妄想の中の提督は罵倒する。

それが、どうしようもなく――――気持ちよかった。

 

40: ◆B2mIQalgXs 2016/09/10(土) 23:33:25.42 ID:1HtatonG0

五月雨「ふぁっ、ていと、ていとくぅ! わ、わらひ、あ、ああっ――――!!」

再びの絶頂に、腹の内側で蠢く巨魁の熱が、己の膣肉がぎゅうぎゅうと締め付けることでよりしっかりと感じられた。

提督もまた、五月雨の膣の吸いつくような脈動を感じている。根元から中ほどまではぎちぎちとした締め付け、しかし亀頭が抉る奥の膣壁は時にふわりと、時にザラザラとした感触が、肉を舐め削ぐようにまとわりついてくる。

そしてあまりに強いその刺激感は、いかなマジカルチ○ポの持ち主たる提督とはいえ、所詮童貞に耐えられる筈もなく。

五月雨「い、イくっ……イッちゃいまひゅっ……💛」

三度の五月雨の絶頂と同時、提督もまた果てる。ヒクつく膣道を押し分けて、剛直がより深く子宮にまで辿り着き、その入り口に向かって大量の白濁を流し込む。

内側から爆ぜていく熱の迸りを感じ取り、五月雨は更にイッた。締め付けるだけだった膣はより多くの精子を子宮へ送り込もうと蠢き、吸いつくような動きすらし出す。

ついさっきまで処女だった女の子の具合ではない。合わせてイク上にちゅうちゅうと絞り出そうとまとわりつく膣など、もはや娼婦のそれであった。

ズルり、と名残惜しそうに引き抜かれると同時、絶頂の余韻にとろけた笑みを浮かべた五月雨は、ゆっくりと目を閉じた。失神したのだ。

提督もまた、荒い息を吐きながら、その熱く小さな体を受け止めた。胸を占める感情にもはや「どうして」はなかった。

覚悟を決めていたのだから。恍惚とした笑みを浮かべ提督の身体の上に横たわる五月雨の髪を優しく撫で梳きながら、

提督「責任、取らなきゃな……」

否。まだこの馬鹿は理解していなかった。

かくして提督は童貞を失った。魔法使いとなる資格も、ネバーランドへの永住権も失った。

しかし、これからも提督の艦隊運用は続く。

駆逐艦・五月雨練度1→練度10

しかも練度上昇効果と来た。キラ付けもバッチリ。なんか寝てる五月雨がやたらキラキラしてるのはそのせいだ。

提督の明日はどっちだ。

 

41: ◆B2mIQalgXs 2016/09/10(土) 23:35:28.95 ID:1HtatonG0

………
……

良くも悪くも、艦娘達は純粋であった。

艦娘――――彼女たちは古の軍艦の魂を宿した少女たちだ。

確立した自我を持ち、人としての肉体を得た軍艦そのものである。

だがそれはつまり、『人』として経験値と言う意味では皆無に等しいことの証左でもある。

例えるならば自律した人型のロボットに最新鋭のソフトウェア――――乗組員たちが備えていた一般常識や経験値―――をインストールしたばかりのようなもの。

手の動かし方は知っている。歩き方は知っている。喋り方も知っている。笑い方も知っている。

だが、軍艦であった頃には存在しなかった肉体の五感。

喜怒哀楽という感情。

言葉を以って行うコミュニケーション。

あくまでも第三者の視点だ。主観的な経験はない。主観的に存在するのは例えば砲を撃つ感覚であったり、魚雷を撃つ感覚であったりという『軍艦の主観』に過ぎない。

『人の主観』は存在しないのだ。

その全てが未熟。圧倒的経験値不足。ともすればそこいらの幼稚園児にも劣る。言ってみれば子供のそれだ。

好奇心旺盛。

そんな未熟な精神に、マジカルチ○ポの魔力が襲い掛かる――――ひとたまりもない。

提督を見るたびに高鳴る胸の鼓動。上昇する体温。乱れる動悸。

そして下腹部を襲う疼きに、下着を湿らせる何か……。

艦娘達は、遅かれ早かれ察する。

―――あの提督は魅力的なオスであり、自分たちのメスの部分が惹かれているのだ、と。

経験はなくとも、生物としてのポテンシャルは抜群な艦娘である。自然、本能的な部分での理解力は抜群。つまり手に負えない。

自分自身の心に正直になれない子も少なくはない。だが、そんな初心(うぶ)さに情け容赦を掛けるほど、マジカルチ○ポは甘くない。味覚的な意味でも。

つまり、この結果は必然であった。ババアの、伊19の呪い怖い。

 

46: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 00:10:07.74 ID:360R6aW/0

※今のうちに安価しておこうか

最初に建造される艦娘は?(フツー建造されないヤツでもOK。イベントドロップ艦とかでもOK)

あんまりロリばっかり抱かせると提督はロリ系統へのめり込む

かと言って大人の女相手だとガチボレして遺伝子狙ってくる

提督の明日を決めるのは、安価(おまえら)次第だ

↓>>47

 

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/11(日) 00:11:05.01 ID:d74ODUTjO
秋月

 

48: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 00:11:35.14 ID:360R6aW/0
※おし、秋月か。>>47の嫁かな?

 

50: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 00:13:30.84 ID:360R6aW/0

※いっぱい栄養のあるもの飲ませてあげなきゃいけないねぇ

秋月だもんねえ

ミルクあげてミルクでるようにして、食生活を充実化させないとねえ……。

 

66: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 21:59:15.06 ID:360R6aW/0

※投下開始。今回はエロまでいかないと思うの。

………
……

事後処理を終えた提督は、気絶した五月雨を艦娘寮のベッドに運び込んだ。

身体を拭かれ、服を着て、すっかり身ぎれいに整えられた彼女は、幸せそうな顔で寝息を立てている。

五月雨「むにゃ……ていとくぅ、えへへ……もっとなじってくださぁい……」

寝言は非常にアレであったが、とにかく幸せそうなのは間違いなかった。

提督(目が覚めたら土下座しよう……その上でケッコン……いや、将来的に結婚を申し込んで、責任を……)

なかなか古風な考えの提督であるが、ババアがあんな感じだったため、その反動で貞操観念が固いのかもしれない。

そもそも出会って五分で即逆レイプとか頭の悪いAVタイトルみたいな襲われ方しておいて、五月雨に誠実な向き合い方が出来る彼は、何気に清い心の持ち主であった。

いっそこのまま時間が止まってしまえばいいのに、と提督は割とマジでそう考えながら、再び工廠へ向かった。

初期艦がこんな状態とはいえ、まだ勤務時間である。工廠妖精に頼んでサクッと建造してしまおうという腹であった。

何気に勤労意欲に満ちた男である。

提督(しかし、どうしたもんか……俺の童貞とファーストキス……いや、それは置いておくとしても、五月雨のあの乱れよう……ババアの言葉は正しかったのか)

認めたくなくても認めなきゃいけないこともこの世には多い。戦わなきゃ、現実と!

 

67: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 22:01:38.58 ID:360R6aW/0

提督(五月雨は匂いを嗅いだら、明らかに発情してた……ここから導き出される答えは……)

提督(まず洗濯物は自分で洗う。どこの臭いはOKでアウトなのか判然としない上、検証もできないから念には念を入れないと。特に夏場は注意だな)

検証中にまた逆レイプとかシャレにならない。

提督(部屋の清掃に関しても同様。浴槽・トイレは提督専用で、清掃は外部委託か自分で行う)

提督(自慰した際に用いたティッシュは……燃やすか? いや、それで匂いが拡散して鎮守府内が発情艦娘だらけの軽いバイオハザード状態……うわあ、考えるだけで怖い)

提督(オナニーしたら、そのままトイレに流す……これだ……!)

瑞雲に目を付けた日向ばりに目の付け所の良い提督ではあったが、考えるだけ無駄である。

そもそも自慰なんぞできる余裕は、あらゆる意味で今後の彼には存在しないのだから。

 

68: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 22:04:25.44 ID:360R6aW/0

提督(っていうか、おもっきし膣内射精しちゃったけど……艦娘って妊娠するよな普通に……)

なお稀に初潮すら来てない子が建造・ドロップすることもある。

提督(妊娠した子は艤装解体して普通の女の子にならなきゃいけないんだったっけ……? 制度あったよな……後で詳細調べなきゃ……)

正しくは妊娠が発覚した瞬間から出撃禁止。出産から子供を保育園に通わせられる年齢になるまでの育児休暇が認められている。

もちろん解体を選択し人間としての生を歩み、恋仲になった相手―――多くは所属する鎮守府の提督―――と婚約する艦娘もいる。

ババア……提督の祖母は後者の選択を取った。というより、後者しか選択肢が存在しなかったのだ。

かつて【泳ぐ猥褻物】として恐れられたババアが艦娘『伊19』であった頃にはあまり整っていなかった艦娘に対する法整備。

まだまだ問題はあるとはいえ、かなり改善の兆しが見られている。

提督(もし五月雨が妊娠してたら、色々制度使って、その後は話し合いだな……しかし)

工廠への道中、今後の対策を考え終った後――――嫌が応にも、先ほどまでの情事を思い出す。

初めて直に見た、家族以外の異性の裸。

 

69: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 22:08:06.48 ID:360R6aW/0

 高めに見積もっても中学一年生かそこいらではあったが、五月雨は確かに『女』だった。

提督(滅茶苦茶気持ちよか――――ッ、いかんいかん。考えるな考えるな)

提督は頭を左右に振って、その不埒な思い出を打ち消そうとする。

だが、正史において人類の本能が理性を上回ったことなどただの一度も存在しない。

今日から一生オナ禁・セックス禁止って言われて実行できんの? つまりそういうことだ。

まして五月雨という女の『味』は、既に提督にとって特別な存在として記憶されている。

もはや永遠に消えることのない疵のように、深く深く刻まれていた。

その吐息を、声を、蕩けるように甘い舌を、汗の浮かぶ白く滑らかな肌の熱を、そして初めての膣の感触を、提督はしっかり覚えている。

ほつれた糸のように割れた女性器、そのピンク色の花弁を見せつけるように指で押し開きながら、五月雨は痛みを耐えて処女を捧げた。

うねうねと絡みつく膣の動き、ざらりとした膣壁が亀頭に擦れる快感、その子宮めがけて欲望の塊を解き放った瞬間の、昏い征服感にも似た達成感……。

初めて抱いた女。

 

70: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 22:12:44.94 ID:360R6aW/0

 どっちかと言えば抱かれた――――とはいえ、初めての相手は、良くも悪くも記憶に残る。提督の場合は、良い意味で。

提督(………やべ。ちょっと工廠に行くのストップ。めっちゃ顔熱い……)ドキドキ

なお彼は、後に艦娘百人食いを一年足らずで達成し、他の鎮守府の戦績がゴミのように見えるぐらいブッチ切りの戦果を叩きだす。

他の鎮守府の提督からは悪意を込めて『ヤリチン提督』とか『全人類の敵』とか『ゴミクズ野郎』とか『艦娘専用種馬』とか『僕の艦娘が寝取られました』とか『信じて演習に送り出したウチの艦娘が……』とか『あの野郎絶対許さねえ……!』とか、etc,etc....

……百を超える異名で蔑まれるマジカルチ○ポ提督の、童貞喪失直後の貴重なうぶい様子をご堪能ください。

提督(なんか世界が俺に優しくない気がする……)

割とカンの鋭いことを思いつつ、顔の熱の引いた提督は、心機一転、工廠へと入っていった。


……
………

 

71: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 22:15:03.66 ID:360R6aW/0

………
……

やってきました工廠内。そこには、

明石「あ、あの、は、初めまして、あ、アイテム屋の、明石、です……」チラチラ

提督「あ、ああ。初めまして。本日付でこの鎮守府に着任した提督だ。よろしく、明石」

やたら紅潮した頬でつっかえつっかえに自己紹介する明石と、

工廠妖精「ヨウ」ニヤニヤ

提督「お、おう」

ニヤついた顔を隠そうともしない工廠妖精がいた。

明石(す、すごかった……いつまでたっても提督が挨拶回りにいらっしゃらないから、様子を見に来たら……まさか、まさか五月雨ちゃんとあんなこと……///)チラチラ

提督(ヤベエ、この子絶対さっきの見てただろ……なんか視線が露骨に俺の股間に集中してる……男でもこういう視線って分かるんだな……)

艦娘はその成り立ちから対人スキルが未熟であったが、それにしてもこの明石、見過ぎである。

提督「と、とりあえず、アイテム屋にはそのうち寄らせてもらうから、うん……今日はその、これから建造するから、ね?」

明石「は、はい! 失礼しました!!」

あまりの気まずさにやんわりと追い出しにかかる提督。

その意図を察した明石は、脱兎のごとく工廠を後にする。

 

72: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 22:16:39.09 ID:360R6aW/0

 そして残るのは、

工廠妖精「ミテタゼ……オタノシミデシタネェ、オイ」ニヤニヤ

提督「見てたなら助けろよ……」

工廠妖精「ムチャイウナヨ……ウマニケラレタカネエゼ」

提督「そ、そうか…………さておき、本題だ。建設的な話をしよう」

工廠妖精「【ケンゾウ】ダケニカ? それとも【ボテバラ】?」ドヤァ

提督(なんで俺の周囲にはこう昔っから上手くねえギャグをほざく輩が多いのだろうか)イラッ

提督からすればババアを筆頭にもうおなかいっぱいである。

後に鬼怒とか加わったら流石の提督も陵辱モードに入るかもしれない。

提督「とりあえず、建造頼むよ……最低値レシピってやつで頼む」

で。

秋月「―――秋月型防空駆逐艦、一番艦の秋月です。宜しくお願いいたします、提督」

提督「ああ、よろしく頼むよ秋月。これから頑張って行こう(これまた可愛い子だな。真面目そうだ……ん? なんかデジャヴ)」

工廠妖精「」

本来工廠で建造されないはずの艦娘が現れ、工廠妖精は絶句していたが、提督はそれに気づかなかった。

 

73: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 22:21:36.62 ID:360R6aW/0

提督「早速鎮守府内を案内……と言いたいところなんだが、実は俺も本日着任したばかりでね」

秋月「え? そ、そうなのですか?」

提督「ああ。秘書艦を別とすれば、君が俺の最初に建造した艦娘、ということになるね」

秋月「そ、それは光栄です!」ビシッ

僅かな会話ではあったが、提督が秋月に対して抱いた印象は、職務に忠実な真面目さを備えている利発そうな子、であった。

五月雨の時には不幸な事故があったものの、ここはビシッと決めていこうと、提督は居住まいを正し、

提督「君の目には、右も左もわからない頼りない提督として映っているかもしれない」

秋月「いえ、そのようなことは」

提督「だけど、頼りないままでいるつもりはない。仕事を覚え、艦隊指揮を覚え、君たち自身のことをより深く理解していく」

秋月「!」

提督「君たちが誇れる提督であろうとするよ。常に。俺が君たちのことをしっかり見ているように、君たちもまた俺を見ていてほしい。誤ったら正し、そうして成長していこう」

秋月「ッ、はい!!」

提督の決意表明に、秋月は「立派な方のところに着任出来た」と、内心喜んでいた。

これから別の意味で悦ぶことになるんですが、それはまあ、うん……。

 

74: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 22:23:38.09 ID:360R6aW/0

 ばっちり決めたつもりの提督であったが、さて必ず話にはオチというものがある。

今回のオチであるが、

秋月「………?」スンスン

提督「? 秋月、鼻を鳴らしてどうしたの?」

秋月「あっ、す、すいません、恥ずかしい真似を……その、なんだか、不思議な匂いがすると思いまして」

提督「ふ、不思議な匂い?(ま、まさか……)」

提督が察した通り、それは先ほど五月雨と一発ヤッていた時の淫臭であった。

提督(ヤッベエエエエエ!! 床に精液落ちてるゥゥウウウ!!? 拭き損ねてたァアアアア!!)

というか精液の匂いだった。栗の花に似た香りと言えばある意味聞こえはいいが、ぶっちゃけこの工廠内は、絶賛イカ臭い状態にあった。

この提督、結構うっかりをやらかす気質であった。

 

76: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 22:28:15.62 ID:360R6aW/0

秋月「工廠とは縁遠い臭いというか……な、なんだか、ドキドキするような香りで……あまりいい臭いじゃないはずなのに、それが不思議なんです」ドキドキ

提督「とりあえずここを出よう。さぁ、鎮守府内を案内しちゃおうねーーー!!」グイッ

秋月「きゃっ、て、提督? そんなに慌てなくても……(手……男の人の手って、ゴツゴツしてるんだなぁ……)」ドキドキ

提督(工廠を出なければ! 今すぐここから立ち去らなければ!!)

工廠を出る―――その選択は正しい。

だが、その手段がまずかったことに提督が気づくのは、この数分後である。

提督「まずは執務室だ! 執務室行こう? なあ、執務室いこうぜ秋月!」

秋月「きゃっ……(なんだろう……胸の動悸が、どんどん強く……殿方に手を引かれて……や、やだ、私……顔が熱い)」ドキドキ

この後の展開は確定的に明らかであった。

二人連れ立って工廠を出ていく様子を見た工廠妖精はやれやれを首を振り、

工廠妖精「……アトシマツシテオイテヤルカ。ツイデニファブッテオコウ」シュッシュッ

消臭剤をシュッシュとまき散らしながら後片付けをしてくれる工廠妖精さんは、何気にぐう有能であった。


……
………

 

80: ◆B2mIQalgXs 2016/09/11(日) 22:38:52.09 ID:360R6aW/0

 そのうち

提督「照月ェ! 貴様の胎を新たな命の灯(隠語)で照らして臨月にしてくれる!!」

照月「や、やん……💛」

とか、

提督「初月ェ! 貴様の初物(隠れてない)ブチ抜いて一発轟沈の後に臨月にしてくれる!!」

初月「ば、馬鹿っ……優しく、しろよ……」

とか、滅茶苦茶頭悪い感じの書きてえ

 

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/13(火) 20:25:27.31 ID:U4KEGFO1O
マジカルおまんこに搾り取られたい

 

103: ◆B2mIQalgXs 2016/09/13(火) 20:51:53.81 ID:OmdayMVs0

>>102
最後にやろうと思っていたネタを言われた

>>102の先見の才能に嫉妬

艦息「提督が鎮守府に着任しました」×150

女提督(アカン)←マジカルマ○コとマジカルア○ル、そしてマジカルフ○ラというトリプル属性保持者

輪姦フラグしか立たねえ

まだ書き溜めちうなのでもうちょっとかかるんじゃ

 

105: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/13(火) 21:49:48.80 ID:+kZceyNKO
>>103
小ネタで書いてどうぞ

 

106: ◆B2mIQalgXs 2016/09/13(火) 22:27:05.59 ID:OmdayMVs0

>>105
いいよー。小ネタねー。

【艦これ】マジカルマ○コ提督【ア艦これ】

軽く書き溜めといた概要を記載

登場人物は肉体的にも精神的にも性別逆転。ヤリ盛りの男の子(艦息)たちばかり。

しかしここは最前線の鎮守府。出会いの無い職場です

御仕事柄、たまのお休みに性欲天元突破した結果、ソープいきたくても最前線にそんなところはねえ。イアンプってなにそれ新型のアンプ?

そんな時、前任の爺さん提督が引退。新任少佐として着任したのはなんと女提督! しかも黒髪ロングの十代半ばの大和撫子系

鎮守府に女は提督のみ。

あっ(察し)となった人は進みましょう。行けば分かるさ。

・間宮と愛宕は鎮守府屈指のキョコーン

・浜風は片目隠れで年齢不相応なキョコーン

・というか艦娘で巨乳の子はみんなキョコーン

・蒼龍はたまに『はみ出る』

・川内の夜戦好きは提督でもてこずる

・阿賀野のヒモ属性がやばい

・大井っちはホモ。はっきり分かんだね

・雷巡は先制雷撃(意味深)のせいか早漏気味

・イタリア艦はどいつもこいつも軟派野郎

・レーベは男の娘の僕っ子

・龍驤は子供ち○こを気にしてる

・秋津洲のち○こは役立たず(ED)なんかじゃないかも!

