ssギャグまとまる君

笑えるギャグssを中心としたニッチ系まとめ。

艦これ

【艦これ】提督「俺と皆と鎮守府と」

1: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 14:07:52.98 ID:Nu4pGs2do

~注意事項~

・誤字、脱字あると思います

・1分あれば読める程度短編をダラダラ書いていきます

・思い付いたときに書くので更新は不定期

・地の文が入る…かもしれない

・色んな娘が提督love勢

・専ブラから投稿しています。もしかしたらエラー等出るかもしれません。

・たまには浮気も…良いよね?

 

2: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 14:10:31.26 ID:69b9JS1So

~提督の部屋~

提督「……寒い」

瑞鶴「もう冬ね……こたつ出す?」

提督「ん……そうするか」ヨッコラセ

 

3: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 14:14:06.85 ID:69b9JS1So

~十数分後~

パチッ

提督「よし、電源入った」

瑞鶴「まだ暖かくなるまでかかるわね…」ブルブル

提督「…大丈夫か?」

瑞鶴「大丈夫、平気。うん」

提督「………」

瑞鶴「…ねぇ、提督さん」

提督「どうした。上着着るか?」

瑞鶴「いいわよ。すぐ暖かくなるんだし、それより…」

提督「?」

瑞鶴「何で私と最初に結婚式したの?」

 

4: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 14:14:52.53 ID:69b9JS1So

うわぁ…誤変換。予測変換が荒ぶるぅ

結婚式→ケッコン

でお願いします

 

5: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 14:19:54.99 ID:69b9JS1So

提督「何でケッコンしたかって?」

瑞鶴「……」コクリ

提督「いや、初期艦の次に来た娘だし…仕事もしっかりやるし……」

瑞鶴「…そういう?」

提督「…何だ、可愛いから~とか、言って欲しかったか?」

瑞鶴「別に」プイッ

提督「…言わないと分からないか?」

瑞鶴「……」モゾモゾ

提督「まだ暖まってないのに潜ってどうするんだ」

瑞鶴「……バカ」

 

12: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 17:35:42.90 ID:h78b2dxGo

~執務室~

提督「…なぁ、不知火」

不知火「何でしょう、司令」

提督「…いや、頼みにくいんだが……」

不知火「遠慮なさらず」

提督「…プロポーズの練習をさせてくれないか」

不知火「」

 

14: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 17:40:51.86 ID:h78b2dxGo

提督「…良いか?」

不知火「……どうぞ」

提督「あ、できれば点数もつけてくれないか。100点満点で」

不知火「…了解しました」

提督「それじゃ、いくぞ……」オホン

提督「俺に毎日味噌汁を作ってくれないか」

不知火「15点」

提督「えぇ…何でだ?」

不知火「何度もこんな点を取るようなら、お教えしましょう」

提督「んん……そ、それじゃあ…」

 

15: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 17:46:06.27 ID:h78b2dxGo

提督「人生半分くれないか」

不知火「30点」

提督「ぐぅ………ずっと側にいてくれ」

不知火「24点」

提督「つ、月が綺麗ですね……」

不知火「32点」

提督「…どうしろと」

不知火「回りくどいんです。司令はもっと真っ直ぐに行った方が良いかと」

提督「…真っ直ぐ……ねぇ」

 

16: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 17:49:19.52 ID:h78b2dxGo

読み直したら誤変換とかあったけど許して

提督「ずっと幸せにするから付いてきてくれないか」

不知火「まだ回りくどいです。54点」

提督「…一旦仕切り直すか」スーハー

不知火「………」

提督「っしょ、いくぞ」

不知火「どうぞ」

 

17: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 17:49:45.67 ID:h78b2dxGo
提督「曙、好きだ。結婚してくれ」

 

18: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 17:52:03.24 ID:h78b2dxGo

不知火「…………」

提督「…どう、かな」

不知火「0点」

提督「んなっ!?何で、何でだ?今までで一番ストレートだったと思うぞ?」

不知火「知りません。0点です」プイッ

提督「おい?どうした?」

不知火「何でもありません」ツーン

提督「………?」

 

22: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 20:13:49.24 ID:h78b2dxGo

~執務室~

提督「……」カリカリ

武蔵「………」ジー

提督「…ん?どうした」

武蔵「いや、珍しく真面目に仕事をしていると思ってな」

提督「いつも仕事してないみたいな言い方だな?」

武蔵「書類はいつも私と瑞鶴が片付けているからな」

提督「……すまん」

武蔵「まぁ、本当にそう思うなら…そうだな……」

武蔵「最近、肩がこっていてな…」

提督「」

 

23: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 20:16:02.54 ID:h78b2dxGo

~数分後~

提督「骨と筋肉を剥がすのは分かった。ただ……」

武蔵「どうした?」

提督「俺にできるか?そんな芸当」

武蔵「…そうだな……一度、体で覚えてもらおうか」

提督「え?」

 

24: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 20:19:30.66 ID:h78b2dxGo

提督「いだだたたっ!?待て、スト…っ……」ブルブル

武蔵「何だ、この程度で音を上げるとは…情けないな提督よ」グリグリ

提督「………っ!……ぐ………!」

武蔵「…まぁ、こんなものだ。分かったか?」スッ

提督「……ぁぃ」グッタリ

 

25: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 20:27:59.59 ID:h78b2dxGo

~数分後~

提督「…それじゃ武蔵、始めるぞ」

武蔵「任せる」ウツブセ

提督「…(背広筋背広筋……)」サワサワ

提督「お、ここか?」グリグリ

武蔵「む…良い、ぞ」ブルブル

提督「何だ、痛いのか?」グリグリ

武蔵「誰でも、痛いはず…だ。大分固まって……」

提督「…そうか」グリグリ

武蔵「っ………ふ………」

提督「………」

 

26: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 20:34:14.24 ID:h78b2dxGo

提督「武蔵、次はどうすれば良い?」

武蔵「胸の筋肉を脇から掴んでくれ」

提督「む、胸?」

武蔵「…あくまで筋肉の部分だ」ハァ

提督「え、えーっと…こう、か?」ムニュ

武蔵「提督よ!?そこはっ!」

提督「い、いや!わざとじゃないぞ!?えっと……」

武蔵「…?」

提督「…お前のが…その、大きいせいでうつ伏せになると…どうしても……」

武蔵「………すまない。少し上体を浮かそう」

提督「いや、こっちこそ…すまん」

 

27: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/03(木) 20:48:25.81 ID:h78b2dxGo

提督「…えっと、こうか?」

武蔵「ああ、そこから前に引っ張って、揺らしてくれ」

提督「前に引っ張っ……えぇ?」

武蔵「難しいと思うが…頼んだぞ」

提督「…お、おう」

………………

提督「な、なぁ…武蔵」

武蔵「…何だ」

提督「…多分、これ一人用だよな?二人でやるためには…できてないと…思うんだが」ユサユサ

武蔵「…いつも、一人でやってるんだ」

提督「(これじゃただ胸揺すってるだけだ…)武蔵、他のマッサージをやろう。これは…その、恥ずかs」

ドアガチャ

大和「提督、頼まれてた書類、持ってきm………」

武蔵「や、大和……」←うつ伏せになって胸を触られている

提督「あ、えと、これは…だな」←武蔵に馬乗りになって胸を触っている

バサバサバサッ

大和「きゃああぁぁぁぁっ!」

提督「わああぁぁぁぁ!?」

武蔵「や、大和、話を聞いてくれないk」

妖精「艤装持ってきた」

大和「やああぁぁぁぁっ!」ガシャコン

提督「わああぁぁぁぁ!?」

武蔵「おぉおぉぉ!?」

ドーン ズガーン ドガーン

 

30: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 16:24:36.34 ID:5gfHw9Gdo

~執務室~

提督「………」パラパラ

提督「……むぅ」

提督「(瑞鶴は休みで武蔵は呑みに…俺も休みかと思ったら……)」

『提督、作戦資料です。今まで色んな娘と遊んだ分……しっかり取り返して下さいね?』

提督「…大淀のやt……いや、大本営か」ハァ

ドアガチャ

提督「?」チラ

春風「お疲れ様です、司令官様。お茶をお持ちしました」

提督「おぉ、ありがとう。春風」

春風「どういたしまして」ニコニコ

 

31: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 16:32:09.73 ID:5gfHw9Gdo

春風「どうですか?お仕事の方は…」トクトク

提督「今日は休日のつもりだったからな…中々気が乗らない」

提督「もっとも、上に立つ人間がこんなんじゃダメなんだが……」ハァ

春風「…そう、ですね……どうぞ」スッ

提督「ありがとう。いただくよ」ゴクッ

春風「……」

提督「…美味しい」

春風「」パアァァ

提督「」クスクス

春風「っ!……申し訳ありません。はしたない…」マッカッカ

提督「良いよ。可愛かったし……」

提督「…そうだ、なぁ春風」

春風「?」

提督「疲れた時は糖分を取ると良いらしい…だから」

春風「……?」

提督「一緒にお茶でもどうだ?甘いものでも食べに行こう」

春風「……は、はいっ!是非!」

 

32: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 16:48:03.25 ID:5gfHw9Gdo

~街~

提督「(前プリンツ達と行ったのはこのあたり……)」テクテク

春風「(まさか司令官様からお誘いが…これはまさか…あ、あぁあの)」

春風「(で……デート!)」キラキラキラ

提督「…(甘いもの好きなのか…やっぱり女の子だな)」チラ

春風「(デート。司令官様とデート…デート……)」

テクテク

 

33: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 16:50:17.37 ID:5gfHw9Gdo

~どっかのカフェ~

春風「」パクッ

提督「…どうだ?」

春風「…美味しい…です」モグモグ

春風「(味がよく分かりません…)」マッカッカ

 

38: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 21:37:32.80 ID:5gfHw9Gdo

~廊下~

浦風「…なぁ、陽炎」

陽炎「何?」

浜風「提督のお好きな料理、何か知りませんか?」

陽炎「いや、知らないけど…何で?」

 

39: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 21:44:03.57 ID:5gfHw9Gdo

陽炎「司令に料理を……ねぇ」

浦風「ほ、ほら、普段世話になっとるし、お返しで……」

陽炎「………本音は?」ジー

浦風「」

浜風「…疑ってますね?」

陽炎「もちろん、とっても」

浦風「何をそんなに疑う必要が…」

陽炎「今正直に言うなら司令の満面の笑み写真をあg」

浜風「手作りの料理で提督の気を引こうと思いました」

陽炎「」

浦風「なっ、は…浜風……」

浜風「正直に言いました。写真を」

陽炎「…無いわよ。そんなの」

浜風「」

 

40: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 21:49:48.32 ID:5gfHw9Gdo

陽炎「…わざわざサプライズにする必要、ある?」

浦風「そっちの方が嬉しいはずじゃけぇ」

浜風「感動増し増し、好感度も増し増しです」シレッ

陽炎「浜風…」

陽炎「っと、とりあえず…もっと司令に近い娘に聞いてみたら?」

浦風「…ふぅむ、そうじゃね。ありがと、陽炎」

陽炎「礼を言われる程の事じゃ無いし、良いわよ。別に」

浜風「…行きましょうか」

同じ型なので陽炎を出していますが、陽炎の出番はここまで、また別で書くかも

 

41: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 21:58:11.98 ID:5gfHw9Gdo

曙「…それで、私に聞きに来た。と」

浦風「…何か、知らん?」

曙「知ってても言わないわよ」

浜風「……どうしてですか」

曙「一応アンタ達と私はライバル関係よ?わざわざ塩を送る必要なんt」

浦風「ウチら一回、手伝ったよね?」

曙「」ピクッ

浜風「ギブアンドテイク、分かりますね?」

曙「それでm」

浦風「断るんならこの前の夜の録音データばら蒔くけぇ」

曙「…いつの」

浦風「さぁ?何時のじゃろね」

曙「っ…………言えば良いんでしょ!言えば!」

浜風「助かります」

曙「覚えてなさいよ…」

 

42: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 22:11:58.35 ID:5gfHw9Gdo

~食堂~

『クソ提督の好み…私もそんな作らないけど……』

浜風「おにぎりと豚汁…」グツグツ

浦風「何と言うか、アレじゃな」ニギニギ

浜風「好きな人が作った物なら、何でも良いんでしょうね」ハァ

浦風「盛大なノロケじゃな。…あちっ!」

浜風「大丈夫ですか?」

浦風「うー…ヒリヒリする……」

 

43: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 22:29:00.04 ID:5gfHw9Gdo

~提督の部屋~

コンコンコンッ

どうぞー

浦風「失礼します。提督」ドアガチャ

提督「どうした。二人とも…?」

浦風「ごはん作ったんじゃ。食べてくれんか?」

提督「おぉ?…ありがとう。いただくよ」

 

44: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/04(金) 22:38:24.02 ID:5gfHw9Gdo

提督「」パクパクモグモグ

浜風「…どう、でしょうか」

提督「」ゴクゴク

提督「……ふぃー……」

浦風「…提督さん?」

提督「浜風、浦風」

浜風「…」

浦風「…」

提督「凄く、物凄く美味しかった。良かったら…また、作ってくれないか」

浜風「!」

浦風「も、もちろんじゃ!提督さんの頼みなら例え毎日毎食、何年でも…」

浜風「…浦風」

浦風「あっ……いや、その、今のはそういう…えと…」マッカッカ

提督「…流石にそれは疲れるだろうし、作れる時だけで構わないよ」ハハハ

浜風「……」ヘックチ

提督「あ、こたつ…入るか?」

浜風「お邪魔します」モゾモゾ

提督「…何でわざわざ隣n」

浦風「ウチもお邪魔するけぇ」モゾモゾ

提督「……まだ3ヶ所空いてるはずなんだが」

浦風 浜風「ここじゃないと嫌じゃ(です)」

提督「……分かった。そうしよう」クスッ

この後滅茶苦茶談笑した

 

49: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/06(日) 21:03:12.26 ID:QPewVizuo

~提督の部屋~

曙「…ねぇ」

提督「どうした。こたつ熱いか?」

曙「違うわよ、ちょっと聞きたいだけ」

提督「何を」

曙「…今さらだけど、何で私が好きなの?クソ提督は」

 

50: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/06(日) 21:06:15.63 ID:QPewVizuo

提督「……んー…そうだな」

曙「………無いの?」

提督「無かったらそもそもこの関係になってないだろ」

曙「……そりゃ、そうだけど」

提督「身長?…顔?………それとも胸か?」

曙「…最低」

提督「待て待て。いや…何だろう」

曙「何よ。煮え切らないわね」

 

51: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/06(日) 21:14:15.53 ID:QPewVizuo

提督「…全部。全部好きだ。その顔も、髪も、身体も、何だかんだ言いながら気遣ってくれる性格も」

曙「…気持ち悪い」

提督「酷いな。正直に言ったつもりなんだが」

曙「もっと言い方無いの?『分からないけど、いつの間にか~』って」

提督「…意外と乙女だな」

曙「例えよ。悪い?」

提督「別に。ただ、そんな…『分からない』なんて事は無いんだ。絶対」

曙「…どういう意味よ」

提督「そう言う人は…表現しきれて無いだけだと思うんだ。相手の事を好きすぎてな」

 

52: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/06(日) 21:23:16.64 ID:QPewVizuo

曙「ふーん……。だったら、クソ提督はどうなのよ」

提督「どうって、何が」

曙「…表現、できてるじゃない」

提督「できるぞ?」

曙「何で」

提督「『相手の事が好き』どころの話じゃないから」

曙「……屁理屈よ…」ゴロン

提督「どうした。急にうつ伏せになって」

曙「……ふん…」

提督「耳、赤いぞ」

曙「うっさい!分かってるなら黙っててなさいよ!」

提督「(…可愛いなぁ、やっぱり)」フフッ

 

56: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 09:58:02.60 ID:bPB0lP7zo
…少し、昔の話をしよう

 

57: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 10:06:48.09 ID:bPB0lP7zo

~数年前、どこかの大学~

青年「…今日から大学生、なんだよな」

友人A「実感湧かねぇよな」ハハハ

青年「(センター試験に大学入試…辛いどころの話じゃ無かったけど)」

青年「…嬉しいな」

友人A「そりゃ良かった」ニシシ

ドアガチャ

青年「?」チラ

先生「入学式、お疲れ様。早速だが皆には試験を受けてもらう」

友人A「試験?」

ザワザワザワザワ

先生「静かに。試験といっても成績に反映される訳じゃない」

青年「…何故ですか?」

先生「ここから出される試験では無いからだ」

ドウイウイミデスカー?

先生「軍部司令官の適正調査…知っているか?」

 

58: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 10:11:14.77 ID:bPB0lP7zo

青年「適正調査?」

先生「まぁ、やれば分かる。引っかかるのはほんの一握り…この施設に一人二人、そのくらいだと聞いている」

友人A「この施設って、この大学全体…ですか?」

先生「そうだ。人手が足りないらしくてな。遂に大学上がりたてにまで手を出し始めた」

青年「はぁ……」

友人A「学徒兵?」

青年「…さ、席につけ。始めるぞ」

 

59: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 10:16:46.97 ID:bPB0lP7zo

~数週間後~

先生「あ、青年」

青年「はい?」

先生「今日の3時、校長室まで」

青年「え?何か…やらかしましたっけ」

先生「いや、そういう訳じゃないんだ。とにかく来てくれ」

青年「……?わかりました」

先生「頼んだ」スタスタ

友人A「おーっす!」ガバッ

青年「んなぁ!?」ドサッ

友人A「おうおう、どうした。元気ねぇなぁ」

青年「いや、校長室に呼び出されて…」

友人A「だから歓迎会で酒は飲むなって…」

青年「違うって!」

 

60: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 10:23:04.38 ID:bPB0lP7zo