・雪風は百発百中(運)

・島風くんはっやーい(嘲笑)

・海のスナイパー(迫真)

・伊58「ゴーヤの魚雷さんは、お利口さんなのでち!」←射精コントロール+テクニシャン

・球磨・多摩の野生の本能はしゅごい(意味深)

・那珂「那珂くんのー、膣内(ナカ)に出してあげるねー♪」←超うざい

・連合艦隊の旗艦を務めた艦娘は輪姦指導がまあお上手。流石はビッグセブンに鬼畜メガネ。意外なことでも何でもない

・まるゆと菊好き、もとい菊月はアナルマイスターMOGUMOGU

・明石はペロリスト(口搾艦的な意味で)でテクニシャン(工作艦的な意味で)

・速吸くんおっぱいマエストロ。つーか吸い過ぎ。何を給油するんですかねえ……。

・朝潮「提督に朝一番にご奉仕して潮を吹かせるのは朝潮の仕事です!」←正気

・女提督の処女を奪ったのは初霜(意味深)

・鹿島と香取は調教師

・響はВерныйになるとお家芸レイプを身に付ける

・大発動艇を装備できる奴は絶倫

こんなん?

 

110: ◆B2mIQalgXs 2016/09/13(火) 22:36:01.79 ID:OmdayMVs0

【今日は何の日ぃー?】

子日「提督と子作りの日だよー! ひゃっほい!」ズプン

女提督「んあぁッ!」ビクンッ

【不知火に落ち度でも?】

不知火「ゴ、ゴムに、穴が……」

女提督「」

【童貞喪失おめでとう阿武隈くん】

阿武隈「こんな僕でもヤれば妊娠(デキ)る! ね、提督! 本当にありがとう! もういっかいしよ!」

女提督「はぁ、はぁ……わ、わかったから、ちょ、ちょっと、や、休ませて……💛」ビクンビクン

【お風呂場でのワンシーン】

加賀「これだから五航戦は」プッ

瑞鶴「ちょ、ちょっとばかし自分が大きいからってアンタは!!」グヌヌ

【隠し撮りがバレた青葉】

古鷹「去勢」

加古「残当」

衣笠「執行」

青葉「アーッオバワレ」

 

117: ◆B2mIQalgXs 2016/09/13(火) 22:59:57.30 ID:OmdayMVs0

【夕張のデータ収集癖がもはやプレイの一環めいてやばい】

夕張「キレーなオマ○コだね、提督……色素の沈着無しでつるつる。ふふっ、ビラビラ小っちゃくて、足閉じてるとスジマンだね。子供みたい」

女提督「き、気にしてるのに……」ジワッ

夕張「褒めてるんだよ? すっごく綺麗だ……ヒダもサーモンピンクで……ぷるぷるのゼリーみたい。クリトリス、ちっちゃいけど固く尖ってるよ?」

女提督「い、言わないで……や、やっ、こすこす、しないでぇ……」ハァハァ

夕張「もうトロトロだね。濡れやすいけど、中の具合はどうかな? ……指入れるよ?」ツプッ

女提督「ん、にゅ……く、ふぁ……!」

夕張「わぁ、凄く熱い……膣の入り口はきちきち締め付けてきて、中で三段締まるよ……膣壁上部は入り口から奥までびっしりカズノコ天井で、膣壁側面もうねうねミミズ千本……男に犯されて精子を搾り取るために生まれてきたみたいだね、提督ってば?」

女提督「いじめないでよぉ……」カァアッ

夕張「ごめんごめん、じゃあお望み通り……ほら」

女提督「っ、あっ、あああっ!!」

夕張「あ、軽くイッちゃった? ゆっくり入れてくよ………ほら、全部はいっちゃった。根元も、竿のところもきちきち締めて……そんなに欲しかった?」

女提督「はーっ、はーっ、はーっ……💛」ピクンピクン

夕張「あはは、もう聞こえてない? 発情しちゃってる? 亀頭の先に当たってるのは、子宮かな? すごいね……こっちは動いてもいないのにうねうねして、絡みついて、やらしいね。ホントいやらしいよ」ゾクゾクッ

女提督「はっ、はぁっ、ふぁ……💛」

夕張「このオマ○コで、一体何十人の男の子から精子を搾り取ってきたの? ねえ?」

夕張はドS。マジカルマ○コは超名器。

 

119: ◆B2mIQalgXs 2016/09/13(火) 23:10:55.17 ID:OmdayMVs0
※読者がヌイてるときはコメントの量が減る。俺は詳しいんだ(迫真)

 

146: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:18:23.71 ID:bBU+jCZy0

※皆感想やら誤字指摘やらディスりありがとう。

取捨選択して自分の実に変えていくさ。

果たして秋月はお○んぽに勝つことが出来るのか!(迫真)

答え①超絶美少女の秋月は突如反撃のアイデアがひらめく

答え②仲間(五月雨)がきて助けてくれる

答え③勝てない。このマジカルチ○ポ、容赦せん

答えは投下の後。不正解者は多分、このSSの趣旨を理解してない人だけ。

 

147: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:19:14.43 ID:bBU+jCZy0

 提督とその手を引かれる秋月は、逃げるように執務室に駆けこんだ。

正しくは逃げていたのは提督だけであったが、今の彼は己が袋の鼠であることに気づいていない。

袋は執務室。

鼠は提督自身。

そしてそれを捕えるものは、秋月。

自分から獣を招き入れる鼠という哀れな構図であるが、神の眼を持たぬ彼には知る由もなかった。

提督「はぁー………(ここまでくれば)」

ダッシュで執務室に辿り着いた提督は一呼吸ついて、執務室の中を眺める。

新品のフローリングの床はピカピカで、なかなか立派な拵えの執務机が窓際に置かれている。

恐らく来客用と思われるソファが二つに、それに挟まれるようにテーブルが一脚。

ここが今日から自分の仕事場になると思うと、なかなか悪くない造りに見えた。

――-今日からここで一緒に頑張ろう、と言いながら振り返った、未だ提督が手を握りしめている秋月は、

秋月「はっ、はひぃっ、はひぃ……」ウットリ

 

148: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:19:48.87 ID:bBU+jCZy0

提督(発情されてらっしゃる)

他人事のように提督は思った。無理もないことである。発情する女の子なんてものは二次元とか頭悪いAVにしか存在しないものと思い込んでいた。

だが、提督は分かった。

理解してしまった。

なんせ、先ほど自分を押し倒した五月雨と、今の秋月は同じ顔をしている。特徴的なのはその眼だ。

思わず手を離し、思い切り距離を取る。しかしずりずりと秋月は距離を詰めてくる。すり足だ。コイツ、出来るぞ……!

秋月「て、ていとく、ていとくぅ……💛」ハァハァ

提督(ハートマークが飛んでいらっしゃる)

謝りながら提督を押し倒した五月雨は、こんな目をしていた。

提督「落ち着くんだ秋月。おまえがいま感じている感情は精神的疾患の一種だ。しずめる方法を俺は知らない。俺に任せるな」

秋月「っ………」

潤んだ瞳で自分の顔を見上げてくる、恐ろしく顔の造詣が整った美少女の視線に抗する術を、提督は知らなかった。

学校では評価されない項目ですね。

 

149: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:21:53.44 ID:bBU+jCZy0

提督(どっ、どうしてこうなった……!! 言葉以外を饒舌に体二つで駆け抜けてしまった結果、そのツケが一挙に押し寄せて払い方が分からない……!!)

逃げるなり放っておくなりして自爆すればよかったとしみじみ思う提督であるが、このSSはそれはそれで相手がヤンデレ化するクソゲー仕様である。

しかも『悲しみの向こう側』へと辿り着くエンドは本スレの趣旨からして誰も望んでいない。

つまりは必然的に皆ハッピーなハーレムが待ち受けているのだ。優しい世界である。提督以外には。

提督(クソッ! ナレーションさんですら慈悲も容赦もねえ!! キー○ン山田さんだってもっと優しいってのに! クソッ、なんて世界だ!)

ちびまる○ちゃんって『ちびま○こ』って書くと凄く卑猥……でもねえな。あの絵柄がどうしても脳裏から離れんし。

アレでヌくやつは未開の蛮族出身か非常に高度な政治的性癖の持ち主であろう。

提督(うるせえ! 政治に性癖とか絡まねえよ!!)

そんな感じで提督が現実逃避してる中、秋月は呼吸を荒げながら、一歩提督に近づく。

もうあと一歩踏み出せば、提督との距離がゼロになる、そんな距離だ。

秋月「てい、とく……お願い、です。はしたない子だって、想うかもしれません、けど……秋月は、秋月は、もう」

 

150: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:24:28.86 ID:bBU+jCZy0

 胸を押さえながら、途切れ途切れに秋月は訴える。

苦しい、と。

抑えきれない、と。

秋月「こんな、自分の心すら、律することのできない私は、駄目な艦娘です……おねがい、です、にげて、ください。がまん、しますから、だから……」

泣きだす寸前の子供のような顔で、くしゃくしゃになった顔で、必死に己の身体を抑えながら、秋月は訴えた。

―――抱いてくれ、ではなく。

―――逃げてくれ、と。

そして、

秋月「そのあと、秋月を、解体、してください……多分、この苦しさ、なくならない、です……こんな、艦娘は、戦えないです。もう……」

提督「あき、づき……」

秋月「短いお付き合いでしたが、秋月、嬉しかったです。一緒に成長していこうって言われて、嬉しかったです……」

秋月は泣きながら、しかし先ほどまでのくしゃくしゃな表情ではなく、凛とした笑みを浮かべ、涙を流して、

秋月「これ、ひとめぼれって、いうんでしょうか? きっと、そうなんだと、思います。私って、惚れっぽい艦娘みたいですね……提督、私、秋月は―――」

――――提督のことを、お慕いしています。

その言葉が紡がれた瞬間だった。

提督「」ブツン

その時、提督の中で何かが音を立てて切れた。

とても大切な糸が……理性という名を持つ糸が。

マジカルチ○ポの魔術回路およびチャクラ穴が全開。悪魔的なフェロモンを次々に分泌しとめどなく拡散していく。幸いにしてここは密室。漏れだすことはない。

魔力とチャクラ、そして黄金色に回転するエネルギー。無尽蔵に増殖する性欲が丹田を中心に提督の男性器へと注ぎ込まれ、撃鉄を上げるタイミングを今か今かと待ち受けている。

提督「…………」カパァ

提督は犬歯を剥き出しにして笑みを浮かべた。笑みとは本来攻撃的なものである。

ここに鼠と獣の立場は逆転する。

誰が食われる側で食う側なのか。

そもそも前提からして間違えていた。

鼠をここへ拉致したのが提督。

後は貪り喰らわれるのが、秋月である。


……
………

 

151: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:25:28.52 ID:bBU+jCZy0

………
……

女性らしい魅惑的な曲線を描く体のライン。白い背には染み一つなく、情欲に火照った汗が光っている。

腰を前後するたびに、程よく丸みを帯びた形の良い尻がふるふると揺れ、執務室内には断続的に粘ついた水音が響く―――そして快楽に耽る女の嬌声も。

秋月「あっ、あっ、あっ💛 ていとく、もっと、んぅ、あっ、んひっ、ああっ💛」

提督は執務机に寄りかかる秋月を、背後から犯していた。処女喪失に立ちバックとか難易度の高い技を選択するあたり、流石は防空駆逐艦である。ところで防空駆逐艦とは何だったのか。

提督「がるるぅー」

信じて送り出したゆーちゃんがいずれろーちゃんとなるように、提督もまた野獣となった(白目)。

さながら全自動腰振りマシーンである。本人はまるで意図していないが、突き出す性器の抉るところがことごとく秋月の弱点というのが凄まじい。

というかマジカルチ○ポが突く箇所はどこもかしこも弱点となっていく。某空手家の用いる抜き手のそれに等しい。おそるべしである。

秋月の中には、既に大量の精液が巻き散らかされていた。それが腰を打ち付けられるたびにどぷっと溢れていく。

太いモノが抜けかけるたびに秋月自身の愛液と破瓜の血液、そして大量の精液が混ざった淫液が掻き出され、床をどろどろに濡らしていく。

白い太腿を伝って床を汚していく精液の量は、一般的な成人男性の射精量の7,8回分はあった。

さながら立て続けに男たちからかわるがわる輪姦されている様相であったが、これが一回の射精によってもたらされたものだと誰が信じようか。

秋月「あっ、やぁっ……も、立って、られな、い……ッ」

膝が抜けそうな秋月の様子を見て、提督は一度剛直を引き抜き、へたり込みそうになる秋月の身体を抱え上げた。

そのまま執務机の上に仰向けに寝そべさせられる。背後から突き上げていた時と違い、秋月の表情も体も露わになる。

快楽のあまり涎を垂らす口元も、ふるふると揺れる重量感を持った胸も、そして、

秋月「あっ、や、やっ……!?」

提督は秋月の両足を掴み上げると左右に開き、そのままぐいと押し込む。秋月の顔の両側に膝が来る体勢、言わゆるM字に開脚された姿勢を取らされた秋月の表情が真っ赤に染まった。

大きく開かれた脚の間―――純潔を失い白濁した汚液をごぽごぽと垂れ流す秘所に、提督の熱っぽい視線を嫌が応にも感じてしまう。

 

152: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:26:49.87 ID:bBU+jCZy0

秋月「こ、こんな、姿勢、や、やぁ、いやです、ていと、くぁ、ぁあああああッ!!」

羞恥に体をよじろうとする秋月の脚を掴みながら、提督は再び秋月の秘所へと亀頭をねじ込ませる。

秋月「か、かっ……ひゅ、ひゅ……💛」

陸に上がった魚のように口をぱくぱくとさせながら、秋月は絶頂に達した。鰓の張った亀頭がずりずりと秋月の発情しきった膣内を蹂躙した。

浅く抽挿を繰り返す亀頭は、ぐりゅぐりゅと秋月のGスポットを擦り上げる。まだ建造されて間も無く、自慰の経験すらない未発達な筈のその箇所が、一突きごとに性感帯として開発されていく感覚。

その度に秋月の身体が断続的に跳ね上がる。

その反応に気を良くした提督は、不意に男根を膣奥へと押し込んでいく。散々にマジカルチ○ポによって性感を高められた膣奥への不意打ちは、秋月の膣イキを更なる高次元へと昂ぶらせていく。

秋月「いっ、イくっ、イくぅッ……あ、あっ、い、イッ、イッて、るのにぃ……」

秋月の意識は、既に困惑や痛みとは無縁の、快楽で満たされようとしていた。

秋月(気持ちいい、気持ちいい、気持ちいい、お○んぽ、気持ちいい……💛)

初めてなのにこんなにも乱れてしまう自分自身に疑問すら抱いていない。感じるのは股間からへその下までを満たす甘美な熱量のみ。

秋月(近代化改修されてく。提督専用に、提督のお○んぽの形に、私のお○んこ、近代化改修されてくっ……)

それが秋月にはどうしようもなく嬉しくて、気持ちよくて、もはや言葉では言い表せないほどの多幸感に満たされていく。

そこに、更なる快感を齎す追撃が襲ってこようとは、想像すらしていない。

秋月「え、ぁっあ、んぁああッ!? ああああああああああああああッ💛」

提督の右手はいつの間にか秋月の股間、快感の為だけに存在する器官―――クリトリスへと添えられていた。

ぱんぱんに膨れ上がったそれを親指の腹を使って優しく押し込んだだけで、秋月の意識は容易く深い絶頂へと追いやられていく。

更に提督は抽挿の速度を増し、ごんごんと子宮口を鈴口で抉る様に突き上げる。指先でクリトリスを押し潰し、弾き、擦り上げながら。

更には左手はそっと秋月の固く尖ったまま自己主張する寂しげな右乳首、その乳輪を指先でなぞるように触れる。

 

153: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:29:05.90 ID:bBU+jCZy0

 ―――乳首、クリトリス、そして膣の三所攻め。

基本的なテクニックであるが、マジカルチ○ポを持つ提督の行うそれは技量が半端ではない。

強制的に雌の性感を開花させるマジカルチ○ポに、提督自身が備えていた天性とも言える指先のテクニック。

快楽とは痛覚だ。どこまでの刺激を『気持ちいい』と秋月の身体と脳が誤認するか、それすら秋月よりも提督の方が知っている。

秋月(きもちいいっ、きもちいいっ……ていとく、わたしより、わたしのからだのこと、ずっとずっと、しってるんだ……💛)

後に一秒間で十回の絶頂へ誘うと(艦娘達から)求められる―――マジカルフィンガーのデビュー戦であった。

秋月「らっ、らめっ、それ、らめれしゅっ……いじっちゃ、らめっ、らめぇ……お、おかひく、なりゅ……💛」

もう秋月の顔は涎に涙に鼻水で、乱れに乱れていた。精緻に整った凛々しい顔立ちはそこになく、快楽にむせび狂う一匹の雌の顔がある。

秋月はぶるぶると震えながらも、力の入らない両手を提督の顔へと伸ばし、その首に絡めて引き寄せようとする。その意図は、

秋月「て、ていとくぅ、き、きしゅ、きす、きす、したい、ですっ……きしゅ、してくらひゃいっ……」

このままされるがままにされていたら、自分は本当におかしくなってしまうという恐怖。

それと同時に、このどうしようもなく魅力を感じ、惹きつけられてやまない男に愛されたいという欲求が、秋月にそれを懇願させた。

 

154: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:31:21.40 ID:bBU+jCZy0

 意図を察した提督は口元に薄く笑みを浮かべ、その要求に対して上半身を秋月の身体へと預ける。

秋月「あ、ん……ちゅ、ん、れる……💛 じゅるっ、ん、んむぅ、ん……💛」

深く蕩けるように舌を絡め、唾液を送り、唾液を掻き出し、溶けあうように飲み干す。キスしながら、秋月は自由になった両足を提督の腰に絡め、自分に引き寄せるように力を込めた。

秋月「ん、ぷぁ……しょのまま、れる……突いて、突いてぇ……💛」

エスカレートする要求に提督は内心で獰猛な笑みを浮かべ、力強く秋月の首に手を回し、がしりと体を固定させる。

引き締まった提督の固い胸板が秋月の胸を押し潰し、抽挿で漉しを揺さぶる振動で乳首が擦り上げられる。

深いところで提督がぐりぐりと腰を押し付ける。新鮮な子宮が亀頭で押し込まれてイき、秋月のぱんぱんに膨れ上がったクリトリスは恥骨が押し潰してイき、秋月の目の前で星がチカチカと点灯する。

秋月「あっ、ひゃあああっ💛 深いっ、ふかひっ💛 いくぅっ、イくっ、イッ、く、ぁああああああッ💛」

そしてお望み通りに突き上げる。秋月が絡めた脚をはねのけるように深く、強く。いささか乱暴すぎる勢いで剛直が抜き差しされるたびに、秋月のキツキツおま○こがめくれ上がる。

淫液をまき散らし、とろとろに蕩けた淫肉がもっともっと奥へ奥へと剛直を呑み込むような動きで蠢動する。

そうして激しい動きは、しかし子宮アクメの悦びとクリトリスイキで性感が頂点に達した秋月にとって、もう何もかもがより快感を長引かせる要素でしかない。

一突きごとに秋月は深いアクメに身をよじらせ、子宮口が懸命に降りようとするたびに剛直に押し潰されて、さらに遠く遠く意識が白んでいく。

 

155: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/14(水) 23:35:24.32 ID:+XH/T90SO
外すことのない恋の魔弾(精子)

 