~1500、校長室~

コンコン

…入ってくれ

ドアガチャ

青年「失礼します」

友人A「失礼します」

先生「……A?」

友人A「付き添いです。心配ですから…」

青年「……」

友人A「コイツが何をやらかしたのか」

青年「だから違うんだって…」

校長「…さて、いいかな」

青年「…はい」

先生「……A…少し、外へ出てもらえないか」ボソッ

友人A「…どうしてですか?」ボソ

先生「……頼む。俺も一緒に出る」

友人A「…?」

 

61: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 10:42:34.28 ID:bPB0lP7zo

友人A「…ごめん、追い出されるわ」ボソッ

青年「…」コクリ

ドアガチャン

校長「……青年」

青年「はい」

校長「…君には、来月から………」

…………………………

青年「……え?」

校長「すまない。本当に、申し訳ない」

青年「…鎮守府に、配属?おr……私が軍人?」

校長「……」コクリ

青年「そんな、私個人の意思は…」

校長「………」

青年「…適正調査」

校長「…そうだ」

青年「赤紙…ですね?あれは」

 

62: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 10:52:03.27 ID:bPB0lP7zo

ドアガチャ

青年「……」

友人A「…どう、だった?」

青年「…聞く必要、あるか?」

先生「…すまない」

青年「いえ、大丈夫。です」スタスタ

友人A「おい!待て……っ…」

 

63: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 11:03:05.59 ID:E5VhUIhdo

友人A「(本来エリート様の司令官も、自分の意思でなるかどうかじゃ雲泥の差…)」

友人A「(軍人だもんな…当たり前だよな…あいつ、ここに行く為に必死だった…のはこっちも一緒だけど)」

友人A「次…どんな顔して会えば良いんだよ…」

 

64: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 11:11:15.13 ID:E5VhUIhdo

青年「(司令官には、適正だけではなくそこそこの学力が無いとなれず)」

青年「(この学校はその学力のボーダーより上だった)」

青年「(適正調査は心理テストみたいなモノだったし……回避なんてできっこなかった)」

青年「……俺、何で……」

 

65: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 11:18:02.35 ID:E5VhUIhdo

~数日後、どこかの鎮守府~

青年「………」

提督A「そんな顔するなよ。やり辛い」

青年「…俺、大学入学したばかりなんです」

提督A「知ってるよ。君の事は一通り聞いてある。…その、気の毒だと思ったよ」

青年「…あなたは、元から?」

提督A「俺はサラリーマンだった。突然呼び出されてね」ハハハ

青年「…はぁ」

提督A「そんなに悪い職業じゃないよ。部下は皆可愛いし。デスクワークは多めだし…」

青年「俺に…つとまりますか?」

提督A「大丈夫大丈夫。君イケメンだし」

青年「」

 

66: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 11:24:48.70 ID:E5VhUIhdo

青年「…それで、部下が皆可愛いって…?」

提督A「あれ?聞かされてない?」

青年「えぇ……」

提督A「君には今から、艦娘達の指揮をとってもらう。慣れれば簡単だし……」

青年「………」

提督A「…そんな顔するなって」

青年「…艦娘?って…何ですか」

提督A「えぇ…。君、ネットとか見ない?」

青年「勉強詰めだったもので」

提督A「まぁ、会ってみれば分かる。行こうか」

青年「はぁ…」

 

67: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 11:48:38.65 ID:bPB0lP7zo

『この部屋で一人艦娘が至急されるから。その後この場所に…まぁ頑張れよ!』ハハハ

青年「本当に大丈夫なのか…?」

ドアガチャ

青年「……」

電「………」

青年「(…えっと、確か資料だと)」

青年「で、でn」

電「ぃ…いなづま、です」

青年「え?えぇ?あ、いなづま…電。よろしく…お願いします」

電「よろしくお願いいたします。なのです!」

 

68: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 11:53:49.90 ID:bPB0lP7zo

~数日後、街~

青年「………」

友人A「……よっ」

青年「…よっ」

友人A「…どう?仕事は」

青年「まぁ、分からない事だらけだな」

友人A「だろうな」ハハハ

青年「……まぁ、それでも。なんだ」

友人A「………」

青年「…頑張ってみるよ」

友人A「…そっか」

 

69: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/08(火) 11:55:57.89 ID:bPB0lP7zo

友人A「そういえば、司令官の仕事について色々調べてみたんだが、部下が全員女の子なんだって?」

青年「んぁ?…そうだけど」

友人A「もしかして、お前がやる気出したのは…そういう…?」

青年「…………」

友人A「おい何か言えよ」

 

73: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 20:04:31.40 ID:QaHg+A/so

~早朝、中庭~

提督「ふーん~♪ふふーん♪」セッセッサッサッ

提督「ご飯は凄いよ無いと困るよ~♪」オソージオソージ

提督「……ふぅ。大分葉も落ちてきたな」ヨッコラセ

ビュウウウゥゥゥゥゥ

提督「ぉー……寒い寒い」ブルブル

提督「(さっさと戻って朝御飯でも…)」

「あ、あのっ!」

提督「?」チラ

潮「て、提督…その……」

提督「ん?」

潮「ご、ごめんなさいっ!」

提督「どうした。何か用?」ハハハ

潮「お、おいもっ!」バッ

提督「」ビクッ

潮「食べません…か」

提督「…いただき、ます。はい」

 

74: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 20:08:04.92 ID:QaHg+A/so

~数分後~

パチパチ…

提督「…潮は用意が良いな」

潮「?」

提督「アルミホイルにマッチ、火かき棒…それと掃除用具まで」

潮「…焼き芋、食べたくって」エヘヘ

提督「(冬食べると太る…ってのは、デリカシーが無いか)」

潮「そ、それとっ」

提督「?」

潮「何でも…無い、です」ウツムキ

提督「…そっか」

 

75: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 20:11:18.30 ID:QaHg+A/so

~数十分後~

提督「……」

潮「……(喉、かわいたな…)」フゥ

提督「あ、白い息」

潮「へ?」

提督「ん?」

潮「?」

提督「?」

提督「(…喉、渇いたな)」フゥ

潮「あ、白い息」

 

76: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 20:15:36.16 ID:QaHg+A/so

~数分後~

提督「(そろそろ辛いな。飲み物取ってくるか)」スッ

潮「提督?」

提督「ちょっと待っててくれ。飲み物取ってくr」

加賀「その必要はありません」ヒョコッ

提督「加賀?…いつの間に」

加賀「秋の気配がしたので」

提督「(使い方違わないか…?)」

加賀「どうぞ」ヒョイ

提督「これは?」パシッ

加賀「お茶です。潮にも」

提督「…ありがとう」

潮「ありがとう…ございます」

 

77: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 20:47:03.94 ID:QaHg+A/so

~数十分後~

加賀「……提督」

提督「ん?」

加賀「…戻ります。余ったらいただけますか」

提督「余ったらな。どうした?」

加賀「…いえ」スタスタ

潮「…?」

~数分後~

瑞鶴「あれ?何やってんの?」ヒョコッ

提督「焼き芋(…納得だ…)」

 

78: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 21:00:26.67 ID:QaHg+A/so

瑞鶴「いつからやってるの?これ」

提督「…かれこれ1時間くらい」

瑞鶴「そろそろ良いんゃない?開けちゃっても」

潮「ダメです!」

瑞鶴「!?」

潮「この火が消えてからまた周りの落ち葉をかけて…そうじゃないと…!」

提督「……」ポカーン

潮「ぁ…ぃ……ぁぅ……ぅぅぅ……」マッカッカ

提督「あ…その、なんか、すまん」

瑞鶴「(可愛い)」

 

79: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 21:10:32.58 ID:QaHg+A/so

~数十分後~

龍驤「なんやキミら、焼き芋か?」

提督「そそ。一緒にどうだ?」

龍驤「ええんか?」チラ

瑞鶴「(私じゃないわよ)」ユビサシ

潮「………」

龍驤「…えと、良い?」

潮「え…は、はいっ」

龍驤「ほな、お言葉に甘えて…」ヨッコイショ

龍驤「…暖かいなぁ」

瑞鶴「そうですねー…」フゥ

潮「……」ジッ

提督「…(潮の目が真剣そのもの……)焼き芋、好きなんだな」

潮「はいっ。大好きです!」

龍驤「即答かいな」ケラケラ

潮「…………」カアァァ

 

80: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 21:22:32.14 ID:QaHg+A/so

~焼き始めから2時間強~

潮「そろそろ、です」

北上「お?焼き芋?良いねぇ~」スタッ

提督「どっから出てきた」

北上「ちょっと窓から」

龍驤「何で!?」

北上「ちょーっと言えないかな~」

瑞鶴「……?」

潮「一緒に、どうっ、ですか?」

北上「ん?良いの?じゃあもーらいっ」パッ

提督「あ゛」

北上「ぅあーちちちちちちっ!?」

龍驤「ちょっ!?大丈夫かいな!?」

北上「ちょっと火傷したかも…いやーうっかりうっかり」

瑞鶴「うっかりで済むの?それ…」

 

81: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 21:29:58.71 ID:QaHg+A/so