156: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:37:46.56 ID:bBU+jCZy0

秋月「いっしょ、いっしょにっ、ていとくっ……いっしょにぃ……」

意識が途切れてしまう。本能的にそれを察した秋月が懇願する声に提督は頷き、ひときわ激しく剛直を突き上げる。

濡れる唇を提督の耳に寄せ、懸命に声を絞り出す。

秋月「ら、らひてくらひゃいっ、せーし、せーしっ💛 いっぱい、あきづきの、なかぁ……💛」

提督「ッ……!!」

はしたない哀願にとろける秋月の膣奥で精液が弾ぜた。びくびくと痙攣する秋月の腰を押さえ付け、射精しながら体重を込めるようにより深く男根をねじ込む。

まんぐり返しの姿勢に固定された秋月には、抵抗する力も意志もなくなすがままに提督の射精を受け入れるように、膣内は蠢動を繰り返す。

完全に屈服した子宮は全ての抵抗をやめ、ごくごくと音を立ててその内側へ精液を呑み込んだ。

子宮を満たし溢れだそうとするモノの熱さと、それを許さず、更に際限なく流し込むために子宮口に硬く蓋をする剛直。

胎内に生まれる白濁した大海原の奔流すら、今の秋月にとっては苦しみにならず、快感を与える要因にしかなりえない――――白目を剥いて、秋月の身体が不随意に跳ねる。

白く平らな秋月の腹は、精液の海にみるみる妊婦のように膨れ上がっていった。

秋月「ん、ぁ、かはっ、ひゅっ……あっぉ、お……💛」

全身を激しく痙攣させて深いアクメに酔いしれながら、秋月の瞳がゆっくりと閉じていく。

うっとりとした表情のまま脱力していく身体はピンク色に上気し、むせかえるほどの淫臭を発していた。

すっかり精液を吐き出し切った提督がぬぽんと音を立てて剛直を引き抜くと、途端に溢れだす白濁液が、秋月の太腿に、腹に、胸に、顔に降り注いでいく。

もはや二十人ぐらいからに輪姦されたと言われても納得の光景である。

仮に憲兵さんがここに来たとしたら、他の下手人はどこかと問い、提督は俺だけですといい、嘘をつくなと言われ、秋月がほんとうれしゅ、と答える。そんなカオスな展開があったのだろうが、まだ憲兵はここに着任していなかった。

さておき、決着がついた。

秋月:二時間三十三分二十一秒……敗北

絶頂回数:256回

決まり手……だいしゅきホールドからの種付けプレス

練度1→練度30

キラ付け→MAX

ウィナー提督:

射精数2回

決まり手……種付けプレスうぃずマジカルチ○ポ(覚醒Lv1)

ち○こ練度1→2

提督(―――――犯っちまったZE☆)

字面の陽気さと裏腹に、提督の顔面はFXで有り金全部溶かしたような表情だったという。


……
………

 

158: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:46:48.07 ID:bBU+jCZy0

………
……

意識の戻った五月雨と秋月は、本日の業務終了を告げられたのち、着替えとタオルを手に入渠施設――――ぶっちゃけ温泉に向かった。

まるで被害者の会―――否、加害者の会だろうか。二人は自己紹介したのち、自分たちの身に起こったことの情報を交換した結果、一つの結論に至る。

五月雨「共用で」

秋月「口惜しいのは貴方も私も……ですが、やはりそれしかない」

自分の身体にみなぎる力が、その証左だ。練度30にも達するほどのパワーが、秋月の身体に満ちている。

マジカルチ○ポによるセックスは、その実ただのセックスとは違う。肉体を改造し、魔力やチャクラ、黄金回転のエネルギーを循環し、艦娘という一個体の生物としての強度を跳ね上げる房中術なのである。

つまり提督とセックスすればするほど、艦娘は強く、美しくなる。美容効果という意味でも最高であった。

愛の無いセックスとして割り切る艦娘もいるだろう。でも、きっとあの提督はそれを許さない。

愛して、愛して、愛した上で、練度の上昇やらキラ付けやらはおまけに過ぎない。

抱きたいから抱く――――提督はそういう人だと、五月雨も秋月も提督のことをそう思っている。

 

159: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:49:11.46 ID:bBU+jCZy0

 いや、そんなことはないし別に頼まれたら抱くけど、というのが提督である。彼女たちは提督を買い被りすぎている。

五月雨「提督って、今までどうやって生きて来たんでしょう……その、さっきまで、女性とは、その、肉体関係、一度もなかったって……五月雨が、初めてだって」

秋月「自慢ですかそれは」

五月雨「じ、自慢したつもりで言ったんじゃないです、けど……誇らしくは、その……嬉しいです///」カァ

秋月「ですよねぇ……信じがたいですが、提督が童貞だったのは、事実なんでしょう……私なら絶対、提督を手放しません。他の男性がどうなのかなど知りませんし、知りたくもないですが、不思議とそんな確信があります」

五月雨「ですよね。一度しちゃったら、もう……」

秋月「は、はい。気持ちよさは、その……正直、たまらないといいますか、その」

五月雨「わかります……提督の、お、お、おち……提督とするの、凄く気持ちいいですよね?」

なんか友情めいたものを深め合う初期艦と初建造艦がいた。

様々な要因はあった。だが最大の要因は一つ。

――――提督は、自分自身の資質や今までの人生で『童貞でいられた』ことの原因を理解していなかった。

マイルドな言い方をすれば『自己評価の基準がそもそも間違っていた』。

にべもねえ言い方をすれば『運が良かった』。

これに尽きる。要は彼は自分のお○んぽを舐めていた。セルフフェラ的な意味じゃなくて異性に対する魅力的な意味である。念のため。

五月雨「そ、その、今夜二人で……提督のお部屋に、行きませんか……?」

秋月「そ、それは、その………はい💛」

数時間前に処女を失ったばかりの子とは思えないアグレッシブさであったが、

処女喪失の痛みや膣粘膜の傷など、入渠すれば一発で治る艦娘にとって、セックスは負担ではなかった。

望まぬ相手とそれを強要されるならまだしも、気持ちよくてしかもキラ付けに練度上昇効果を持つマジカルチ○ポ提督とのセックスは、動機付けとしては最高である。

 

160: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:49:51.30 ID:bBU+jCZy0

 以下、後にこの鎮守府へ着任する某似非関西弁を操る軽空母の、セックスのお誘い例である。

××『いやー、しゃーないなぁ。ウ、ウウウウチとしてはどっちでもええんやけど! 練度とキラ付けは重要やもんな! 重要やったらしゃーなしやな! せ、せやろ!? なっ! なっ!?』

「スケベしようや」よりマシとはいえこれは酷い。もう少しましな誘い方はないのでしょうか軽空母Rさん。

必死にも程がある。なお練度最大になった後のことを考えていないあたり、可愛らしいものである。キラ付けに関してももはや必要ないぐらいのチートに育ってしまっては、その言い訳も通じない。

なお練度最大になった後の某素直になれない系駆逐艦のセックスのお誘い例がこちらである。

××『あ、いや、あのさ……練度とかじゃ、なくてさ……その……アタシが司令官にしてほしいっていうか、その……し、司令官じゃなきゃ、やだ……やぁ』

おかわり入りました。素直が一番である。この後七発ほど中出しされて幸せいっぱいの駆逐艦Sさん。

 

161: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:51:18.99 ID:bBU+jCZy0

 余談ではあるが、稀に入渠で処女膜まで治る者もいる。

いずれにせよ、

五月雨(提督……秋月さんがシてもらったってやつ……今度は、いっぱいちゅーしながらしてほしいなぁ……らぶらぶなえっちもしてみたいです)イソイソ

秋月(し、しっかり体を綺麗にしておかなきゃ……騎乗位、興味ありますし……)ゴシゴシ

提督の明日はまだこない。


……
………

 

162: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:52:17.75 ID:bBU+jCZy0

※さて、安価。ここから大きく時間が飛び、二月ほど経過した鎮守府になります。

五月雨、秋月を確定とし、他の艦隊メンバーであるクッソチート艦娘(提督とヤリまくった艦娘ともいう)を四隻安価

なお1隻目は初ドロップ艦として扱います

間宮・伊良湖・明石・大淀は話の都合上、既に着任している前提になりますので、それ以外の艦ならなんでもOKです。

>>163-166

 

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/14(水) 23:52:39.82 ID:Rt48KJXMo

 

164: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/14(水) 23:52:46.30 ID:BBuuLOVXo
阿武隈

 

165: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/14(水) 23:52:58.94 ID:Rhmp395zO
千代田

 

166: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/14(水) 23:53:02.49 ID:0G6lz2gpO
朝潮

 

167: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:55:07.59 ID:bBU+jCZy0

※響、阿武隈、朝潮はともかく、千代田のどたぷーんが来たので提督はロリを脱しましたが『ロリも全然イケる!』に変わりなし。

ここから回想的な感じで初体験だったり、提督との逢瀬だったりプレイだったりになっていきます。

※続いて、本日の即堕ち二コマ艦娘を選択してください

これは既に上記で選択済みの艦娘でも伊良湖でも間宮でも明石でも大淀でもOKです。

>>168

 

169: ◆B2mIQalgXs 2016/09/14(水) 23:59:11.71 ID:bBU+jCZy0

【本日の即堕ち二コマ艦娘~天津風~】

【before】

天津風「速さが問題じゃないのよ」

【after】

天津風「は、はひゃいほうがっ、い、いっぱい、イッちゃうのぉ……💛 天津風のたーびん、もうネバネバどろどろで、しゅーりしなきゃらめぇ……💛」

【完】

 

170: ◆B2mIQalgXs 2016/09/15(木) 00:05:28.05 ID:WTLBx1RP0

※あ。それと繰り返し告知しますが、マジカルマ○コ提督はそのうち別スレ立てます。

前回書いたのはまぁお試し版ということで一つ。

ティン、ときたら是非立った時にでも足をお運びを。

こっちは基本ラブラブギャグ風味で行く。あっちはTSガチエロみたいな。

今回は秋月が秋月種実(意味深)になっちゃいましたね。

精液ボテからのある意味で顔射・胸射・腹射で精液漬けに。

続きはまた明日から土日にかけて投下ですよ

また来てくれナス

 

189: ◆B2mIQalgXs 2016/09/15(木) 22:43:48.33 ID:WTLBx1RP0

【本日の即堕ち二コマ艦娘~如月~】

【before】

如月「んもぅー、ギリギリまで一緒にいたいのに………あなたも、一緒にお休みする? なーんちゃって♪ うふふっ♥」

【after】

如月「ご、ごめんらしゃい、ごめんらしゃいぃっ、けいけんのないこむしゅめが、ちょうしにのってごめんらしゃい! ら、らから、らからっ、きしゃらぎを、イカせてぇ! イきたいのぉ! もっと、もっとぉ……お○んぽぉ、お○んぽぉ、ずぼずぼしてぇ……♥」

アクメ懇願するまで寸止め地獄。もう如月って時点でこれしかねえよ。

【完】

 

191: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/15(木) 22:45:24.39 ID:CxOAK4ZHO
やったぜ

 

203: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 15:46:22.26 ID:jNFY+oZF0

※まさかの早上がり

>>199 君に決めた!

本日の即堕ち二コマ艦娘のお時間+他鎮守府からのNTR艦娘安価です

後者は後で話に絡めて登場させるので、今安価取ろうと思います

>>203 即堕ち艦娘指定

>>204 NTR艦娘名指定

>>205 NTR艦娘は【処女】か【非処女】かを指定(カンマ下2桁で練度。00だとケッコン済み人妻カッコカリ艦娘を寝取る)

 

204: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 15:46:56.54 ID:jNFY+oZF0

※安価ずれた。もう一度

>>205 即堕ち艦娘指定

>>206 NTR艦娘名指定

>>207 NTR艦娘は【処女】か【非処女】かを指定(カンマ下2桁で練度。00だとケッコン済み人妻カッコカリ艦娘を寝取る)

 

210: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 15:54:36.86 ID:jNFY+oZF0

【本日の即堕ち二コマ艦娘~瑞鶴~】

【before】

瑞鶴「七面鳥ですって!? 冗談じゃないわ!!」

【after】

瑞鶴「ひ、ひちめんちょうれふっ………わらひは、ひちめんひょう、れふぅ……♥ ていとくしゃんの、お○んぽに、ひちめんちょううちしゃれる、ただのにくあなれしゅっ……してっ……してぇっ♥」

ズイ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾ズイ

【完】

 

211: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 15:57:09.07 ID:jNFY+oZF0

※空母は夜戦が苦手だからな……仕方ないんだよ。

ふむ、舞風(練度90・処女)か。

エースクラスか。可哀想だが、提督の上で踊ってもらおう。

提督は提督でもお相手はマジカルチ○ポ提督だがなぁーーーーっ!!

って具合にしよう。そうしよう。安価ありがとう。

夜に本編更新するね

 

225: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 21:45:35.86 ID:jNFY+oZF0

※投下準備中。注意事項

ご感想、リクエスト、ありがとうございます

改めて記載しますが、このSSは極めて頭の悪いSSです

ジョークをジョークとして捉えられない方は、今すぐブラウザバックを押すかエクスプローラー閉じるかPC電源引っこ抜くかディスプレイを叩き割るんだ。いいね?

つーかマジで筆が乗って、メチャ長い。つーかおまけの方が長い……本編から外れてる話じゃないので念のため。

 

226: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 21:46:57.32 ID:jNFY+oZF0

………
……

そして、提督着任から二ヶ月が過ぎた。

この時期の提督は……。

提督「アッ、アッ……クチクカン……アッアッ」

――――追い詰められていた。

別に腎虚的な問題はない。むしろ肉体的には至って健康。実に満たされている。

既に着任している間宮やら伊良湖やらが率先して提督の栄養管理を徹底している―――食後のエビ○ス錠とビタミン剤は必須であったが。

 

227: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 21:50:43.83 ID:jNFY+oZF0

提督「アッアッ……ミンナガ……オレノポ○モンヲ、サガシニクルアッアッ……ラメェ、ゲットハ、ラメェ……」

ポケットの中のモンスターとは、文字通りアレでナニなものである。それをGOしちゃうんだからもうド変態であった。

でもこの提督なら引っこ抜かれたとしても自己再生とかしそうである。「だってマジカルだから」で納得できそうだ。

さておき、提督の抱える問題は精神的なものである。

この二ヶ月間で、鎮守府には多くの艦娘が着任した。

総数にして30名であろうか。

小学校高学年ぐらいの年頃の子から、自分と同い年ぐらいの年代の子まで、それはもう幅広く。

だが。艦娘が着任し、らめぇとかあひぃとかんほぉするたびに、提督の違和感は高まる。

違和感を抱え続けて二ヶ月――――提督はやっと、その異変に気付く。

提督(ドロップ・建造した艦娘で……俺と肉体関係にならなかった子が……一人もいない)

ひょっとしてコイツ、凄えバカじゃなかろうか。

ドロップ・建造した艦娘という限定がある時点でお察しかもしれないが――――そう、明石と大淀と間宮と伊良湖は除く。彼女たちはまだ処女だ。

 

228: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 21:54:34.66 ID:jNFY+oZF0

 彼女らは着任こそしていたが大本営からの出向組であるため、手を出せば破滅、何があろうと手ぇ出すわけにはいかない―――と提督が勝手に思い込んでいる。

奇妙なすれ違いであった。着任した時点で四名は記録上でも事実上でも提督の鎮守府直属の艦娘である。

手を出そうが解体しようが、不当な理由や事案でなければ大本営はもちろん憲兵ですらノータッチであることに提督は気づいていない。

そして明石・大淀・間宮・伊良湖の四名の提督に対する好感度は、

明石(提督の、お○んぽ、お手入れしてあげたい……♥)

完全に発情した状態の明石。こいつが一番ヤバい。五月雨とのセックスを目撃した明石は、特に好感度が高かった。

もはや頭の修理が必要である。ピンク髪……やはり淫乱か……。

大淀(ま、また執務室で、誰か……こ、この、匂い、ま、拙いです……か、換気、換気しなきゃ……!!)

ある意味で一番被害をこうむっているのが大淀である。

なまじ理性的であるが故に、提督の強烈すぎるフェロモンに頭がくらくらする毎日であった。

間宮(しょ、食堂内で、駆逐艦の子たちが聞くに堪えないぐらい卑猥な提督との情事をしゃべくってる……うそ、私まだ処女なのに今時の子って……!!)

伊良湖(は、はわっ、う……提督さんって、そ、そんなに、スゴいんですか……あぅう……どんどん耳に入ってくよぅ……)

仕事上、食堂での会話は耳に入ってきてしまう彼女たちは、どんどん提督への興味が深まっていく。というか、提督をメスの目でしか見れなくなってきていた。

概ね好感度は高いと言える。というか、いつでも提督との合体には肯定的な姿勢の四名であった。

提督の人柄についても、二ヶ月で把握している。手を出した艦娘達へ必ず責任を取る旨約束し、将来を見据えての貯蓄を進め、釣り上げた魚にえさを与えないような真似もしない。

積極的に艦娘達とコミュニケーションを取って行こうとする姿勢は――――性交渉も含める時点で苦笑いだが――――悪くないと言えた。

 

229: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 21:58:56.68 ID:jNFY+oZF0

 となると、四名とて指をくわえてみてる筈もない。

各々が提督にアピールしていくのだが――――前述の通り、提督の警戒心はMAXである。

明石『は、はい、提督。改修作業はこれで終わりです、けど、そ、その、この後、一緒にお昼とか……(ち○ちん、ち○ちん……♥)』ハァハァ

提督『す、すまない。先約があって(なんて怖い目だ……お、俺のタマを……一つしかない方のタマを、殺ろうとしているのか……?)』シュタッ

鼻血を垂らしながら自分に迫ってくる女に恐怖を感じるのは当然であるため、これは明石の方がアウトである。

大淀『あ、あの、こ、この書類の処理なんですけど……(も、もっと近くに……)』ハァハァ

提督『後は俺と今日の秘書艦で作業するよ。お疲れさま、大淀。そこに置いておいてくれ(大淀というメガネは鬼畜……そういう評判があると聞いた。ハニトラか。きっとハニトラだ!)』シュタッ

血走った大淀の目を、大本営が差し向けたハニートラップという陰謀を前提に考えを巡らせる彼には、中二病気質があるのかもしれない。

間宮『て、提督……あ、あの、その、甘味処『間宮』の新設につきまして、お話がしたくて……(密室で二人きりになれば、私だってチャンスが……)』ハァハァ

提督『そちらの案件については、多くの艦娘の意見を取り入れようと思ってるから、今度の全体会議の時にね(二人きりはダメ、二人きりはダメ、二人きりはダメ……)』シュタッ

……これについては残念ながら当たり前の対応である。間宮ほどの極上の女と同じ部屋にいれば、どんな男とて危うい。
マジカルチ○ポ
まして自身の異能に気づいた提督が異性と二人きりの部屋に籠るなど、コーラを飲んだらゲップがでるなんてレベルじゃない確実なエンドが見えてくる。避けるに越したことはない。

だが、最後の伊良湖―――これはひどい。

伊良湖『提督さん、本日も執務、お疲れ様です。い、伊良湖の最中、差し入れに持って来たんですけど………な、中に入れてもらっていいですか?(膣内(なか)に入れてもらえたらなお嬉しい……)』ハァハァ

提督『すまねぇ、宗教上の理由で最中は食えないんだ(膣内に入れろだと!? こ、この子、まさか大淀と同じハニトラ……!? 俺を社会的に殺す気か……!?)』シュタッ

直感がニアピンだが言い訳が雑にも程がある。

そんな感じの塩対応であった。

 

230: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:05:20.74 ID:jNFY+oZF0

 そのせいで明石と大淀と間宮と伊良湖は毎晩シーツを濡らしている。もう雌の臭いでいっぱいな方の液体である。

もう毎日毎日アピールしまくりでいつ抱いてくれてもいいのよってオーラ出してるにも拘らずである。ある意味でこの提督、物凄い精神力を持っているのではなかろうか。

しかし、それでお手つきにされない彼女たちからすれば、もうとんだ鬼畜めいた放置プレイであった。

自分たちにはそんなにも女の魅力がないのかと、夜な夜な提督に襲われる妄想にムラムラしながら処女をこじらせている状態である。

コマケェコタァイインダヨ
閑 話 休 題。

そんな感じで、提督はドロップ・建造艦の全員と性交渉を持っていた。それが提督の精神を追い詰めている。

某狩人協会の会長が無言で零(ゼロ)放ってくるレベルの言語道断な悩みであった。ぶちころすぞ。

だがこの提督、無駄に生真面目であり、道徳観がしっかりしていた。

古人曰く、英雄色を好む。複数の女とやったっていいじゃん、なんて五十六的な嗜好はまだ提督にはない。

どっちかと言えば彼は多聞丸に憧れる男であった。三十人からの処女奪っといてどの口がほざいてんだろうな。

提督(それに……俺の業務内容の酷さと言ったら………執務よりヤッてる時間の方が多いって、社会人としてどうなんだよ……!!)