~少し冷まして~

潮「美味しい、ですっ」パクパクモグモグ

提督「…(よく食うなぁ)」モグモグ

瑞鶴「…そんな食べて太らないの?」

潮「ぇ…あまり、そういうのは……」

龍驤「ちょっと持ってて」ヒョイ

提督「?」パシ

龍驤「やっぱり…」

提督「?」

龍驤「その胸か?胸にいっとるんか?」

潮「へ?」

龍驤「駆逐艦離れしたその胸…やおぱりそういう事やな?」

提督「こら龍驤。やめなさい」

 

82: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 21:35:22.43 ID:QaHg+A/so

龍驤「二人も気になるやろ?この胸の秘密が!」

瑞鶴「まぁ…そりゃ……そうだ…ですけど……」

北上「ん~…」モグモグ

北上「まぁ…」パクパク

北上「ん~…」ゴックン

北上「そうねぇ…」フフン

提督「こら、三人とm」

瑞鶴「提督さん、これよろしくっ!」ヒョイ

提督「うおっち!?」パシ

提督「(あ、両手芋で塞がった)」

 

83: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/09(水) 21:37:37.40 ID:QaHg+A/so

龍驤「かかれ!引っ捕らえるんや!」バッ

瑞鶴「ごめん潮!」バッ

潮「ひっ!?」

北上「駆逐の癖に…その乳寄越せぃ!」バッ

提督「あ、こら!バカ!」

潮「うっ、ひっ……」

ピイィィィィ

 

85: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/12(土) 00:24:12.74 ID:A9OoMDfRo

ちょっとだけ質問

Q 本編でデレてない娘デレさせてもよろしい?

 

89: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/12(土) 12:37:56.44 ID:A9OoMDfRo

~提督の部屋~

提督「……なぁ摩耶」

摩耶「んだよ」

提督「…今俺仕事してるんだが」カタカタ

摩耶「炬燵入りながらか?」

提督「寒いんだよ」

摩耶「それに何で眼鏡かけてんだよ。目良いんだろ?」

提督「ブルーライトをカットしてくれるらしい…。目は大切だからな」

摩耶「……そ」

提督「…で、炬燵あるぞ?」

摩耶「…だから何だよ」

提督「…抱きつくの、止めてくれないか」

摩耶「嫌だ」ギュー

 

90: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/12(土) 12:42:25.22 ID:A9OoMDfRo

提督「いきなりどうした。突然部屋入ってきて…」

摩耶「…関係ないだろ」

提督「当事者に何て事を」

摩耶「………この前さ、重巡の皆で呑んだろ?」

提督「結構前だな」

摩耶「酔っぱらってて、覚えてなかったけど、その…さ」

提督「キスされたな。熱烈に」

摩耶「言うんじゃねぇっ!」グイ

提督「痛ぁっ!?」ゴチーン

 

91: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/12(土) 12:49:27.09 ID:A9OoMDfRo

摩耶「そ、それで…あの後姉貴から聞かされて……」

提督「……で、どうなった」

摩耶「…色々、吹っ切れた」

提督「……それで抱きついてるのか?」

摩耶「悪いかよ」

提督「別に…ただ制服のままだと寒いだろ。炬燵入れって」

摩耶「…いらねぇよ…」

提督「……(何の意地張ってるんだか)」ハァ

 

92: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/12(土) 12:54:39.79 ID:A9OoMDfRo

提督「よし、お仕事休憩!」

摩耶「あぁ?サボんなよ」

提督「めんどくなった」

摩耶「」

提督「ほら、隣空いてるぞ」

摩耶「…いらねぇって」

提督「…摩耶と一緒に入りたいよ。俺は」

摩耶「……っち…分かったよ。入れば良いんだろ?入れば!」モゾモゾ

提督「どうせだし、寝転がったらどうだ」

摩耶「意味わかんねぇよ…」

提督「良いから良いから」グイ

摩耶「っ!んの……」ドサッ

提督「これなら、入りながら抱きつけるだろ?」ニシシ

摩耶「………」プイッ

提督「ん?ダメか?」

摩耶「……バーカ」ギュッ

 

97: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/13(日) 22:18:00.25 ID:4sDnpaY/o

~提督の部屋~

提督「」カリカリ

北上「……」グデー

提督「…自分の部屋に暖房あるだろ」

北上「炬燵が良いのさ。炬燵が」

提督「自分の部屋に無いのか?」

北上「…無いねぇ」

提督「そうかい……」

北上「それにしても提督は毎年冬になると…」

提督「部屋にこもるって?」

北上「…よく分かったね」

提督「まぁ、実際そうだし」

北上「仕事でしょ?執務室でやらなくて良いの?」

提督「…炬燵が好きなんだ。それに…」

北上「それに?」

提督「冬くらい瑞鶴を休ませなきゃな」

北上「……秘書艦思いですねぇ」

提督「悪いかよ」フフッ

 

98: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/13(日) 22:20:55.19 ID:4sDnpaY/o

北上「提督ぅー」

提督「ん?」

北上「お茶ちょーだーい」

提督「…自分でやってくれないか」

北上「どこにあるか分かんないし」

提督「戸棚の上から二番目」

北上「…分かんないなぁ~」

提督「…用意しないからな?」

北上「んー…分かりましたよっと。ついでに引き出しの二重底m」

提督「今すぐ用意いたします」

北上「ふふん」

 

99: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/13(日) 22:25:06.75 ID:4sDnpaY/o

~数分後~

提督「…どーぞ」コトッ

北上「いやぁ、何か悪いねぇ」

提督「全くだ…」

北上「~~♪」ポリポリ

提督「お前それ…」

北上「ん?食べる?」

提督「食べる?じゃなくてそれ俺の!俺のだから!」

北上「あれ?そうだっけ」

提督「」

北上「冗談だって。ごめんね」

提督「」ハァ

 

100: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/13(日) 22:31:49.24 ID:4sDnpaY/o

提督「それにしても…」

北上「?」

提督「最近俺の部屋に来る娘多いよな。何かあったか?」プリントオリオリ

北上「さぁ?何となくじゃない?」

提督「何となく…ねぇ」オリオリ

北上「…何やってんの?」

提督「プリント切ってんの」

北上「…ハサミは?」

提督「…出すの面倒くさい」

北上「」

ツピー

提督「痛っ」パッ

北上「およ?大丈夫?」

提督「紙で切った…」

北上「あらら。絆創膏は?」

提督「…置いてない」

北上「取ってくるね。待ってて」スッ

提督「いや、そこまでしなくても」

北上「いいからいいから」

 

101: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/13(日) 22:37:47.63 ID:4sDnpaY/o

~数分後~

北上「ただいま。救急箱持ってきたよ」ドアガチャ

提督「お帰り」

北上「指、見せて」

提督「ん」スッ

ドックドック

北上「…ティッシュで拭き取ったりしなかったの?」

提督「丁度切れてた」

北上「もう……あ、そうだ」

提督「?」

北上「」ハムッ

提督「Д▲>>0�☆‡◯!?」

北上「…何さ、そんな驚いて」プハ

提督「いぃぃいいや、とっとと突然ぱくっておおまえなな」

北上「あ、箱にティッシュ入ってた」

提督「」

 

102: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/13(日) 22:44:23.90 ID:4sDnpaY/o

北上「まぁいっか。手、出して」

提督「…ん」スッ

北上「(…冷た)」ピト

北上「……」フキフキ ペタ クルクル

北上「はい。出来上がり」

提督「…ありがとう」

北上「どういたしまして~」

北上「ね、提督」

提督「ん?」

北上「お仕事…ちょっとだけ、休憩しなよ」

提督「…?………分かった」

 

103: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/13(日) 22:51:42.42 ID:4sDnpaY/o

~数分後~

北上「~~♪」

提督「ご機嫌だな」

北上「…………そ、そう?」

提督「何だ今の間」

北上「…あ、あのさ」

提督「ん?」

北上「だ、だ…だ……」

提督「だ…(が断る…か?)?」

北上「抱きついて、いっかな」

提督「………んん?」

北上「何さ今の間」

 

104: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/13(日) 22:57:05.48 ID:4sDnpaY/o

北上「♪」ギュム

提督「??」

北上「訳が分からないって顔ですねぇ」

提督「実際分からん」

北上「まぁ…うん。そうだよね。提督だもんね~」

提督「…どういう意味だ」

北上「そのままの意味ですよーだ」

提督「…何だ、摩耶の事と関係あるのか?」

北上「…どーだろね。ただ…」

提督「ただ?」

北上「やり返してくれると、嬉しいかな」ヘッヘッヘ

提督「やり返すって、何を………」

北上「………」

提督「…あぁ、おう。分かった」

北上「…ありがと」

ギュー

 

114: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 14:19:18.75 ID:l0yCT83oo

~執務室~

瑞鶴「……」カリカリ

提督「……」ソワソワ

瑞鶴「…」カリカリ

提督「………」ソワソワ

瑞鶴「…提督さん」

提督「っん!?んんっ?」

瑞鶴「…大丈夫?体調悪いの?」

提督「…い、いや……そうじゃ、ない」

瑞鶴「そっか、それじゃお仕事やr」

提督「瑞鶴」

瑞鶴「何?」

提督「…と……け……」カアァァ

瑞鶴「え?」

提督「好きだっ!結婚してくれ!」ツクエバーン

 