実に社畜精神旺盛な提督であった。メンタルが強いんだか弱いんだか分からん男である。

「まあ社会人としてというか、倫理的にはアウトですけど、生物の本能的な面では健全だから、プラマイゼロですよ」

そう言って慰めてくれる艦娘もいるが、それトドメだからやめたげて。

さておき、提督の一日の仕事は、確かに大半が艦娘との情事に成り果てている。とんだ事務作業だ。事後作業とか呼ぶべきだろうか。

そんな『事務』作業においては、提督の判断や承認が必要な書類の押印はともかく、執務室の隣に急遽設置された『仮眠室』でのおしごとが大半である。

血の涙を流す大淀が、壁ごしに聞こえてくるエロいBGMを聞きながら、執務の大半を肩代わりしてくれているのが現状であった。誰か彼女に特別手当を出してやるんだ。

そうして、提督はチュッチュクチュッチュクする時間が増えた。とうかそればっかであった。

 

231: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:08:48.23 ID:jNFY+oZF0

 提督の一日の平均射精回数は20を超える。量的な意味ではどっかのガロンを上回るのではないかという化け物ぶりであったが、恐るべきことに提督にはまだ全然余裕があった。

普通の人間ならとっくに墓の下であるが、そこはそれ、魔法の言葉が存在する。

―――マジカルチ○ポならば仕方ない。

『登場人物は18歳以上』という常套句並みに信頼できる言葉であった。一件落着である。だが提督はそうではない。

彼の爺と父親の死因は腹上死――――いずれ自分も、と考えるのは至極自然な思考の帰結である。

そんな思考に――――少女の声が割り込んだ。

響「ん、れろ、んぐ………ぷはっ………はぁ、はぁ……司令官、考えごとかい?」

仮眠室に設置されたデスク、そこにの中から声は響く。

椅子に腰かける提督の股の間に潜り込んで、露わになった硬く屹立するペニスを舐めしゃぶる駆逐艦が、そこにいた。

駆逐艦・響―――この鎮守府、ひいては提督にとっても、初めてドロップした艦娘である。

 

232: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:11:56.51 ID:jNFY+oZF0

響「どうせ、他の女の……れる……ことでも、考えて………んぷ、じゅる、んふ……たんだろ? 司令官は、多情だな……ん、ぺろ……でも」

提督「くっ……!?」

肉茎の根元をやや強めに握りしめ、響は抗議の視線で提督を見る。

響「今は、私のことだけをしっかり見ていてほしい……こんな貧相な体だけど、私だって女なんだよ、司令官……?」

ニーソックス以外を全て脱ぎ払った姿。起伏の少ない身体は幼さを体現した少女そのものだったが、抜けるような肌と髪は白く、妖精染みた美しさがあった。

口淫の興奮からか、僅かに色づいた色素の薄い肌に、桜色の乳首が映えている。

少し拗ねたように眉根を寄せる表情こそ年相応の少女だったが、肉茎にちろちろと舌先を這わせながら話す姿は淫靡そのもので、提督には酷くめまいのする光景だった。

響「精いっぱい、尽くすから……ちゃんと私のことを見てくれなきゃ、その、なんだ……悲しいじゃないか」

提督「………悪かった。ごめん、響」

響「ああ……ん、続けようか………は、むっ……」

響は、こうして会話しながらのスローセックスというスタイルを好んだ。

会話をしながら互いの身体に触れあい、心の底から欲し合って、身体がじっくりとこなれてから、身も心も繋がる。

響はこの時間を大切にしていた。

口下手でかつ口数が少ない印象の、透明感のある容姿の駆逐艦・響だったが―――その実、嫉妬深く、提督との強い繋がりを欲していた。

それは提督に対して父性を欲しているように、響に出会ったばかりの提督の目には映っていたが、こうして口淫に興じている際の響の顔は、間違いなく女のそれであった。

 

233: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:20:04.99 ID:jNFY+oZF0

 小さな舌をくるくると使い、円を描くように鈴口周辺をなぞる。提督の反応をじっと上目遣いで観察しながら、提督の善い箇所を探る様に口を動かす。

響の年相応の小さな、さくらんぼのようにぷるぷるとした口唇がカリ首を重点的に滑っていく。はぷ、と口を開けて咥え込むと、提督の背筋を電気のような快感が疾走する。

響「ん……じゅぽっ……じゅる、るる……んっんっ……は、ぷ……♥」

とても懸命な、愛情を感じさせる舌遣いだった。咥え込んだのはカリ首部分だけだったが、にゅぽにゅぽと瑞々しい唇でしごかれる感触は、提督に確かな快楽を与えている。

提督の反応に気を良くした響は、薄く笑って、更にちろちろと舌を動かす。今度は熱くぬめる口中で、鈴口を直接舐め上げていた。

響「れる、れろ、ぴちゃ………ん、ぷはっ………苦いの、出てきたね……」

一度ペニスから唇を離し、しかし小さな手でしゅっしゅと肉竿をこすりながら、響はうっとりした表情で提督を見る。

その視線が何を求めているのか、提督には言わずともわかった。

響「………い、挿れて、いいかい、司令官……そろそろ、つ、繋がりたい」

ひとしきり提督のものを舐め回した響の顔は先ほどよりも赤く、息も荒い。

提督「うん、いいよ。おいで、響」

椅子に腰かけた提督の上に、おずおずとした様子で響がよじ登り、その体をまたぐ。

十代に上がるか上がらないかといった外見の娘が、二十代の男の性器を、その糸筋めいた幼い女性器へと自ら誘っていく。

犯罪的な光景である。その背徳感に、悲しいかな提督は己の性感が高まっていくのを感じていた。

 

234: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:25:07.26 ID:jNFY+oZF0

 くちくちと亀頭が濡れそぼる割れ目を擦り上げ、やがて狙いが定まったのか、ゆっくりと響の腰が落ちていく。

響「んっ……挿入る、よ………あっ、くふっ、ん……♥ あ、相変わらず、あ、熱くて、か、硬い、な………ひんっ♥」

ぬぷぬぷと音を立てて、提督の男性器は響の無毛の割れ目へと呑み込まれていく。

酷い圧迫感が、亀頭を包む。響が処女を失った時に比べればいくらかこなれてはいたものの、まだまだ響の膣内は固く狭い。

新品のネジ穴をこじ開けていくような、冒涜的な―――それゆえにぞくりとするような快感を、提督は否定できなかった。

小刻みに腰を前後させ、ゆっくりゆっくりと、響の幼膣はペニスを根元までしっかりと咥え込んだ。

最初こそ僅かに眉根を寄せた表情を浮かべていた響だったが、根元まで受け入れた途端、弛緩した表情で大きく息を吐き、

響「は、はいった、よ………う、動く、よ……?」

提督「ん。無理しないでな」

響「んっ、へ、平気さ………しかしっ、あぅ……司令官のっ、はっ……お○んちんは、あっ、す、すごい、なっ……♥」

提督「………きもちいい?」

提督の両肩に手を置いて体を支えながら、響は腰をゆっくりと上下させる。

その背中を撫ぜるように、提督の両腕が響を柔らかく抱くと、ただでさえ色素の薄い響の肌は、みるみるピンク色に染まっていく。

響「んぁ、はぁ……もっと、もっと、撫でてくれないか………ん、きもち、ふぁ、いい、よ……でも、す、すごいのは、そこだけ、じゃ、あっ、なくて……」

くちくち、ちゅぽちゅぽと卑猥な音と、響の喘ぎ声、僅かに軋む椅子の擦過音が混ざり合い、仮眠室を満たしていく。

 

235: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:27:57.17 ID:jNFY+oZF0

 動きながら、響はだんだん舌足らずになってくる言葉を紡ぐ。

響「わっ、私、みたいな、お、おさない、容姿のっ、くっ、子に、もっ、合わせてっ……あ、あ、司令官、あ、あああっ」

響の尻が小刻みに痙攣し、ざわつく鳥肌に似た感覚がその矮躯を襲う。

提督「いいよ。一度イッちゃえ」

響「あっ、や、いやだっ、い、一緒が、い――――んぁ、ああああっ!!」

甲高い声を上げて、響の身体が大きくのけぞる――――同時に幼い膣壁が小刻みに収縮し、男根に媚びるように絡みつく。

きゅうきゅうとはしたない嬌声を上げる幼膣の懇願めいた訴えに、男根は無情なまでにその熱を保ったまま屹立していた。

響は普段あまり表情が変わらない反面、セックスの時は感情と表情が酷く豊かだった。

熱い吐息を吐き出す口を引き締め、響はぷく、と頬を膨らませた。

響「い、いやだって、い、言った、だろぅ……? いちど、イッちゃう、と、な、かなか、ほてりが、冷めない、んだ、ぞっ……」

提督「ごめんごめん。それで、話の続きは……?」

響「こきゅ、うが、整う、までっ……ぎゅっ、って、して、くれ……ふぁぁ♥」

提督「ああ、このぐらい?」

響「はぁ、はっ……ンッ、もう少し、強くが、いい……」

紅葉のように小さな手で、しっかりと提督の両肩にしがみ付く。それによって密着感が増大し、ぺったんこの腹が提督の腹に押し付けられ、締め付けがより強くなる。

 

236: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:30:22.69 ID:jNFY+oZF0

 閉塞感に満ちた未熟な膣は、『本来の』提督のモノを受け入れられるだけの柔軟性も拡張性も備えていない筈である。しかし、

響「お○んちんのサイズや、形状がっ、んぁあっ………か、変わるんだ、もん、なっ……ん、あ、すまない、ま、また、い、イく……♥」

提督「うん………(ぶっちゃけ人の勃起事情なんて知らねえし知りたくもねえし……皆自在に大きさ変化するんじゃねえのって思ってた)」

提督の小中高の頃の保健体育の授業の成績はお察しである。

マジカルチ○ポは相手をする異性の身体に合わせて形状とサイズが変化するのだ―――その雌が最も感じるであろう形態にである。寄生獣か何かかなこれは。

 

237: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:33:51.63 ID:jNFY+oZF0

響「私は、んくっ、こ、こんな、からだ、だから、ふぁ………」

玉のような汗を白い肌に浮かび上がらせ、響の身体はがくがくと人形のように上下する。

軽い身体はちょっとした軽く浮かび上がるほどに華奢なものだ。

提督が慌ててその背に添えた手に力を込めて、引き寄せようとする。

提督「響、無理は―――」

響「し、しれいかんは、不満、かも、しれないっ、くぅ……けどっ、けどぉ、ぉあ、あああっ」

外見年齢と裏腹に、響の精神年齢は高い。しかし、その心はやはり――――否、外見年齢よりも、ずっとずっと未熟である。

響には、忘れられない記憶がある。

前世というべき、軍艦として在った頃の忌々しい記憶。

妹を、姉を、失う記憶。

―――日本へと、帰りたかった場所に帰れなかった記憶。

艦娘には個体差がある。それは身体的な特徴然り、そして――――色濃く残った記憶もまた、差異があった。

そして、『この』響の内面を占める、色濃い記憶は。

響「ッぅ、あ、あ、ああああああ――――!!」

それを忘れるように、振り払うように――――響は獣のように吼えた。ひときわ強く、激しく、腰を振り始める。

ぎゅぽぎゅぽと膣壁で男根を擦り上げ、ぎゅうぎゅうと締め付け、秘肉がめくれ上がるほどに激しく。

 

238: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:35:11.49 ID:jNFY+oZF0

提督「っ、と………どうした、響? もっとゆっくり、で―――」

響「し、しれ、か、ん………きもち、よく、なって……?」

提督「響……?」

体を支える提督の手を振り払い、響は再び上下運動を再開させる。

歯を食いしばり、剥き出しの白い心を襲う寂寥感を、快感で塗りつぶしていくように、激しく。

忘れたかった。

だけど、忘れられなかった。

いつだって、思い知らされるのだ。

響は。

響「が、がんばって、ご、ごほうし、する、からっ……なんだって、するからっ……わ、わたしを、わたしっ、をっ……私、を……!」

そこから言葉は続かない。続けられなかった。

 

239: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:36:24.76 ID:jNFY+oZF0

 何を言えばいい?

――――すてないで。

捨てるもんかと、言葉では言える。

――――私のことを、忘れないで。

忘れないなんて、いくらでも言える。

――――ずっと、私と一緒にいてくれ!

それを保証する何かなんて、何もない。

賢しい少女は、白い少女は、それを知っていた。全て、知っていたのだ。

一人ぼっちが、怖いのだ。だから縋る。みっともなく、己の女を利用してでも、出来上がった居場所に縋りつく。

男の体温に。愛しい人に。父のような、兄のような、恋人のような人に。忘却できるよう。少しでも長く眠れるように。

だけど、提督は――――その人は、

提督「ん」

響「んっ、んッ!? ん、ふ、む……むぅー……!?」

その言葉が紡がれる前に、提督は響の唇を塞いだ。

ただ触れるだけの、優しいキスだった。

 

240: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:38:00.46 ID:jNFY+oZF0

 当惑する見開かれたままの響に柔らかく微笑み、その耳に唇を寄せる。

提督「言わなくていいよ。響とこうしてセックスするの………俺も気持ちいい――――可愛いよ、響。大好きだ」

響「っ、あ―――――ッ」

提督「ずっと一緒にいるから………そんな、悲しい顔すんなよ」

響「………し、しれいか、しれいかん……」

透明なしずくが、頬を伝う。

ひときわ強く抱きしめられ、耳元で囁かれた言葉は温かく。

伝えていない言葉が伝わった。

叶えたい思いを、察してくれた。

己の願望を知って、なおも肯定してくれる。

居場所を示してくれる。

響が、これまでで一番の快感に耽溺すると同時、

響「っ、ふぁッ……♥ ふぁああ♥」

流れ落ちる涎もそのままに、だらしなく口を開いて、響は強く身震いする。

 

241: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:38:59.11 ID:jNFY+oZF0

 熱い迸りが、響の奥深くで放出されたのだ。びくびくと脈打つ鼓動すら伝わってくる、容赦のない射精。

白い少女と同色の、しかし似ても似つかぬ汚濁に満ちた液体が、響の腹を内側から穢していく。その汚らわしさを持った熱が、響には酷く愛しく感じられた。

官能的なまでに『女』を露わにした少女の顔は、妖精とは程遠い、性を喰らう淫魔のような乱れっぷりだ。

提督「っ、ふ……く、響、一緒にイけた?」

響「う、うんっ……うんっ……♥」

未熟な子宮口は少しでも提督を気持ちよくしようと、健気にちゅうちゅうと鈴口に吸い付いていく。

一滴残らず出してほしいと、媚びるように男根にまとわりつく膣壁は、吐精の熱に打ち震えていた。

響「はっ、はっ♥ しれい、かん………さっき、いってたこと、ほ……ほ、ほんとう、に?」

提督「気持ちいいし、響のことは可愛いと思ってるし……もちろん、大好きだよ」

響「そう、か……嬉しいな……でも、もっともっと好きになってもらえるように、私は、がんばるよ……あっ、くぁ♥」

提督「ははは、それじゃ………響が大好きな気持ちで、俺の心パンクしちゃうなぁ。俺は寂しがり屋だから……ずっとずっと、傍にいて貰わないとな」

響「ッ………」

その言葉だけで、響は泣きそうになる。提督とこうしてつながっていると、不思議と響には提督の言葉の真偽がはっきりとわかるのだった。

そして、提督が言っている言葉は、まぎれもなく――――。

 

242: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:42:34.22 ID:jNFY+oZF0

響「っ、あっ、あんっ♥」

きゅうと子宮が疼き、膣が締め付けられて、背筋を快感が疾走したのは御愛嬌であったが、

響「ッ、ん、ぁっ♥ ………ば、ばか。そういうこと、うれしいこと、挿れてるとき、い、言ったら、ま、また、きもちよく、なっちゃうじゃ、ないかっ……♥」

提督「イッてる時の響の顔、可愛いよ。普段はこうむーっつりしてるのに、顔真っ赤にして、ころころ表情変わって……」

響「ッ、い、いじわるな、しれいかんは……きらいだ、ばか」

提督と響のセックスは、いつもこんな感じだった。

響「ゆ、ゆるして、ほしかったら…………そ、その、その」

提督「……了解したよ、お姫様」

響「ま、またそんなことを言――――ん、ちゅ……」

キスで誤魔化そうとするのは、提督の悪い癖だと響は知っている。

だけど、言わずとも察してくれるこの人のことが、響は好きだった。

胸から伝わる鼓動の音が心地よい。唇から伝わるのは情熱という優しさ。

頭を撫ぜてくれる手は、酷く暖かくて。

響は、この陽だまりのような場所を、愛し続ける。


……
………

 

243: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:44:43.44 ID:jNFY+oZF0

………
……

さて、このロリコン提督。正しくはロリもイケちゃう鬼畜提督であるが、こうして優しくらぶらぶなエッチを率先してしてくれる響のことはとても好きであった。

無責任に抱いて限界より、心揺らす言葉の癒しが、提督には不足しているせいでもある。

―――どこかの怪獣めいたケダモノセックスをしかけてくる重巡は、ある意味提督にとっての天敵である。

足柄「呼んだ?」

まだお呼びじゃないからすっこんでいてください。

さておき、今回のリザルト。

るーざー響:三時間四十分三秒……司令官には勝てないね。ずっとずっと、ここにいるから。

絶頂回数:大小合わせて50回

決まり手……対面座位でのだいしゅきホールド+愛の囁き+突撃ラブ精子のトリプルコンボ

練度82→練度99(心に残った最後の壁を突破され、オーバーリミット。この後は際限なく強くなる)

キラ付け→天元突破

うぃなー提督: 勝ち負けあんの?

射精数3回(この後キスしてたらまたムラッとしたのでそのまま二回戦、三回戦に)

決まり手……愛の囁き+突撃ラブ精子うぃずマジカルチ○ポ(覚醒Lv2)

ち○こ練度:現時点でLv20(まだ影分身出来ない)

 

244: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 22:46:49.36 ID:jNFY+oZF0

※ちょっと休憩。響編はこれで終わり。だけど筆が乗ったと言ったな。ここから長い。

正確に言うと、ここからが本当の地獄。

20分後ぐらいから再投下します

 

249: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:03:11.28 ID:jNFY+oZF0

【ここは提督の夢の中】

此処は―、提督の―夢の中ぁー。

ナレーションと会話の出来るステキ空間である。

しかし直にケッコンを見据えた運用しないとそろそろマズいぞって感じの響の練度であった。

それにもっとち○こ練度を上げないと、既に巡り合っている『提督の精子絶対搾り取るマン(コ)』の異名を持つ艦娘に殺されるぞ提督。

提督(なんやかんや毎日ヤることしかヤッてねえ……!!)