115: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 14:22:50.30 ID:l0yCT83oo

シーン

瑞鶴「…………ぇ?」

提督「…いい、かな」

瑞鶴「……けっ…こん?」

提督「そうだ」

瑞鶴「カッコカリ…?」

提督「違う」

瑞鶴「…ほんもの?」

提督「本物」コクリ

瑞鶴「……ほんき?」

提督「本気だ」

瑞鶴「…いいの?わたしで?」

提督「お前が良いんだ」

 

116: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 14:26:57.72 ID:l0yCT83oo

瑞鶴「………」グスッ

提督「え?」

瑞鶴「…うっ……くっ………」ポロポロ

提督「お?おい?瑞鶴?」

瑞鶴「…いいのっ…おいと……いてっ……」エグッ グスッ

提督「あ?え?嫌?だった…か?」

瑞鶴「違う…っ…から……!」グスン

提督「??」

 

117: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 14:42:18.09 ID:l0yCT83oo

~十数分後~

提督「落ちついたか?」

瑞鶴「」コクリ

提督「…これ、名前書いてくれるか?」

瑞鶴「……っ」コクコク

提督「…ありがとう」

瑞鶴「…こっちの、セリフよ」フフッ

提督「……そっか」

カリカリ

瑞鶴「…はい」

提督「それじゃ、出しに行くか」

瑞鶴「…どこに?」

提督「大淀」

瑞鶴「え?」

 

118: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 14:44:20.47 ID:l0yCT83oo

瑞鶴「……どういうこと?」

提督「艦娘との結婚は少し複雑でな。一回本営通してからじゃないとダメなんだ」

瑞鶴「へぇ…知らなかった」

提督「それじゃ、行こうか」スッ

瑞鶴「……うん」ニギッ

 

119: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 14:50:05.83 ID:l0yCT83oo

~またまた十数分後~

大淀「あ、提督。瑞鶴さんも、こんにちは」

瑞鶴「や、やっほー…」

提督「よう。…えっと、これ頼む」スッ

大淀「はい…」パシ

大淀「………!」チラ

瑞鶴「」テレテレ

大淀「…そう、ですか」

提督「えっと、お願い。できるかな」

大淀「……はい。お任せくださいっ」

 

120: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 14:52:38.09 ID:l0yCT83oo

大淀「…思い出しますね」

瑞鶴「?……何を?」

大淀「お二人がケッコンした時の事です。あの時も……」

提督「あぁ。大淀にお願いしたんだっけ」

大淀「…その時と、そっくりですよ」

瑞鶴「…何が?」

大淀「照れ方が」フフッ

提督「……」マッカッカ

瑞鶴「」カアァァ

 

121: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 14:57:32.23 ID:l0yCT83oo

大淀「あ、後はこちらでやっておきますから、大丈夫ですよ」

提督「そうか、分かった」

瑞鶴「…行こっか」

提督「…ん」

大淀「(同じですね…)」フフッ

 

125: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 20:20:54.57 ID:l0yCT83oo

~式も挙げて数週間後、提督の部屋~

ドアガチャ

瑞鶴「おかえりっ!」

提督「…ただいま」

 

126: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 20:25:16.51 ID:l0yCT83oo

瑞鶴「ふふん……今日は…」

提督「今日は?」

瑞鶴「じゃーん!肉じゃがだよ!」

提督「…瑞鶴、料理できたんだよな」

瑞鶴「ここ数週間、頑張ったと思うんだけど…」

提督「…いや、何か。そのな」

瑞鶴「?」

提督「肉じゃがって、憧れるから」

瑞鶴「…どういうこと?」

提督「…あぁもう、あれだ……あれ!」

提督「好きな人に作ってもらう肉じゃがって、憧れだよなっ!」

瑞鶴「………」

提督「…」

瑞鶴「…そ、そっかぁ。憧れかぁ……」エヘヘ

提督「……お、おぅ」

 

127: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 20:28:51.28 ID:l0yCT83oo

~食事中~

提督「」パクッ

瑞鶴「…ど、どう?」

提督「…」モグモグ

ゴックン

提督「…美味しい」ニシシ

瑞鶴「良かった」ニシシ

提督「…」パクパク

瑞鶴「…ねぇ、提督さん」

提督「……んっ?」モグモグ

瑞鶴「……いつ、するの?」

提督「」ブーーーッ

 

128: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 20:31:45.79 ID:l0yCT83oo

瑞鶴「あっ、汚っ…」

提督「…んなっ、何言って」ゲホゴホ

瑞鶴「だ、だって!初夜?だっけ、なにも無かったし!ケッコンの時だっt」

提督「OK、落ち着け瑞鶴」

瑞鶴「落ち着いてるわよ。ただ今は提督さんg」

提督「今 は 食 事 中 で す 」

瑞鶴「…ごめんなさい」

 

129: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 20:38:28.60 ID:l0yCT83oo

~食事後~

提督「ごちそうさま。美味しかったよ」

瑞鶴「ありがと。それじゃ提督さん」

提督「ん?」

瑞鶴「し…しっし…しよっか」スススス

提督「落ち着こう。まだ食事終わって1分経ってない」ガシッ

瑞鶴「ま、またそうやって逃げるんだから……」グググ

提督「逃げるとか逃げないとか…」グググ

瑞鶴「提督さんは、嫌なの?」

提督「…嫌じゃ、ない。けど」

瑞鶴「けど?」

提督「食べたあと運動すると腹痛くなるから。また今度な」

瑞鶴「」プクー

 

130: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 20:46:08.76 ID:l0yCT83oo

提督「そう膨れるなよ」

瑞鶴「」プクー

提督「…怒ってる?」

瑞鶴「」ツーン

提督「(どうすれば……)」

瑞鶴「……ぁ」

提督「…?」

瑞鶴「…その、提督さん」ソワソワ

瑞鶴「どうした」

瑞鶴「…今日、さ。お菓子貰ったんだ」ドキドキ

提督「お菓子?」

瑞鶴「この前のが余ったって、加賀さんから」スッ

提督「(…ポッキーだよな。これ)」

提督「…あ」

 

131: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/11/17(木) 20:48:07.04 ID:l0yCT83oo

瑞鶴「あ、あのさ、提督さん」

提督「…回りくどいぞ」クスッ

瑞鶴「…そっかな」

提督「あぁ。少女マンガレベルだ」

瑞鶴「……いい?」

提督「…ん」

チュッ

 

143: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/13(火) 17:09:15.84 ID:FafvSijFo

~書く前に注意事項~

このお話には

・今思い付いたガバガバ展開

・若干のキャラ崩壊

・覚えたての男子中学生が"ウホッ"っとなる描写

等が含まれております。要するにまぁ…そういうことよね

無理なら見ないでオリョールかドイツに技術技術貰いに行ってらっしゃい

 

144: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/13(火) 17:14:10.60 ID:FafvSijFo

~執務室~

提督「~~」パラパラ

コンコンコンコンッ

提督「入れ」

ドアガチャ

曙「…」

提督「曙か。…どうした?」

曙「…用は、無いわ。顔見に来ただけ」

提督「気にしてくれたのか?嬉しいね」

曙「調子乗ったこと言ってると殴るわよ」

提督「」

 

145: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/13(火) 17:19:59.02 ID:FafvSijFo

曙「…何見てんのよ。それ」

提督「ん?…これか。今度来る娘の資料」ヒョイ

曙「へぇ…空母なんだ」パシッ

提督「戦艦から設計変えたらしい。また資材が減りそうだ」フフッ

曙「…の割には、嬉しそうじゃない」

提督「仲間が増えるのは、良いことだしな」

曙「………」パラパラ

提督「…なぁ、曙」

曙「……何」パタン

提督「…ここ、おいで」ヒザトントン

曙「……は?」

 

146: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/13(火) 17:27:13.09 ID:FafvSijFo

曙「何言ってんのアンタ」

提督「いや…最近そういうこと無いしなー…って。たまにはほら、な?」

曙「な?じゃないわよ変態。何する気よ」

提督「…俺のイメージどーなってるんだ」

曙「発情期の雄犬よ。馬鹿」

提督「(犬と馬と鹿…キメラか?)…俺は曙に、膝に座っていて欲しい」

曙「知らないわよ。ほら、真面目に仕事したら?」

提督「その資料の確認が今日のお仕事。終わったし、今フリーだぞ?」

曙「……あっそ。」

提督「他の娘との予定も無いし…あー今日暇だなー…誰か……曙が一緒に居てくれないかなー」

曙「…分かった。分かったわよ!座れば良いんでしょ!座れば!」

 

147: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/13(火) 17:31:45.82 ID:FafvSijFo

曙「」チョコン

提督「」ギュー

曙「いきなり?」

提督「抑えろって方が…無理かな」ナデナデ

曙「……はぁ」ギュー

提督「…背、伸びたか?」

曙「え?」

提督「いや…なんとなく」

曙「言われれば…そうね」

提督「(朧も胸大きくなった…とは言わないでおこう)」

 

148: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/13(火) 17:36:29.74 ID:FafvSijFo

提督「……ん?」

曙「今度は何よ。クソていt…」

サワッ

曙「くっ!?」

提督「…曙は相変わらずだな」サワサワ

曙「あ…っ…!?…っばっか!何やってんのよ!」ジタバタ

提督「…いや、背と一緒に大きくなったかなって」

曙「余計なお世話よ!」ゴッチーン

提督「(頭突き!?)っ……」

曙「良い気味…」

サワサワ

曙「………アンタ、馬鹿でしょ」

提督「…いや、何か、止まんない」

 

149: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/13(火) 17:47:30.29 ID:FafvSijFo

曙「…服に手入れるって、私じゃなかったらアンタ通報されてるわよ……」

提督「曙は通報しないのか?」サワサワ

曙「っ………。馬鹿じゃないの…」

提督「…あばら浮いてるぞ。飯食ってるか?」スリスリ

曙「心配されるほどじゃないし、食べてる…」

提督「…ブラ変えた?」

曙「聞くなっ!」ゴッチーン

提督「ワブッ……」

曙「今日なんかおかしいわよ…」

提督「二人でじっくりするのは、久しいだから…か?」

曙「ぇ…す、するって…」

提督「…いや、何でもない」

曙「……」ムスッ

提督「…何だ、したかったか?」

曙「ッー!」ブンッ

提督「あぶっ!?」ヒョイッ

 

150: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/13(火) 17:54:42.68 ID:FafvSijFo

~数分後~

曙「っ………」プルプル

提督「…(固くなってきた)」コリコリ

曙「………っは……」

提督「(…顔も赤いし、息も荒くなってきた…な)」

カプッ

曙「いっ!?はぁ……っ!」ブルッ

提督「どうだ?」

曙「…耳、やめて……ダメ…」フルフル

提督「何で、好きだろ?こっち触りながら弄られるの」

曙「…ダメ……だからっ……」

提督「説得力無い顔して……」クスクス

スルルッ…ヌルッ

提督「どうする?こっちはもう大丈夫そうだけど」

曙「…………バ…カぁ…っ」

 

152: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/24(土) 19:46:57.94 ID:guzDeKEZo

~執務室~

葛城「メリークリスマス!提督!」ドアバァン

提督「うおっ!?ビックリしたっ!?」ビクッ

葛城「何よ、変な事でもしてたの?」

提督「いや、勢い良くドアを開けられたら誰でもビビるぞ……」

葛城「そう?」

提督「えっと、メリークリスマス?」

葛城「うん。はい、これ」

提督「………ありがとう。意外だな」

葛城「何が?」

提督「いや、一応ライバルだろ?」

葛城「瑞鶴先輩の事?」

提督「」コクリ

 

153: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/24(土) 19:53:48.16 ID:guzDeKEZo

葛城「それは、そうね。ライバルよ。でも」

提督「でも?」

葛城「…悪いことだと思うけど、あなたの事も好きよ。私」

提督「プールで言ってたな。そういえば」

葛城「そういえば!?」バァン

提督「うっ!?」

葛城「けっ…結構恥ずかしかったんだから!勢いでも!」

提督「そりゃ…悪かったよ」

葛城「…返事、もらえる?」

提督「……分かった」

葛城「………」

提督「……好きだよ。葛城」

葛城「っ……!」

提督「…何かアレだな。ロマンチックだな」クスクス

葛城「っそ……そう、ね」

 

154: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/24(土) 19:56:44.91 ID:guzDeKEZo

提督「……ん?」

葛城「何?」

提督「…」ジー

葛城「やっ、何お腹見てるのよ!」

提督「ちょっと待ってろ」ガサゴソ

葛城「………?」

提督「あ、そこ横になってて、ソファーで」

葛城「え…もう?」カアァァ

提督「違うわっ!」

 

155: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/24(土) 19:58:59.11 ID:guzDeKEZo

~数分後~

提督「お待たせ、始めるか」

葛城「え?何を?」

提督「へそ掃除」

葛城「…え、おへそ?」

提督「そう。おへそ」

 

156: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/24(土) 20:02:41.20 ID:guzDeKEZo

提督「普段掃除してないな?」

葛城「あ…あまり意識してないかも」

提督「…垢が見えた」

葛城「言わなくていいからっ!」マッカッカ

 

157: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/24(土) 20:11:28.13 ID:guzDeKEZo

提督「はい、仰向けになって」

葛城「……どうするの?」

提督「教えるから、今度から自分でやれよ?……この液体を…」

葛城「……ベビーオイルじゃない」

提督「…この棒に……」

葛城「綿棒でしょ……変な言い方しないで」

提督「…綿棒の先につけて」

提督「ゆっくり拭き取る」

ピトッ

葛城「冷たっ……」

提督「ん?ごめん、ちょっと我慢してくれ」

 

158: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/24(土) 20:26:12.76 ID:guzDeKEZo

提督「………」フキフキ

葛城「……ねぇ」

提督「?」

葛城「何か……変な感じするんだけど…」

提督「…ごめん。ちょっと力、強かったかな」

葛城「……ここ、ぴりぴりするの」マタオサエ

提督「…強くし過ぎたか。ごめん」

葛城「……今、クリスマスイブじゃない?」

提督「(……無駄に色っぽい顔しやがって…)」

葛城「………」

提督「………今、掃除中だぞ」コシコシ

葛城「…変な気分にさせたのは、そっちじゃない」

提督「…はい。おしまい」ポンポン

葛城「……うん」

提督「…部屋に戻って良いぞ」

葛城「…………」

ギュウ

提督「………初めては瑞鶴にやるんじゃなかったのか」ギュッ

葛城「…それは、そうだけど」

 

159: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/24(土) 20:31:19.19 ID:guzDeKEZo

提督「………だけど?」

葛城「途中までは、良いでしょ?」

提督「途中まで……」グラッ

葛城「………ね」

提督「」グラグラ

瑞鶴「途中まで………何するの?」

葛城「」ビクゥッ

提督「!?」

 

160: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/24(土) 20:35:14.08 ID:guzDeKEZo

提督「えっ、あ」

葛城「ず、瑞鶴せんぱっ」

瑞鶴「…聖夜に…そういうことしちゃうんだ…」

提督「………」

葛城「………」

瑞鶴「…流星改の用意、できてるわよ?」

この後全力で謝り倒した

 

161: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2016/12/24(土) 20:35:57.32 ID:guzDeKEZo
おーしまいっ!葛城が書きたかった。それだけ
誰か艦これのへそ掃除本描いて(懇願)

 

164: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/04(水) 00:02:21.32 ID:HrAsHgJCo

~提督の部屋~

提督「……」パラパラ

神通「……」ソワソワ

提督「?」カリカリ

神通「………ぁ」

提督「どうした?神通」

神通「っ!」ビクッ

提督「何か…あったか?」

神通「ぃぇ……」フルフル

提督「(薄い本がチラ見え…いや、それはないな)」

カリカリ ペラッ カリカリ

 

165: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/04(水) 00:09:29.90 ID:HrAsHgJCo

神通「…あ」

提督「……?」チラ

神通「………」サッ

提督「…何だ。後ろめたい事か?」

神通「ち、違っ……ぃ、ます」

提督「なら、遠慮はいらないだろ?」

神通「……あの…その…とても、恥ずかしくて……」

提督「おう、どんな話でも来い。バッチリ受け止めて……」

神通「結婚、して…くだ……さぃ……」

提督「………………」

神通「………」ブルブル

提督「…………え?」

神通「」ビクッ

提督「…け、っこ…ん?」

神通「ごめんなさい…ダメ、ですよね」

提督「な訳無い!」

神通「っ…!」ビクッ

提督「あ、ごめん…その、気づかなくて。ありがとう」

神通「…………」

提督「あぁ。結婚しよう。神通」

 

166: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/04(水) 00:18:27.52 ID:HrAsHgJCo

~数分後~

神通「提督、これに、サインを…」

提督「ん…(もう神通の所に名前…)」

神通「その後、大淀さんの所に…行きましょう」

提督「…大分調べたんだな」

神通「ぁ……いえ、その……」カアァァ

提督「…ありがとう。そんな考えてくれて」

神通「……はい。どう、いたしまして…」コクリ

 

167: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/04(水) 00:34:43.25 ID:HrAsHgJCo

~数十分後~

大淀「…はい。確認しました。記入漏れも無いですし……。ご結婚、おめでとうございます。提督」

提督「…ありがとう」

大淀「神通さんも」

神通「ありがとう…ございます」

大淀「後は、こちらでやっておきますね」

提督「あぁ。頼んだ。ありがとう」

大淀「いえ、仕事ですから」

提督「それじゃ、行こうか」

神通「………はい」

スタスタ

大淀「…羨ましい……」ボソッ

明石「焼きもちですか?」

大淀「っ!?」バッ

明石「いい人ですしね。提督」クスクス

大淀「い、いえ、そういう訳じゃ…」

明石「いっそ、凄い浮気でもしてくれれば、そっちに意識が逸れて楽なんでしょうけどね。」

大淀「明石さんも、ですか?」

明石「いえいえ!そんな訳無いじゃないですか!」ケラケラ

大淀「(凄い浮気…ですか、でも、それでも…どうでしょうか)」

 