言い得て妙である。

しかし提督との絆(肉色)によって強化された艦娘達は、着任二ヶ月にして既に沖ノ島海域を軽く攻略できるほどに強くなっていた。

―――単艦で。

なんせ上記のエロSSで限界突破前の響ですら砲撃一発が大和型のそれに等しい威力を備えている。

今や大和型がダブルで襲い掛かってきても初期の勇者ダイ一行に対峙したバーン様並の戦力差を見せつけられる。

つーか現状で南方海域に匹敵するアホみたいな海域まで進出しているこの鎮守府の艦娘達の強さは異常である。

提督(どういうことなの………)

理屈としてはこうだ。ケッコンカッコカリという制度が存在する。あれは『艦娘と強い絆を結ぶ』ことで艦娘の性能限界が解放され、より強力になるというものだ。

ケッコンカッコカリの任務を達成した鎮守府には煎餅布団が贈られる。酷いジョークだと切って捨てる提督は、三流である。

大本営はヒントを与えていたのだ。

艦娘と提督との間にある絆を深めれば、彼女たちは強くなる。

つまり――――愛のあるセックスで、提督と艦娘がより強い結びつきを得れば強くなるんだよ!!

提督(言わねえぞ……なんだってー、なんて、ゼッテー言わねえぞ……これクソゲーだ……ゼッテーそうだ……)

 

250: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:05:57.63 ID:jNFY+oZF0

 が、事実として五月雨やら秋月らは既に練度最大にも拘らず、提督とセックスするたびにその力を増している。もはや練度上限の155などメではない。

提督(マジふざけ………と言いたいけど、実際のところ五月雨と秋月の強さはヤバい……もう戦艦ル級あたりなら素手で引きちぎれるとか言ってたし……)

正しくは『戦艦ル級改flagship』である。化け物と言って差し支えない強さであった。

提督(い、いや……でも、それがマジなら、他の鎮守府でケッコンカッコカリして、恋人とか妻になった人はメチャ強いってことだろうが……)

尤もな意見である。しかしこの提督と他の鎮守府の提督たちには、明確な違いが存在する。

提督(……………おい。まさか)

――――マジカルチ○コである。

提督(クソがァアアアアアアアアアアア!!! ババァ! 畜生! あの! ババァ! ババァアアアア!!)

提督の魂の絶叫が三千世界に響き渡る。

 

251: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:07:26.15 ID:jNFY+oZF0

 ぶっちゃけババア悪くないやん? あくまで提督の爺と父親がマジカルチ○ポの使い手で、それが提督に遺伝したというだけの話。

むしろ提督にゴイスーなデンジャーが迫っていることを死の間際に忠告、もとい予言したババアはグッジョブだと思われる。

提督(本当にこのナレーションさん俺に優しくねぇええええええ!!)

さておき提督に備わったマジカルチ○コは房中術である。異性との性行為を媒介に互いの気を循環させ、身体を最適な状態へと整え気血を安定させる技法だ。

肉体に作用し、精神を高揚させる。互いに繋がりを深め合うことを交渉と呼び、そして性行為は性交渉とも言う。

男女が最後に行きつく果ての交渉こそが性交渉――――つまり絆を深めるために最も手っ取り早い行為だ。

しかし手っ取り早いとはいえ互いの同意のない交渉など暴力に堕ちる。同意があろうとヘタクソならば相手に苦しみを与えることになり、絆を深める交渉とは言い難いものになる。

それを解決するのが、異性を虜にし、絶頂に次ぐ絶頂を女に与え、かつチャクラを巡らせることにより身体への負担をゼロにするどころかむしろ回復させ、無尽蔵の精力を引き出す技法。

それこそが、マジカルチ○ポ。

他の鎮守府の提督たちが一度の性交渉で深める絆による強化など、経験値でいえば1にも劣るタンカスでしかないが、マジカルチ○ポを持つ提督は違う。

その効果は通常の性交渉の数千倍。しかも艦娘の身体がこなれていくことによって効果は更に数十倍にも達し、回数を経ることで才能の限界など軽々飛び越えての強さを得るに至る。

つながりを深めれば深めるほど、セックスの回数をこなせばこなすだけ強化されるということだ。もちろん質も重要である。艦娘に苦痛を強いるようなプレイは強化の妨げになる。

 

252: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:08:55.45 ID:jNFY+oZF0

 つまり。

提督(つまり?)

心配いらない。最後に愛は勝つ。

提督(要はチ○コであひんあひんさせてりゃどうにでもなるクソゲーってことだろ畜生ッ!! 心配だらけだッッ!? 俺の勇気が誰かに届く明日は! 明日はどこにあるんですか……!!)

大丈夫、チ○コを信じるんだ提督。ジェ○イの騎士が馬鹿の一つ覚えみたいにフォ○スを信じてるみたいにな。

実体ある分、偶像崇拝的な意味と、生産的な行為という意味でこっちの方がありがたみあるぞ、ん?

提督(クソが!!!)

クソじゃないチ○コだ。チ○コが信じられないなら、艦娘を信じろ。提督のチ○コを信じる艦娘を信じるんだ。

チ○コを信じて夢を追い続けていれば、夢はいつか必ず叶う!!

でも実戦経験不足は否めないから、ちゃんと出撃や演習で経験は積ませるんだよ。チームプレイは大事だ。セックスにおいてもな。

提督(助けて……助けてクレメンス……)

提督の明日はクルー。キットクルー。


……
………

 

253: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:11:24.63 ID:jNFY+oZF0

………
……

【ちょっとだけ未来のお話~日向の中に可能性の獣を見た~】

提督着任から、一年が過ぎた頃の話だ。

今日も今日とて提督ととある艦娘が仮眠室で【アンアンキシムサウンド】攻略に勤しんでいた頃、

大淀「」カリカリカリッ、カリッ、ベキッ、カリカリッ、ベキッベキッベキッ、カリッベキッ

血涙を流しながら執務に勤しむ大淀さん。なお仮眠室は執務室の隣にある。やだこのボールペンすぐに先が割れちゃう。ボールペン! ボールペンです!

明石「」カーンカーンカーンヤメテェカーンカーンナカチャンカーンカーンカーンカーングチャッ

血涙を流しながら開発・改修、艦娘達の生理周期をメインとした健康診断など、お仕事もりだくさんの明石さん。解体? 知らない業務ですね。

間宮「」ザクッ、グチュッ、グチャッ、ミリミリミリ

血涙を流しながら今日も今日とて精のつくお料理つくる間宮さん。スッポンの甲羅をはがしているようです。

伊良湖「」ブチッ、ブチィッ、ミリリ、ブヂンッ!! ザシュウッ、ドスドスドス、ゴギンッ

血涙を流しながら間宮さんの手伝いをしている伊良湖さん。雉の羽根をばむしり候った後に刻んでいるようです。

潮「――――ひっ」チョロッ

それらを目撃してしまった可哀想な子。人の尊厳的な意味で映像はお届けできません。

青葉「い、以上、現場からの中継でした……(あ、あおば、見ちゃいました……見ちゃいけないもの、見ちゃいましたぁ……)」ガクブル

青葉はジャーナリストの鑑。情報アナリストでもある。そしてア○ルマニアでもあった。ここ笑うところ。

なお無邪気に提督との性活っぷりを雑談してるところをうっかり彼女たちに聞かれた日には無言で壁ドン(死ぬほどブッ飛んで壁にドンされて大破するの略)される。

 

254: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:14:30.24 ID:jNFY+oZF0

 青葉はされた。下手人は明石であった。

明石『提督とのセックスと申したか』

青葉『ゲホッ……て、手前は、そのようなことは……ア○ルの話をしてた、だけです……』

明石『遺言は?』

青葉『げ、あ……あ、青葉は、まだ……前は、処女、ですから………おそろ、い?』

明石『しぬがよい』ドンッ

青葉『ゴボォ』グハッ

『後にも先にも陸上で死ぬと思った経験はこれだけでした』蒼褪めた顔で訴える青葉氏は更に『工作艦の攻撃力じゃありませんね、ほぼ逝きかけました』と語る。

奇跡的に高速修復剤投与によって命を拾った青葉氏でしたが、その後お見舞いに来た提督とお医者さんプレイが出来たことは役得でした、と語る。ぶっといお注射好きかこのド変態め。


……
………

 

255: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:16:20.36 ID:jNFY+oZF0

………
……

チキショーメェ
閑話休題。

日向「さて、ここからは私が解説しようか」

どこまで話したか………そう、大淀・明石・間宮・伊良湖は処女である。

もうぴっかぴかの処女である。

性欲を持て余した処女であり、もう拗らせすぎてどうしようもなくなる前になんとかするんだ提督間に合わなくなっても知らんぞ、というぐらいの処女だ。

現在進行形で処女だ。いつになったら過去形になるか? いや、私に聞かれても、そんなことは知らんぞ。

それはこの鎮守府内における暗黙の了解であり、新たにドロップ・建造された艦娘達に最優先事項として伝えられる。

決してそのことに触れてはならないと言い聞かせることが、この鎮守府におけるならわしである。

先任の艦娘達が新任に言い聞かせるのはまずそれだ。それに勝る優先事項は存在しない。なにせ禁を破れば―――

日向「まあ……【見せられないよ!】……と、なるな」

そう、『そうなる』んだ。だからみんながみんな、割と必死で忠告するのだが、そこはまだまだ人生経験の薄い艦娘。

個性豊かな艦娘の中には―――悪戯好きな子もいる。

そう………ええと、あいつの名前は何と言ったかな。

確か最初に会ったときは………卯月。

そうあいつは最初から言う事を聞かなかった。艦娘の皆の言うとおりにしておけばな、まぁいいやつだったよ。

過去形なのが残念すぎるが、まあいいやつだったんだ。

 

256: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:19:09.45 ID:jNFY+oZF0

 からかい半分で卯月は彼女たちを―――よりにもよって四人揃ってる時に――――言ってしまった。

卯月「あーっ、こんなところにまだ男の子のち○ちんの味を知らない乙女がいるぴょん! 人生十割損してるぴょん! あーんなに気持ちのいいm」

―――あぁやっぱり今回もダメだったよ、あいつは人の話を聞かないからな。

あいつはお星さまになったんだ。流星改より流星らしく………瑞雲よりも高く羽ばたき、星に………こう、な?

人が放物線どころか、雲を突き抜けて飛んでいくんだよ、VLSとはああいう装備のことを言うのだろうか。

ハハ。タイミング悪く現場に居合わせた潮は【尊厳喪失】してたな、無理もない。というかつくづく間が悪いな潮は。

鬼怒「間に障ると書いて『間障(ましょう)の潮』! なんちゃって!」

……そう言って鬼怒が笑ってたが誰も笑ってなかった。何気に鬼怒は大物かもしれない。今度、特別な瑞雲をやろうと思う。

おっと、話が逸れたな。んでまあ、大気圏でも突破してお星さまになったかと思ってた卯月なんだが――――あれから一月後、見つかったんだよ。

残骸? デブリとして? おいおい、そんなわけないだろう――――ちゃんと生きてたよ。

たしかアリューシャンあたりだったかな、ボロボロの卯月が見つかったのは。

 

257: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:21:47.79 ID:jNFY+oZF0

 まぁ、腐っても提督の寵愛を受けて強化されてる私たちだ。ちょっと大気圏を生身で突破したぐらいでは簡単に死なん。

しかし卯月はウチの艦娘ではこの当時は弱い部類でな……発見当時、半ば野生化していた。

というか、改二化してたんだ。自ら人としての理性のタガを外し、獣化形態を取ったとか明石が言ってた。

………他人事みたいに言うが、あいつをお星さまにしたのはおまえだろう、明石?

近寄ると誰彼構わず噛みつく野犬のような、もう手が付けられない状態だった。そいつをなんとか五月雨と秋月が保護した。亀甲縛りで連行してきたときは何事かと思ったぞ。

もう人の言葉を完全に忘れてたみたいで、誰が話しかけても、

卯月改二「ピョォオオン、ピョンピョンピョンピョン」

弥生「!?」

……としか言わないケダモノに成り果てていた。

ところが、見舞いに来た提督と再会するや否や速攻で拘束具を引きちぎり、唸り声を上げて逆レイプをしかけてな。

性欲の強さだけはウサギのままだったってオチだ。

一晩中提督を犯し―――割と序盤で立場逆転してたみたいだが―――まあ、それで人の心を取り戻した。

愛の力は偉大ってやつなんだろうか……いや、肉欲的な意味でも愛は愛だよ。

それ以来、あいつはもう二度とあの四人をからかうことはなかったよ。誰だって【少女の見た流星】にはなりたくないだろうしな。

 

258: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:24:40.72 ID:jNFY+oZF0

 まあ、そういうこともあって……大淀・明石・間宮・伊良湖については、この鎮守府にとってのアンタッチャブル……触れてはならない鋼鉄の処女だ。

そんな彼女たちを、他の艦娘達、私も含めて……哀れみつつも、どうしようもできなかった。冷たいなんて言わないでくれ。

だってそうだろう?

―――どうして提督が彼女たちを抱かないのか、その理由を知らぬ私たちにはどうしようもない。

なんせ理由を聞いても提督ははぐらかすばかりなんだよ。何か圧力でもかけられているのだろうか? 少し心配になる。

そして私は今日こそ提督にその理由を問い詰めようと、執務室に来たわけなのだが………。

日向「あっ、あ、や、めっ………んむっ、ん、む、むぶっ、ん………じゅる、れる、じゅぼっ……」

どうしてかまあ………いつもこうなってしまうわけだ。

―――ん? ああ、そうだよ。冒頭の提督と仮眠室でセックスしてる『とある艦娘』は、私のことだ。航空戦艦・日向だ。

誰だと思っていた?

半裸に脱がされ、インナーを引き裂かれて肌色を晒して、男根を口いっぱいに咥え込んで奉仕させられて。

ちろちろと舌先を動かして、ほおばったそれを啜り、しゃぶり、下品に音を立てて吸いついてやると――――ほら、出た……青臭い精子を喉奥に直接注ぎ込まれる。

 

259: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:26:09.05 ID:jNFY+oZF0

日向「ん、ぐ……ごく……」

喉奥に流し込まれ、それでもなお溢れて、口端から零れ落ちたそれを指先ですくって、一滴残らずごくりと飲み干して見せると、提督はたまらなく嬉しそうな顔をするんだ。

………なんて顔してるんだ、この提督は……そういう顔するのは、ずるいじゃないか。

冷めるどころか、更に興奮の色を深めた提督が私の服を更に剥ぎ取っていく。私はしどけなく押さえ込まれて、あっけなく犯される―――。

この頃にはもう、なんで執務室に来たのかとか、いつの間にか仮眠室に移動させられてたとか、そういうことは全部忘れてしまう。

その位、気持ちいいんだよ。

日向「あっ、ひ……あふ、ぅ、あ……ぁ、くぁ……!」

情欲を抑え切れない、いやらしい女の喘ぎ声が響いている。これが自分の声だというから、嫌になる。

こっちの内心など知ってか知らずか、提督はその太い幹を私の股間に突き刺しては引き抜き、それを繰り返し繰り返し、

提督「っ、ひゅ、うがっ……」

日向「ッ、くぁ………ぁっ、あ、あ………」

……どぷどぷと粘ついた熱情を私の膣奥に放つ。提督は、いつも私をセックスに『使う』とき、一度目の射精が早い。それが口でも、お○んこでも、アナルでも。

 

260: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:27:59.87 ID:jNFY+oZF0

 そして二度目は、どちらもねちっこい………今だ熱く硬い剛直は、私のお○んこに埋まったままだ。

膣ひだをひっかき回す雁首の感触、我が物顔で蜜壺を蹂躙されていく感覚は、いつもいつもぞわぞわとした快感で、私の頭の中を真っ白にしてしまう。

事が終わっても、声を殺しても漏れてしまう、精液臭い私の熱い吐息と、それ以上の熱で火照る頬―――どうしようもなく自分が女であることを自覚する。させられてしまう。

口の中に残った精液の匂いが、自分の雌の本性を呼び覚ます。ぐちゅりと重量感のある水気が、私の股間を湿らせている。

私のような不器用な粗忽者の、何がいいのやら……私に注いでくれる精液の百分の一でも、あの四人にくれてやればよかろうに。

絶頂でけだるい全身の疲労を無視して、私を背後から突き犯していた男の顔を、提督の顔を見ると――――そんな考えも吹き飛ぶ。

嬉しいと感じる自分もまた否定できないんだよ。自分のような女に、こんなにも大きくして、こんなにも気持ちよさそうな顔で、沢山の子種を放ってくれる……自分に魅力を感じてくれているのだな、と。

そう思うと腹の奥で、まだまだじくじくと疼くものが燻っているのを自覚してしまう。

それを察してか、たった今子宮をいっぱいにするほどの子種を放ったばかりだというのに、提督は私の両足を掴んで仰向けにひっくり返した。

―――ああ、まだ私を犯す気だ。

そう察した瞬間、背筋を走るぞわっとした快感が強くなる。

同時に、羞恥心も覚える。くどいようだが、私だって女だ。しどけなく足を強制的に開かされ、男根の寵愛をねだる様にぱくぱくと開く雌穴を凝視されるのは、恥ずかしい。

何より、私は正常位というのが苦手だ。ひっくり返された蛙のような体勢はどうしても屈辱的だし、この体位は否応なく提督の顔と、提督と私が結合している部分が丸見えだ。

 

261: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:29:10.21 ID:jNFY+oZF0

 提督の視線の先に何があるのかも分かる。無駄に大きいだけで戦闘の役に立たない、私の胸とか―――あっ、も、揉むな、吸うな、ば、ばかっ。

日向「ん、くっ、ふぁっ、ぐ、んんっんーーーーーッ………♥」

その剛直が、だらしなく淫唇をヒクつかせる己の股を貫く淫靡な光景も、まざまざと見せつけられてしまう。見られているのが分かるし、見えてしまうのも恥ずかしい。だから私は目を瞑る。なのに、

提督「気持ちいいよ、日向……日向のお○んこ、ぐいぐい締め付けてきてるぞ。綺麗なおっぱいも、ぷるぷる揺れて、凄く、えっちだ……」

日向「っ、っ………ッふ、ぁン」

彼は、いつも私の身体を褒めるんだ。本当に、趣味が悪い。目を瞑っていても、その視線がどこを這っているのか、容易に察知できてしまう。歯を食いしばって、漏れる吐息と声を必死に押し殺す。

日向「ふーっ、ふーッ………ん、ぅあ、あっ、あんっ……」

無意味な抵当だと、いつもやってから思い知らされる。

だから腕で顔を隠し、口元を手で覆う。

でも、それもまた無意味だ。

提督「隠さないで」

日向「っ、あっ……」

淫蕩に溺れた体は、もう文字通り容易く組み敷かれる女のそれほどしか力が出ない。あっさりと腕を押さえ付けられ、組み敷かれ、そして悟るんだ。

 

262: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:30:43.78 ID:jNFY+oZF0

提督「日向……こっち……見て。それに、もっと可愛い喘ぎ声、聞かせてよ」

――――私は今、提督に抱かれてる、と。

否、はっきりと――――犯されている、と。

そうだろう? 腕を押さえ込まれ、はしたなく股を開き、男にされるがままに女性器を好き放題にされている―――これを犯すといわず、何を犯すというのか。

提督「目、開けて………」

日向「っ、ぅ、あ………りょう、かい、した」

提督の命令だ。従わぬ艦娘などいない―――そう言い訳して、私は目を開いて、提督を見る。命令と、そう明示されたわけでもないのに。

そして、ああ、やはりと思う。この光景は私にとって刺激が強すぎる。

荒く息を吐き、一秒ごとに苛烈になっていく提督のピストン運動。

どすどすと私の股間に打ち付けられる、杭のように太く凶暴なペニス。恥骨が押し付けられると勃起した陰核が押し潰されて、その度に電気が走るような快感が疾走する。

股間に出し入れされる淫らな液体を纏った肉棒が、ぬらぬらと光っているのが見える。

そのイヤらしいものが自分の膣内から分泌された液体だと知ってるから、どんどん顔に血が上っていく。ぶちゅぶちゅを抽挿されるたびに鳴り響く音もまた、私の羞恥と快楽を深めていく。