168: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/04(水) 00:37:22.97 ID:HrAsHgJCo

~数週間後、執務室~

雷「どう司令官!雷が1番頑張ったんだから!」ドヤッ

提督「おぉ、頑張ったな」ナデナデ

雷「~~♪」

神通「………」ハッ

 

169: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/04(水) 00:44:04.32 ID:HrAsHgJCo

~数日後、執務室~

提督「出撃、お疲れ様。凄い戦果じゃないか」

神通「いえ…こんな私でも、提督のお役にたてて……」ソワソワ

提督「それじゃ入渠して、後はゆっくり休んでおいで」

神通「…え」

提督「ん?あ、今日の執務か?大丈夫だ。もう残り少ないし…」

神通「いえ…その……」

提督「…?」

神通「……大丈夫、です。少し、休んできますね」シュン

提督「……あ、待ってくれ」ガタッ

神通「?」

スタスタ

ギュッ

神通「!」ピクッ

提督「…これで、良いかな?」

神通「……はい」ギュッ

 

170: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/04(水) 00:46:41.86 ID:HrAsHgJCo

~入渠ドック~

神通「………♪」

瑞鶴「神通さん、何か嬉しそうね」

加賀「今日の戦果から考えれば自然な事よ。貴女も精進なさい」

瑞鶴「…はーい」

神通「………♪」ニコニコ

 

176: 名無しのイッチ 2017/01/14(土) 22:48:06.36 ID:cHl4JjdZo

~大規模作戦海域、最深部~

長門「目標…捉えた。届くぞ!」

金剛「OK!全砲門斉射!」

アイオワ「レッツパーリィ ィィィィィィィッ!」

北上「………」

アタシは軽巡…じゃなかった。重雷装巡洋艦。北上

北上「甲標的、行けるね」

ただいま久々の大規模作戦決戦の真っ只中。やだねぇ、戦艦の皆さんは血の気が多くて

北上「40門の酸素魚雷は、伊達じゃないからねっ!」

ま、私も似たようなもんだけどさ

シュゥゥゥゥゥ…

甲標的から発車された魚雷が真っ直ぐな軌跡を描いて敵艦に突っ込んでいく。直撃コース

ドオオオォォォン

鳥海「敵重巡、完全に沈黙!沈んでいきます!」

北上「ふふん、これが重雷装艦の実力って奴よ」

確かネ級だったっけ、よく一発でいけたねぇ。良かった良かった

北上「…大井っちと一緒に撃ちたかったなぁ」ボソッ

摩耶「仕方ねぇだろ?修理に時間かかるんだから」

大井っちは前の出撃で大破しちゃって入渠中。まぁありゃ無理だよねぇ

さ、これから長い長い砲撃戦。狙われない事を祈りましょうかね

 

177: 名無しのイッチ 2017/01/14(土) 23:02:25.60 ID:cHl4JjdZo

……………………………………………………………

長門「皆…追撃はどうだ。行けそうか?」小破

金剛「Sorry,厳しいネ…」中破

アイオワ「問題無いわ。金剛、さっきはありがとう。庇ってくれて」無傷

金剛「どういたしマシて。けど、それは後ネ」

摩耶「どーすんだ。敵は待ってくれねぇぞ?」中破

鳥海「敵艦隊の残存勢力は随伴一隻、それと旗艦の姫級が1隻…今の戦力なら十分勝ち目があります」大破

北上「……提督、早く指示だしてよね」無傷

結局指示は追撃だってさ。やるなら早くしてよね

 

178: 名無しのイッチ 2017/01/14(土) 23:31:24.22 ID:WJiKXNauo

~夜戦突入~

鳥海「照明弾を!」

金剛「夜間偵察機、お願いしマスね」

摩耶「探照灯……こっち撃つなよな……」

夜の海が一気に明るくなった。敵さんの居場所も丸分かり…

北上「さて……ギッタギタにしてやりましょうかね!」

ドオオオォォォン ズガアァァァン   ゴオオォォッ
バババババ  ガアァァァン

主砲の二連装砲、戦艦の砲撃で相手の動きを封じて

北上「まぁ私はやっぱ、基本雷撃よね~」パシュッ

必殺の一撃……何本も当てるからそうでもないか。叩き込んで、沈める

姫級「……!…………!」

これが私たちの黄金パターンって奴かな。ワンパターンでもあるけど

ズズズズ

敵が沈んでいく。駆逐みたいなのならまだしも…人の形をしてる分、あまり後味はよろしくないね

金剛「Hey北上、お疲れ様デース!」

北上「ありがと。さ、帰りますかねっt」

カッ

こういうのを[その時、不思議なことが起こった]って言うのかな

視界を一瞬で塞ぐ閃光と、冷たいのか温いのか、水なのか固体なのか分からない感覚に包まれて

私たち、少なくともアタシは意識を失った

 

179: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/14(土) 23:45:05.93 ID:WJiKXNauo
酉付けてなかった。いけないいけない

 

180: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/14(土) 23:57:58.82 ID:WJiKXNauo

北上「うぅ……う……」

目が覚めたのは近くの岩場だった。船の形してたら大問題なんだろうけど、人の形してて良かったよ。
艤装も動いてるみたいだし…運が良いねぇ

北上「大分寝てたみたいだね…」

空には綺麗な夕日が浮かんでた。さっきまでは夜だったから…うえ、考えたくないね

北上「(とにかく、ここは帰還しなきゃ。他の娘は…)」

見回しても、姿は無かった。考えたくないけど……あの衝撃で沈んでしまった可能性もあるね

北上「そうだ、まず連絡しなきゃ…」

艦娘の艤装には通信機能があって、意識した時勝手に発動するようになってる。便利だよね。近代の発明って

北上「………あれ?」

通信機能が……働かない。流石に無傷って訳にはいかなかったかな

北上「……どうしよう」

アタシ一人で探すにも限度がある。さっきの戦闘で大分消耗したと思うし、戻って支援を頼んだ方が確実…多分

北上「(…ゴメン皆。支援が来るまで耐えて)」

アタシは、一人で鎮守府に戻る事にした

 

181: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/15(日) 00:09:28.37 ID:5HlyxqF1o

さて、問題なのが帰り道。まだ残ってる敵に見つかって、それが戦艦とかだったら最悪死ぬかもしれない…一人位一緒が良かったな

北上「………」

精神を研ぎ澄まして敵の気配を探る。
電探は鳥海さんと長門さんが持ってただけ、私は持ってないから敵の位置が分からない。
……正直、すっごい怖い

北上「(……大井っちが居ればなぁ)」

無い物ねだりをしても仕方がない。とにかく今は鎮守府を、家を目指さなきゃ

北上「……………心細いなぁ」

 

182: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/15(日) 00:15:19.16 ID:5HlyxqF1o

そこからしばらく進んで、大分鎮守府の近くまで来たんじゃないかな。

北上「……お?」

水平線近くに人影。それも敵の空母みたいな異形がくっついてる訳じゃなく、人間の形。あれは…

北上「艦娘……!」

やっと見つけた。会えた。背丈からして駆逐艦なのが残念だけど…

北上「早くこの事伝えて救助お願いしなきゃ…」

そんな私を待っていたのは…探していた、大丈夫か、そんな暖かい言葉じゃなくて

ドオオォン

北上「っ!?」

殺意を持った砲弾だった

 

183: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/15(日) 00:30:00.53 ID:5HlyxqF1o

北上「っあっ!?何さ!」

間一髪で回避。不意討ちにも程がある、何で味方の私を…

ドオオン ドオォォン

北上「っ……ちょっと、洒落になんない…!」

みたところあっちは4隻。駆逐艦とはいえ一斉砲射されてるんだから弾幕も半端じゃない

北上「(何で…何で!?)」

嵌められた…とも考えにくい。今やアタシと大井っちの練度はトップ10には入る。
そんな戦力をわざわざ潰す理由も無いはず

北上「(…まさか、敵?鹵獲された?それとも鎮守府ごと?)」

気絶していたのが1日だけとも限らない。それに原因が深海棲艦だ。何があってもおかしくない

北上「ちょっと!そろそろ止めないとっ……撃ち返すよ!」

シュパッ シュゥゥゥゥゥ

北上「っ!(魚雷まで………)」

あっちは明らかに殺意を持って来てる。やらなきゃやられるのはこっち。
それに、私もが沈めば支援を待ってる5人もやられるかもしれない

北上「…警告、したからね」

ドオオオォォォン

 

184: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/15(日) 00:36:07.08 ID:5HlyxqF1o

………………………………………………

北上「っ……!」

やってしまった。相手が殺意をもってきたとはいえ、敵に乗っ取られたかもしれないとはいえ、同じ艦娘を……

北上「…ゴメンっ」

ただ、今急がなければ

今この事態を伝えなければ

北上「………」

自分の戦友を見殺しにする事になる。
それは明らかにエゴだ、けれど同時にそれは今のアタシの原動力となった

 

185: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/15(日) 00:45:46.28 ID:5HlyxqF1o

その後もアタシは、ただひたすらに鎮守府を目指した

ドオオオォォォン ズガアァァァン バババババ

北上「っ……!何で、何でこんな……」

アタシと同じ家に居た娘と、似たような形をした敵を沢山見た。空母に重巡、戦艦まで出てきた

北上「…こっの……!喰らえっ!」パシュッ

苦し紛れの一発。足を止められればそれで十分

シュゥゥゥゥ

魚雷が真っ直ぐな軌跡を描いて、敵に向かっていく

ドオオォォン

直撃、周りの敵は意表をつかれたのか動きが怯む

北上「…………」

その隙に私は先に進んでいく。皮肉な事に…家に近くなるほど、攻撃は激しさを増していった

 

186: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/15(日) 00:51:18.46 ID:5HlyxqF1o

北上「……そろそろ、かな」

記憶では、もうすぐ鎮守府が見えるはず。
ここまで敵が多い時点で占領されているかもしれないけど、まだ希望を捨てるには早い

北上「………?」

気がつけば、アタシには攻撃が来なくなっていた。それと同時に人影が一つ、前に見えた

北上「(巻き添えを気にした…?それとも…何だろう)」

前方の人影に注目する。その瞬間、アタシは言葉を失った

 

187: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/15(日) 01:07:52.55 ID:5HlyxqF1o

大井「……」

大井っちだった。同じ重雷装艦で、いくつもの作戦に一緒に出演者した、アタシのかけがえの無い友達だった

北上「………大井っ、ち」

アタシは今にも泣きそうだった。
それは作戦が終わった緊張の糸が切れたからか、
帰ろうとしたら突然味方の形をした敵に襲われたショックからか、
そんな時に親友に会ったからか、
その親友すら敵かもしれないという状況に自分がいるからかもしれない

北上「……あのさ、私、敵を倒してさ、そしたら気失っちゃって。それでさ…」

大井「………」

大井っちは何も言わなかった。表情は見えなかった

北上「それで私、帰ろうとしたら艦娘の駆逐艦にいきなり砲撃されちゃって、もう意味分かんないでしょ?」

大井「………」

北上「…大井っち?」

大井「……やめて」

北上「え?」

大井「その姿で、その声で、話さないで」

北上「………エ?」

次の瞬間

ドオオオォォォォォン

足元で大爆発が起こり、アタシは縦に一回転した

グルングルン

回る視界の中、アタシは海面を…正確には、海面に映る自分の姿を見た

 

188: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/15(日) 01:08:50.45 ID:5HlyxqF1o

>>187
訂正

誤いくつもの作戦に出演者した

正いくつもの作戦に出撃した

 

189: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/15(日) 01:13:56.89 ID:5HlyxqF1o

北上「…………っ!?」

呆気にとられ、アタシは海面になすすべなく背中から落ちた

バアァンッ

……そして、理解した。理解してしまった

北上「………ゴメんネ。大井ッチ…」

大井「……ごめんなさい。北上さん」

パシュッ

魚雷が真っ直ぐな軌跡を描いて、アタシに向かっていく

シュゥゥゥゥゥ

北上「……ツイてなイネ……はハ」

直撃

 

191: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/16(月) 19:37:07.85 ID:Yn58IhjVo

蒼龍と結婚編、書くよ!

…………多分!

 

192: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/16(月) 19:45:32.54 ID:Yn58IhjVo

~提督の部屋~

蒼龍「ごろごろしてて良いんですかぁ?提督」

提督「たまの休日だし、許してくれ」

テレビ『等価交換だ。俺の人生半分やるから』

テレビ『お前の人生半分くれ!』

提督「……なぁ蒼龍」

蒼龍「うん?」

提督「今のセリフ、蒼龍的にはどうだ?」

蒼龍「どうって…何が?」

提督「プロポーズの台詞。今のだったらどう思う?」

蒼龍「うーん…どうだろ」

蒼龍「…違うのが良いかなぁ」

提督「例えば?」

蒼龍「…何でそんな事聞くのよ」

提督「いや…気になるなぁって」

蒼龍「うーん…。いきなり聞かれても…」

提督「」ジーッ

蒼龍「………」

蒼龍「シンプルな方が良いかな。結婚してくださいって」

提督「……そうか」

蒼龍「うん」

提督「じゃあ……うん。そだな」

蒼龍「何」ニヤニヤ

 

193: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/16(月) 19:45:59.79 ID:Yn58IhjVo
提督「結婚してください」

 

194: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/16(月) 20:11:23.94 ID:Yn58IhjVo

蒼龍「………はい。喜んで」ニッコリ

提督「…少しは驚かないのか?」

蒼龍「だってバレバレなんだもん」

提督「えっ」

蒼龍「何か抜けてるよね。そういう所」

提督「」

蒼龍「あ、婚姻届…」

提督「ここに」ササッ

蒼龍「…もう書いてる」

提督「どうした?」

蒼龍「…断られたら、どうするつもりだったの?」

提督「そんな選択肢は無かったな」

蒼龍「もう……」クスッ

提督「…断る気があったか?」

蒼龍「まさか。あり得ません」フフン

クスクス

 

195: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/16(月) 20:19:17.90 ID:Yn58IhjVo

~数時間後~

大淀「………」

提督「………」

蒼龍「………」

大淀「はいっ。確認しました」

大淀「…ご結婚、おめでとうございます。提督…それに蒼龍さんも」

提督「ありがとう」

蒼龍「ありがとっ」

大淀「それでは、後はこちらで処理しておきます。お疲れ様でした」

提督「ん。頼んだ」

蒼龍「お願いします」

スタスタ

大淀「………」ハァ

明石「………どうかしました?」

大淀「私、なんだかずっと損な役をやらされている気がします…」

明石「好きなんですか?提督の事」

大淀「明石さんと一緒ですよ」

明石「うえっ!?」マッカッカ

大淀「…冗談ですよ。……冗談になりませんでしたけど」

明石「あは……ははは……」

 

196: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/16(月) 20:31:39.64 ID:Yn58IhjVo

~数週間後、執務室~

提督「………」カリカリ

ドアガチャ

提督「」チラ

蒼龍「お疲れ様です、提督」

提督「蒼龍か。ノックくらいしろよ?」

蒼龍「す、すいません。…お茶、淹れましょうか?」

提督「あぁ。頼む」

…………………………………

提督「なぁ、蒼龍」

蒼龍「ぅぁはいっ!」ビクッ

提督「…そんなに驚かなくても」

蒼龍「き、気にしないで下さい…何でしょうか?」

提督「…結婚した途端、何でそんな、昔みたいに丁寧語なんだ?」

蒼龍「あ………」

提督「…嫌いになったか?」

蒼龍「っ、違いますっ!ただっ!」

提督「………」

蒼龍「ただ、その……」

蒼龍「プロポーズの時思い出しちゃって、恥ずかしくて………」マッカッカ

提督「!」

蒼龍「あの、嫌だったら、ごめんなさい」

提督「…もっとため口で話して欲しいな。恥ずかしがる蒼龍を見たい」

蒼龍「なっ」カアァァ

提督「」ジーッ

蒼龍「…もうっ、仕方ないんだから」

 

197: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/01/16(月) 20:45:23.60 ID:Yn58IhjVo

~さらに数日後~

蒼龍「はい提督、この前欲しいって言ってた手袋」

提督「!…ありがとう。助かる」

提督「(暖房あるとはいえ、外出ると指動かなくなるんだよな…)」

蒼龍「ねぇ提督」

提督「ん?」

蒼龍「その上着、暖かい?」

提督「そこそこ…かな」

蒼龍「へぇ……着てみて良い?」

提督「?…良いけど」ヌギヌギ

蒼龍「……暖かい」

提督「そっか」フフッ

蒼龍「…ねぇ、これ貰って良い?」

提督「え?あ、それ古いし、新しいのなら他にもっと良いの買える…あ、お返しでそれの新しいのとか…?」

蒼龍「……これが良いなぁ」

提督「いやでも、所々ボロくなってきてr」

蒼龍「これが良いっ!」

提督「っ!?……分かった。あげるよ」

蒼龍「……ありがとっ♪」

提督「(新品の方が絶対良いと思うんだけどなぁ…とにかく今は仕事しないと)」カリカリ

蒼龍「………」スゥー

蒼龍「~~♪」ハァー

蒼龍「(提督の匂いっ)」ニコニコ

 

199: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/02/05(日) 13:13:58.77 ID:M/Sc8XlOo

提督「明石、修理ありがとうな」

明石「いえいえ、仕事ですから」

提督「…そういえば今日、ここに来る途中転んでな、股間を強打したんだ」

明石「ぶっ……ぅ、え、大丈夫ですか?」

提督「小破って所か。それで…」

提督「…修理、お願いできるか?」ボロンッ

明石「」

提督「…………」

ゴシャアァッ

提督「ッブルゲァアッ!?」ビクン

明石「これて中破ですね」ニッコリ

 

200: 名無しのイッチ ◆sAlHQYUHgI 2017/02/05(日) 13:14:44.27 ID:M/Sc8XlOo
ギャグが書きたいと思ったら下ネタになってた。何を(ry
元スレ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478149672/

-艦これ