恥ずかしい、恥ずかしくて、死んでしまいたいぐらい、私は淫らだった。なのに、そこから視線が逸らせない。もう、目を離すことが出来ない。

 

263: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:32:56.86 ID:jNFY+oZF0

日向「ひっ、あひっ……あ、ふ……ぁ……あっ、はげ、しっ、すぎっ……るぅ、んぁッ♥」

提督「っ、いいぞ、日向っ………凄くえっちな顔してる………絡みついて、くる、ぞっ……」

そんな称賛の言葉があってたまるか、私は航空戦艦だぞ―――吐き捨てたくても、私の口が掻き鳴らす音は、雌の鳴き声だけだった。もっともっと欲しいというおねだりにも似た声音。

お○んぽが押し込まれるたび、私の膣壁は奥へ奥へと飲み込もうと蠢き吸いつく。

お○んぽが引き抜かれようとするたび、私の膣壁は抜かないで行かないでと哀願するように、きつく肉茎を締め付け絡みつく。

それが分かる。

分かってしまうんだ。そういう膣の使い方を教えたのは、誰あろう私を犯しているこのひとだから。

意識が飛びそうになるぐらいの気持ち良さを与えてくれる肉棒は、ぐちゅぐちゅ、ごんごん、ごつごつと、私の『女』を貪っている。その衝撃は物理的に子宮まで響いてくるほどだった。

目の前で、自分の『女』が犯されている。食い散らかされているのを、まざまざと見せつけられる。

提督は、夢中になって私を犯す。蜜壺の内側を滅茶苦茶に荒らしまわる熱量が私の身体を支配していく。

そんなにも夢中になって腰を振る理由は、なんだろうと―――考えちゃいけないことを、考えてしまう。

―――提督が、気持ちよくなってる。私で。

私の、からだで。私のことを、提督は、女として、求めて――――。

それだけで、胎内がきゅんと収縮していくのが分かる。ああ、本当に情けない。嬉しいと感じている自分が、情けなくて。

 

264: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:36:35.35 ID:jNFY+oZF0

 どんどん抵抗する気力をなくしていく。心はとっくに屈服している。本能? もう私はただの発情した雌でしかない。

―――まずい、と感じたときは、もう大体遅い。そういうものだ。

ぶるっとした寒気に似た感じ……鳥肌がじわじわと股間からせり上がっていく感じと言えば、想像できるだろうか。

あるいは尿意にも似たあれだ。ぞくぞくと下っ腹の底から、しかし尿意とは違う格別に大きな熱が、全身に広がっていく感覚。

女とは不便なものだ。一度絶頂に登れば、後は容易く何度でもイキ狂う。そして、私はそこに至ろうとしていた。

それを察しているのだろう―――どんどんと肉棒の抽挿が激しくなっていく。

提督「――――中に、射精すぞ」

日向「ふ、あ、あああああっ! あ、あッ、い、い、いくっ、いくっ、ていと………ッ」

安全日とはいえ、当然のように膣内射精を宣言する。改まった宣告に、ますます私の女が高揚していく。

内に秘めたそれが顔に出ようとしている――――それを、提督の両目が見ている。舐めるような視線は、直接子宮をなぞりあげられているような格別の感触がある。

心も体も支配される感覚は、不快はなく法悦のそれだ。

内側から屈服していく雌特有の感覚は、まぎれもなく快感だった。散々に嬲られた膣内が更に喜びの嬌声を上げてぐいぐいと男根を締め付ける。それによってどんどん気持ちよくなってしまう自分。

悪循環だった。

―――提督が、見てるのに。

まっすぐ、今まさにアクメしようとする自分の顔を、見ているのに。これから精子を注ぎ込む気だ。その証左と言わんばかりに、提督は執拗に私の子宮口を亀頭の先でノックする。

圧迫される子宮は嬉しそうに口を開けて、どんどん膣道を下ろうとしているのがわかる。わかってしまう。なんで、私はこうも、どうしようもなく、女なんだろう。

トドメとばかりに、提督は私の乳首をつねる様に捩じり上げた。絶妙なタイミングでの完璧な不意打ちだった。

 

265: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:39:14.89 ID:jNFY+oZF0

 唐突な快感の波濤が襲い掛かり、のけぞる私の顔に、提督は顔を寄せて、

提督「一緒に、イこうか、日向っ……ちゃんと、イキ顔、見せて、くれ」

日向「ッ~~~~~~♥」

一瞬我に返りそうになる。だけど甘い痺れは今も膣奥を支配していて、顔を隠したくても両手は乳首をねじる逆の手で、いっぺんに押さえ込まれていて、甘く啼いてしまう喉からせり上がる雌声は抑えられない。

抵抗なんてできなくて、我慢しようにも提督のペニスはずんずんと私の中で暴れ続けて、快感は高まっていく一方で。

命令だから、押さえ込まれてるから、女だから、受け入れるしかない―――それが、照れ隠しの言い訳だって分かっているから、尚更。

イキかけている私は、本当はイキたくない、はしたないところを見られたくないと思っているのに。

イキかけた膣内は、はしたなく提督の射精を求めて、必死になって、私のお○んこが、提督のお○んぽを、締めて、絡んで、密着感が、どんどん強くなって、刺激もまた、思考がどんどん稚拙に乱れて――――行くところに至ってしまう。

日向「―――――ッ、アアアアアアアッ!!  い、イクッ! いくぅっ!!  イクぅぅううああああああああああッ!!!」

どぷんどぷんと、亀頭を膨らませた男根から、脈動と共に吐き出されていく精子が、開き切った子宮口に呑み込まれていく。

はしたなく腰をくねらせ、もっと奥に、奥にと、腰を浮かせて、股間を提督の身体に押し付ける。

自分がどれだけはしたないことをしているのかなんて、もう考える余裕もなかった。

 

266: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:42:51.13 ID:jNFY+oZF0

提督「淫乱だな、日向は……こっちがイくのに合わせてイケちゃうんだもんな。ほら……絡みついて搾ってくるよ?」

日向「ぅ、あ………ぁ♥ あぅ、あ……?」

絶頂の多幸感に包まれて真っ白になった頭では、もう何も考えられなかった。

くい、と首筋を軽く引き寄せられると、焦点の合わない視点が、無理矢理動かされる。

壊れた玩具みたいに痙攣する自分の股間が、未だ脈動して精子を吐き続けている男根をぎゅうぎゅうに締め上げているのが見えた。

提督の腹から太腿にかけてを汚している透明な液体は、私が吹き出した潮だろうか。

提督「………日向、自分が今どんな顔してるか分かる? ごめん……多分、何回か出さないと、収まりそうにない」

つまりはまだ、私は犯されるんだと――――愛してもらえるんだと、熱に浮かされた頭は、ただそれだけを理解した。

頬を撫ぜる提督の手は、今までとは打って変わって優しくて、それがなんだか嬉しくて、私はへにゃりと頬を緩ませた。

日向「ぁ、ぅあ………う、ぅ………ぅん……♥」

………一生の不覚である。

この後のことは、もうほとんど覚えていない。体勢を変え、使う穴を変え、提督は私を犯した。何度も、何度も、何度も……。

口を使って二回。胸で挟み、咥えながら顔に一回、口中に一回。膣内で三回、そして………アナルで一回ほど、射精したらしい。

提督の自己申告だが、とても平静では口にできないような台詞まで口走ってしまったらしく……まあ、とにかく提督は私の『女』を穢しつくして、使いつくしたようだ。


……
………

 

267: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:45:54.76 ID:jNFY+oZF0

………
……

で、私が目を覚ましたら、それはもう酷い有様だった。私がだ。

どろっどろのぐっちゃぐちゃである。口の中も、股の間はどっちの穴も。体中にネバついた精液がこびりついていた。

ハッキリ言って物凄くイカ臭いぞ、私。

提督はと言えば、まあ大層嬉しそうである。

日向「………ひどい男だな、君は。話をしに来たというのに、いきなり押し倒すなんて……」

提督「ごめんな、日向……日向って、その……なんでも受け入れてくれそうな感じがして、つい甘えちゃって」

日向「………しかも、ずるい男だ」

提督「ごめん」

日向「ぁん……言いながら、胸を、触るな、ばか……」

提督(いますっごく可愛い声出した……)

日向(なんて声出したんだ私は……)

精も根も尽き果てて―――とは男側の描写の筈だろうに。

まだまだ元気そうな提督は、全身にけだるい幸福を感じて横たわる私を腕に抱き、髪を撫でながら謝ってくる。胸に伸びた手は払い落した。

ヤるだけヤッて放り出すような男なら、こんな胸の思いは抱かなくても済むのに。

でも――――ちらと視線を下に向けると、本当にまだまだ元気な提督の自己主張がある。

これだけ出したのに、まだまだ満足していないのかと思うと、少し女としての自分が不満声を上げてしまう。

提督「日向………俺とするの、いやか?」

――――その質問に対する答えは、いつだって用意してある。

 

268: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:49:49.26 ID:jNFY+oZF0

日向「………嫌いじゃ、ないな」

私の顔は、いつも通りのむっつりした顔だった筈だ。可愛らしさなんて欠片もない、無骨な女。不器用な粗忽者。それが航空戦艦・日向だ。

だから。

頬に熱さなんて感じない。

照れてなんか、いない。

私は栄えある航空戦艦だ。伊勢型二番艦・日向だ。だから……。

日向「嫌いじゃないから……また、付き合ってやっても、その……構わない、ぞ……?」

最低限の誇りを示すべく、しかし提督所有の艦娘であることを誇らしく、そう言って笑ってみせるのだ。

………だから提督。微笑ましそうなものを見る目で、私の髪を梳くのを、やめろ……私だって怒る時は怒るんだぞ。

って、あ………あ、本当に、また、するのか……うん………いいよ、おいで。

るーざー日向:五時間五十八分二秒+延長戦二時間四十八分

合計、八時間四十六分二秒……まあ、朝になってしまったな。今日は有休貰うぞ? 全く仕方のない人だ。

絶頂回数:100回から先は覚えていない(提督カウントによれば300回越え)

決まり手……片手腕押さえ乳首ねじり膣奥屈服アクメ射精の術

練度99→99(練度測定器ではすでに測定不能。ステータスではとっくに155を三周ぐらい上回る)

キラ付け→げきおこぷんぷんしながらキラキラ

うぃなー提督: 正直、すまんかった

射精数:17+6回 (日向への自己申告はサバ読んだのと、この後更に6回ヤッた)

射精シチュ:フェラからの口内射精2回、顔射1回

パイズリフェラからの口内射精1回、顔射1回

手コキからの顔射1回

膣コキ:胸へぶっかけ2回、尻へのぶっかけ2回、膣内射精4回

アナル:3回

追加内訳:喉奥射精2回、連続中出し4回

決まり手……諸々ひっくるめて奥義『チン極殺』うぃずマジカルチ○ポ(覚醒Lv7)

ち○こ練度:この時点でLv50(影分身をひらめきそう)


……
………

 

269: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:53:02.70 ID:jNFY+oZF0

………
……

【日向編:後日談その1】

響が心揺らす言葉派ならば、日向はまさに正反対、無責任に抱いて限界派。

ガンガン積極的に求めてくれる行動こそ、自分が女として魅力があると自覚できるらしい。不器用な日向らしいと言えばらしい。

日向とのセックスは、響とは別の意味で提督を癒してくれるらしい。真逆なのに不思議。

なんか日向の「なんでも受け入れてくれそうで本当になんでも受け入れてくれる、おおらかなところが好き。可愛い」とか。

これを聞いた日向が羞恥で悶絶したことは、伊勢だけが知ってるレアフェイス。

都合のいい女扱いされれば日向も割り切れるが、提督はマメにプレゼントしたりデートに誘ったりするせいで、日向の乙女心がきゅんきゅんしちゃうらしい。

なお、この数ヶ月後――――影分身を習得した提督×10に擬似輪姦されて、提督専用の雌奴隷宣言する航空戦艦がいたとかなんとか。土下座してお○んぽ入れてくださいと懇願したとかしないとか。

あれー、なんて名前だっけなー! 航空戦艦ひゅう、なんだっけなー! っかー! 年かなー! 名前がでてこねーわ! もうナレーションも引退だな!! ひゅうなんとかに引継ぎだわ!

それと航空巡洋艦の、もが……っかぁあああこいつも名前出てこねえわー! ここまで出かかってんだけどなー! でねーわ!

なんかひゅうなんとかが一目置いてる航空巡洋艦らしいんだけど、そいつも提督プレゼンツの擬似複数人乱交プレイにガチ嵌りするんだけど、でねーわー!

ズイウンヲクラエ
閑話休題。

しかもこの影分身体、明石によるヤバいお薬によって分身体の肉体年齢まで操作可能。少年から中年までのバリエーション豊かな提督(同一人物)に輪姦(まわ)されるのである。

提督の性欲チャクラを元に作られてるため、20~30射精した程度では消えない。

とある駆逐艦が「空母棲姫ボコしてる場合じゃねえ」とダッシュしたのは言うまでもないことである。

なお艦娘の中では『米帝プレイ』とか『姫プレイ』という隠語で呼ばれる逆ハーシチュプレイや、『サンドイッチ』という隠語で呼ばれる陵辱プレイとして人気を博す。

航空戦艦の未来は明るい(白目)。


……
………

 

271: ◆B2mIQalgXs 2016/09/16(金) 23:58:45.62 ID:jNFY+oZF0

………
……

【日向編:後日談2~航空戦艦たちの猥談と、色んな艦娘達~】

扶桑「い、伊勢、日向には、ま、まけ、まけたく………」

山城「落ち着いてください姉さま。むしろ日向アレ負けてますから。メスとしてオスに屈服してますから。大丈夫、大丈夫です姉さま」

日向「はっはっは――――ブチ壊すぞ山城。五人からの提督に囲まれて寄ってたかって貪られてアヘ顔晒していた分際で」

扶桑「…………やましろ?」

山城「ち、違いますから! あ、あれは、その……そ、そう! 姉さまに粗末な【サンドイッチ】を召し上がっていただくわけにはいかないから、え、ええ、味見というか毒味です、毒味!」

伊勢「落ち着いて扶桑……気持ちはスゲー分かるけど、その46センチ三連装主砲をこの距離で放ったらあんたの妹は粉微塵よ……」

何気にこの中での性欲の強さにランキングを付けるとすると、

山城>>>扶桑≒伊勢>>>日向

……となる。これは自分から提督に誘いをかける頻度のランキングでもある。

日向はあまり自分から誘ったりしない一歩引いたスタイルである。誘われることが嬉しいと感じるらしい。そしてそんな澄ました日向がベッドで女の顔になるのが提督はお気に入りである。

男として酷く『そそる』ものがある、とのことだった。

なお日向は生理でもなく、先約がない状態であれば、まず提督の誘いを断らない。先約を優先し、安全日以外のセックスにおいては、絶対に避妊をするという点も、提督的には非常にポイント高かった。何気に日に日に好感度を着実に高めている日向である。

もうこれ逆に攻略されてんじゃねえのかというぐらい、日向のことが気になる提督であった。

というわけで、誘われる頻度のランキングを付けるとすると、

日向>>>伊勢≒山城>>>扶桑

……となり――――いや、ちょっと待て。

扶桑「なんで私が山城より誘われることが少ないの……? 私の方がお誘いするために、逢いに行く回数多いのに……?」

山城「な、ななななんで、でしょうね、姉さま………ふ、不幸だから、なのかしら……?」

別に誤魔化してるわけじゃなく、本当に理由が分からない山城だがテンパリすぎて扶桑が凄い目で見ている。

 

272: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 00:01:06.57 ID:pYH8R+OU0

 なお彼女たちは同時期に鎮守府に着任し、そろそろ一年が経とうとしていたのだが、

扶桑「あ、あんなに、お誘いしてるのに……な、なんで……身を清めて、香を焚いて、髪も、お化粧も……準備万端整えてるのに……閨にお誘いされたこと、まだ十回もない……」

山城「」←受諾するかどうかは別として、この一年余りの誘われた回数は累計で三十回以上。

伊勢「あー……」←同じく五十回以上の人

日向「む? まさか扶桑……アレで誘っているつもりだったのか? 傍に居てニコニコしてるだけじゃ、誰も気づかんぞ……?」←余裕の三桁でほとんど拒まない

伊勢「え、あれ誘ってたの? いやいやいや、分からないってそんなの! むしろ御傍にいれるだけで満足ですって感じの、熟年夫婦めいた雰囲気出してたじゃない! アレはアレで私羨ましいけど」

山城「ね、姉さま……そ、それは、流石に、そのぅ……」

扶桑「」

これには扶桑も絶句である。

扶桑は儚げな美女である。その美女が横で幸せそうにニコニコ笑顔を浮かべていれば、提督としては悪い気がしない。むしろ嬉しく感じてしまう。そう、嬉しいのだ。そこで幸福を感じてしまっている。

もっともっととガッツかないのが提督クォリティであった。

そこに確かな女の魅力を感じはするが、安易に踏みにじってはならない神聖なもの……要は『高嶺の花』と、提督は認識してしまっている―――これが扶桑の敗因である。

もちろん扶桑はスタイル抜群で大人の魅力たっぷりな美人であるが故、そんな子が笑顔でくっついて来ればついついエロい気分になってしまうが。

扶桑『うふふ、提督………空がとっても青くて、綺麗ですね』

提督『うん。良い天気で、気分がいいな』

扶桑の心底嬉しそうな顔を見ていると、響と過ごす時と同様に、肉体的な繋がりよりも心を重視してしまうのがこの提督の美点である。

一緒にソファや縁側に座り込んで、手を握って肩を寄せながら、会話して過ごす――――扶桑から誘ってこない限りは手を出さないというのが、提督の扶桑に対するスタイルであった。

――――が。扶桑の内心は外面ほど冷静ではなかった。

扶桑(提督いい匂いがする凄く距離が近いわ私顔赤くなってないかしら身体熱いこれ手を握っていいのかしらああでも理性持たないかも襲うなんてはしたないことしたら絶対幻滅される触って触って下さい提督もっと近くによって抱きしめて口付けしてくださいもうお腹の奥が切なくてああ私)

提督(扶桑は大人しいし、しっかりしてるし、優しいし、美人だし……はぁ、癒されるなぁ)

で、大体月一ぐらいで扶桑が辛抱たまらなくなって顔を真っ赤にして震えながら、瞳を潤ませお誘い(おねだり)するという感じである。提督は野獣と化す。

―――やべえこいつ天性の焦らしプレイヤーだ。

女の子だって時には誘いたいけど、基本的には誘ってほしいんだよ! 分かれよ! 分かってやれよ!!

 

273: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/17(土) 00:01:45.09 ID:HBMoh0RsO
あくまで可能性の一つの話であって欲しい
4人が不憫すぎる…

 

274: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 00:04:43.75 ID:pYH8R+OU0

木曾『…………(自分のキャラが邪魔して、誘うことも誘われることも戸惑われる。勇気を振り絞って逢引に誘おうにも、そこからどうしていいかヴィジョンがうかんでこねえ……)』プルプル

こういう可哀想な木曾ォォオオちゃんだっているんですよ。提督は早く何とかすべきである。

誰も彼もが航巡のもがなんとかみたいにあっけらかんとお誘いセックスできるわけじゃないのだ。

最上『やあ、提督! 今日もいい天気だね。ねえ、今日時間ある? そうなんだ! じゃあボクと過ごそうよ! えっと、うん……デート、したいな。

そ、それでさ………お買い物とか、済んだら、えっと……またいっぱいえっちなこと、教えてほしいな……。

ぺろぺろするの、練習した成果を見てほしいし………だめ? 今度こそ、ちゃんと飲んでみたいんだ……えへへ』

っていうか最上だけどな。もうお買い物とか言い訳でどすけべしたいだけなのが見え見えなところが、逆に提督からすればドストライクだとか。

ちょっぴり赤くなった頬で、でもしっかり提督を上目遣いで見上げながら、ちゃっかり指先で袖をつまんで不安げに『だめ?』なんて聞いてくる子にダメと言える男がいればむしろ教えてほしい。

??「アッ、アッ……アカツキチャン……クチクカン……」

いましたね。だめです。

 

275: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 00:06:39.54 ID:pYH8R+OU0

天龍『うぇ、て、提督………! な、なんだよ、オレみたいなの、構うより、もっと他の………っな!? こ、怖くねえよ!! い、いいぜ、付き合ってやらぁ!』

天龍ですらチョロイン属性であっさり提督の口車に乗って抱かれるというのがもはやパターンと化している中、巧く提督との性活を確立できていない子は少なからずいるのだ。

同じ眼帯仲間の木曾は涙目である。提督に抱かれたい。女として愛されたいし、しかも強くなれるならなおさらだ。

木曾(けど………恥ずかしいのはヤダ……あ、あんな格好で……色々言わされて……目を逸らしちゃダメって)

木曾(それで、それで、お、俺は……お、思い出すだけで、恥ずかしさに悶えてくる……恥ずかしすぎるッ!!)

という乙女心が絶妙に絡み合った結果、木曾はオフの日に提督を視界に収める度に逃げ出してしまうのだ。木曾が提督とえっちしたのは、この一年で最初の一回だけであった。

提督(木曾って俺のこと苦手みたいだな)

―――いいえ、大好きです。

提督(……まあ、こんな女の子とっかえひっかえしてる奴だもんな……見るのも嫌だろう)

―――視界に貴方の後ろ姿が映っただけで子宮が疼くぐらい求めてます。

提督(木曾と初めてした時、あいつわんわん泣いてたし……)

―――気持ち良すぎておもらししてしまったことが恥ずかしくて泣いちゃったんですよ。

提督(できるだけ、木曾には話しかけないようにしよう)

―――ひょっとしてそれはそういう鬼畜プレイなのか?

悪循環ここに極まれりである。木曾が報われる日は来るのだろうか。

 

276: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 00:08:35.92 ID:pYH8R+OU0

  ハズカシスギルッッ
閑 話 休 題

さて、では扶桑とそっくりな顔立ちと、どこかアンニュイな雰囲気を醸し出す山城は、これで結構提督にお誘いを掛けられることもある。

まあ基本的には誘う側なのだが、そのお誘いのスタイルは極めて独特である。自虐的な積極性とでも言うべきだろうか。

山城『どうせ私みたいな下げマン女なんて、抱かないんでしょ? 不幸になるものね……』

ホントに素直じゃねえなこのやさぐれ航空戦艦は。山城と言えば、やさぐれスタイルの典型である。

面と向かって抱いてくれと言うのは気恥ずかしいので、照れ隠しでそういう自虐的な誘いになってしまうのだが、これがなんと提督には効果覿面であった。

提督『え? えっと………抱いていい、のか? 嬉しいけど……』

山城『………ふえ?』

顔を真っ赤にして誘いを受け入れてくれる提督に、むしろ山城が呆気にとられたように赤面する。

扶桑と山城の顔立ちは似ているが、やはり山城は妹なのだろう。

顔立ちの造形は似通っていてどちらも美人の部類であるが、扶桑と比較してややつり上がった目は猫を思わせる気まぐれさがあったし、扶桑と比するにやや丸みのある顔立ちはどこか幼げで、そうした雰囲気と裏腹にメリハリのついた体は、ひどく男の情欲をそそる。

扶桑の柔らかい笑みをたたえた儚げな微笑は、高嶺の花を思わせる神聖を有していたが、

山城のどこか世を拗ねるような厭世感漂う美貌は、放っておけない彼岸の華に手を伸ばしてしまいたくなる、男の願望を如実に表しているのである。

提督にとって山城は、いつだって『甘えさせてみたい子』なのだ。

気まぐれ猫が『暇だったら、触らせてあげてもいいのよ? ベ、別に私は、触ってほしくなんかないけど、お世話になってるし、その、たまにはサービスよ、サービス』と言わんばかりの擦り寄り方は、提督の琴線に触れるのだ。

響とは違うベクトルであったが、ついつい構って抱きしめてやりたくなる――――というのが提督の心情であった。

提督『俺も山城と、したいけど……やっぱり、嫌か?』

山城『っ、そ……そんなこと、そんなこと………嫌なわけ、ありません、から。そのぅ………い、いっぱい、愛して……くださいね』

毎回毎回、どうして提督がこんな暗くてつまらない自分の誘いを受けてくれるのか――――山城自身がよく分かっていなかった。

山城はその度に戸惑い、頬を真っ赤に染めて、出来る限り柔らかく笑みを浮かべて、か細い声で了承の意を返しながら、こくりと頷く。

それで提督は大体理性がブチ切れて、山城はこれでもかというほど犯されるのだ。何度も何度も。優しい声で囁かれ、耳たぶを甘噛みされながら最奥を抉られ、何度も何度も幸福の絶頂を味わわされる。

なお山城のお誘い成功率は現状9割を超える。失敗した1割はその後不幸にも急にやって来た生理による中断や、誘っているはずがいつの間にか誘われていたパターンである。

つまり山城が提督を誘えば9割5分は提督とヤれるという凄まじい勝率、いや、負率である。

不幸だわ……とか呟く山城だが、それでもほとんど毎週提督に抱かれている山城は、充分提督のお気に入りと呼ぶにふさわしい戦艦であった。金剛型が最大の脅威として認識しているのがこの山城と日向であるとは、知らぬは本人たちばかりである。

山城『ふふっ……えへへっ、不幸だわ、私って……こんな悪い提督に組み敷かれて、離れられないんだもの……♪』

提督『そっか。じゃあ、山城が幸せになれるように、俺も頑張らなきゃな』

山城『ふ、ふん………そうよ。ちゃんと幸せにしてくれるまで、絶対、離れませんから……』

提督の腕に抱かれ頭を撫でられながら、女として一杯満たされた嬉しそうな笑みを晒してる癖に、不幸とかどの口がほざいてんだかな。

伊勢「――――って感じだと思うんだけど。ぶっちゃけ山城、あんた愛されてると思うわよ?」

山城「ふぁっ!?」

 

277: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 00:13:41.97 ID:pYH8R+OU0

扶桑「うう……妹の幸せは嬉しいのだけれど、とってもとっても複雑だわ……」

日向「そういう伊勢こそ、結構提督に誘われたり誘ったりしてるな……」

なお伊勢の典型的パターンとしては、日向を始め、他の艦娘との情事に耽った後の提督を狙い撃ち……これである。

伊勢『ね、さっきまで日向とシてたんでしょ?』

提督『そ、そうだ、けど……』

伊勢『姉妹で食べ比べしてみない? ……日向のお○んことの違い、知りたくない?』

提督『』

ゴリッと提督の理性が削られる音が、皆さんにも聞こえただろうか。

伊勢『……どんなふうに日向をこのお○んぽで犯したのか、私を犯しながら……教えてよ♥』

提督『なんてこった……』

大きな胸を提督の胸板に押し付け、酷く厭らしい笑みを浮かべながら股間を指先でなぞり上げる伊勢――――勃起してしまいましてね、と提督は悲しい男のサガを己の股間に垣間見る。

こういうお誘いが伊勢は抜群に上手かった。もう男のウィークポイントをがっちり押さえて握って離さないし、提督も離すつもりがない。

セックスとしては会話主体であったが、結構ノリノリでエッチな言葉も言う。受けも攻めもどっちもこなすので、なかなか飽きさせない、食いつくせない女の魅力があった。

あけっぴろげなのだ。会話しながら、ここが気持ちいいの? とか、あ、そこがいい、とか、弱点をさらけ出しながらノーガードで殴り合うそれに似ている。

そのスタイル上、他の艦娘が提督とどんなエッチをしていたのか、非常に情報網が広く、そうした情報の多くを己のこやしとして取り入れていく柔軟な思考が、プレイの幅を広げていき、提督が伊勢を抱き続ける理由の一つでもあった。

伊勢という女は、とにかく飽きないのだ。手を変え品を変え、しかし提督へ愛を囁き、愛されようとする姿勢だけは不変――――有り得ない話だが、仮に提督が伊勢に飽きたとしても、提督はそれでも伊勢を抱き続けるだろう。

伊勢とは、そんな喰らいつくせぬ女であった。SAGA! SAGAです!

口下手で不器用、女としての自分を押し殺そうとする日向には、それを暴く征服感があり、

快活でお喋り上手、女として男心をこれでもかとくすぐってくる伊勢には、奪いつくせぬ淫らな魅力があった。

 

278: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 00:16:31.09 ID:pYH8R+OU0

 どちらも普段、業務中に話しているときとは違った『女』の顔を晒すところが姉妹共通、提督がどうしても気になってしまう由縁である。

伊勢「ま……みんな結構充実してるよね。練度どんな感じ?」

日向「とっくに99だ。伊勢もそうだろ?」

山城「私もです。姉さまは………あっ(察し)」

扶桑「…………」←練度90

日向「ま、まぁ……そうなるな」

流石の日向も言葉に詰まるほどの哀れっぷりである。あの喪女四天王ほどではないにせよ、妹に先を越されるという意味では彼女たちより不憫な子であった。

扶桑「………不幸です。あ、間違えた、扶桑です………あれ……扶桑……不幸……どっちだったかしら……」ブツブツ

伊勢「………ま、まぁ、絶対数が少ないし、ねっ? あ、あんまり気落ちしないで! 誘われなかった理由が分かったんだし、もうこれからはガンガン上がるよ、うん!」

山城「ねっ、姉さま! わ、私も協力しますから! だ、大丈夫ですから!」

日向「しょうがないな……私からも少しばかり、提督にそれとなく忠告しておくよ」

こんな感じで、航空戦艦たちの仲は良好であった。

 

279: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 00:18:45.02 ID:pYH8R+OU0

 が。

大淀「ギギ」

明石「ギギギ」

間宮「ギィ、ギギィ」

伊良湖「ギリメカラァ……」

相も変わらずこの喪女四天王は、しっとパワーで世界を滅ぼす勢いである。

そのうちこの鎮守府では『蝕』でも起こるのかな? ってぐらいの血涙患者だらけであった。彼女たち自身がベッチーとなるのだ。

彼女たちが『一つ上の女』になる日はいつだろう。

答えは【これからの安価】が知っている(白目)。

【日向編:後日談~完~】


……
………

 

320: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 10:26:15.65 ID:pYH8R+OU0

【本日の即堕ち二コマ艦娘~赤城~】

【before】

赤城「慢心してはダメ……! 全力で参りましょう!!」キリッ

【after】

赤城「んほぉッ! ほぉッ♥ ほぉおおおおッ!? いっごうぜんのほごりぃぃいいいいいんんひぃいいいいいいいッ♥ 陥落ひまじだぁぁああああッ♥ 慢心してながっだのにぃいいいッ、無理ィッ、こんなの無理ィイイイイイッ♥」

赤城さんには「んほぉ」が良くお似合いだと思いました。(闇に舞い降りた変態)

加賀「あ、赤城さん……あ、貴女を残して……(快楽の海に)し、沈むわけには、い、いかな……」

無理しなくていいですよ加賀さん。

【完】

 

321: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 10:27:21.73 ID:pYH8R+OU0
>>0�?「まったく卑しい空母ずい!」

 

322: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/17(土) 10:34:49.15 ID:VQlqkMZjO
本当に卑しい女ずい!
ちんぽに即堕ちなんて空母の恥さらしずい!

 

336: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 16:28:31.00 ID:pYH8R+OU0

【本日の即堕ち二コマ艦娘②~ウォースパイト~】

【before】

ウォースパイト「What's this, Admiral? あなた、この手に結んだ印はいったいどういう意味かしら……? 説明してくださる?」

【after】

ウォースパイト「D....Double penetration......こ、こりぇ、が、Japanの、NINJA……カゲブンシン……♥ わ、わらひ、こ、こりぇ、しゅ、しゅきぃ……♥」

英国の戦艦はニンジャの『サンドイッチ』がお気に入りのようです。

【完】

 

350: ◆B2mIQalgXs 2016/09/17(土) 21:37:16.25 ID:pYH8R+OU0

【本日の即堕ち二コマ艦娘③~祥鳳~】

【before】

祥鳳「夏はこの恰好だと、丁度いいんです、提督」

【after】

祥鳳「て、提督の、ばかぁ……♥ こ、こんないっぱい、キスマーク付けられたら、私……も、もぉ……♥」

祥鳳さんが梅雨の時期以外で弓道着の左肩を肌蹴てないときは『そういうこと』だと、艦娘達は知っているようです。

【完】

 

398: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 00:12:20.85 ID:mbdQ23e80

【本日の即堕ち二コマ艦娘①~大和~】

【before】

大和「提督、大和の居住性、いかがでしょうか? なんたって大和ホテルですから!」

【after】

大和「あひぃいいいいッ♥ むりれひゅっ♥ むりれひゅっ♥ ひょんなのっ、やまとにっ、はいらにゃいのぉっ♥ むりやりそうびさせひゃらめぇっ♥ こわれりゅっ♥ やまとほてりゅ、こわれひゃうっ♥ 全壊しひゃうにょぉおおおっ♥」

マジカルチ○ポ
波 動 砲 を装備して、大和は『宇宙戦艦』にはなれないようです。

マジカルチ○ポにだって……できないことぐらい……ある……。

武蔵「ア、アワワ……」ビクビク

しかし『らめぇ』が良く似合う戦艦だこと。

大和ホテルはムダ金の象徴! 大和ホテルは悪い文明! 破壊する!!

??「ムラムラ、じゃなくて、ムシャクシャしたので、大和のフルコースをムシャムシャしてやった! なんちて! パナイ!」

流石のナレーションさんもこれには無表情。

【完】

 

399: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 00:17:11.10 ID:mbdQ23e80

【本日の即堕ち二コマ艦娘②~不知火~】

【before】

不知火「――――? なんでしょうか……不知火に落ち度でも?」ギロッ

【after】

不知火「ぅ、えっ……ぅ、あ……うぁあああっ! ご、ごめんなひゃい、わ、わらひ、の、おちど、でひた……ごめんらひゃ、はぅああっ! も、もぅ、やめ、かひゅっ!?」

……あれ?

不知火「……ひ、ひぐっ、やめ、もう……や、やぁ、ひゅいまへんでひたっ……ゆ、ゆるひて、やら、やらぁ、きもちいいの、やら…………かっ、ひゅ、んぁお……っ!?」

うそんなバカな……ピンクは、ピンクは淫乱だった筈……!?

不知火「ふ、ふぇ、ふぇえええっ……や、やらっ、もうやらぁっ!! きもちいいの、いらぬいっ……やらぁっ……しらぬいの、かお、みないれぇ……!」

……すごいざいあくかんだ!!

陽炎「ちょっとー、司令ー? まだ不知火が完堕ちしてないわよー? ほら、早く快楽堕ちさせなさい」

不知火「ひっ……や、やらぁ……たひゅけて、たひゅけて、かげろぉ……もう、もぉ、ずぼずぼされるの、やらぁ……おかひくなるっ、おかひくなりゅぅ……」

陽炎「……は? 馬鹿ね、そういう趣旨でしょコレ。ちゃんとアンタの間抜けヅラは録画しておくからねー。あ、お礼なんていーのよー? 後で陽炎型で鑑賞会しましょーねー?」REC

不知火「ひ、ひぃ……うぇぇぇえええん……うぇえええん……」

こ、この姉、血も涙もねえ……!

??「ムラムラ、じゃなくて、ムシャクシャしたので、不知火(が内に秘めたメスの火)をメラメラにしてやった! なんちゃって! パナイうえにヒドイ!」

その辺にしておけよ鬼怒。

【失敗!:安価選択時の下1桁が『ある数値』だった場合、即堕ちせず可哀想になる】

 

436: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 20:44:26.87 ID:mbdQ23e80

【本日の即堕ち二コマ艦娘~Bismarck~】

【before】

ビスマルク「私が一番ですって?何言ってるの、あたりまえじゃない。良いのよ? もっと褒めても」

【after】

ビスマルク「わ、わらひのっ♥ おま○こがっ♥ い、いちばん、せーしが、でりゅってっ? ら、らに、言っふぇりゅ、にょ……あ、あたりまえりゃらい……イ、イイの、よッ♥ もっと、突いてもっ……ん、ほぉッ♥ んほぉおおおおっ♥」

ビスマルクはチョロく落とせる想定しかない。なぜだ。

【完】

 

445: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:14:22.52 ID:mbdQ23e80

※おめえの出番だ、阿武隈!!

エッヤダッワタシッ?………イ、イケルケド///

………
……

―――どうして、こんなことに。

そんな後悔はいつでもできる。

大切なのは、現状をどうやったら改善できるか、目の前の壁をどうやったら壊せるか。

そう考えるのが大切だって……大事な人が言っていたのを思い出す。

提督「シャワー掛けるぞー」

阿武隈「ん……わぷっ」

鎮守府本館の片隅にある、提督の私室。

その浴室で、あたし――――軽巡・阿武隈改二は、提督に髪を洗ってもらっている。

タオルで大事なところをお互い隠した状態で、あたしは提督と一緒にお風呂に入っていました。

―――正直な話をすると、恥ずかしくて、死にそうです。う、嬉しいけど……。

 

446: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:17:44.33 ID:mbdQ23e80

 丁寧にブラッシングしてもらったあと、ざーっとシャワーで髪を濡らす。

程よいぬるま湯の温度が、じわっと髪や身体を濡らしていく感覚はいつも心地よい。

お風呂は大好き~ふふん♪

――――いや、それ以上に恥ずかしいんですけどね! はい!

提督の手がシャワーノズルを器用に扱って、頭頂部から毛先までを手際よくすすいでいく。

提督「じゃあシャンプーしますよお客様。痒いところがあったら言ってくださいねー」

阿武隈「は、はぁい……」

シャンプーを掌で泡立ててから……あ、てーとくってば分かってます――――ふんわりと優しい香りが鼻孔をくすぐる。

泡まみれの指先が、私の頭頂部に触れると、ため息にも似た快感が背筋を走る。

それが声にならないよう、あたしは唇を閉じる。んー………はぁ、気持ちいい。

阿武隈(んんっ………こうして提督の手が、あたしの髪に触れてると……)

―――提督の指使いは優しい。

その指使いに酔いしれながら思い出すのは、あたしが初めて提督に素肌を晒したその時のこと。

その頃からずっと変わらない優しい手。

 

447: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:21:57.99 ID:mbdQ23e80

 ……あたしはこの鎮守府で初めて建造された軽巡として着任した。

先任の子は駆逐艦の子……五月雨ちゃんに、秋月ちゃんに、響ちゃんの三人だけ。期待してると笑う提督。

――――提督にとっての初めての軽巡。それがあたし。阿武隈。艦娘としての、あたし。

それはなんだか誇らしげな気持ちになる。

胸の奥にあったかいものが………勇気みたいな、闘志のような、力強いものが湧き上がってくる……あ、いえ、その、えっちな気持ちじゃないです、はい。

えっちな気持ちは………その、ないとは、言えません、けど……ち、違います!

え、えっと………それであたしは、意気揚々と三人を率いて出撃したんですけど……甘かった。

駆逐艦なのに、あの三人はとても強くて。

あたしは旗艦なのに。

軍艦だった頃、第一水雷戦隊の旗艦まで務めたのに。

『あの』軽巡洋艦・阿武隈なのに。

指示に従わせるどころか、何一つ……指示一つ出せなかった。

思うように体が動かなかった。

敵を前にしたときに足が竦んで、狙ってるところに砲撃できなくて、魚雷も全然だめだめで、明後日の方向に向かって行って……あたしは敵本隊の重巡の砲撃を浴びて、あっけないぐらい簡単に大破した。

死んじゃうって、そう思った。だけど、死ななかった。

あの三人が、あたしをあっさり大破させた敵棲艦たちを、それ以上にあっさりと粉砕してくれたから。

海域は突破できたけれど、あたしはぼろぼろの姿で……あたしだけが、ぼろぼろで。

なのに五月雨ちゃんも秋月ちゃんも響ちゃんも、無傷で、きらきらしてて、凄くカッコよくて、綺麗で。

 

448: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:26:50.16 ID:mbdQ23e80

 母港に帰還して、執務室に向かって、提督に戦果報告をしながら、あたしは、あたしは、どうしようもなく、悲しくなってしまって。

提督が心配そうな目で、あたしを見てて――――あたしは、自分がとっても弱い存在なんだって思って。

提督に報告しているって言うのに、とっても惨めな気持ちが湧き上がって、もうそう思ったら………涙が止まらなかった。

報告中に急に泣き出したあたしに、なんて言葉をかけていいか悩むようなそぶりをする提督に、五月雨ちゃんが近づき、耳元で何かを囁いた。

提督と二、三、言葉を交わした後、五月雨ちゃんたち三人は執務室を出て行って、残るのは泣きじゃくるあたしと、提督だけ。

提督はあたしに近づいた。どんな慰めの言葉を言ってくれるのだろうと、あたしは他人事みたいに考えた。何を言われたって、このみじめさが深まるだけだって、そう頑なに思ってて。

なのにあたしが感じたのは、声ではなくて、包まれるような温かさだった。

抱きしめられているとすぐにわかった。不思議と、それは嫌じゃなかった。

むしろ温かくて、いい匂いがして、回された腕は太くて力強いのに、とっても優しくて……ささくれた心が、氷が解けるみたいに滑らかになっていく感覚。

―――落ち着いた?

抱きしめる腕を解いた提督は、あたしにそう聞いた。あたしはこくりと頷いて、今更ながら抱きしめられた恥ずかしさで、顔が熱くなった。

熱くなった顔を見られたくなくて、そもそも大破してボロボロになった体に服の切れ端が張り付いてるような状態だったのを思い出したらますます恥ずかしくて、あたしは………うん、あたし的にも思い返すとどうかと思うんだけど、自分の真っ赤になった顔も、露わになった肌も見られたくなくて、提督に抱き付いた。

そこからはもう、なんていうか………うん、あまり人に言うことじゃないし。詳しくは言えないけど、まぁ、なんていうか……。

その後、お風呂に入ってから――――あたしはあたしの処女を、提督に捧げた。

その間何があったって………? い、言いたくない、です……。

 

449: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/19(月) 23:28:33.18 ID:U3kGpv1SO
勝ってそう

 

450: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:28:37.63 ID:mbdQ23e80

 耳元に熱い吐息と共に、囁かれる慰めと愛の言葉は、今でも一言一句違わず覚えている。

唇は、差別なくあたしの身体を滑っていく。

髪も、おでこも、耳も、鼻も、頬も、唇だってもちろんそうだし――――。

首筋、肩、腕、手、指先、爪……。

鎖骨に、腋に、脇腹に、胸に、乳首も、乳輪も、お腹も、おへそも――――『あそこ』にまで触れられちゃうと思って、あわてて手を動かそうとしたけれど、もう手遅れで、身体はとっくに力なくふにゃふにゃに蕩け切っていた。

だけど拒むあたしの心を見透かしたように、その唇は腰からお尻に伝っていき、内腿や太腿、膝裏やふくらはぎ、それに足まで、丁寧に口付けていって。

それがとても気持ちよくて、嬉しくて、あたしはまた涙が止まらなくなって。

そんなあたしの瞼に、あの人はキスをして。私は頷いて。

私は足を開いて――――大切な、女の子のそこに、提督は口付けした。

お腹の下から、胸に向かって突き抜けていく熱い痺れ。

その間も全身を伝うのは、指先の優しさ。

口付けされる度に、みじめさがどんどん削げ落ちていくような、不思議な感覚。

思い出す度に、恥ずかしい気持ちになるけれど――――とっても大切な思い出。

提督と初めて出会ったのは、忘れもしない、二ヶ月前のことだった。

提督と出会った日が、あたしが本当の意味で軽巡・阿武隈になった日。

その日が、あたしがあたしとして生まれた日で。

女になった日で……男の人を知った日……。

―――――って、あれ? どうして、提督と一緒にお風呂に入ることになったんだっけ?

 

451: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:30:47.82 ID:mbdQ23e80

 提督が毛先を洗ってくれながら、そんなことを思い出す――――あ、そうだ!

そもそものきっかけは、北上さんとの会話だった。

北上さんとあたしは、結構お話しすることが多い。大井さんや木曾くんもだけど、その中でも北上さんとはしばしばおしゃべりする。

話題は様々だ。

甲標的の運用のことだったり、ファッションやスイーツの話だったり、そして――――恋愛の話だったり。

北上『阿武隈ってさー、なんていうか………チョロい子だねぇ』

阿武隈『…………はい?』

はい、前述した提督との初めての話。

コイバナって言うには、ちょっぴりえっちな話題だけど………そんなお喋りをしていた時のことだったと思う。

北上さんからのコメントは、耳を疑うような言葉でした。

北上『いやねー、良い話だとは思うよ。うん、提督ってば優しいし、痺れるねぇ、男の子だねぇ……でもそれでコロッと行っちゃうアブゥってば、ちょっとチョロくないかなーって』

阿武隈『んむぅ!?』

北上『えー、だってありがちじゃーん。傷ついてー、慰められてー、惚れちゃってー、そのまま美味しくいただかれちゃいました……うん、チョロいね』

た、手折った!? 手折りましたこの人!

ひ、人の大事な思い出話に、なんてことを言っちゃうんですかねこの人は!

 

454: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:34:29.24 ID:mbdQ23e80

阿武隈『あ、アブゥって言わないでよぉ! そ、そういう北上さんはどうなんですかっ』

北上『え? あたし? あたしはー……うん、なんていうか……まずあたしが海域でドロップされた後、ここの鎮守府の執務室に案内された後なんだけど―――』

そこから聞かされた北上さんの初体験のお話は、うん………。

しゅごい。

………んんっ、すごい、いや、凄かった……です。はい。

北上『って感じだったんだけど……あり? 阿武隈?』

阿武隈『』

なんていうか……ひょっとしてあたし、本当にチョロい子なんじゃ……って思わされるぐらいには、すっごくえっちで、カッコイイお話で。

そんな肉食系な提督のイメージが全然なかったあたしにとって、そんな風に提督に求められている北上さんに、嫉妬する気力すら湧かなかった。

 

455: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/19(月) 23:34:59.14 ID:9lsv5K3L0
ちょろい

 

456: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:37:40.62 ID:mbdQ23e80

 あたしは、何も言葉を返せなくて、でも、

北上『んー……ごめん。なんていうか、言いすぎたかも。ほら、えっと………人それぞれって言うし。価値観ってさー……恋愛観なんかまさにそう……って聞いてる?』

そんな風に、申し訳なさげに同情されるのは、我慢ならなかった。

カッと頭に血が上ったことは否定できないけど、あたしはテーブルに手をついて、勢いよく立ち上がったんです。

阿武隈『あ、あたしだって、やればできるんだから!!』

北上『おぉう』

口をまんまるにした―――だけど表情筋は一切動かず、まるで驚いてそうにない――――北上さんを見下ろして、

阿武隈『あ、あたし、今日はこれで失礼します! こ、これから………て、てーとくをお誘いしてきます!! お、女として、てーとくをメロメロにしてきますっ!』

北上『あー、うん………がんばってねぇ』

あまり興味なさげにひらひらと手を振る北上さん。ば、馬鹿にされてる! 絶対あれ馬鹿にしてます!!

ぷんすかです! げきおこです! ぜったい、ぜったいぜったいぜーーったい、見返してやるんだから!!

そんな決意を胸に抱いて、あたしはてーとくのいる執務室に向かって―――――。

提督「熱くなれー、夢見たーあしたーをー♪」

阿武隈(………あれ?)

提督の鼻歌に、意識が現実に引き戻される。

それで――――なんでか、提督とお風呂に入ることになっちゃいました。

 

458: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:42:12.98 ID:mbdQ23e80

提督「かぁならーずいーつかーつかまえるー♪」

阿武隈「」

むしろあたしが捕まっちゃってるんですけど……提督、結構歌うまい……じゃなくてぇ!

あ、あれ? なんで? なんで、こうなったの?

わ、わかんない。わかんないけど……。

提督「っと……阿武隈? 力加減、このぐらいで大丈夫か?」

阿武隈「ふぁあ………はいぃ。とっても、きもちいーですぅ………」

提督のシャンプー、すっごく気持ちいいから、どうでもいいかぁ……なんて思っちゃいます。

ふわぁ、幸せぇ……って、んむ? なんか違うような。

――――っていうか、これ絶対違います!?

阿武隈「あ、あの……これ、その……提督?」

提督「そーうーだわーすれーらーれーないー……うん?」

髪に着いた泡を丁寧にぬるま湯で落としながら、提督は鼻歌混じりに返事をする。

 

459: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:45:08.40 ID:mbdQ23e80

 あ、てーとくってばやっぱり歌上手……じゃなくて、

阿武隈「なんだか、その、えっと……今のあたし、お姫様みたいな扱いされちゃってるなー、なんて…………あっ、あたし的には、とってもOKなん、ですけど……その」

そもそもお風呂に誘ったのは、えっと、あたし側からで……何をどう思ってお風呂に誘ったかは、えっと……あれ、あたし、戦術も戦略も、何も考えてない?

………と、とにかく、誘ったのはあたしなのに、こんな風にされるがままっていうのは、女としてメロメロにするっていう趣旨からは、なんか全然離れているような気がしなくもないっていうか。

そんなあたしに、提督はちょっぴり子供っぽい笑みで笑いかける。提督はそういうところ、すっごく察しがいい。

提督「なんだ、ひょっとして気にしてるのか? 大丈夫大丈夫、こんな可愛い子と一緒にお風呂入れるのは、男にとってご褒美でしかないし? 目いっぱいお姫様気分を味わってくれ」

阿武隈「そ、そうですか? え、えっと、じゃあ………え、えっへん! く、苦しゅうないぞ……ないですわよ………なんてね?」

ちょっぴり気取った言い方は、やっぱりあたしには似合わないかな? なんて思いながらも、精いっぱい背伸びした返答を返すと、

提督「それは宜しゅうございました。畏れ多くも姫様の美しい髪や肌に触れられること、私……望外の喜びと心得ております」

―――急に表情を引き締めて、即座にそんな切り返しをするてーとくは、やっぱり大人の男の人なんだなぁ……って、思い知らされる。

 

460: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:48:59.18 ID:mbdQ23e80

 むしろこっちがメロメロにされちゃうような切り返しで……耳元にそんな甘い声で囁かれたら、やだ………なにこれ、恥ずかしい。

阿武隈「………や、やめましょう、うん」

提督「っはは、恥ずかしがるくらいなら最初から言うなって。……可愛いなぁ、アブゥは」

苦笑する顔は、いつも通りの提督の顔で。ちょっぴり子供っぽい笑みが、あたし的にはウルトラOKで……。

あたしをからかうように、ぐしぐしと少し強めに頭を撫ぜる―――って、アブゥっていわないで!? 自分でもお馬鹿だとは思ってますけど!?

提督がイケボすぎるのは反則なんですけど?! こんなの、こんなの冷静でいる方が難しいんですけど!? マジカルヴォイスなんですけど!?

北上さんってば、どうやってこんな提督にあんなカッコイイ初体験を……!?

提督「よっし、水気も切ったし……それじゃ、次はリンスとトリートメントな」

阿武隈(………むっ)

どこか楽しそうな、しかし手慣れた感じであたしの髪をいじってく提督に、ちょっぴり違和感を覚えた。

……てーとく、ひょっとしてこうやって女の子の髪を洗うの……ひょっとして初めてじゃないのかな?

五月雨ちゃん……ありうる。あの子も、髪が長くて手入れが大変だって言ってたし。

秋月ちゃん……ないかな。むしろあの子はご奉仕気質っていうか……逆に提督の身体を積極的に洗っていきそう。

響ちゃん……大いにありうる。響ちゃんってばあまえんぼだし。あたし的には一番、響ちゃんが怪しい感じ。

阿武隈「てーとく、なんだか………手慣れてますね」

あたしは美容室とかで働いてたって答えを期待してたんだけど―――

 

461: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:52:08.32 ID:mbdQ23e80

提督「ん? ああ、年の離れた妹がいてさ」

阿武隈「………ふぇ?」

ちょっと探りを入れるつもりで聞いてみたら、返って来たのは予想外の答えだった。

阿武隈「えぇえ! 妹さんがいたんですか? あたし、それ初耳です!」

提督「ん? ああ、そういや誰にも言ってなかったか? 俺が13歳の時に生まれた子でさ……今年で9歳になる」

阿武隈「ふわぁ、随分年の離れた妹さんなんですね」

提督「ああ、結構ワガママなやつでな。それこそ自分は御姫様扱いされなきゃやーって感じで」

そう言いながらあたしの髪に、しゅりしゅりと慣れた手つきでトリートメントをすり込んでいく手つきは、本当に手慣れた感じだった。

阿武隈「そ……それはなんていうか、ワンパクな妹さんなんですね」

提督「ワンパクね、ははは、そんな感じか。じゃじゃ馬というかな……まぁ、歳も離れてたし、可愛いもんだったよ。それに比べたら阿武隈は大人しいし、楽なもんだよ」

阿武隈「………む」

提督「よし……うん、トリートメントはこれでいいかな」

提督は楽しそうに言うけれど………きっと『髪の面倒を見るのは、そんなに手間じゃあないから気にしないで』っていうニュアンスなんだろうけれど。

………なんだか、胸がむかむかする。

 

462: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:54:48.50 ID:mbdQ23e80

 別に妹さんに嫉妬するほど子供じゃないけど……そう、子供じゃないの。

―――あたしは、提督の妹じゃない。子供じゃない。あたしは……。

阿武隈(なのに、妹さんと比較するのは………んぅぅっ! 絶対違うと思います!)

その時、ふと閃いたことが。

…………悔しいので、仕返しをしちゃおうっと。

阿武隈「そ、その、提督? 髪はもう、OKですよね?」

提督「ん? ああ。後は髪をまとめて蒸らしたあと、洗い流せば終わりだよ」

阿武隈「そ、それじゃ、その………」

自慢の髪を纏め上げ、ハンドタオルを頭に巻き付ける。

そして、身体をぐるりと覆い隠していたバスタオルを――――思い切って取り払った。

提督には今、あたしのお尻からうなじまでの素肌がばっちり見えてる筈……。

提督「っ………」

ごく、と。提督が喉を鳴らすのが、正面の姿見に映って見えた。

 

465: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/19(月) 23:57:56.48 ID:mbdQ23e80

 わ、わっ、姿見で見えちゃわないように、膝を閉じて、胸を両手で隠して……。

――――肩越しに振り向いて、えっと、えっと、色っぽい表情、色っぽい表情……な、流し目で。

阿武隈「か、身体も……洗ってくれますか……?」

こ、これが、阿武隈の全力全開のお誘いです……! やるときはやるんだから!

ど、どうですか、提督?

提督「喜んで」

か、勝ったーーーーっ!!

ノータイムでお返事が来たのに、ちょっとクスッとしてしまう。

提督もやっぱり男の子です。ふふーん、どうですか北上さん?

こんなあたしでもやればできる! ねっ、提督?

 

466: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/20(火) 00:00:35.41 ID:+N5Ky7RZ0

提督「………」

阿武隈「あ、あれ……?」

って……………あ、あの、提督?

なんで、手にボディーソープを出してるんです?

なんで泡立ててるんです?

あの……タオルは……?

提督「いやぁ、阿武隈姫様の繊細そうなお肌に、俺の使う男物のタオルじゃあ少し刺激が強いかなと」

阿武隈「………え、えっと?」

すっごく、嫌な予感がするんですけど?

提督「安心しろ。俺はこう見えて、女の子を手もみ洗いすること……その道のプロだ」

阿武隈「」

もう絶句です! そんないかがわしいプロのお仕事なんて聞いたことないんですけど!?

 

467: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/20(火) 00:02:00.48 ID:+N5Ky7RZ0

 それってなんだかとってもアブナイ感じで――――って!?

阿武隈「ふ、ひゅあぁああああっ、うぇええっ!?」

あわあわを纏った提督の手が、私の肩と腰ににゅるっと触れて、思わず声が出ちゃう。

提督「こら、女の子がそんなはしたない声出さない」

阿武隈「だ、出させてるのは誰なんでしょうね!? あっ、やっ、え、えっち! てーとくえっちぃです! あたし的に、そ、そういうのナシかなって!!」

提督「いや、洗ってって言ったのアブゥでしょ。はいはい暴れないの。滑って転んじゃうよ?」

ま、またアブゥって言った!? て、手で直接洗ってなんて言ってないのに!?

なんであたしが駄々こねてるみたいな扱いされちゃうの!? これは流石にちょっとひどいんですけど!?

もういい加減にしてくださいって抗議しようと、振り返ったら、

阿武隈「っん………!?」

提督の顔が近くにあって。目を瞑っていて。

 

468: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/20(火) 00:04:29.25 ID:+N5Ky7RZ0

 唇に、ふわって柔らかい感触がして………。

阿武隈「んんっ……!? ふぁ、ちょ、ていと……んぅ……」

口を開いたところに、ぬるっとしたものが入り込んで、あたしの舌に絡みつく。

阿武隈「ふぁあ、ん、ちゅ、はっ、あふっ……ちゅぱ……」

唇や舌を吸われながら、提督の手がゆるゆると、あたしの肩から腕をゆっくりと伝っていく感触。

かっと顔に熱が集まって、どきどきが止まらなくなる。

提督はゆっくり唇を離すと、提督とあたしの舌先にいやらしい唾液の橋が架かっていて、

提督「妹扱いしたように聞こえた? …………妹にこんなことする奴はいないよ」

阿武隈「ふ、ふぁ、て、てーと……く」

提督「好きな子以外の身体を好き放題触るなんてしないし、好きな子だからしたいって思う」

阿武隈「っ………」

提督「だから、ね? 阿武隈がどうしても嫌ならやめるけど……酷いことしないから……このまま、任せてくれないか」

阿武隈「…………は、はひっ」

引き攣った返事をして、あたしは居住まいを正して、膝に手を置いたまま俯いちゃうしかなかった。

 

469: ◆9.kFoFDWlA 2016/09/20(火) 00:07:26.28 ID:+N5Ky7RZ0

 ぽちゃん、と水滴が浴槽に落ちる音が耳に響く。

もう怒りなんてどこかに行っちゃって、ただただ顔の熱さと恥ずかしさだけしか感じられない。

ただ浴槽に水が落ちる音と、自分の胸がばくばくと高鳴る音だけが聞こえる。

妹扱いじゃないって……あんな真剣な目で見られて。

好きな子にしかこんなことしないって……本気の声で言われて。

好きな子だから、こういうことしたいって……求められたら。

そんなこと言われちゃったら……断れないよ。

―――不意に、気の抜けた声が脳裏をよぎる。

北上『あー、まー、うん……やっぱりこうなったねぇ……ちょろいねぇ……アブゥは本当にチョロいねぇ……よくないねぇ……痺れないねぇ……ダメな子だね』

や、やっぱりあたしじゃ無理………?

で、でも、このまま負けるなんてイヤ!!

あ、あたしは、てーとくを、メロメロにするんだから!!


……
………

 

 

元スレ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1473427556/

-艦これ